引越し 費用 安い。 【SUUMO引越し】引っ越し平均費用・料金相場を探す

価格.com

引越し 費用 安い

引越しで一番気になるのが出費ですよね。 新生活で使う家具家電の購入から、粗大ゴミの処分など、何かとお金がかかるものです。 できるだけ引越し事業者にかかる費用は抑えたいと思っている方が多いかと思います。 引越しの時期やタイミングなど、引越し費用を安く抑えるためのコツをご紹介します! また、 単身・家族の引越し料金についても、距離や時期別に目安をご紹介!ぜひ参考にしてください。 目次 引越し費用を安く抑えるためには 少しでも引越し費用を抑えるためのコツは、大きく分けて2つあります。 引越し費用が安くなる時期・タイミングを狙う• 引越し費用が安くなる裏技を実行する 下記でそれぞれについて詳しく説明いたします。 紹介するすべての内容を実行するのは難しいかもしれませんが、少しでも費用を抑えたい人は、できる範囲で実践しましょう。 引越し費用が安くなる時期・タイミング 繁忙期を避ける 引越しの基本料金は、時期によってかなり変動します。 多くの人が引越しを考えるいわゆる 繁忙期は、引越し料金が高くなるのです。 その 繁忙期というのは、年度が替わる直前の3月で、いわゆる新生活のスタートの直前です。 進学や就職などで新居に移ったり、子供の学校が始まるのに合わせたりして引越しをする人が多いためと考えられます。 この時期の引越しは区切りがよく、新しい生活を始めるのには打ってつけですが、引越し料金はかなり割高です。 具体的に、もっとも高いと考えられるこの時期と一番安い時期の相場では以下のような差があります。 単身の引越しの場合 7月:22,000円前後 3月:35,000円前後 家族の引越しの場合 7月:90,000円前後 3月:110,000円前後 同じ引越し内容でも、なんと 一万円以上も金額が変わってしまうのです。 また、 2月や4月初旬も3月に次いで引越し料金は高い 傾向にあります。 引越し 料金が安いおすすめの時期は、年末年始後の1月や、長期休み前の7月です。 この時期は引越し事業者も閑散期なので、かなりおトクな料金になっているはずです。 引越し時期が決まっているのなら仕方ないですが、自分で決められる場合はぜひ安い時期に引越しの計画を立ててみてください。 平日を選ぶ 多くの人は仕事や学校が休みの日に引越しをしたいと考えますよね。 よって、 土日は引越し料金が高く、平日は安くなる傾向にあります。 これは繁忙期でもある3月でもいえることなので、どうしても 3月に引越しをしなければならない方は、平日を選ぶのがおすすめです。 夜便を選ぶ 実は、引越し料金は同じ日にでも作業する時間帯によって料金が変わります。 多くの引越し事業者は、 朝便 と 夜便という区切りで、引越しの時間帯を分けています。 朝便 朝便は 朝一で引越し事業者が旧居に到着し、荷物の搬入を始めるので、よほど遠方でもない限り正午~ 15時くらいには新居での荷物の積み下ろしが終わります。 そのあとの時間は、新居での荷物整理やライフライン開始の立ち合いなどに使えるため、多くの人が希望する時間帯です。 そのため、 夜便よりも料金が高く設定されているのです。 夜便 夜便は朝便を終えた引越し事業者が作業を始めますので、 早くても荷物の搬入は15時以降になることが多いです。 そのため引越し事業者が 作業を終えるのは夜になってしまいます。 その日のうちに荷物整理などの細かい作業はできないと考えた方がいいでしょう。 しかも朝便が終わる時間は直前まで分からないため、計画が立てづらいという点もネックです。 しかし、その分 朝便に比べて夜便は割安です。 値引き率は事業者によって異なりますので、依頼前に確認しておくとよいでしょう。 フリー便を選ぶ 引越し事業者が都合のいい空き時間に作業を行いに来るのが フリー便です。 当日の作業を行った上での隙間時間に作業が行われるため、 早くても午後、遅い場合は夜になることもあります。 前日にだいたいの作業時間を教えてくれる事業者が多いですが、 他の引越し作業に時間がかかったり、道路事情などにより時間がずれることも多々あります。 しかしその分、 夜便よりも安い料金が設定されているので、時間に融通が利く方にはおすすめです。 