プランダラ ペレ。 『プランダラ』第49話「裏切り」

本日放送のTVアニメ『プランダラ』最終話に向けて、中島ヨシキ・本泉莉奈らキャスト陣のコメントが到着

プランダラ ペレ

画像一覧 ED映像 温泉入浴中の陽菜。 第1話「伝説の撃墜王」 足湯に浸かる陽菜。 生脚太腿がエロい。 陽菜の生足を触るリヒトー。 「お金くださいーッ!」(生足お触り中) 「お、お金ですかー!?」 陽菜に抱きつき、セクハラするリヒトー。 「もう辛抱堪らーん!」(おっぱいダイブ) 「いやあああーっ!」 陽菜の股をこじ開けようとするリヒトー。 「さあ…開くのです」 「ダメです!」 「おのれ、強情な脚め…!」 「やっ…ダメ…ッ!」(開脚寸前) ダビ兵曹に首絞めされ、苦痛に悶える陽菜。 「ククク…最高だねぇ、その表情…」 「クッ…あうっ…やめっ…やめてっ!」 陽菜に迫り来る、黒い触手。 「ヒイイ…ッ!」 陽菜の股をこじ開けるダビ兵曹。 「ハハハハハッ!」 「イヤッ!」(強制M字開脚) 「どうして、こんな酷いことを…?伝説の撃墜王さんなのに…」 「クククッ…お前、伝説の撃墜王が何なのか、知ってるのか?」 第2話「だいっきらい!」 黒い触手に足を取られ、悶える陽菜。 強制M字開脚させられ、慌てて股間を隠す陽菜。 第3話「制服だから仕方ない」 吊り橋の上で、リヒトーに抱きつかれるリィン。 「わ~、リィンちゃん、助けて~」(おっぱい顔面密着) 「ええっ!?…ちょ、ちょっと!」 リヒトーに太腿を触られ、悶えるリィン。 「ぬおおーっ!揉み揉み揉みーっ!」(太腿揉み揉み) 「いやあああーん!ちょっ、ダメッダメだってば!」 リィンのスカート内部に手を入れるリヒトー。 「そして、カウントの上昇と共に、パンツに手を掛ける…」 「ちょ、ちょっと待ったーっ!」 黒塗りパンチラするリィン。 太腿が際どい。 スカートが短すぎて、ペレとリヒトーにパンツを見られるリィン。 ただし、視聴者にはパンツが見えない。 「曹長、パンツ見られてるッスよ」 「えっ?」 「じーっ…」(スカート内部観察中) 「きゃあああーっ!!」(羞恥赤面) 「そんなギリギリのスカートで、バンバン蹴りまくって来るものだから…てっきり、パンツを見られたいのかと…」 「違ーう!これは軍の制服だから、仕方なく…」 「ウヒョー!」(パンツ観察中) 「いやあああーん!」(羞恥赤面・スカート押さえ) 「結局…曹長がパンツ見られまくっただけ、だったッスねえ…」 「もーっ!」 第4話「違法所持者」 痛そうな表情で倒れる陽菜。 生脚太腿全開のナナ。 恥じらいながらスカートを引っ張るリィン。 第6話「勘」 リヒトーを押し倒し、騎乗位で跨るペルモ。 「兄さん、飛べるの?ちょっと、体、調べさせて!」 「ちょちょちょっ!?」 ペルモに体を弄られるリヒトー。 その様子を目撃し赤面する陽菜。 「ダメ、動かないで!」 「いやっ、そこは、やめて、ダメ!」 「はわわわわわ…!」 「ちょっと、動かないでってば!」 もにゅん(おっぱい密着) 陽菜の股間をこじ開けようとするリヒトー。 「じゃあ、教えてあげるよ。 僕の旅の目的はね…君のパンツを覗くことだ!」 「なっ!?」 「おのれ、相変わらず強情な脚め…」 赤面イキ顔で悶える陽菜。 「あんっ…はうっ…ダメッ!」 「おおお…!」(御開帳直前) 「あんっ…ダ、ダメ…もう…ああんっ!」 触手拘束され、アビス送りにされるペルモ。 第7話「美味かったよ」 陽菜の股をこじ開けようとするリヒトー。 「ああんっ、ダメです!ダメーッ!」 「ええい!無駄な抵抗はやめて、大人しくパンツを…」 ワイシャツ脱ぎかけ・肩出しお色気アピールするナナ。 「お帰りなさい貴方。 ご飯にする?お風呂にする?それとも…ア・タ・シ?」(新婚三択) 第11話「とっておき」 謎の黒い触手に襲われ、悶えるリィン/ナナ/水花。 