お手間を取らせてしまいすみません。 「手間・手間を取らせる」の意味と使い方、例文、敬語表現、類語を紹介

「手間・手間を取らせる」の意味と使い方、例文、敬語表現、類語を紹介

お手間を取らせてしまいすみません

ですが、「手間をおかけして…」という表現を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。 「手間」に似た言葉として「手数」があります。 手数とは、ある仕事をするための労力そのもののことで、特にその作業が困難だった場合や、面倒であった場合に使用します。 手数は「とる」ではなく「かける」を用いて、「手数をかける」と表現します。 手数の場合は、自分が自分のために行った場合には使用せず、誰かのために作業する時に使用し、特に自分のために誰かが作業してくれた時に使うケースがほとんどです。 「手間をおかけして…」という表現は、「手間を取らせる」と「手数をかける」が混同してしまっている誤用です。 正しくは手間の場合は「お手間を取らせて申し訳ございません」、手数の場合は「手数をおかけして申し訳ございません」と表現します。 丁寧ですが少しくどい印象を与えます。 但し、ビジネスシーンでも口語の場合は使用されることがあります。 類似の表現 「お手間を取らせる」と似たような意味で、相手に迷惑をかけたり苦労をかけてしまった時に使える表現をチェックしてみましょう。 「手数をおかけして申し訳ございません」 前述した通り、困難な作業や面倒な作業を依頼した場合に、謝罪と感謝を伝えるために使います。 「お手を煩わせて申し訳ございません」「迷惑をお掛けして…」「面倒をお掛けして…」「骨を折らせて…」 「お手間」のように時間や労力といった具体性はなく、相手に依頼したことで、面倒をかけてしまった時に使う表現です。 特に「骨を折らせて」を使う場合は、その面倒や苦労の度合いが大きい場合に使用します。 「負担をお掛けして…」 同じように面倒や苦労を掛けた時に使い、ほかに金銭面での援助をお願いした際にも使用できます。 「ご足労をお掛けして…」 こちらも面倒や苦労を掛けた時に使いますが、中でもわざわざ来てもらった時に使う言葉です。 「お手間」と類語の例文集 具体的に「お手間」や類義語を用いたシーンを想定して、使い方をイメージしてみましょう。 少しの時間でも良いのでアポを取りたい時.