また、事業者によってはフリー便の中でもおおまかな時間を指定できる場合もあるので、気になる方は依頼時に確認してみましょう。 引越し費用が安くなる裏技! どうしても繁忙期に引越さなければならない、小さい子がいるから午前便しか選べない……と時期や時間帯による引越し料金の値下げを狙うのは難しい方も多いと思います。 そういう方は、ちょっとした手間で引越し料金を抑える方法がおすすめです! 少しの手間でかなり安くなる場合もあるので、以下で紹介する方法をぜひ実践してみてください。 できるだけ荷物を減らす 通常、引越しは 荷物の量が多ければ多いほど料金が高くなります。 荷物が増えると作業員の人数を増やして対応したり、大きい車両をチャーターしたりする場合が多いため、人件費や車両費の分の費用が膨らんでしまうためです。 よって、引越し時はできるだけ 荷物の量を減らすことで、引越し費用を抑えることが可能です。 また、料金だけではなく、作業時間も短くなるので、引越し作業がスムーズに進みます。 引越しを機に物を整理し、 要らないものや使うかどうか微妙なものは、どんどん処分してしまうことをおすすめします。 まだ使えるけど不要になった物は、 リサイクルショップで買い取ってもらうという方法もあります。 物が処分できるうえに、お金までもらえるので一石二鳥ですよね。 別記事で、などを詳しく解説しています。 自分で段ボールを調達する 近年では、契約者に無料で段ボールをプレゼントしてくれる引越し事業者が多くなってきています。 通常、引越し事業者は段ボールを大量生産または受注をしていて、あまりコストがかかっていないため、その段ボールをもらうことを拒否しても料金の値引きにつながらない場合も多いです。 しかし、 小さい引越し会社や単身向けの引越しプランの場合は、段ボールを断ることで値引きをしている事業者もまだまだたくさんあります。 事前に確認して値引きしてもらえそうなら、段ボールは不要なことを伝え、自分で調達するようにしましょう。 別記事で、について詳しく解説しています。 見積もり時に値引き交渉をする 事業者を決める前に、まずは見積もりを取ってもらうというのが通常の流れですが、この見積もりの時の行動で引越し料金が大きく左右されます。 値下げにつながるコツは、簡単なものだと以下の2つです。 即決しない• 複数社から見積もりを取り、他社の見積もり金額を伝える。 よく 「即決してくれれば安くします」「今予約を取らないと埋まってしまいます」などと言う営業マンがいますが、 焦ってこの言葉に乗るのは絶対にNGです。 後日、別の事業者の見積もりで料金を安くしてくれる場合も多いですし、そもそも予約が埋まりやすい事業者が急かして契約をさせることは考えられないですよね。 引越しの見積もりは早めに始めて 複数社を吟味し、もっとも費用対効果の高い事業者を選びましょう。 なお、別記事で詳しく解説しています。 引越し費用の目安ってどのくらい? ここまで引越し費用を安く抑える方法についていろいろ説明しましたが、そもそも引越し料金って通常いくらくらいなのでしょうか? 人数や時期、距離によって引越し料金は変わってくるので、 それぞれの場合の平均的な相場について詳しく説明します。 なお、 荷物の量などや事業者によって相場から外れることもありますので、ご注意ください。 単身引越しの場合 通常期 同一市区町村内(15km以内):20,000円~40,000円 同一都道府県内(50km以内):25,000円~45,000円 中距離(200km以内):38,000円~80,000円 長距離(500km以内):48,000円~110,0000円 長距離(500km以上):55,000円~140,000円 繁忙期 同一市区町村内(15km以内):40,000円~65,000円 同一都道府県内(50km以内):45,000円~80,000円 中距離(200km以内):48,000円~100,000円 長距離(500km以内):57,000円~150,0000円 長距離(500km以上):80,000円~200,000円 ファミリー引越し(4人家族)の場合 通常期 同一市区町村内(15km以内):50,000円~95,000円 