なお触手君は貧乳に興味が無いためか、陽菜は襲われず。 「いや~ん!もう…ちょっと…そこ…ダメーッ!」 「何で私までーッ!?」 「いやああーんっ!……えっ?」 「あ~ん!御免なさい、私のせいで…御免なさぁい…」 触手責めされるリィン。 彼女の太腿を観賞するリヒトー。 立ちバック姿勢で触手責めされるナナ。 「ああん!もう嫌ーッ!」(イキ顔) 触手に乳揉みされる水花。 胸に林檎を入れて盛り乳する陽菜。 陽菜におっぱいダイブするリヒトー。 「陽菜ちゃーん!ちょっと見ない間に、こんなに育って…!」 「違うんです、御免なさい!これ、林檎なんです」 グラビア雑誌観賞中のアレク総司令。 触手責めされ、悶えるナナ/リィン/水花。 「ああーんっ!そこはダメーッ!」 「やめて!やめてったらーっ!」 「御免なさい!本当に、御免なさーい!」 スカートを捲られるリィン。 その瞬間を目撃するリヒトー。 しかし視聴者にはパンツが見えない。 「ああーん!」 「いやーん!」(鼻血噴出) ジェイルに拘束される水花/リィン/ペレ。 「イヤあああーんっ!」 「邪魔をすれば、容赦しない」 「中尉、やめてください!…うわっ」 第12話「入校式」 陽菜の股間に潜り込み、ボコられる離人。 女子生徒のスカートを捲り、パンチラさせた後、追い回される離人。 第13話「腹いっぱい」 スリット深すぎ・生脚露出しすぎなフィレンダに興奮する離人。 「フィレンダ少尉のスリットが気になる。 あんな深いスリット…あれじゃ、ちょっと横から覗いたら…パ、パンツが…!」 「いや、待てよ…あの位置で生肌が見えてるってことは、もしや…おパンツなどお穿きでない!?」 着替え中・下着姿の陽菜/リィン/水花。 入浴中の女子生徒たち。 女湯を覗き見していた離人。 途中でバレて、一目散に逃走する。 「キャーッ!」 「誰!?」 「チッ、逃がしたか…」 第14話「7分12秒」 入浴中の女子生徒たち。 女湯覗き見中の離人。 「ウヘヘヘ…グヘヘヘ…」 「この痴漢ーッ!!」(洗面器投擲) 颯爽と女湯に入り、全裸女子たちに囲まれる離人(イメージ映像) 「あくまで、自然に入る…あくまでも自然に溶け込めば、問題は無い」 暖簾がすり替えられていたため、女湯に入ってしまうジェイル。 だが特に気にせず、堂々混浴しつつ読書を続ける。 ジェイルに裸を見られ、恥じらうリィン。 「あっ…はうう…中尉…」(羞恥赤面) 何事も無かったかのように脱衣所を去ろうとするジェイル。 だが直後、鼻血を噴出し倒れる。 池に落ちて制服ずぶ濡れの女子生徒三人組(咲/杏華/愛純) 制服を脱ぎ、ブラジャー丸出しの咲。 さらにブラジャーも外そうとする。 「どうぞ。 …何よ、見ないの?もっとサービスしてあげよっか?」 第15話「殺さない軍隊」 浜辺で遊ぶ水着女子たち。 水着女子たちにセクハラしまくる離人。 しかし咲に捕獲される。 「Oh, Paradise! ウヘヘ…グヘヘ…」(おっぱい&お尻お触り) 「死のうか」 「NOOOOOOO!! 」 浜辺で遊ぶ水着女子たち。 スリングショット水着姿のフィレンダ。 第16話「廃棄するための戦争」 口に竹輪を突っ込まれるリィン。 「曹長、食え!バカは悩んだら食って直せ!」 「もがっ」 ペレに押し倒され、エロい表情でイラマチオ風に竹輪を咥えるリィン。 兵士に銃口で乳突きされる咲。 「ムフフフフ…」(おっぱいツンツン) 「クッ…あうっ…」 第17話「閃撃の撃墜王」 制服上部を脱いで上半身裸となり、離人にキスする陽菜。 「私は…この人を、愛している…!」 離人の手を取り乳揉みさせる、上半身裸の陽菜。 「続きが、したいですか…?続きがしたければ、今から言うことを300年、忘れないでください。 リヒトーさんはエッチだから、これくらいすれば、覚えていられるでしょう?」 