次の

「お手を煩わせる」の文例3つ|ビジネス・メール・挨拶

お手間を取らせてしまいすみません

「お手を煩わせる」とは、頼みごとをするときにおいて、よく使われている言葉です。 「お手を煩わせる」という表現は、日常の会話でもよく使われていますが、特にビジネスシーンで耳にすることが多いです。 「手を煩わせる」の丁寧語が「お手を煩わせる」という言葉ですが、「面倒をかける。 手間を取らせる」という意味のあるこの言葉は、頼みごとをする際に使います。 今回は、「お手を煩わせる」の意味や使い方をご紹介します。 「お手を煩わせる」の意味 「お手を煩わせる」の意味をご紹介します。 「お手を煩わせる」とは簡単に言うと、手を不快にさせる、わざわざ動かさなくても良い手を動かせてしまうという意味です。 「お手を煩わせる」とは先ほどもご紹介したように、「手を煩わせる」の丁寧語です。 「面倒をかける」や「手間を取らせる」というような意味合いで使います。 「煩わせる」の読みと意味 「煩わせる」の読みと意味をご紹介します。 「煩わせる」は「わずらわせる」と読みます。 意味は、不快な思いや、わざわざしなくても良いことをしなければならないような面倒事などを表します。 「お手を煩わせる」に似た言葉と違い 「お手を煩わせる」に似た言葉と違いをご紹介します。 「お手を煩わせる」には似た言葉があります。 今回は「お手数をかける」「お手間を取らせる」「ご負担をおかけする」「ご迷惑をかける」の4つをご紹介します。 「お手を煩わせる」を言い換えたり、似た表現を使いたいという場合の参考にしてください。 「お手数をかける」 「お手数をかける」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「お手数をかける」という言葉があります。 「お手数をかける」は「お手を煩わせる」と同じで「相手に負担や手間をかけさせてしまう」といった意味を持っています。 「お手間を取らせる」 「お手間を取らせる」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「お手間を取らせる」という言葉があります。 「お手間を取らせる」は「お手を煩わせる」と同じで、「相手に負担や手間をかけさせてしまう」という意味を持っています。 「お手数をかける」と「お手間を取らせる」は「お手を煩わせる」と同じ意味を持っていますが、その中でも「お手を煩わせる」は丁寧かつ敬語の表現として使えます。 「ご負担をおかけする」 「ご負担をおかけする」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「ご負担をおかけする」という言葉があります。 意味は文字のとおり「負担をかける」です。 相手に負担をかけてしまうという場合に、「お手を煩わせる」の他に「ご負担をおかけする」も使うことができます。 例えば、相手に負担をかけたことを謝罪するという場合に「ご負担をおかけして、申し訳ありません」などというように使います。 「ご迷惑をかける」 「ご迷惑をかける」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「ご迷惑をかける」という言葉があります。 「ご迷惑をかける」は「迷惑をかける」という意味です。 例えば、相手に迷惑をかけてしまった後や、これから迷惑をかけてしまうという場合に、「ご迷惑おかけしました」や「ご迷惑をおかけします」というように使います。 「お手を煩わせる」の文例 例1は、仕事などを依頼する時です。 仕事などを依頼する時の「お手を煩わせる」の使い方をご紹介します。 仕事や頼みごとなど、相手になにか負担や手間をかけさせてしまうという場合に、「お手を煩わせる」という表現は役立ちます。 お手を煩わせますがメールをお願いします お手を煩わせますがメールをお願いしますという言い回しをご紹介します。 仕事などの依頼をする時の「お手を煩わせる」の使い方の例として「お手を煩わせますがメールをお願いします」という文があります。 メールで質問や見積もりなどの依頼をしたという場合などに、「お手間を取らせますがメールをしてください」といった意味合いで、「お手を煩わせますがメールをお願いします」というように使うことができます。 例2:相手の配慮にお礼を伝える時 例2は、相手の配慮にお礼を伝える時です。 相手の配慮に対してお礼を伝える時の「お手を煩わせる」の使い方をご紹介します。 普通は相手が手間をかけたり、負担をしてなにかをしてくれたという場合に、お礼をします。 そのような場合に、「お手を煩わせる」を使って、相手の配慮にお礼を伝えることができます。 お手を煩わせましたがありがとうございました お手を煩わせましたがありがとうございました。 という文をご紹介します。 相手の配慮にお礼をする時の「お手を煩わせる」の使い方として、「お手を煩わせましたがありがとうございました」という文があります。 「お手間や負担をおかけしましたが、感謝しています」といった意味合いで使います。 手間や負担に対し感謝を伝えます。 少し言葉を足して、「お手を煩わせてすみません。 ありがとうございました。 」と使うこともできます。 例3:謝罪する時 例3は、謝罪する時です。 謝罪をするという場合に「お手を煩わせる」を使う場合の使い方をご紹介します。 例えば、相手に手間をかけさせてしまったり。 負担をかけさせてしまったという場合に謝罪をするとします。 そのような場合に、「お手を煩わせる」を使って謝罪をすることができます。 お手を煩わせ申し訳ありません お手を煩わせ申し訳ありません。 という言い回しをご紹介します。 謝罪をする時の「お手を煩わせる」の使い方の例として、「お手を煩わせ申し訳ありません」があります。 「手間や負担をかけさせてしまったことに対し謝罪します」といった意味合いで使うことができます。 敬語を使うことが苦手な方におすすめの本はこちら 敬語を使うことが苦手な方に、敬語「そのまま使える」ハンドブックという本をおすすめします。 敬語「そのまま使える」ハンドブックは、日常の会話やビジネスシーンで使われている、基本中の基本の会話の言い回しを、豊富な例文で紹介しています。 本の中で紹介されている例文をそのまま覚える・使用するだけで、正しい敬語を話すことができます。 敬語を話すことが苦手だという方や、正しい敬語を学びたい方は読んでみてください。

