清少納言名言。 憎しみ │ 名言集および格言集

清少納言

清少納言名言

「私はお前をいちばん憎む。 なぜなら、お前は牽くことをなし、しかも、お前のもとへ牽きよせる十分の力をもたないからである。 」 ニーチェ 「ツァラトゥストラ」 ありとあらゆる形の死は、不幸なる人にとりて憎悪に満つれど、最悪の憎しみは飢えによる死なり。 ホメロス 「オデュッセイア」 みずから愉しむことのできない人々は、しばしば他人を恨む。 イソップ 「寓話」 われわれが、人生で当面する憎しみの大半は、単に嫉妬か、あるいは辱かしめられた愛にほかならない。 ヒルティ 「眠られぬ夜のために」 われわれがある人間を僧む場合、われわれはただ彼の姿を借りて、われわれの内部にあるなに者かを憎んでいるのである。 ヘッセ 「デーミアン」 世の中に、なほいと心憂きものは、人ににくまれんことこそあるべけれ。 清少納言 「枕草子」 人が愛したことのない…けっして愛しそうもない人々に対しては真の憎しみはありえない。 憎まれるに値しないような人に対しては極端な愛はけっして生まれない。 ヴァレリー 「ありのまま」 人類の胸中をじゅうりんした最悪の憎悪の墓であり、典型である残酷無比の天才…狂乱患者の伍長ヒトラー! ウィンストン・チャーチル 「第二次世界大戦」 共通の憎しみほど人間を団結させるものはない。 チェーホフ 「断片」 怨恨は愛情に劣らず浮気である。 ヴォーヴナルグ 「省察と格言」 愉しみが終わるや、たちまち侮蔑の念を生じ、理も非もなく追い求むれど、思いをとぐれば、たちまち理も非もなく憎むにいたる。 シェイクスピア 「ソネット-肉欲」 愛と憎しみとは、相反馳する心的作用の両極を意味するものではない。 憎しみとは人間の愛の変じた一つの形式である。 愛の反対は憎しみではない。 愛の反対は愛しないことだ。 有島武郎 「惜しみなく愛は奪ふ」 愛の僧しみほど激しきものなし。 プロペルティウス 「断片」 愛はつまり憎しみであり、憎しみは愛である。 対立する者への憎しみは、一致する者への愛であり、後者への愛は、前者への憎しみである。 ブルーノ 「原因と原理および一者について」 愛多ければ憎しみいたる。 「亢倉子」 憎しみは、それをいだいた人間のうえにはねかえってくる。 ベートーベン 「語録」 憎しみは、人を盲目にする。 ワイルド 「獄中記」 憎しみは積極的な不満で、嫉妬は消極的な不満である。 したがって、嫉妬がすぐに憎しみに変わっても怪しむに足りない。 ゲーテ 「格言と反省」 憎しみは自分に仕えるすべての者にとっては、たしかに寛大な主人なのである。 ワイルド 「獄中記」 憎悪は抑えられた連続した怒りである。