離人に愛の告白・子作りストーカー宣言をする、上半身裸の陽菜。 「300年後、私は貴方を待っています。 独りぼっちが寂しいと言うのなら、それでもなお、独りで戦うと言うのなら…私は、貴方の子供を産みます!」 「寂しさなんか感じさせない。 感じる暇なんか与えやしない!何処までも何処までも、貴方に付き纏って…何人でも何人でも、貴方に家族を作って!」 「貴方の人生をグチャグチャにしてでも…貴方を決して、一人にはさせない。 リヒトーさーん!!」 第18話「アルシア誕生」 スカートをたくし上げ、離人にパンツを見せる女子たち。 「離人!ほれ~」(パンツ見せてんのよ) 「どう、ムラムラしちゃった?何なら今晩、一緒にお風呂くらいなら…」 上半身裸の陽菜。 「リヒトーさん…300年前の続きをしましょう。 今、ここで」 第19話「浮気」 上半身裸の陽菜。 リヒトーに乳を触らせるが、貧乳のためか相手にされず。 「無理でしゅ…。 さすがに、子供はちょっと…」 「私が子供!?私、リヒトーさんと、そんなに歳、変わらないです!」 陽菜に乳殴りされるリィン。 「何故、私が子供…」 「ちょっ、痛い!痛い!陽菜ちゃん…」 「小さいからか?」(おっぱいポカポカ) 上着を脱がされ、上半身ブラジャー姿になるリィン。 「おい、ジジイ!揉め!」 「えええっ!?」 ナナとリヒトーに乳揉みされるリィン。 「喜んで!」 「揉み放題!」 「いやあああーんっ」 「何てこと…若いおっぱいは、重力の影響を受けないの…!?」(おっぱい揉み揉み) 「教えてくれ、ナナさん!ブラの外し方が、外し方が分からない!」 服を捲り、リヒトーにおっぱい(謎の光で規制)を見せる陽菜。 「私のも揉めーっ!」 エロい表情で涙を浮かべるナナ。 「お願い…見ないで…」 水着姿でキャッキャウフフする陽菜とリィン。 裸エプロン姿のリィン。 ビキニ水着姿のリィン。 脱衣・下着姿になるナナ。 「ンフッ…見る?」 ビキニ水着姿・酩酊中の陽菜。 ビキニ水着姿の水花。 第21話「父親」 拘束状態・電撃責めされる陽菜/ペレ/リィン。 イラマチオの如く、口に拳銃を突っ込まれるリィン。 第24話「私の撃墜王」 病床で目を覚ました、下着包帯姿のリィン。 「んっ…きゃあっ!?何で下着…?」 ペレに押し倒されるリィン。 「ペレ?あの…顔、近い…」 「よし、貧血になってねえな。 次、脇腹だ。 見せろ」 「脇腹…?」 「ああ、もう!面倒臭えッ!」(シーツ撤去) 「えええっ!?」 ペレに身体検査されるリィン。 「化膿無し、傷口も開いてねえ…じゃあ次は太腿だ。 股開け」 「ま、股!?」 「さっさと股開けって言ってんだよ!」 「言い方!言い方!」 「ああんっ…あうっ…」 「脚は問題なく動くな?」 離人の前で脱衣し始める陽菜。 「子作りしましょう!」 「ぶほっ!?」(鼻血噴出) 「早く仕舞いなさい、はしたない!」 「おっぱい、嫌いなんですか?」 「いえ、好きだけど…じゃなくて!」 「さっさと股開いちゃった方がいいですか?」 「やめーい!お母さんが悲しむぞ!」 「そのお母さんが言ってたんですよ。 好きな男の人が出来たら、すぐ股を開いて逃がすなって」 「な…何という間違った教育…」 淫乱な陽菜に迫られる離人。 「さあ、観念してください…」 「ヒイイィッ!?」 「…話があったのだが、出直すか」 「そうね…」 「待って!話聞きたい、今すぐ聞きたい!」 人物一覧• リヒトー=バッハ/坂井 離人(さかい りひと)• 陽菜=ファロウ• ペルモ• ジェイル=マードック中尉• ダビ曹長• リィン=メイ曹長• ペレ軍曹• アレク総司令/アレクサンドロフ=グリゴローヴィッチ• 園原 水花(そのはら みずか)• フィレンダ少尉• 住谷 愛純• 成宮 杏華• 一ノ瀬 咲.

