創業支援 東村山市。 創業支援・特定創業支援|武蔵野市公式ホームページ

市の融資制度(緊急対策特別資金など)/東村山市

創業支援 東村山市

花粉も少し落ち着いてきたようで 弊社の花粉症メンバーも落ち着いてきています。 皆さんはいかがでしょうか。 一度発症するとなかなか治まらないので もうしばらくの辛抱でしょうか・・・ 今回の支援事業の紹介は 東村山市です。 東村山市では創業支援機関と連携し、創業・開業に関心のある方から、創業を具体的に考え始めた方、創業まもない方まで、それぞれのステージに応じたサポートを行うための相談窓口を産業振興課に設けました。 お話をお伺いし専門機関におつなぎします。 お気軽にお問い合わせのうえ、ご相談ください。 創業支援計画概要: 東村山市第四次総合計画に定められている「商工業の育成・支援」を実現するため、本計画により、創業支援における取組を強化、体制整備をすることで、年間17件の創業の実現を目指します。 具体的には、平成27年~32年にかけて、東村山市商工会、多摩信用金庫、中小企業大学校東京校、西武信用金庫と連携し、創業者・創業希望者に対して、窓口相談、カウンセリング、連続講座、創業塾、インキュベーション事業等による支援を実施します。 年間目標は創業支援者数125件、創業者数17件です。 講座開催 起業を目指す仲間とともに、創業や事業継続に必要な基礎知識が身につく創業塾を開催します。 講演・講演会開催 先輩起業家の体験談を聞けたり、創業を考える仲間と話せる、ミニ・ブルーム交流カフェなどを開催します。 情報提供 希望者には、創業塾・各種セミナーなどのチラシ等を、メールまたは郵送でお知らせします。 個別相談 創業に関する具体的なアドバイスや、創業まもない方には個別相談もご利用いただけます。 このようなご相談はこちらへ ・創業に興味はあるけど、いきなり専門機関へ行くのは抵抗がある…。 ・市の融資制度のことを教えてほしい。 ・女性の就職支援について知りたい。 ・セミナーやワークライフバランスに関する情報提供。 ・市の統計から地域特性を知りたい。 ・業界の市場規模や動向について調べたい。 ・・・東村山市 042-393-5111 ・市内で経営者同士のつながりをもちたい。 ・個人と法人の創業どっちがいいの? ・最近よく聞くプチ起業ってどんなもの? ・事業計画書ってどう作ればいいの? ・補助金や事業資金のことで相談したい。 ・経営の事で専門家と相談したい ・・・東村山市商工会 ワンストップ相談窓口 :042-394-0511 多摩信用金庫創業支援センターTAMA:042-526-7766 日本政策金融公庫立川支店:042-524-4191 日本政策金融公庫多摩創業支援センター:042-524-4199 西武信用金庫東村山支店:042-391-0301 特定創業支援事業のご活用について これから創業予定の方、創業したばかりの方に対する継続的な支援で、事業経営に必要な「経営」「財務」「人財育成」「販路開拓」という4項目の知識を習得することを目的とした事業のことです。 具体的にはセミナー、創業塾、有知識者(東村山市商工会・多摩信用金庫職員)との個別相談等のことです。 特定創業支援事業を1カ月以上かけて受講した方が東村山市に申請すると、「特定創業支援事業を受けた創業者」として市から市長の認定証明書を発行いたします。

次の

市の融資制度(緊急対策特別資金など)/東村山市

創業支援 東村山市

更新日:2016年01月27日 清瀬市で創業をお考えの皆様へ 清瀬市では、産業競争力強化法に基づく「創業支援事業計画」を策定し、総務省及び経済産業省より認定を受けました。 この事業計画に基づき、清瀬市と連携している支援機関が行う 「特定創業支援事業」を受けた方に対し、市が交付する証明書によって、創業の際にメリットのある様々な支援策を受けることができます。 「特定創業支援事業」とは…? 清瀬市が策定した「創業支援事業計画」の中で、特に創業の促進に寄与する事業を「特定創業支援事業」と位置付けています。 具体的には、創業希望者・創業後間もない方を対象して清瀬市と連携している支援機関が行う、事業経営に必要な「経営」「財務」「人材育成」「販路開拓」の4つの知識を全て習得することを目的とした継続的な支援のことをいいます。 特定創業支援事業を受けた方に証明書を交付します 特定創業支援事業を修了した方に「特定創業支援事業を受けた創業者」として、市から証明書を交付します。 証明書の交付を受けるには、市に対して申請が必要となります。 証明書を受けた方への支援内容 「特定創業支援事業を受けた創業者」として証明書を受け、各支援制度の要件を満たした方は、国による以下の支援を受けることができます。 また、各支援を受ける際は下記の関連ファイルより、「「特定創業支援事業」を受けたことの証明に関する注意事項」をご確認ください。 支援項目 証明書提出先 支援内容 対象者要件 1. 株式会社設立時の登録免許税の軽減 法務局 (設立登記を行う際、証明書(原本)を提出) 株式会社設立時の登録免許税が資本金の0. 7%から0. 35%(最低税額は15万円から7. 5万円)に軽減されます。 無担保・第三者保証人なしの創業関連保証の拡充 信用保証協会 または金融機関 (手続きの際、証明書(写し可)を提出、別途審査を受ける必要があります) 信用保証協会による無担保、第三者保証人なしの創業関連保証を利用した融資の保証限度額が1,000万円から1,500万円に拡充されます。 ・特定創業支援事業を受けた方で、事業開始の6ヶ月前から創業後5年未満の方 創業前の利用対象者が事業開始の2ヶ月前から対象となる創業関連保証を利用した融資について、特例により具体的な計画があれば6ヶ月前から申込可能となります。 証明書の申請方法 交付要件 特定創業支援事業による支援がすべて終了した日の翌日から一年以内の方で、創業前の個人の方または創業後5年未満の個人・会社の方 必要書類 ・申請書 (下記よりダウンロードできます。 記入例をご参照下さい。 ) 申請から交付までの期間 清瀬市と連携して特定創業支援事業を行う支援機関へ確認を行った後に交付します。 申請受付から証明書の交付まで、およそ1週間程度かかります。 証明書の有効期間 清瀬市が交付する有効期間は、証明書に記載される証明日から1年です。 ただし、有効期間に関わらず産業競争力強化法などの関連法令の改廃等により優遇措置が廃止された場合は、証明書による優遇措置は受けられません。 ワンストップ相談窓口 窓口場所 市民生活部産業振興課(清瀬市中里5-842 健康センター2階) TEL 042-497-2052(ダイヤルイン) 受付時間 土日祝日、年末年始を除く平日 午前8時30分から午後5時まで 業務内容 ・創業支援に関する情報提供 ・特定創業支援事業認定申請書の受付、証明書の交付 ・清瀬市小口事業資金融資のご案内 連携する創業支援機関 清瀬商工会 【受付時間】 休日、祭日を除く平日 午前9時から午後5時まで 【問い合わせ先】 TEL 042-491-6648 多摩信用金庫(創業支援センターTAMA) 【受付時間】 休日、祭日を除く平日 午前9時から午後5時まで 【問い合わせ先】 TEL 042-526-7766 《参考》 「東京都清瀬市」の特徴 清瀬市は東京都の北西部に位置する、農地と住宅地が混在するベッドタウンです。 1、都心部へのアクセスが良好、市街地で住みやすい環境が整っています。 2、都内近郊では珍しく、市内面積の約20%が農地という都市農業が盛んな市であり、身近に新鮮野菜が豊富にそろう環境です。 3、結核療養所をはじめとする高度な医療機関・研究機関が多く集まっている「医療の街」であり、医療環境が充実しています。 このように清瀬市には様々な特徴があり、地域特有の魅力があります。 清瀬市内で創業をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

