ラバ 休会 手続き。 LAVAの休会方法ガイド!緊急事態宣言からの営業再開店舗一覧【2020年5月最新】

【受付終了】4月以降の休会手続きにつきまして(2020/04/11更新)

ラバ 休会 手続き

オプションマンスリー(水素水・マットキープ・バスタオル)も同様の手続きが必要になります。 いつまでに手続きを済ませたら良い? 退会(解約)手続き締切日 解約希望月前月の15日(定休日の場合は14日)まで 例)1月に退会したい場合は12月15日までに手続き 退会(解約)に必要なもの 会員証だけ持っていけば退会(解約)の手続きができます! 印鑑やキャッシュカードなどは必要ありません。 キャンペーン中の退会は出来る? LAVAには3ヶ月通い放題(月額3,800円)のお得なキャンペーンが年に何回か行われています。 特別料金で通い放題になるのでかなり魅力的ですよね! しかし、 このキャンペーンにはある条件がついています。 休会を3ヶ月以上続けると再登録料を上回っちゃうね。 もし、3ヶ月以上の休会を考えているなら一度解約した方がいいね! 解約した後、どうする? 現在、コロナの影響で休会・退会を検討された方は少なくないと思います。 そこで、こんな時代だからこそ、そしてこれからの時代にあったものをここではご紹介させて頂きます。 オンラインエクササイズ(LEAN BODY)を利用しよう! ジムに通う時間がない方や、ジムに行かず体系を維持したい方にオススメしたいのがです。 とは、好きな場所でいつでもトレーニングが出来る動画配信サービスです。 スマートフォンやパソコン、タブレットなどのインターネットに繋がる環境であればどのデバイスでも利用することができます。 今回、コロナ騒動で外出自粛などにより様々なスポーツジムでオンラインのものが出てくるかと思いますが、このLEAN BODY(リーンボディ)は、それ以前から 動画配信でのエクササイズに特化しているサービスになるのでとてもオススメです。