次の

プランダラ

プランダラ ペレ

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2020年1月)() 第1巻 - 第3巻 アルシア歴305年、 撃墜王を探す旅を続けてきた 陽菜は、 ナナと リヒトー=バッハに出会い、 カウントについて知る。 その後、陽菜は撃墜王を詐称する男との 星奪戦によりカウントを失ったが、リヒトーに助けられる。 その際リヒトーが「閃撃」の撃墜王であることが判明するも、「自分は君の探している撃墜王ではない」としてその場を立ち去った。 その後、移動酒場に戻ったリヒトーと陽菜は、リヒトーを追ってきたジェイルと蜂合わせる。 空を飛ぶという「 アビスの悪魔」に対してリヒトーが質問を受けていると、アビスの悪魔と呼ばれるヘリコプターが現れた。 ジェイルたちの協力によりアビスの悪魔を捉えるも、そこにリヒトーのかつての部下である「追撃」の撃墜王、 園原水花と銃を持った部下が現れ、町の人々を皆殺しにしようとする。 リヒトーはそれを止めたが暴走状態となってしまい、最終的にジェイルによって止められる。 第4巻 - ジェイルはリヒトーたちをかくまっていたが、アビスの悪魔との戦闘時に 議会(アルシング)に手を出した事が軍上層部に露呈し、ジェイルがリヒトーを連行しようとする。 ナナはそれを止めるため、自身の能力によってジェイルや陽菜たちを過去へと飛ばす。 彼らが飛ばされた先は 廃棄戦争前の日本。 彼らは若き日のリヒトーこと坂井離人たちが通うことになる軍学校の眼の前に飛ばされ、そこに入学することとなる。 登場人物 声の項はテレビアニメ版の。 赤い目と白髪、奇妙なお面が特徴の剣士。 カウントは女にふられた数で、マイナスまで振り切れたカウントを持つが、実は伝説の撃墜王の1人。 別名、 「閃撃」の撃墜王。 音速を超える速さで移動したり、常人では考えられない高度まで跳躍できる。 大太刀のバロットのカウントは5700であるが、暴走時には10倍の57000まで上昇させている。 暴走時には、「シュメルマンの殺意」に支配される。 廃棄戦争以前は黒髪が特徴の日本人であり、撃墜王手術直後から時間をかけて容姿が変貌していった。 本物の離人のバロットのカウントは「みんなの代わりに敵を殺した数」。 アルシア王立国軍での階級はだったが、後に特務のトップとして復帰した際にとなる。 髪は水色、毛先はピンクのグラデーション。 アビス送りになる直前の母の言葉に従い、オリジナルバロットを持って旅をしていた。 カウントは母曰く「歩いた距離」。 陽菜というのは時風の愛刀(バロット)の名前。 時風の娘であるため、時風を殺したという罪悪感から「キミや月菜にとって憎むべき仇であって、君の英雄じゃない」「ボクは君の捜してる撃墜王じゃない」とリヒトーに突き放されるも、月菜の自分でリヒトーを選んだことを伝え、両想いになる。 ナナ=バスーラ 声 - 銀髪に紫の目をした、移動酒場の店主。 カウントは「客に美味いと言われた数」。 その正体はタイムトラベルの能力を有する最初の撃墜王であり、別名は 「識撃」の撃墜王。 過去でジェイルと出会った際には「7号被検体、通称『ナナ』」と名乗っている。 軍での階級は。 カウントは「信念を貫いた数」。 悪人には軍人として最優先で直接制裁を下すことを信念としており、それを貫くためにあえて万単位はあるバロットのカウントを偽装して昇進を遅らせている。 鉄を創り出す能力を持ち、壁や柱等の構造物、鎖等の戦闘に役立てるものだけでなく、遊具や工具などの幅広いものを創り出せる。 創り出した鉄は、本人が近くにいないと長くは持たず、自身の信念が揺らぐと硬度が低下する性質をもつ。 スカートを長くするために昇進したがっている。 カウントは「人助けをした数」。 樹木をへし折る威力をもつ足技を得意とする。 