同一都道府県内(50km以内):60,000円~120,000円 中距離(200km以内):85,000円~135,000円 長距離(500km以内):125,000円~170,0000円 長距離(500km以上):210,000円~240,000円 繁忙期 同一市区町村内(15km以内):70,000円~115,000円 同一都道府県内(50km以内):80,000円~140,000円 中距離(200km以内):160,000円~185,000円 長距離(500km以内):200,000円~260,0000円 長距離(500km以上):285,000円~350,000円 おすすめの引越し事業者 引越しは、事業者に支払う引越し料金以外にも、引越し先で使う新しい家具や生活用品を購入するなど、何かとお金がかかります。 少しでも引越し料金を抑えらるよう、紹介した方法をできる範囲で行ってみてくださいね。 また、引越しといえば事業者選びも大事ですが、もうお済みでしょうか? くらしのマーケットには、たくさんのがあります。 各事業者のサービスページ閲覧には会員登録も不要なので、 作業スタッフの写真や利用者の口コミもしっかり事前確認が可能です。 「予約前に聞きたいことがある」という場合も安心。 ページ上のメッセージ機能で店舗スタッフに直接質問することができます。

次の

【SUUMO引越し】引っ越し平均費用・料金相場を探す

引越し 費用 安い

超繁忙期の3月を過ぎても、4月はまだまだ引越し料金が高い! バカ高い引越し料金はできるだけ払いたくないし、料金を安くする方法があれば知っておきたいですよね。 実は4月は、知る人ぞ知る、安く引越せるタイミングがあります。 そのタイミングとは、 ずばり4月の「中旬」です!中旬の中でも、特に閑散日となる日が7日間あり、その日を狙えば料金相場の高い4月でも格安で引越すことが可能になります! そこでこの記事では、• 格安引越しできる7日間とは具体的に何日なのか!? 上旬や下旬に引越す場合はどうすれば安くなるのか!? といった、安くお得に4月の引越しを済ませるコツを、単身引越し・家族引越しの引越しタイプ別にお伝えします! 「何もしないで高い料金払っちゃった…!」と後悔しないよう、ぜひ参考にして見てください。 【裏ワザ! それは5社以上の引越し業者から、見積もりを取って料金を比較すること。 そこで利用したいのが 引越し業者の一括見積もりサービスです。 ここで紹介する 「引越し達人」は他の一括見積もりサービスとはひと味違います。 従来の一括見積もりサービスは、電話やメールで複数業者とやり取りしなければ料金の比較ができませんでした。 しかし、引越し達人は入力時間30秒の簡単な手続きをすれば、 面倒なやりとりをせずに、その場で複数業者の「料金」と「サービス」を一覧で比較できてしまうのです。 NEW! 4月の引越し料金が安くなる日と高くなる日 引っ越しの繁忙期と言われている4月の引越し料金は、安い日/高い日/やや高い日と3段階に分かれています。• 4月の中で一番安い日 4月の14日/15日/16日/20日/21日/22日/23日• 4月の中で一番高い日 4月の1日/2日/3日/4日/5日/11日/12日/18日/19日/25日/26日/27日/28日/29日/30日• 4月の中でやや高い日 4月の6日/7日/8日/9日/10日/13日/17日/24日 【2020年4月】 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30• 4月1日~5日までは、3月中に引越し業者を確保できなかった新入学生や新社会人の駆け込みがあります。 また、4月25日からはゴールデンウィークに突入するため、連休を使った家族引越しが急増します。 大型連休を逃せば、7月の夏休みまで連休はなかなか取れませんのでさらなる混雑が予想されるので注意してくださいね。 4月の2週目は学生の新学期がスタートしているので、1週目に比べたら引っ越しの需要が徐々に減ってくる為です。 料金は赤色の超危険日より30%ほど安くなりますので、安い日に引っ越しができなかった場合のために第二候補としてこの日付を覚えておいて損はありません! 引越し件数が増える日は、割引をせずとも引越し依頼が殺到するため、料金も高くなる仕組みになっています。 