次の

市の融資制度(緊急対策特別資金など)/東村山市

創業支援 東村山市

小平市では創業者・創業希望者の方に向けて様々な支援を実施しています 小平市では、産業競争力強化法に基づく「創業支援等事業計画」を策定し、平成26年10月31日付で新規申請の認定、平成28年5月20日付で変更申請の認定、平成30年12月26日で第2回の変更申請の認定をそれぞれ国から受けました。 注 産業競争力強化法に基づく「創業支援等事業計画」とは、2013年12月4日に成立した法律であり、「日本再興戦略」(2013年6月14日閣議決定)に盛り込まれた施策の実現を図るため、集中実施期間(5年間)を定め、政府全体で計画的取組を進めることで、日本経済を再生し、産業競争力を強化することを目的としています。 この法律には、これから創業する方を対象とした地域における創業支援体制の強化についても規定されており、小平市でも創業支援事業計画を作成しました。 この計画が国から認定されたことにより、計画に定めた「特定創業支援等事業」を一定程度受けた創業者は、株式会社設立時の登録免許税の軽減、創業関連保証の拡充といった特典を受けることができます。 主な創業支援事業 (1)小平市• 相談窓口の設置• 創業セミナー• 創業塾 (2)小平商工会• 個別相談• チャレンジショップ (3)小平商工会・西武信用金庫• 創業セミナー (4)多摩信用金庫• 個別相談• 創業セミナー・交流会• 創業塾 (5)嘉悦大学• 創業支援関連大学講義受講 (6)NPO法人Mystyle@• 個別相談• 構想塾、創業塾 (7)日本政策金融公庫• 個別相談• 創業セミナー、交流会 注 太字は特定創業支援等事業 特定創業支援等事業による優遇措置 特定創業支援等事業を受けた方で、前述の条件を満たしている方には、市に申請することにより証明書が交付され、様々な優遇措置が受けられるようになります。 市内で株式会社を設立する際の登録免許税が半額 資本金の0. 5万円• 個別相談【小平市】【小平商工会】【多摩信用金庫】【NPO法人Mystyle@ ハタラボ 】 認定の目安:経営、財務、人材育成、販路開拓の知識が身に付く相談を1か月(4回)以上にわたって受ける 注 小平市のみ4か月(4回)以上• 創業セミナー【小平市】【小平商工会・西武信用金庫】【多摩信用金庫】 認定の目安:経営、財務、人材育成、販路開拓の知識が身に付くセミナーを1か月(4回)以上にわたって参加する• 創業塾【小平市】【多摩信用金庫】【NPO法人Mystyle@ ハタラボ 】 認定の目安:経営、財務、人材育成、販路開拓の知識が身に付く講座を1か月(4回)以上にわたって受講し、かつ全体の7割以上に出席する• 創業支援関連大学講義受講【嘉悦大学】 認定の目安:経営、財務、人材育成、販路開拓の各テーマからもれなく1科目以上(合計4科目以上)履修を終える 証明書の交付申請の手続き 証明申請書に必要事項を記入の上、小平市役所産業振興課の窓口に提出してください。 申請内容の確認・審査を行い、おおむね1週間以内に証明書を発行します。 お問合わせ 小平商工会 電話:042-344-2311 西武信用金庫 電話:042-341-5131 多摩信用金庫 電話:042-526-7766 嘉悦大学 電話:042-466-3711 NPO法人Mystyle@ 電話:042-312-1789 日本政策金融公庫 電話:042-524-4191.

次の