次の

ホットヨガLAVA(ラバ)の退会(解約)の方法・手続き【いつまでにすれば?必要なものは?】

ラバ 休会 手続き

まずはじめに。 現在コロナウイルスの影響により、LAVAの休会・解約は変則の対応になっています。 4月休会についても情勢により変化してきていますので、詳細はでご確認ください。 以下はコロナウイルス感染拡大以前の通常時の体験談です。 心臓がポンコツなため、入院手術することになってしまった私てけ緒。 開胸するから2週間は入院。 2週間で退院できたとして、体をねじりまくるヨガに早速出られるかと言ったら、無茶。 私てけ緒、今現在ホットヨガ「LAVA」と「loIve」の2つと契約中。 通帳明細 上:LAVAの月額費 下:ロイブ の月額費 さらにLAVAの契約は24ヶ月継続必須の「ずっと割」契約にしちまってますよ、ahaha。 以下、このページでは私の実体験に基づきLAVAの「ずっと割」契約の解約・変更についてご紹介しています。 LAVAの「ずっと割」を契約中の人が継続できなくなったとき、困ったときはどうぞご参考になさってくださいね。 ずっ得契約ではない通常契約です。 LAVAずっと割キャンペーンチラシ 「ずっと割」とは、申し込むと、10月以降月額費がフリーフルは1000円引き、ライトフルも1000円引き、マンスリー4は500円引きになり増税後でも増税前より安く通えるよ、な契約です。 常連にとってありがたいサービスですが、恩恵を受けるには交換条件を飲む必要があります。 ずっと割キャンペーン申込届出書 「ずっと割キャンペーン申込届出書」を探し出して契約内容を確認いたしましたところ、わかったことは、 まず、このような状況でも 休会できない それはいいです。 休会すると月に1回も行かないのに月々2600円(税込)かかるんですよ(入会時期によって金額が違うようなので要確認)。 LAVAの休会制度はあまり魅力がないです。 ならばと次の手段、 解約するとなると25,000円が飛んでいく 解約金キビシイ。 やっぱり休会制度必要。 2600円払うから休会させてくれ〜。 わかっていて申し込みました。 キビシイとわかっていたからずっと割申込期限のギリギリまで考えました。 最終日(2019年9月30日)に滑り込み申込をしました。 こんなことになるなんて思ってないんだもんよ。 解約をされる場合は、25,000円(税込)の解約金が必要となります。 ずっと割対象コース(フリー・フル、ライト・フル、M4・フル)に変更した場合、変更後もずっと割は適用されますが、対象外コースに変更した場合は、ずっと割の適用は終了となります(継続必須期間の変更はございません)。 価格は変更先店舗・コースにより異なります。 「ずっと割キャンペーン申込届出書」より引用 注意!)2020年4月21日 解約金の決まりが変わりました 「ずっと割」期間中の解約についてはこちらの記事です。 これを機にすっぱりホットヨガを止める人は解約一択です。 ずっと割申込特典のプレミアムラグ 駄々をこねても仕方ありません。 解約金25000円を払ってください。 条件をわかった上で契約したのは私です。 プレミアムラグを25,000円で買ったのだと思いましょう。 高いラグだな。 解約金の支払い方法 解約金は口座からの引き落としではありません。 解約を申し出ると、解約金はその時にお店で払うことになるので手続き時には25000円をご用意ください。 クレジットカードでも大丈夫とのことです。 ホットヨガを続けていく人はマンスリー4に変更を検討する。 私は一度LAVAをやめていますが2ヶ月で戻ってきた出戻りです。 ですから、また辞めても体が動かせるようになったらLAVAに戻ってきます。 また戻るとなると、解約するか継続しておくかが悩ましいんですよ。 入院手術の場合、療養期間がどれだけかかるかは未知です。 1、2ヶ月で戻るのなら解約したほうが高くつきます。 でも半年以上は通えないとなると、25000円払っても辞めたほうが安く済むかもしれません。 これはわからないです。 店舗によって価格設定が違うので一概にマンスリー4にしたほうがいいとも言えません。 でも自分のお金のことですから、解約金を払った場合との差を計算してみることをおすすめします。 それでいざシミュレートしようとすると、「?」となったこと。 「ずっと割」申し込み時と今とでは料金設定が変わってるんですけど、どっちの料金が適用されるの? 料金設定は「ずっと割」申込時のものを適用 私の登録店の料金設定は下表の通りです。 9月と10月では料金設定が変わっています。 「ずっと割」でのマンスリー4(以下 M4と記載)の割引額は500円です。 8300円から500円引きしてくれるならいいけど、8800円からの500円引きで8300円になるってえのは増税前の料金設定に戻るってだけでお得感がなく残念ですよね。 そこでスタッフさんに聞いたら、 ちゃんと「ずっと割」申し込み時の料金設定からの値引きが適用されるとのことです。 「マンスリーメンバー制度 変更届出書」裏面 実際このようになりました。 1月31日の届出なので、M4に変更になるのは3月からです。 届出日と適用月の決まりはここでは端折りますので、「」のほうをご参考に。 手続きにかかる時間は3分 自分がつべこべ言わなければレッスン前に手続きはすぐに終わります。 スタッフさんは理由を問い詰めてきたりはしません。 変更内容をタブレット上で確認してタブレット上に署名して、それをプリントアウトした変更用紙の控えをもらったら終わりです。 変更には手数料1200円がかかることも計算に入れましょう ライトフルからM4フルに変更する場合、変更手数料1200円(税込)がかかります。 同様に、M4からライトフルに戻る場合も1200円かかります。 よってM4に変更しても、1ヶ月でライトフルに戻るくらいなら、ライトフルのままにしていたほうが安く済む罠。 フリーフルの扱いは別格です。 以上のことを踏まえて、あなたの最善を導き出してください。 人生はどうなるかわからないですよね〜。 「ずっと割」って、決意の表れなんですよ。 ずっとLAVAでホットヨガしていく気だったから、「ずっと割」にしたのは仕方ない。 ヨガは一生するよ、私は。 こうなったのはしょうがないです。 人って神様に誓ったことも覆すくらい、変わらないでいられないんだよ〜。 もうね、しょうがないことなんです。 生きていたらそれぞれに色々あります、なあんにも悪いことしてなくても。 だから大丈夫。 そんなもんです。 追記)2020年4月14日 世界がこんなことになるなんて想像もしなかった。 「ずっと割」の対応が変わっています。

