ノート パソコン デュアル ディスプレイ。 ノートPCにおすすめのデュアルディスプレイと置き方はこれだ!!

ノートパソコンで簡単にデュアルディスプレイ(4台)環境を作る方法

ノート パソコン デュアル ディスプレイ

こんにちは。 マサトです。 外付けのPCモニターを3台使用し、俗に言う トリプルディスプレイ環境にしてます。 ただ3台のモニターを接続しているのは「デスクトップPC」ではなく、この 「ノートパソコン」です。 このノートパソコン自体の画面は一切使用せず、トリプルティスプレイにしています。 ノートパソコンの画面も使用すれば、 クアッドディスプレイ 4画面 にもなりますが、流石に3台のモニターで十分なのでこの環境にしています。 ちなみにこのノートPCに外付けのキーボードを接続しています。 トリプルティスプレイってこういうデスクトップPCしかできないイメージがあるんですが、 実は ノートパソコンでもデュアルディスプレイ 2画面 や僕みたいにトリプルディスプレイにできます。 こういうのを 「マルチモニター」と呼ぶんですが、マルチモニター環境はその見た目だけではなく、その 機能性が半端じゃないです! 『鬼便利』と呼んでも良いでしょう! 一度味わったらもうシングルディスプレイ環境には戻れなくなります。 是非まだシングルディスプレイ環境で作業している人は、騙されたと思って試して欲しいと思います。 複数画面のメリット 「いやいや、そんなに画面を増やしてなんのメリットがあるの?」って人もいると思うので、一応 メリットを解説しておきます。 シングルディスプレイの場合 シングルディスプレイの場合、 この1台の画面だけで全ての作業をしなくてはなりません! 例えば、エクセル開いて、サイトで検索して、ファイルを開いて・・・ これらの作業は同時にはできずに、いちいち開いたり閉じたりを繰り返さなければならない。 マルチディスプレイの場合 一方 複数ディスプレイの場合、 2台または3台の画面で作業することができる。 実際に体感すると、あまりの便利さにシングル環境にはもう戻れなくなるので 注意。 複数ディスプレイに適している人 ただ複数ディスプレイは本当に便利だけど、 全員が全員に向いているわけでもありません。 例えば普段ノートパソコンを頻繁に持ち歩く人や、ベッドの上、ソファーの上、机の上とか常に移動させながら使用する人には複数ディスプレイにするメリットはあまりありません。 逆に複数ディスプレイに向いている人は、ノートパソコンは、たまに持ち歩く程度や全く持ち歩かずに決まった場所 デスク で作業する人。 複数ディスプレイに設定しても配線を抜けば、普通にノートパソコンとして使用&持ち歩きできる もしこの環境で、シングルディスプレイで作業している人は今すぐにでもマルチモニター環境にして欲しいと思ってます。 注意点 注意点としては、ノートパソコンのスペックが低い場合、マルチモニター環境にすると動きがもっさりとしてしまうので注意が必要です。 古いパソコンでは厳しいので、 ある程度のスペックのPCで行うようにしてください。 複数ディスプレイに挑戦! ノートPCの大半は 「外部ディスプレイ出力」の端子を揃えているので、まずは自分のPCを確認します。 外部ディスプレイに繋ぐには 「HDMI端子」または 「RGB端子 VGA端子、D-Sub15とも呼ばれます 」があれば大丈夫です。 「RGB端子」があるPC ディスプレイ出力に 「RGB端子」があるPCは、 RGBケーブルを接続し、外付けディスプレイに差し込みます。 「HDMI端子」があるPC ディスプレイ出力に 「HDMI端子」があるPCは、 HDMIケーブルを接続し、外付けディスプレイに差し込みます。 「RGB端子」「HDMI端子」の2つがあるPC ディスプレイ出力に 「RGB端子」と 「HDMI端子」の両方ある場合ですが、PCの性能によって違いがあります。 「RGB端子」「HDMI端子」の両方に繋ぐことができる場合 スペックが高いゲーミングパソコンなどでは、 「RGB端子」「HDMI端子」の 両方に繋ぐことができます。 その場合は、外付けのPCディスプレイを2台使用することができます。 僕のパソコンもスペックがそこそこ高いゲーミングPCなので、このように「RGB端子」「HDMI端子」の両方をディスプレイに接続することができました。 「RGB端子」「HDMI端子」のどちらか一方しか繋ぐことができない場合 ほとんどのノートパソコンでは 「RGB端子」「HDMI端子」の内の どちらか一方しか繋ぐことができません。 この場合、両方接続しても片方しか映りません。 なので、「RGB端子」「HDMI端子」のどちらかで接続することになりますが、その場合 「HDMI端子」のほうが接続方法としては優秀なので、できれば 「HDMI端子」で接続したほうが良いです。 