逆に、引越し件数が減る日は引越し業者も割引を積極的に行い、少しでもお客さんを確保しようとします。 需要と供給のバランスで同じ月内でも料金が変わってくるのです。 実は具体的な金額って、業者によっては6万円近く差が出ているの。 なぜそんなに差が出てくるのか見ていきましょう。 料金差は最大6万円!業者によって違う料金相場 単身引越しと家族引越し、 それぞれ同じ条件で料金を出してみたところ、なんと業者間で最大6万円以上の差が出ている事が明らかとなりました! そこで大手引越し業者、中小引越し業者、合計4社の料金相場をまとめて比較しました! 【単身引越し】4月の引越し料金相場 引越業者 同都道府県 内 同都道府県 外 サカイ引越センター 58,829円 96,849円 アート引越センター 50,495円 108,281円 アーク引越センター 44,324円 73,269円 ハート引越センター 37,712円 87,121円 4社平均相場 47,840円 91,380円 単身の県外への引越しは、大手引越し業者のアートと中小引越し業者のアークでこのように 約3万5千円の料金差が出ています! 【家族引越し】4月の引越し料金相場 引越業者 同都道府県 内 同都道府県 外 サカイ引越センター 91,525円 195,136円 アート引越センター 93,968円 180,976円 アーク引越センター 77,751円 132,748円 ハート引越センター 71,529円 197,018円 4社平均相場 83,693円 17,6470円 家族の県外への引越しは、中小引越し業者同士(アーク・ハート)にもかかわらず 約6万円も違ってきます。 参考:引越し侍 業者によって値段が違う理由としては、アートなどの大手は抱えているスタッフが多く、それだけコスト(人件費)がかかるから料金が高くなるのです。 たった4社の比較ですが、単身引越しで3万5千円、家族引越しで6万円も差が出ていることから分かるのは、 選ぶ業者によって引越し料金で損をするか得をするかが決まるということ! 引越し業者は、名の知れた大手の他にも地域特化している業者が数多くあるので、もっと細かく調べていけばさらに料金を安くすることが可能になります。 とはいっても、片っ端から引越し業者を調べて問い合わせるとなると時間も手間もかかってキリがない…そこで便利なのが、一番安い引越し業者が見つかる一括見積もりサービス 「引越し達人」です。 引越し達人を使うと、簡単な入力をするだけで、大手から地元の中小引越し業者の中から最安値の料金を比較できます。 入力にかかる時間はたったの30秒ですし、面倒な引越し業者からの連絡なしでメールのみでやり取りができます! 口コミ評判なども閲覧が可能。 料金の安さだけで引越し業者を決めるのはちょっと…という人も、まずは一度試してみてくださいね! リサイクルショップやフリマアプリで売りに出す• 欲しいという人に譲る• 買い替え予定のものは引越し先で買う• 自分で運べるものは自家用車や友人の車で運ぶ といった方法があります。 まだ使えるものは、売ったり譲ったりすることで処分にかかる費用も抑えることができますよ! 見積もりの段階でまだ不用品が残っている場合は、「これは捨てるので」と引越し業者のスタッフに伝えれば、不用品を見積もりに含まずに済みますよ。 時間指定をせずフリー便にすると40%お得に引越し可能! フリー便にすることで、引越し料金は約40%安くすることができます。 フリー便は、1日の中で引越し業者の空いた時間を使って作業するので、格段と安くなります。 午前、午後の引越し作業を終えたスタッフが、時間を気にせずに作業開始できるからです。 引越し料金を安くするためには、時間指定をしない「フリー便」でお願いしましょう! 他社の見積もりを元に値引き交渉をすると最大50%安くなる! 他社の見積もりを元に、業者に値引き交渉をすると料金が格段に安くなります! 一番簡単で効率の良い値引き方は、次の3ステップ。 繁忙期の3月に引っ越せなかった人たちの需要は4月5日 日 まで続きますが、4月5日以降は需要が落ち着き混雑が緩和されます。 進学や就職のために必ず4月初旬に引越さなければならない! という場合でなければ、4月5日以降を狙いましょう! 