次の

日本一の泥棒!?石川五右衛門とはどんな人?名言・偉業・死因も解説

清少納言名言

清少納言: 一条天皇の中宮、定子・藤原道隆の娘、 993年頃〜1000年頃 紫式部:一条天皇の中宮、彰子・藤原道長の娘、 1006年頃〜1012年頃 あれ?と思った方がいらっしゃるかもしれません。 清少納言と紫式部は、宮中にいた期間が重なっていません。 つまり、宮中で顔を合わせることはなかったのです。 清少納言が仕えた定子は藤原道隆の娘ですが、関白の藤原道隆が亡くなると、定子の兄、弟が左遷されます。 そして権力は道隆の系統から藤原道長の手に渡ります。 後ろ盾を失った定子は宮中での力を失い、権力を握った道長は娘彰子を中宮として宮中に送り込みます。 ですので、 清少納言と紫式部の宮中在籍期間にズレがあるのです。 2人はライバルではない?性格の違いなど 宮中で才女2人がバチバチとライバル心を燃やす、という状況ではありませんでした。 となると、この2人の関係はどうなのでしょうか?ライバル関係は後世の創作なのでしょうか? 紫式部は手厳しい 紫式部については、他の女流作家への批評を書き記したものが紫式部日記に残っています。 和泉式部に対して: 素行は良くないのですが、歌はすばらしい。 当時、漢字は主に公文書に使われており、男性が使う文字でした。 女性は仮名を使っていたのです。 「 こんな人の行く末に、いったい良いことがあるのでしょうか。 」漢字については、主に歌を作る家の出身である清少納言に対して、漢文などを主とする家出身の紫式部が噛みついた、ととることもできます。 とにかくひどいですね、酷評です。 「あんな人、大したことありませんわ。 」という気持ちだったのでしょう。 清少納言の紫式部評 それでは清少納言は紫式部をどう思っていたのでしょうか?紫式部を直接評価した文章は見つかっていません。 やはり清少納言のほうが一歩先にメジャーな舞台にデビューしたので、紫式部という名前を聞いたとしても問題にしなかったのかもしれません。 しかし、紫式部の夫である藤原宣孝、紫式部の従兄弟である藤原信経を揶揄するような文章は枕草子にあるので、何かの思いはあったという可能性はあります。 宮中を退いてからは謎 そして、2人に共通なこととして、宮中を退いてからはどちらの生涯も正確にはわかっていない、という点があります。 清少納言は退いてから、再婚相手の藤原棟世の任地である摂津国(現在の大阪北部と兵庫南部)に行き、晩年は和泉式部、赤染衛門と交流があったという事くらいしかわかっていません。 清少納言の没年は不明です。 また墓所が各地にあり、どこで亡くなったのかも不明です。 紫式部の没年も不明です。 最近の研究でも、1014年説から1031年説まで、かなり幅があります。 まとめ 宮中にいた期間以外がなかなかはっきりわからない2人です。 しかし、それが逆に宮中での2人の活動を際立たせる結果になっているのかもしれません。 約10年くらいの間に現れ、枕草子と源氏物語という不朽の名作を書き上げて消えていった2人だからこそ、いろいろな想像ができるのではないでしょうか?史実的には2人は宮中で顔を合わせなかったでしょう。 しかし、作家は顔を合わせなくても、作品さえ読めば、ライバル心を燃やすには十分な理由になります。 少なくとも紫式部は清少納言に思うところはあったようです。 清少納言はどうだったんでしょうか。 そういう想像をするのも歴史の楽しみ方ではないでしょうか。