外付グラフィックアダプター モニターをもっと増やしたい場合、こちらのUSB接続タイプの 外付グラフィックアダプターを使います。 僕の場合は、この最新版が発売される前に購入したので「1個前のタイプ」になります。 この外付けグラフィックアダプターUSBを「USBポート」に差し込み、モニターに接続してあげればOKです。 この外付けグラフィックアダプターは、 最大6台まで同時に繋ぐことができます。 そんなに繋ぐことはないと思いますが PCでの設定 モニターを接続したら、次はPCから モニターの設定をします。 Windows8の場合 デスクトップ画面で「右クリック」し 「画面の解像度」を選択。 ディスプレイの設定を行います。 赤枠で囲んだ部分に設定されている ディスプレイが表示されます。 ディスプレイの設定方法です。 基本的には「拡張する」を選択してOKです。 補足 ちなみにノートパソコン本体のディスプレイを使用しない場合は 「このディスプレイ切断する」を選択します。 Windows10の場合 デスクトップ画面で「右クリック」し 「ディスプレイ設定」を選択。 「ディスプレイ」タブをクリックします。 後はWindows8の項の説明と同じです。 マルチモニターに必要な機器 HDMIケーブル 「HDMIケーブル」・・・HDMI端子に接続するために使用します。 HDMI端子には 「HDMI」と 「miniHDMI」の2種類があります。 自分のPCがどちらの端子なのかきちんと調べてから購入してください。 また接続するディスプレイ モニター の接続端子も「HDMIまたはminiHDMI対応」なのか確認してから購入しましょう。 変換ケーブルもあります RGBケーブル 「RGBケーブル」・・・RGB端子に接続するために使用します。 HDMIと同じく、接続するディスプレイ モニター の接続端子も「RGB対応」なのか確認してから購入しましょう。 変換ケーブルもあります 外部ディスプレイ モニター 「外部ディスプレイ」・・・個人的には、 『ノングレア 液晶の光沢なし 』『IPS液晶』『23インチ以上』がお薦め。 ゲーム等をやる場合はモニターの反応速度も重視する必要がありますが、ゲームをしない場合は特にこだわる必要はありません。 反応速度はがわかりやすいので興味がある方は読んでみてください。 2万円以下で購入できる『ノングレア 』『IPS液晶』『23インチ以上』のPCモニター 僕が使っているのはこのモニター 3万円以上の高級モニター 変換ケーブル 変換ケーブルは、必須ではなくケーブルの変換が必要な場合に使います。 例えばPCの出力は「RGB端子」だけど、モニター側の出力規格は「HDMI端子」しかない場合にこの「変換ケーブル」を使用します。 「HDMI」と「HDMImini」変換 もっと安く済ませたい場合 モニター代やケーブル代を 「できるだけ安くしたい」「まずは安いもので試したい」などの場合、中古の家電屋さんで入手する方法があります。 例えば有名なのがブックオフとよく併設している 「ハードオフ」ですね。 ハードオフの 「ジャンク品コーナー」には、 500円~1000円くらいで中古のモニターが置いてあったりします。 また 「HDMIケーブル」や 「RGBケーブル」も100円~300円程度で購入できます。 中古に抵抗感がない方は、こちらで購入しても問題ないです。 僕も最初は、ハードオフで1000円のモニターを購入してきて 「マルチモニターってどんな感じなのかな?」と試してみたことがあります。 めちゃくちゃ便利だったので、すぐに新品モニターを購入しましたけどね。 ただ注意しなくてはいけないのはジャンク品の場合、 ちゃんと映像が映るかチェックしてください。 ジャンク品は値札に 「映像映りました」「映像映りません」など書いてあることが多いです。 「映像映りません」「未チェック」などは避けて 「映像映りました」と書いてあるものを選ぶようにしてください。 最後に 何度も言いますが、ノートパソコン単体で使用している人は騙されたと思ってに一度マルチディスプレイ環境してみてください。 戦闘力が一気にUPするので、本当に本当に本当にお薦めです。 ビジネスだけじゃなくて、ネットサーフィンなんかでも全然お薦め! 作業が捗ること間違いなし。 今回Windowsで説明しましたが、MACでもできると思います。 MACの場合は、詳しくないので説明は省きます 「マルチディスプレイ」「トリプルディスプレイ」と試してみてPCの作業効率をあげてみてください! 作業効率を上げるにはこちらのマウスもおすすめです。 今後も価値ある情報を提供していきますので楽しみにしていてくださいね! Lineに登録していただいた方限定で 『FX自動売買システム』の無料モニター参加権をプレゼントしています。 またLINE限定の 有益な情報や 限定プレゼントも不定期配信しているので是非登録しておいてください。 Line登録は下記アイコンからお願いします!.