次の

「手間・手間を取らせる」の意味と使い方、例文、敬語表現、類語を紹介

お手間を取らせてしまいすみません

「お手数をおかけしました」は感謝やお詫びの気持ちを表す言葉 ビジネスシーンだけでなく日常生活の中でも耳にする機会の多い 「お手数をおかけしました」というフレーズは、相手への感謝やお詫びの気持ちを表す言葉です。 相手を敬う敬語表現なので、目上の人や上司、取引先に対しても使うことができます。 例えば相手に何かをしてもらった際、単に「ありがとうございます」とだけ言うよりも「お手数をおかけしました。 ありがとうございます」と一言付け加えたほうが丁寧な印象になります。 ですがしてもらった事柄の内容によっては「お手数をおかけしました」では失礼に当たる場合もあるため、類語を身に付けておきその場面やシチュエーションに応じたフレーズを選択できるようしておくと安心です。 「お手数をおかけしました」の意味 「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語、「手数」は何かを行うのに要する動作・細工・作業などの数や、自分以外の第三者のためにことさらにかける手間という意味です。 「おかけしました」の「おかけ」は「かける」を「お〜する」と表現した謙譲語で、あることや物のために時間・費用・労力など費やす・負担をかけることを表しています。 そのため「お手数をおかけしました」は、相手に手間や負担をかけたことに対する恐縮の念を込めた表現となります。 「お手数をおかけしました」の使い方と例文 「お手数おかけしました」の使い方は「しました」と表現しているように、相手が時間や手間を費やして何かをしてくれた過去の事柄に対して使用します。 感謝やお詫びの気持ちを伝えるフレーズですが、一言だけでどちらにも使えるというわけではありません。 ここでは感謝を伝える場合と謝罪を示す場合、両方のパターンの例文をご紹介していくのでチェックしてみましょう。 ありがとうございます」 ただ 「お手数をおかけしました」だけではお礼としての意味合いが弱いので、感謝の言葉を別に添える必要があります。 感謝の言葉は相手を問わず「ありがとうございます」が使えます。 ですがビジネスメールや目上の方に対して、より丁寧に感謝の気持ちを表現したい場合は「厚く御礼申し上げます」「感謝申し上げます」などに言い換えても良いでしょう。 間違いやすいのが、一見良さそうに聞こえる「お手数おかけしましたが、ありがとうございました」という表現です。 これだと「時間や手間をとらせましたが、ありがとう」という意味合いになるため適切では無いので注意しましょう。 お詫びする際に使える「お手数をおかけしました」の例文 お詫びをする際は、相手や内容によって適切な言い回しを使い分ける必要があります。 「お手数おかけしました」を使った謝罪の例文をチェックしてみましょう。 「お手数をおかけして申し訳ございません」 相手へお詫びをする際の、最も基本的な「お手数をおかけしました」を使った例文です。 これは目上の人やクライアントに対してはもちろん、社内の同僚に対しても使える表現です。 上述のように、感謝の気持ちを伝える場合は「お手数をおかけして+(感謝の言葉)」と表現するのは適切でないとご説明しましたが、この場合は「手間をとらせてしまい、申し訳ございません」という意味なので謝罪の意味として成立します。 そのため「お手数をおかけして申し訳ございません」も「お手数をおかけしました。 申し訳ございません」でも、どちらでも使うことができます。 「お手数をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」 相手へ丁寧な謝罪をする際の「お手数をおかけしますが」を使った例文です。 この表現は目上の人やクライアントに対するビジネスメールでも使うことができます。 この場合は「お手数」の本来の意味である「相手に手間をかけさせた」というよりも、相手に迷惑をかけてしまったというニュアンスが強い表現です。 実際ほとんど手間をとらせていない内容の場合は、大げさになってしまうので場面を見極めて使いましょう。 申し訳ございません」 「手間」とは「ある事のために費やす時間や労力」という意味で使われます。 接頭語に「お」を付けることで敬語表現になるので、目上の方やクライアントに対しても問題なく使うことができます。 「お手数」は自分以外の第三者のための行いに対して使う言葉ですが、「お手間」は自分の行動にも第三者にも使うことができます。 例えば自分が手間をかけた場合は「手間をかける」と表現しますが、相手が手間をかけてくれた場合は「手間を取らせる」と表現します。 そのため 「お手間をおかけしました」と言い間違えないよう注意して使いましょう。 お手を煩わせてしまいました 「お手数をおかけしました」に似た表現に「お手を煩わせてしまいました」というフレーズがあります。 申し訳ございませんでした」 「手を煩わせる」という言葉には、面倒をかける・手間を取らせるなどの意味があります。 「お手数をおかけしました」と同じく、相手の行動を労ったり謝罪したりする際に使うことができます。 「お手数」と同じく「お手」には尊敬を表す接頭語が付いているため、目上の人やクライアントに対して使える表現です。 「お手数をおかけしました」をはじめとした、これまでご紹介した類語の中でも、非常に丁寧な印象を与えるフレーズです。 感謝の気持ちよりも「何かをしてもらって申し訳ない」というニュアンスが強いので、相手を気遣う気持ちをしっかりと伝えたいときに使うと良いでしょう。 ・I am deeply sorry for troubling you. ビジネスシーンだけでなく日常でも使いやすい「お手数おかけしました」ですが、これだけでは単に相手の行いを労う言葉にすぎません。 感謝や謝罪の気持ちを伝える際に使う場合は、それに見合った言葉を添えて使うようにしましょう。 些細なことのように感じますが、労いの一言があるかないかで相手が自分に対して持つ印象は大きく異なります。 プラスの印象を与えることは、ビジネスシーンでも有利に働くことでしょう。 ぜひ「お手数をおかけしました」を活用して、丁寧に気持ちを表現できるビジネスパーソンを目指しましょう。

次の