単身パックを利用すれば料金が最大50%安くなる! 単身パックを使えば、通常よりも半額ほどの値段で済む場合があります。 単身パックとは、トラックを貸し切って荷物を運ぶのではなく、専用のコンテナボックスに荷物を積んで他の依頼者の荷物と一緒に載せて運んでもらうサービスで、コンテナボックスを使うことでコストを分散しています。 運ぶ荷物が少ない人・家具付きの物件に引越す人・家具や家電を新居で新調する人におすすめです。 単身パックを取り扱っている引越し業者の中でも、大手の「日本通運(日通)」のサービスが充実しているので、日通を例に紹介します。 一般的に引越し業者で使われている段ボールは3辺合計が140cmですが… ゆうパックで荷物を送る場合ですと、「縦・横・高さの3辺合計が170cmまで」と大きな段ボールで郵送が可能になるというわけです! そのため、家具や家電がなく「段ボールのみを運びたい」という場合は、引越し業者を使うよりもゆうパックが便利です。 では、ゆうパックの料金はいくらなのか、3辺合計ごとの基本運賃は以下の通りです。 「持込割引」や「複数口割引」でお得に! 集荷ではなく事業所の郵便窓口に荷物を持ち込むと、「持込割引」で 1個につき120円割引になります。 同じあて先に2個以上の荷物を送る場合は、「複数口割引」で 1個につき60円割引になります。 段ボールの重さは25kgまで! ゆうパックでは基本運賃で送れる荷物の重さが決まっており、包装後の段ボールの重さは 25kg以下となっています。 25kgを超える場合は、基本運賃プラス500円がかかってしまうので要注意。 段ボールは自己調達で節約! 段ボールを郵便局で購入すると、特大サイズ(3辺合計113cm)で1箱370円と高くついてしまいます。 スーパーやドラッグストアなどで無料で段ボールが貰えるので、使用する段ボールは自己調達することが基本です! ただでさえ引っ越し費用がかかる4月は、いろいろと工夫をしなきゃね。 4月引っ越しをとにかく安くするには、「引っ越し達人」で一括見積もりを出す事が必須ね! 4月の引っ越しはなぜ高い?4月でも安い日は7日間ある! 3月が引っ越しピークにも関わらず、4月中も引っ越しが多い理由としては、 3月中に引っ越しができなかった人たちの引っ越し需要が4月まで持ち越される事が挙げられます。 そのため、4月の前半(1日〜5日)は特に、3月と比較すると料金が変わらないくらい料金が高くなってくるので注意が必要です。 4月25日〜の後半も、ゴールデンウィークのまとまった休みを使ったを家族引っ越しが多くなります。 4月に引っ越すならば、前半・後半・土日・大安を避けた• 14日/15日/16日/20日/21日/22日/23日 がおすすめですよ!.

次の

結局、安い引越し業者はどこなの?【2020年7月版】

引越し 費用 安い

超繁忙期の3月を過ぎても、4月はまだまだ引越し料金が高い! バカ高い引越し料金はできるだけ払いたくないし、料金を安くする方法があれば知っておきたいですよね。 実は4月は、知る人ぞ知る、安く引越せるタイミングがあります。 そのタイミングとは、 ずばり4月の「中旬」です!中旬の中でも、特に閑散日となる日が7日間あり、その日を狙えば料金相場の高い4月でも格安で引越すことが可能になります! そこでこの記事では、• 格安引越しできる7日間とは具体的に何日なのか!? 上旬や下旬に引越す場合はどうすれば安くなるのか!? といった、安くお得に4月の引越しを済ませるコツを、単身引越し・家族引越しの引越しタイプ別にお伝えします! 「何もしないで高い料金払っちゃった…!」と後悔しないよう、ぜひ参考にして見てください。 【裏ワザ! それは5社以上の引越し業者から、見積もりを取って料金を比較すること。 そこで利用したいのが 引越し業者の一括見積もりサービスです。 ここで紹介する 「引越し達人」は他の一括見積もりサービスとはひと味違います。 従来の一括見積もりサービスは、電話やメールで複数業者とやり取りしなければ料金の比較ができませんでした。 しかし、引越し達人は入力時間30秒の簡単な手続きをすれば、 面倒なやりとりをせずに、その場で複数業者の「料金」と「サービス」を一覧で比較できてしまうのです。 