次の

ノートパソコンで簡単にデュアルディスプレイ(4台)環境を作る方法

ノート パソコン デュアル ディスプレイ

こんにちは、soraです。 在宅で仕事を始めて以来、ずっとノートパソコンを使用しています。 最初に使っていたノートPCは11. 6インチでした。 今から考えると、よくこんな小さい画面で作業していたなぁ・・・と半ば感心しつつ、半ばあきれてしまいます。 目や指などにはだいぶ負担がかかってたように思います。 その後15. 6インチのノートパソコンに買い替えてしばらく使ってきましたが、ウィンドウを2分割したりするとやはり狭くて、作業効率が悪いように感じていました。 で、色々考えた末、 ノートPCをデュアルディスプレイ化するために、半年ほど前にAmazonで23. 6インチのワイド型ディスプレイを買いました。 以下、私がデュアルディスプレイをやめた理由です。 デュアルディスプレイの欠点・デメリット 2つのディスプレイはサイズも違うし、色などの感じも違うので、両方見ていると疲れる 15. 6と23. 6インチではだいぶ大きさが違いますし、色彩の感じや明るさもやはり違います。 ある程度は差異が小さくなるように調節できるかもしれませんが、自分の場合は違和感は拭えませんでした。 机やスペースの都合上、思い通りにディスプレイを配置できなかった これはあくまで個人的な事情ですが、 ディスプレイアームをつけられないタイプの机を使っていたのと、そもそも机上のスペースが限られていたため、2つのディスプレイを思っていたほど自由に配置できませんでした。 上下配置、左右配置など色々ためしましたが、結局しっくりきませんでした。 を設置できる環境の方は、検討されてみてもいいかもしれません。 自分にとってはこれが結構大きなストレスでした。 ノートPCを開けたままにしておくと、すぐにほこりがたまってしまう 自分の場合、家でノートPCを使うときは基本的に、外付けキーボードと外付けマウスを使っています。 安いキーボードですが、ノートPCについているキーボードよりは打ちやすいですし、姿勢も楽になります。 腱鞘炎など指や腕の問題や、肩こり・腰痛の対策にもなりうると思います。 ということで、今は結局、ノートPCは閉じたままデスクトップ化して使っています。 まとめ 結論として、自分の場合は、デュアルモニターはいらないということがわかりました。 大きめの外付けディスプレイ1台の方が使いやすかったです。 単純に画面が大きくなるだけで、目や肩・腰などへのストレスが大きく減って、作業効率も上がったように感じます。 自分の場合は、が1台あれば十分でした。 Philipsのディスプレイ自体については、画質はきれいだし、ブルーライトの対策・設定などが可能で、土台もしっかりしており、満足できる買い物でした。 ノートPCとの接続も付属のコードをただつなぐだけでよかったので、すぐに使い始めることができました。 この品質のディスプレイがこんなに安く買えるとは、本当にありがたい時代だと思います。 ノートPCの小さい画面は、本人も気付かないうちに肉体的・精神的に大きなストレスとなっている可能性もあると思います。 作業効率を改善したり、目や肩・腰などへの長期的な悪影響を減らしたい方は、少し大きめの外付けディスプレイを検討されてみても良いかもしれませんね。