ペレ=ポポロ 声 - アルシア王立国軍の。 「心撃」の撃墜王。 「ッス」という語尾を使う。 カウントの基準は不明。 銃への対処法や廃棄戦争以前の医療技術に精通するなど、一介の王立軍の人間とは異なる技術を有する。 園原 水花(そのはら みずか) 声 - アルシア元帥府特別任務執行機関「特務部隊」の少佐で、 「追撃」の撃墜王の異名を持つ少女。 リヒトーに近づくと星奪戦が始まってしまうためいつも遠くからスコープ越しにみんなの様子を見ている。 怖がりで人を殺せない優しい少女だったが、何者かに薬で無理やり力を引き出され「シュメルマンの殺意」に支配されていたが、星奪戦で暴走したリヒトーに敗れ正気を取り戻した。 ジェイルの養父。 「爆撃」の撃墜王。 いかつい風貌をしているが、状況を分析・判断する冷静さと、人懐こい陽気さを併せ持つ。 息子をジェイル坊と呼んでいる。 アニメ版では「アレク」となっている。 坂井 時風(さかい ときかぜ) 声 - リヒトーの義兄弟(階級は中佐)。 「瞬撃」の撃墜王。 地上でたくさんの子どもを育てている。 地上で唯一の大人(ペルモを除く)。 シュメルマン 声 - 王族直属のアルシア元帥府特別任務執行機関「特務部隊」の元帥。 ニコラや水花の上司。 諜報、誘拐、暗殺などの特別命令を遂行する。 彼らの存在は軍の上層部でも一部の者しか知らない。 人に絵本を読み聞かせるのが好き。 300年前の階級は少佐で、第13特設軍学校の学長。 離人を高く評価しており、人を殺したくない彼に「殺さない軍隊」という道を示した。 生徒を撃墜王の実験体にする事を望まない優しい人物で、生徒達からも尊敬されていたが…。 ニコラ 声 - ダビの取り巻きの一人。 特務部隊の兵士。 実はシュメルマンの直属の部下で、リヒトーを取り戻すため裏工作を行いリヒトーの暴走を企てた。 別の顔に変装する能力を持っている。 陽菜が持つバロットには興味がないためシュメルマンには報告はしてない。 ダビ 声 - 撃墜王 偽者 を名乗る軍人。 陽菜を騙してカウントを奪うが割って入ってきたリヒトーに敗れる。 のちに300年前にシュメルマンらと行動していたことが明かされる。 ペルモ 声 - 自作の飛行機で空を飛ぼうとしている少女。 カウントは「夢を叶えた数」。 最初から10と少なかった上に失敗続きだった為、リヒトー達と出会った時点でカウントは1にまで減っていた。 リヒトーの協力で今までより高性能な飛行機を完成させるが、アルシアでは空を飛ぶ研究は法律で禁止されており、軍からの追求を逃れる為にリヒトーが飛行機を壊す。 その結果、カウントが0になりアビスに引きずり込まれた。 しかし彼女は絶望せず、リヒトー達と再会できると信じて沈んでいった。 道安 武虎 声 - 過去では第13特設軍学校Bクラス所属。 非常に粗暴な性格で、離人や時風とは何度も衝突していた。 弱気な園原の事を見下していたが、彼女が敵軍に殺されそうになった時は助けている。 現在ではシュメルマン配下の撃墜王の1人で、 「重撃」の撃墜王。 階級は少将。 重力を操り、リヒトーの能力を封じ込める事が出来る天敵。 カウントは「屈服させた敵の数」。 撃墜王という存在に拘っており、廃棄戦争を生き延びた自分達以外の人間が撃墜王になる事を拒む。 フィレンダ 声 - 第13特設軍学校の教官。 階級は少尉。 おっとりとした性格をしているが、生徒を実験体にしようとするなど危険な思想の持ち主。 舞台・用語 アルシア 本作の舞台となる王国。 生まれた時から何かをカウントすることが義務付けられている「数字」に支配された世界。 数字(カウント) アルシアに住む全国民が持つ数字 カウント。 身体のどこかに刻まれており、一人一人が何かを数えながら生きると義務づけられている。 「0」になるとアビス送りとなって地面に引きずり込まれる。 