NEW! 4月の引越し料金が安くなる日と高くなる日 引っ越しの繁忙期と言われている4月の引越し料金は、安い日/高い日/やや高い日と3段階に分かれています。• 4月の中で一番安い日 4月の14日/15日/16日/20日/21日/22日/23日• 4月の中で一番高い日 4月の1日/2日/3日/4日/5日/11日/12日/18日/19日/25日/26日/27日/28日/29日/30日• 4月の中でやや高い日 4月の6日/7日/8日/9日/10日/13日/17日/24日 【2020年4月】 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30• 4月1日~5日までは、3月中に引越し業者を確保できなかった新入学生や新社会人の駆け込みがあります。 また、4月25日からはゴールデンウィークに突入するため、連休を使った家族引越しが急増します。 大型連休を逃せば、7月の夏休みまで連休はなかなか取れませんのでさらなる混雑が予想されるので注意してくださいね。 4月の2週目は学生の新学期がスタートしているので、1週目に比べたら引っ越しの需要が徐々に減ってくる為です。 料金は赤色の超危険日より30%ほど安くなりますので、安い日に引っ越しができなかった場合のために第二候補としてこの日付を覚えておいて損はありません! 引越し件数が増える日は、割引をせずとも引越し依頼が殺到するため、料金も高くなる仕組みになっています。 逆に、引越し件数が減る日は引越し業者も割引を積極的に行い、少しでもお客さんを確保しようとします。 需要と供給のバランスで同じ月内でも料金が変わってくるのです。 実は具体的な金額って、業者によっては6万円近く差が出ているの。 なぜそんなに差が出てくるのか見ていきましょう。 料金差は最大6万円!業者によって違う料金相場 単身引越しと家族引越し、 それぞれ同じ条件で料金を出してみたところ、なんと業者間で最大6万円以上の差が出ている事が明らかとなりました! そこで大手引越し業者、中小引越し業者、合計4社の料金相場をまとめて比較しました! 【単身引越し】4月の引越し料金相場 引越業者 同都道府県 内 同都道府県 外 サカイ引越センター 58,829円 96,849円 アート引越センター 50,495円 108,281円 アーク引越センター 44,324円 73,269円 ハート引越センター 37,712円 87,121円 4社平均相場 47,840円 91,380円 単身の県外への引越しは、大手引越し業者のアートと中小引越し業者のアークでこのように 約3万5千円の料金差が出ています! 【家族引越し】4月の引越し料金相場 引越業者 同都道府県 内 同都道府県 外 サカイ引越センター 91,525円 195,136円 アート引越センター 93,968円 180,976円 アーク引越センター 77,751円 132,748円 ハート引越センター 71,529円 197,018円 4社平均相場 83,693円 17,6470円 家族の県外への引越しは、中小引越し業者同士(アーク・ハート)にもかかわらず 約6万円も違ってきます。 参考:引越し侍 業者によって値段が違う理由としては、アートなどの大手は抱えているスタッフが多く、それだけコスト(人件費)がかかるから料金が高くなるのです。 たった4社の比較ですが、単身引越しで3万5千円、家族引越しで6万円も差が出ていることから分かるのは、 選ぶ業者によって引越し料金で損をするか得をするかが決まるということ! 引越し業者は、名の知れた大手の他にも地域特化している業者が数多くあるので、もっと細かく調べていけばさらに料金を安くすることが可能になります。 とはいっても、片っ端から引越し業者を調べて問い合わせるとなると時間も手間もかかってキリがない…そこで便利なのが、一番安い引越し業者が見つかる一括見積もりサービス 「引越し達人」です。 引越し達人を使うと、簡単な入力をするだけで、大手から地元の中小引越し業者の中から最安値の料金を比較できます。 入力にかかる時間はたったの30秒ですし、面倒な引越し業者からの連絡なしでメールのみでやり取りができます! 口コミ評判なども閲覧が可能。 