次の

ノートパソコンをマルチモニター(デュアル・トリプルディスプレイ)にする方法!

ノート パソコン デュアル ディスプレイ

ノートパソコンに外部ディスプレイを繋げて運用しています。 デュアル画面にしたことでパソコンで出来る幅が広がりました。 また複数の画面になったことで、同時に複数の作業をこなすことができるようになりました。 ノートパソコンでデュアルディスプレイをするのは、SNSがメインの方でも快適なパソコンライフを送れます。 しかし検索をしてみると意外にも上下配置をする方は少ないので、ノートパソコンだからこそできるデュアルディスプレイの上下配置を紹介しようと思い記事にしました。 性能も良くどんな高負荷な状況下でも問題なく動いてくれています。 しかし弱点として15. 6インチと大きな分類のノートパソコンではあるものの、室内では画面が小さくストレスを感じていました。 特にストレスを感じたのが、一つの画面にテキストエディタと電子書籍を同時に扱うには無理があることです。 SNSも一々画面移動するのが面倒で、スマホで一々確認するのはおっくうでした。 ノートパソコンをデュアルディスプレイに 外部ディスプレイを導入したのですが、非常に楽になりました。 SNSから勉強までその日の体調によって、デスクトップとラップトップを交互に入れ替えられるのがとてもストレスフリーです。 HDMI端子をただ抜くだけで移動できます。 デスクトップパソコンの方が性能が良いのですが、小回りに優れて満足しています。 ディスプレイの方式が違うので、色合いがノートパソコンと違います。 写真編集など画像や動画関連の物はノートパソコンでやることになりました。 それ以外の点ではそこまで気にすることは個人的にありませんでした。 あわせて読みたい 特に配置ノートパソコンを含めて二画面を横まで使ってしまうと、机そのものの場所を奪ってしまいます。 体の向く方向が斜めになってしまいますので、非常に億劫な感じになってしまいます。 配置だけではなくこのモニターは、斜めで見ると端が若干黄ばんで見えるので気になりました。 安いディスプレイを買ったので仕方の無いことですが、ディスプレイの反射具合によってだいぶ色合いが変わります。 今回は置く場所が無いということもあり、壁のように置いたのですが机が大きい場合は、ノートパソコンの横に置くべきでしょう。 TNパネル等ディスプレイの方式によっては、斜めから見る色合いが黄ばんでいたりと変色してしまいます。 配置して気付いた点• 購入する場合は画質を特に気にする• 机の広さと画面の大きさをしっかり把握しよう• ノートパソコンのケーブルの配置確認• 何を目的に2画面をするのかを認識する• ケーブルは一緒に購入しても一緒に届かない場合がある• 台が必要なことも考慮する これらはノートパソコンで外部ディスプレイを使い、2画面運用をすることを想定した上ではとても重要な点だと思いました。 特に画面の方式は上でも挙げましたが、それぞれ利点があるので自分は何をしたいのかによって、方式込で選ぶべきです。 自分はとにかく安ければいいという考えで選び、失敗したと思いました。 (今では慣れて失敗とは思わなくなりました…) 机の広さによっては従来の横ではなく縦配置になりますので、大きさも考えた方が良いでしょう。 スペース面ではノートパソコンのデュアルディスプレイは上下配置運用が便利色々と画面の配置を変えてみたのですが、結局の所ノートパソコンにおいては、上下配置運用が最強ではないかという結論になりました。 