バロット アルシア王国軍の一部将校のみが扱える特殊な兵器。 個人によって様々な能力を発動することが可能であり、その能力の強弱は自身の持つカウントの大きさで強さが決まる。 なお、撃墜王はバロットを使わずとも様々な力を発動できる。 所持者を バロットホルダーと呼び、アルシアでは違法とされている。 星奪戦 自分のカウントを賭けて行われ、勝者は敗者のカウントを奪い取ることができる。 廃棄戦争 アルシアが成立する300年前に起こり、撃墜王たちが戦争を終結に導いたとされる大戦争。 撃墜王 300年前に起こった廃棄戦争を終結に追い込んだ英雄。 300年前から生きているが、一定の年齢以上老いることなく、普通の人ではあり得ないほどの膨大な力を持っている。 また、膨大な力を出すと、数字 カウント が遥かに上昇し、感情を抑えきれない殺意を抱いてしまう程、性格も変化してしまう。 実はかつて起こった廃棄戦争で荒廃した地球であり、アビスへ送られる目的は、支配体制の確立と人口統制である。 議会 アルシング アビス送りの際に、地中から対象者を引きずり込もうとする無数の手。 原理は不明ながら莫大な力を行使することが出来る『多数決を取る機械』。 オリジナルバロットと呼ばれる特殊な装置が投票権になっており、過半数を取ることに強制力を発動させることが可能。 妨害する者は容赦無く襲ってくる。 正体は、300年前に起こった廃棄戦争で、宇宙から飛来した生命体である。 書誌情報• 『プランダラ』 〈〉、既刊15巻(2020年4月25日現在)• 2015年7月25日発行(同日発売 )、• 2015年7月25日(同日発売 )、• 2015年11月26日(同日発売 )、• 2016年4月26日(同日発売 )、• 2016年7月26日(同日発売 )、• 2016年12月26日(同日発売 )、• 2017年5月26日(同日発売 )、• 2017年8月26日(同日発売 )、• 2018年2月26日(同日発売 )、• 2018年6月26日(同日発売 )、• 2018年11月26日(同日発売 )、• 2019年3月26日(同日発売 )、• 2019年7月26日(同日発売 )、• 2019年12月26日(同日発売 )、• 2020年4月25日(同日発売 )、 テレビアニメ 1月から6月までほかにて放送された。 スタッフ• 原作 -• 監督 -• 副監督 - 西片康人• シリーズ構成 -• アニメキャラクターデザイン - 高品有桂、福地友樹、福田裕樹• アクション・エフェクト作監 - 酒井智史、友田政晴• デザインワークス - 津幡佳明、沼田広• 美術監督 - 坪井健太• 美術設定 - 多田周平• 色彩設計 - 池田ひとみ• 特殊・2Dワークス - 益子典子• 撮影監督 - 野澤圭輔• 編集 - 吉武将人• 音響監督 -• 音響効果 -• 音楽 -• 音楽プロデューサー - 穴井健太郎• 音楽制作 -• プロデューサー - 小倉理絵、Adam Zehner、川本晃生、谷口博康、有水宗治郎、百田英生、松本秀晃• アニメーションプロデューサー -• アニメーション制作 - GEEKTOYS• 製作 - プランダラ製作委員会 主題歌 「Plunderer」 による第1クールオープニングテーマ。 作詞は、作曲は大畑拓也、編曲は。 「」 伊藤美来による第2クールオープニングテーマ。 作詞は許瑛子、作曲は間瀬公司、編曲は中畑丈治。 「Countless days」 陽菜()による第1クールエンディングテーマ。 作詞は、作曲および編曲は奥田もとい。 「Reason of Life」 陽菜(本泉莉奈)、リィン()、ナナ()による第2クールエンディングテーマ。 作詞は、作曲・編曲は坪田修平。 