料金の安さだけで引越し業者を決めるのはちょっと…という人も、まずは一度試してみてくださいね! リサイクルショップやフリマアプリで売りに出す• 欲しいという人に譲る• 買い替え予定のものは引越し先で買う• 自分で運べるものは自家用車や友人の車で運ぶ といった方法があります。 まだ使えるものは、売ったり譲ったりすることで処分にかかる費用も抑えることができますよ! 見積もりの段階でまだ不用品が残っている場合は、「これは捨てるので」と引越し業者のスタッフに伝えれば、不用品を見積もりに含まずに済みますよ。 時間指定をせずフリー便にすると40%お得に引越し可能! フリー便にすることで、引越し料金は約40%安くすることができます。 フリー便は、1日の中で引越し業者の空いた時間を使って作業するので、格段と安くなります。 午前、午後の引越し作業を終えたスタッフが、時間を気にせずに作業開始できるからです。 引越し料金を安くするためには、時間指定をしない「フリー便」でお願いしましょう! 他社の見積もりを元に値引き交渉をすると最大50%安くなる! 他社の見積もりを元に、業者に値引き交渉をすると料金が格段に安くなります! 一番簡単で効率の良い値引き方は、次の3ステップ。 繁忙期の3月に引っ越せなかった人たちの需要は4月5日 日 まで続きますが、4月5日以降は需要が落ち着き混雑が緩和されます。 進学や就職のために必ず4月初旬に引越さなければならない! という場合でなければ、4月5日以降を狙いましょう! 単身パックを利用すれば料金が最大50%安くなる! 単身パックを使えば、通常よりも半額ほどの値段で済む場合があります。 単身パックとは、トラックを貸し切って荷物を運ぶのではなく、専用のコンテナボックスに荷物を積んで他の依頼者の荷物と一緒に載せて運んでもらうサービスで、コンテナボックスを使うことでコストを分散しています。 運ぶ荷物が少ない人・家具付きの物件に引越す人・家具や家電を新居で新調する人におすすめです。 単身パックを取り扱っている引越し業者の中でも、大手の「日本通運(日通)」のサービスが充実しているので、日通を例に紹介します。 一般的に引越し業者で使われている段ボールは3辺合計が140cmですが… ゆうパックで荷物を送る場合ですと、「縦・横・高さの3辺合計が170cmまで」と大きな段ボールで郵送が可能になるというわけです! そのため、家具や家電がなく「段ボールのみを運びたい」という場合は、引越し業者を使うよりもゆうパックが便利です。 では、ゆうパックの料金はいくらなのか、3辺合計ごとの基本運賃は以下の通りです。 「持込割引」や「複数口割引」でお得に! 集荷ではなく事業所の郵便窓口に荷物を持ち込むと、「持込割引」で 1個につき120円割引になります。 同じあて先に2個以上の荷物を送る場合は、「複数口割引」で 1個につき60円割引になります。 段ボールの重さは25kgまで! ゆうパックでは基本運賃で送れる荷物の重さが決まっており、包装後の段ボールの重さは 25kg以下となっています。 25kgを超える場合は、基本運賃プラス500円がかかってしまうので要注意。 段ボールは自己調達で節約! 段ボールを郵便局で購入すると、特大サイズ(3辺合計113cm)で1箱370円と高くついてしまいます。 スーパーやドラッグストアなどで無料で段ボールが貰えるので、使用する段ボールは自己調達することが基本です! ただでさえ引っ越し費用がかかる4月は、いろいろと工夫をしなきゃね。 4月引っ越しをとにかく安くするには、「引っ越し達人」で一括見積もりを出す事が必須ね! 4月の引っ越しはなぜ高い?4月でも安い日は7日間ある! 3月が引っ越しピークにも関わらず、4月中も引っ越しが多い理由としては、 3月中に引っ越しができなかった人たちの引っ越し需要が4月まで持ち越される事が挙げられます。 そのため、4月の前半(1日〜5日)は特に、3月と比較すると料金が変わらないくらい料金が高くなってくるので注意が必要です。 4月25日〜の後半も、ゴールデンウィークのまとまった休みを使ったを家族引っ越しが多くなります。 4月に引っ越すならば、前半・後半・土日・大安を避けた• 14日/15日/16日/20日/21日/22日/23日 がおすすめですよ!.

次の