首を左右に動かすよりも上下に動かした方が楽ですし、画面を左右に配置するスペースよりも楽です。 またキーボードはノートパソコンに頼れるのも強みだと思いました。 自分はキーボードを購入し、上下配置のデュアルディスプレイとシングルディスプレイによる、ノートパソコンのデスクトップ化を両立させ、好きな場面で使い分けています。 また視線誘導が優れているので見やすいという点もあります。 下の画面を見つつ上を見る、この動作だけで解決するのはとても大きいことです。 下画面のノートパソコンでキーボードを打ち、上画面で最終確認をする。 この作業が首をとても楽にしますし、身体を捻らないので斜めになったりと変な体勢でパソコンの画面を見ることがないのはとても楽です。 視線誘導の容易さは作業性を上げるうえでとても有用です。 作業性が上がるので効率も上がります。 デュアルディスプレイ上下配置デメリット この上下配置で作業をしている時に問題(ストレス)が起きました。 参考書やノートなどを広げながらパソコンで作業をしてもしなくても、一々ノートパソコンそのものを片付けなくてはいけないのです。 上でも挙げましたが、 ペンタブからノートや参考書などアナログの作業をする上で机のど真ん中にノートパソコンがあるので非常に不便です。 またノートパソコンを閉じて外部ディスプレイ化させると、どうしても新たなキーボードを購入しなくてはいけないので、出費を抑えたい人には厳しいでしょう。 ディスプレイによってはノートの方が色彩表現が良い場合があります。 上の画面では濃い青なのに下の画面では薄いなど、色彩の違いに目が行ってしまい集中できないこともたまにありました。 横に移動すれば良いという話ではなく、参考書を読みながら文章を作成する時などはとても不便で仕方ありませんでした。 上下配置は分割しないとストレスが溜まる ノートパソコンの画面も使ったトリプルディスプレイ化のデメリット デメリットとしてはノートパソコンの画面が相対的に小さい。 これに尽きます。 ノートパソコンそのものは15インチなので大きいのですが、画面全体としてみると小さいので一緒に置くと小さくて見づらいです。 ストレスの前に目が疲れるので、動画や音楽を再生したりスカイプなど起動したりと、あまり見ないソフトをセットする画面になっています。 デスクトップ化することで本格的なデュアルディスプレイへノートパソコンを閉じてしまえば、本当の意味でのノートパソコンのデスクトップ化したデュアルディスプレイへと変貌します。 自分は作業に集中したい時は良くやります。 ノートパソコンを開きっぱなしだと、いくら毎日掃除機をかけていて空気清浄機を付けていても限界があり埃が溜まります。 それを防ぐ意味でもデュアルディスプレイとしての使い道はアリです。 おわりに ついでに写真編集とかできれば良いかなと思い、何も考えずに購入したので色合いの違いに戸惑う部分が出てきました。 しかし最初に挙げた通り、電子書籍を読みたいという点であるならばそこまで痛くないという判断でき、様々な使い方や考えが浮かぶようになりました。 ただ今でも物凄く迷っているのが、Dellのゲーミングパソコンを使っているので画面もDell一式にするべきだったという点です。 ブランドで一つに揃えるというのは、外部機器を選ぶ点で簡単だから等ではなく心のどこかに余裕が生まれるからだということを、今回の外部ディスプレイを導入してから学びました。 それとIKEAで購入したデスクパッドが意外としっくりしました。 2019年現在でもメインではないのですが使っています。

次の