各話リスト 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 初放送日 第1話 伝説の撃墜王 森本育郎 土屋浩幸• TVアニメ「プランダラ」公式サイト 2020年1月7日. 2020年1月8日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2014年12月26日. 2019年6月20日閲覧。 2019年7月5日. 2019年7月5日閲覧。 TVアニメ「プランダラ」公式サイト. 2020年3月25日閲覧。 ザテレビジョン. 2019年7月5日. 2019年9月1日閲覧。 19話• KADOKAWA. 2019年6月20日閲覧。 KADOKAWA. 2019年6月20日閲覧。 KADOKAWA. 2019年6月20日閲覧。 KADOKAWA. 2019年6月20日閲覧。 KADOKAWA. 2019年6月20日閲覧。 KADOKAWA. 2019年6月20日閲覧。 KADOKAWA. 2019年6月20日閲覧。 KADOKAWA. 2019年6月20日閲覧。 KADOKAWA. 2019年6月20日閲覧。 KADOKAWA. 2019年6月20日閲覧。 KADOKAWA. 2019年6月20日閲覧。 KADOKAWA. 2019年6月20日閲覧。 KADOKAWA. 2019年7月28日閲覧。 KADOKAWA. 2020年3月25日閲覧。 KADOKAWA. 2020年4月25日閲覧。 TVアニメ「プランダラ」公式サイト. 2019年12月8日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2019年3月22日. 2019年6月20日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2019年10月5日. 201910-05閲覧。 TVアニメ「プランダラ」公式サイト 2019年12月8日. 2019年12月8日閲覧。 TVアニメ「プランダラ」公式サイト 2020年3月17日. 2020年3月17日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 TVアニメ「プランダラ」公式サイト. 2020年4月15日閲覧。 2019年12月8日閲覧。 外部リンク• plundereranime -.

次の

プランダラ

プランダラ ペレ

Web Newtypeでは放送をさらに盛り上げるべく、スタッフ&キャストのリレーインタビューをお届けします。 第5回はペレ役の市川蒼さんのインタビュー。 暴走するリヒトー=バッハをめぐる戦いが描かれる第10話の放送を迎え、ペレ視点から物語の見どころをうかがいました。 市川 原作を読ませていただいたのは、「プランダラ」のオーディションを受けた時とペレ役に決まった時でした。 原作を読み始めると、ページをめくる手が止められない。 次の展開がすごく気になるお話だなというのがファーストインプレッションです。 登場したキャラクターの伏線が、次々と回収されていく展開がおもしろくて、読んでいて気持ちがいいし、作品のなかに引き込まれていくんです。 読者はキャラクターの誰かに感情移入するだろうし、推しキャラができる作品だなと思いました。 どんどん印象が変わるキャラクターですよね。 ペレ以外だとアレクもいいですね。 かっこいい。 市川 ペレは腹の底が見えないキャラクターなんです。 ペレのアニメでの初登場は第3話でしたが、その段階だと、「ちょっと不真面目な部下」という印象だったと思います。 そこから、だんだん「不真面目な部下」とは違う一面が見えてきて。 ペレって本当は何者なんだろうという疑問が出てくると思います。 ぜひ、ペレに注目してみてください。 市川 最初のアフレコのときに、音響監督さん(えびなやすのり)から、「あまり含みを持たせないでほしい」と言われました。 