次の

清少納言とは?枕草子や死因、名言を解説

清少納言名言

清少納言 清少納言は、平安時代中期の女流作家にして歌人として活躍した人物です。 彼女の書いた随筆である『枕草子』は、当時を代表する文学作品として有名です。 「清」は父親の姓である清原から来ており、「少納言」は職名から来ています (彼女の近い親族の内少納言を務めた者はいないため、なぜ「少納言」の名を有しているのかは謎です)。 そのため、 発音する時は「せい・しょうなごん」のように区切るのが良いでしょう。 次に、清少納言に関連した年表、および家系図に触れていきます。 年表 年 できごと 966年頃 誕生 970~978年 紫式部誕生 974年 父に従い京を離れる 981年頃 橘則光と結婚 翌年則長を生む 993年頃 中宮定子に仕え始める 1000年 中宮定子亡くなる 宮仕えを辞める 1001年 『枕草子』ほぼ完成か 1006年頃 紫式部 中宮彰子に仕え始める 1025年頃 死去 清少納言をとりまく家系図 清少納言の父親も著名な歌人であり、名を 清原元輔といいました。 また曾祖父(祖父の説もある)に、こちらも『古今和歌集』の代表的歌人である 清原深養父がいます。 このような歌人の名家ともいえる環境で、清少納言は育ったのですね。 以下の図も参考にしてみてください。 清少納言関連家系図 次の章では、清少納言の生い立ちや性格について見ていきます。 性格と生い立ち 清少納言は966年頃に生まれました。 974年に父・清原元輔が周防守に赴任すると、清少納言も同行し、以後4年間を京から離れた場所で過ごすこととなります。 この地にいたことが、彼女の京への想いを強くしたようです。 最初の夫となる橘則光と結婚したのが981年頃です。 しかし、則光とは反りが合わず、のちに藤原棟世と再婚しています。 993年頃から、一条天皇の皇后である中宮定子に仕えます。 1000年に中宮定子が出産で亡くなるまで、清少納言は宮仕えをしており、それまでの宮廷での生活は『枕草子』に描かれています。 清少納言は博学であり、ほかの公卿たちとの機知に富んだやりとりをしていたようで、中宮定子の恩寵も受けていました。 このように彼女の性格は溌剌としたものだったようですが、 紫式部にはこのことをよくは思っていなかったようです。 両者の関係はのちの章でもう一度見ていきます。 宮仕えを辞めた後の清少納言の詳細な暮らしぶりは分かっていません。 夫の棟世の任国である摂津に下り、その後亡き父元輔の山荘があった東山月輪の辺りに住んでいたようです。 紫式部が彼女を酷評したことも相まって、鎌倉時代頃から、清少納言は宮仕えを辞めた後落ちぶれたとする説が出るようになりましたが、その真相も定かではないのです。 没年は不明ですが、1025年頃とされています。 次に、清少納言の本名について解説します。 本名 清少納言の本名は、現在も判明していません。 「清原諾子(きよはらのなぎこ)」であったという説もありますが、確たる証拠は残っていないのです。 現在私たちが「名前」と読んでいるのは、本名、すなわち「諱(いみな)」です。 「諱」とは「忌み名」、すなわち公にすることが憚られるものだったので、当時の人々は役職名などを代わりに用いたのです。 それが、清少納言の本名を知るための手がかりを少なくしている要因のひとつなのです。 次の章では、清少納言の夫について見ていこうと思います。 夫は? 清少納言は981年頃、陸奥守であった 橘則光と結婚し、その後則長を生みます。 しかし、則光は無骨な人物であったようで、この夫婦は反りが合わなくなり、やがて離婚してしまいました。 ただ、両者はその後も交流していたようです。 則光に関しては、盗賊に襲われた際に逆にその盗賊を取り押さえたというエピソードが残っていますが、『枕草子』ではやや気弱に描かれています。 清少納言はその後、摂津守を務めていた 藤原棟世と再婚し、小馬命婦という娘を生みました。 次に、清少納言が仕えた人物と両者の関係について見ていきます。 藤原定子に仕える 枕草子絵詞 清少納言の代表作といえば、『枕草子』です。 平安時代を代表するこの作品について、次の章で見ていきましょう。 また、『清少納言集』という歌集がありますが、これは清少納言本人の作ではなく、後世の人の手によって平安時代後期から鎌倉時代中期頃に成立したようです。 枕草子 『枕草子』を傑作たらしめている要因に、清少納言のセンスと鋭い観察眼があります。 『源氏物語』は心情的な面が強調されており、「もののあはれ」の文学と言われますが、これに対し 『枕草子』は知性的な「をかし」の文学と言われます。 「春はあけぼの」から始まる第一段は、『枕草子』の中でも有名な部分でしょう。 この第一段では、季節ごとにどの時間帯や風物に風情があるかが示されています。 春はあけぼの(夜が明け始めるころ)が良いとし、山ぎわが少し明るくなって、紫色を帯びた雲が細くたなびいているのが良いとしています。 また、 夏は夜、秋は夕暮れ、冬はつとめて(早朝)が良いとも述べています。 この『枕草子』の内容は、次の3つに分類できるとされています。 標題を掲げ、それにふさわしい対象を清少納言の好みや考えで集めた「類聚章段」• 日常生活や自然が観察されている「随想章段」• 中宮定子周辺の宮廷での生活を振り返った「回想章段」 です。 