次の

LAVA|コロナウイルスで休会費や退会・解約は?Twitterの評判がヤバい!|れみ|世の中の気になる情報まとめ

ラバ 休会 手続き

すぐに読める目次• ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)の退会・解約手続き まず、LAVA(ラバ)は永久会員制なので、退会というのは正確にはありません。 退会ではなく「解約」と言います。 そしてLAVAの解約の基本は、翌月に退会(解約)したければ、当月の15日までに手続きをする必要があります。 例えば、8月まで通って、9月から辞めたいという場合は、8月の15日までに解約手続きをする必要があります。 解約時の持ち物は、会員証とマンスリー証で、ハンコはいりません。 なので、いつもホットヨガに通う感じでふらりといって退会手続きとなります。 また、代理人による退会・解約手続きもできないのでご注意ください。 LAVA ラバ の休会と解約(退会)の違い LAVAには休会というシステムもあります。 休会と退会(解約)の違いは、• 休会:毎月事務手数料2,100円がかかる。 退会(解約):毎月の事務手数料は不要。 ただし、マンスリープランを再開するときに再登録料5000円がかかる。 なので、 3カ月以上通えない場合は、退会した方がお得です。 休会の場合も15日までに休会手続きする必要があります。 1回券は店舗によって料金が違いますが、3,000円~3,500円です。 なので、月4回も通えない…という人も退会してしまってもいいと思いますよ。 15日がメイン店舗の定休日の場合 15日とメイン店舗の定休日が重なった場合は、14日までに手続きをする必要があります。 私「解約したいんですけど…」 インストラクターの方「そうなんですね。 わかりました。 でも、残念です…解約しようと思った理由を聞かせてもらってもいいですか?」 私「最近忙しくてほとんどこれてなくて、先月は全然これず、今月も今日が初めてなんです。 」 インストラクターの方「そんなにお忙しかったんですね。 でしたら、解約して、回数券で来れるときに来た方が、XXさんには合っていそうですね。 」 で、解約用の書類にサインして、解約手続きは10分くらいで終了。 全く営業感がなく、純粋に楽しいホットヨガにまた来てねというニュアンスだったのがよかったです。 LAVA以外のおすすめホットヨガスタジオ ここまでLAVAの退会手続きについて書いてきましたが LAVA(ラバ)を退会したいという方の中には、• LAVAの料金は少し高い• LAVAの混雑が限界• だから違うスタジオに通ってみたい という方もいると思います。 人によってはカルドの方が全然いい!って人もいます。 カルドに変える最大のメリットは 料金が安くすむということです。 LAVAと比較したデメリットは、LAVAよりも店舗が少ない事、スタジオが広いので後ろの方に座るとインストラクターの声が聞こえにくい場合がある等が挙げられます。 おまけ:LAVA(ラバ)を退会・解約した理由 退会したのは、納期に追われていた時期で(SEでした) 毎日深夜12時に帰宅し、7時に起きて出社。 私が選択していたプランは月2回の通い放題で、月々の料金が13,000程でした。 これはもったいないと泣く泣く退会を決意しました。 そして、その後時間ができてから近所にカルドってホットヨガがあることを知って、体験レッスンに行きヨガ生活が復活 笑 ヨガ・ピラティスの体験レッスンにいくのも趣味の一つになりました。 おまけ2:LAVAを再開したい場合の手続き 退会していたけど、もういちどマンスリープランに登録したいという場合は、入会のときと同じように通いたい店舗にいって登録しましょう。 かかる料金としては、再登録料として5,000円がかかります。 本人確認書類(原本)• キャッシュカードか通帳のコピー• 金融機関届出印• 登録金(5000円)• 月会費2ヶ月分 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の