ペレが本当はどんな人物なのか知っていても、台本の字面通りに演じてほしい、と。 なので、なるべくセリフの意味のまま演じるようにしています。 あと、ペレがデフォルメされて描かれるシーンもあるので、そういうときのバランスは気をつけています。 アフレコ現場の雰囲気はいかがでしたか? 市川 第3話の台本をいただいたときに、初めて香盤表(出演者リスト)を見ました。 そこでリヒトー=バッハ役が中島ヨシキさんで、陽菜役が本泉莉奈さんで、リィン役が小澤亜李さんだと知って、実際にアフレコ現場に行ってみたら、原作でイメージしたとおりの声で、みんなバッチリ合っていました。 市川 リィンは本当に真っすぐで、裏表がない印象です。 「いい子」というひと言で彼女の全てが表わせるような純粋な人なんです。 小澤さんの演技もリィンそのものでした。 僕がイメージしていた姿でもあり、原作で描かれていたそのままのリィンだったので、ペレとの掛け合いのシーンもすごくやりやすかったです。 市川 ペレのことばは強めなので、イジめているように見えないようにするバランスが難しかったのですが、小澤さんが僕のことばをギャグにしてくれるような演技をされていて。 小澤さんに上手く引き出していただいた感じがありました。 ペレのことばを柔らかい印象に変えていただけたなと思います。 市川 最初はつくり込んで演技しようと思っていました。 でも、そうすると「ウソ」になってしまうと思ったんです。 ペレは隠された部分があるので、そこに真実味をもたらせるためには、つくり込まないほうがいいだろうなと思って。 あまりつくることを意識しないようにしています。 収録現場の雰囲気は変わりましたか? 市川 収録現場はいつもすごく明るい雰囲気がありました。 第7話のようなギャグ回では、その現場の雰囲気のまま、楽しく収録ができたのですが、第8話以降のシリアス回では収録が始まるとギュッと緊張感が高まるんです。 僕も身が引き締まる思いがあって、「今日は大事な回なんだな」と改めて感じながら収録に臨むことができました。 市川 僕が初めて参加した第3話のときから、ヨシキさんはすごいなと思いました。 ギャグのシーンは突き抜けた演技をされますし、シリアスなシーンは重く演じる。 その雰囲気のギャップがすばらしかったです。 ペレもギャグのシーンとシリアスなシーンの演じ分けが必要なので、ヨシキさんのお芝居を参考にさせていただいていました。 リヒトーの変化については、どのような印象をお持ちでしたか。 市川 第1話のころから彼は人に心を開かない一面があったと思うんです。 でも、その心の奥に抱えていたものがやっと表に出てきたなと。 ここから、さらにおもしろくなるぞと思いました。 それから、リヒトーは主人公だけど、まわりの人に支えられている存在なんだなとも思えて、リヒトーの人間らしさも感じました。 陽菜の印象をお聞かせください。 市川 陽菜はブレない強さがあると思います。 力強さではなくて、メンタルの強さですね。 まあ、サバイバル能力もすごくありますけど。 リヒトーに救われたことがあるから、リヒトーを助けたいと思っている。 その思いをずっと持ち続けている陽菜は、純粋にすごいなと思います。 市川 声がすごく可憐なのに芯があるんですよね。 ザ・陽菜という感じがしました。 キャストの皆さんはどの役もぴったりだなと思うんですが、本泉さんのか弱そうだけど強さがある演技は、陽菜に一番ぴったりだと感じています。 市川 園原が登場したとき「やべーヤツが来たな」と思いました(笑)。 とくに登場の仕方がかなり強烈なんですよね。 園原役の悠木(碧)さんの狂気をはらんだ演技に、僕もキャストの皆さんも圧倒されていました。 「今までになかった強キャラが来た!」という緊迫感がありました。

次の