『枕草子』は簡潔で短い文も多いため、平安時代の文章のなかでも読みやすいとされています。 ぜひ原文を味わってみてください! 次に、清少納言が残した名言について見ていきます! 清少納言の名言 それでは、清少納言の名言をいくつかご紹介していきます。 「ただ過ぎ過ぐるもの 帆かけたる舟。 人の齢。 春、夏、秋、冬。 」 これは、どんどん過ぎ去っていくものとして、追い風に対して帆を張った舟、年齢、春夏秋冬が挙げられることを述べています。 「にくきもの、急ぐことある折りに来て長言する客人。 」 自分に急用がある時に長話をしていく客が不愉快だ、と述べています。 現代人にも親しみやすい体験ですね。 「よろづのことよりも、情けあるこそ、男はさらなり、女もめでたくおぼゆれ。 」 これは、男も女も、情があることが何よりも素晴らしいということを述べています。 次の章では、現代における清少納言の評価について見ていきます。 現代における清少納言の評価 清少納言および枕草子に対して、現在どのような評価がされているのでしょうか。 さすがに平安時代を代表する作家・作品なだけあって、 現代でも「高評価」されることが多いです。 清少納言が人間存在や自然を深く愛していたこと• 作中でも自由な表現が繰り出されること これらが、現代でも高く評価されている所以です。 ただ、 『枕草子』中で身分の高い人物への敬語表現がなく、そのことが批判的に捉えられることもあります。 「夜をこめて 鳥のそらねは はかるともよに逢坂の 関はゆるさじ」 この現代語訳は、「 夜の明けないうちに、鶏の鳴き声を真似て夜明けたとだまそうとしても、 あの中国の函谷関ならいざ知らず、あなたとわたしの間にある この逢坂 おおさか)の関は、決して開くことはありません。 (より)」となります。 中国の国境にあった関所である函谷関は、一番鶏の鳴き声を合図として門を開けていました。 そのことを受けて敵はこの鳴きまねをして門を開かせました。 歌での「逢坂」には「行き交うこと」という意味が含まれていることから、 逢坂の関が函谷関のように開かないということは、会いに来ることが許されない、ということを示しているのです。 次の章では、清少納言と紫式部の関係性に迫ります! 清少納言と紫式部は仲が悪い? 紫式部 清少納言と『源氏物語』の作者である紫式部とは仲が悪かった、としばしば言われます。 二人とも「平安時代を代表する作品を書いた女流作家」であり、先の章でも触れたような作風の違いから、このような風潮が広まったのでしょう。 しかし、実際の関係は私たちが抱いているイメージとは違うのです! そもそも、清少納言が宮仕えを退いてからずっと後に、紫式部が中宮彰子(皇后)に出仕しており、両者には面識すらないと言われています! 紫式部は著書『紫式部日記』において、清少納言の人間性や功績を否定しているのですが、清少納言は紫式部について何も語っていないことからも、この説は支持を集めているのです。 次に、紫式部と同時代人である和泉式部と清少納言の関係について見ていきます。 和泉式部と清少納言の関係 清少納言や紫式部の同時代人としてもう一人挙げられる有名な女性が、 和泉式部です。 彼女も百人一首に歌を残しており、紫式部が仕えた中宮彰子に女房として出仕しています。 つまり、 清少納言と和泉式部もまた、宮仕えをしていた時期が異なっており、宮中ではあまり関わりはなかったと言われています。 ただ、 両者は晩年に交流があり、和歌を贈り合っていたようです。 清少納言が老いていくことを嘆く歌を詠み、和泉式部がこれに同情する内容の歌を返しているなど、両者は仲が良かったものと思われます。 まとめ いかがでしょうか。 それではおさらいを兼ねて、清少納言について振り返ってみましょう。 清少納言は、清原元輔の娘として966年頃誕生しました。 「清少納言」は本名ではありませんが、記録に残っていないこともあり、彼女の本名は謎のままです。 981年頃に橘則光と結婚しますがやがて離婚し、その後藤原棟世と再婚しています。 993年頃から、彼女は一条天皇の皇后である中宮定子に仕え始めます。 清少納言は博学で機知に富んでおり、中宮定子は彼女を寵愛しており、彼女もまた中宮定子を尊敬していました。 1000年に中宮定子が亡くなると清少納言は宮仕えを辞めるのですが、その後の消息は明らかにされていません。 清少納言の著作である『枕草子』には彼女のセンスと鋭い観察眼が表れており、現代でも高い評価を受けています。 「春はあけぼの」から始まる第一段は特に有名であり、全体的にも現代人が比較的読みやすいものとなっています。 彼女の残した名言としては、「よろづのことよりも、情けあるこそ、男はさらなり、女もめでたくおぼゆれ。 」などがありましたね。 また、清少納言の和歌は百人一首にも選ばれており、それが「夜をこめて 鳥のそらねは はかるともよに逢坂の 関はゆるさじ」という歌です。 清少納言と紫式部は仲が悪かったという説がありますが、時期からして両者は面識がないと思われるため、この説は事実ではないようです。 また、清少納言と和泉式部は宮仕えをしていた時期は異なるものの、和歌をやりとりするなど、交流はしていたようです。 平安時代の文学も、現代に通じる内容が多く盛り込まれているので、ぜひいろいろな作品に触れてみてください!.

次の