60 マイル 何 キロ。 速度の換算|単位換算|計算サイト

マイル キロメートル 換算表

60 マイル 何 キロ

609344km マイル mile は距離の単位であり、1マイルをキロ km に換算すると、1. 609344キロになります。 フルマラソン 42. 195km をマイルに換算すると、約26. 2マイル 26マイル385ヤード になります。 全角では認識されません。 0.マイルとキロの距離の換算 マイルあるいはキロ単位の距離をどちらかに値を入力して「計算する」ボタンを押すと、逆へ換算します。 01の位まで計算します(以下切り捨て)。 片方のボックス内をクリックすると、逆の値は空になります。 あるボックス内をクリックすると、その他の値は空になります。 1キロ 分 秒 =時速 キロ (kph) =1マイル 分 秒 =時速 マイル (mph) 1km、1mileのペースとマイルの時速(mph)の主な対応表です。 1km 1mile mph 4分 6分26秒 9. 3 5分 8分02秒 7. 4 6分 9分39秒 6. 2 2.距離と目標タイムからラップ・時速を計算 距離とタイムから1mile、1km、5kmのラップと時速を計算します。 距離を以下から選択または入力してください。 ・ ・ ・その他の距離は直接入力して下さい 距離 : キロ 距離 : マイル タイム : 時間 分 秒 1km : 分 秒 5km : 分 秒 時速 : キロ (kph) 1mile : 分 秒 時速 : マイル (mph) マラソンのタイムに対する、1マイル、1キロのラップとマイルの時速です。 マラソン 1mile mph 1km 3時間 6分51秒 8. 7 4分15秒 3時間30分 8分00秒 7. 4 4分58秒 4時間 9分09秒 6. 5 5分41秒 時速は距離、タイムから計算しているので、ラップから求めた時速とは異なる場合があります。 3.距離とペースから時間を計算 ジョギングコースなどの一定の距離と、走るペース(1キロ・1マイル何分または時速)から、要する時間を計算します。 距離とペース(または時速)を入力してください。 また基準とする距離の単位を、マイルまたはキロのボタンをチェックして選択してください。 それぞれ別の単位でも計算可能です。 距離の入力 : マイル キロ ペースの入力 : 1マイル 1キロ 分 秒 ( または時速 : マイル キロ ) タイム : 時間 分 秒.

次の

【画像】5キロ痩せると見た目はこのくらい変わる!ダイエット方法も伝授!

60 マイル 何 キロ

1マイルは何キロなの? 1マイルは、1. 609344kmです。 ただ、小数点以下が長いため、 1マイル=1. 6kmまたは1. 609kmとして計算することが多いです。 ちなみに、ちょっと紛らわしいのですが、 海上におけるマイルは、「シーマイル(海里)」といい、 1シーマイル(海里)=1. 852kmとなっています。 マイル表示してキロを使わないのは なぜ? 私達日本人にとっては馴染みのない「マイル」ですが、アメリカやイギリス等の英語圏では長さの単位として当たり前のように使われています。 日本人にとっては「1マイル」と言われても馴染みがなくて「どのくらいの長さなの?」と頭に疑問符を浮かべることになるものですが、マイルを当然のように使う国の場合には、逆にkmの方が馴染みがなく、ピンとこない単位なのですよね。 マイルという単位の起源はローマ帝国時代に遡ります。 長さを測るために「マイル(mile)」という単位を定義して使っていました。 この起源はラテン語の「mille」(千)です。 歩幅2歩分の長さの単位を「パッスス」としたのですが、その際に1000パッススを1マイル(千)としたのが始まりとされています。 ただ、その後については、英語圏ではマイルを現在まで使い続けていますが、欧州等ではメートル法を取り入れたことにより、マイルを使わなくなりました。 344m と定められています。 ここで「ヤード」の説明をすると長くなるので割愛しますね(汗) 日本ではあまりマイルは使われていませんが、競馬ではマイルの考え方が採用されており、走る距離が約1. 6kmのレースを「マイルレース」と呼んでいます。 これは、マイルを単位として使っているイギリスで競馬が始まったことによるものです。 ただ、通常のマイルは約1. 6kmですが、航空や海事等で使う1シーマイルは1. 852kmとなっています。 海事では船で海を行き来することから「シーマイル(海里)」という単位が出来たのですが、この定義は「地球の緯度1分の長さ」が基準となっています。 地球の緯度1分の長さは、赤道から北極までの距離を約10,000kmとして次の式で算出します。 852km 航空もこのシーマイルを使うようになったのは、航空関係が海事から影響を受けているからです。 ちなみに、航空路図は世界中がマイルで書かれているし、航空関係者であるパイロットや管制官はもちろん「マイル」で様々な数値を扱っているのです。 (ロシアや中国ではメートルを使うそうですが、基本的に航空関係はマイルやノット、フィート以外使わないことになっています。 6kmなので、kmをマイルに換算する場合は1km=0. 625」で計算できます。 6」で計算しましょう。 6」で約15マイルとなります。 (実際には0. 625倍なので15. 625マイルとなります。 6倍します。 ただ、暗算でパッと出したい場合はこれだと難しいので1. 5倍の計算と考えるのが簡単です。 (実際には1. 6倍なので28. 8kmとなります。 ) とはいえ、こういう計算も面倒だという人もいるでしょうし、ざっくりとした換算表を掲載しておきます。 61km 5マイル = 8. 05km 10マイル = 16. 09km 15マイル = 24. 14km 20マイル = 32. 19km 30マイル = 48. 28km 40マイル = 64. 37km 50マイル = 80. 47km 60マイル = 96. 56km 70マイル = 112. 65km 80マイル = 128. 75km 90マイル = 144. 84km 100マイル = 160. 62マイル 5km = 3. 11マイル 10km = 6. 21マイル 15km = 9. 32マイル 20km = 12. 43マイル 30km = 18. 64マイル 40km = 24. 85マイル 50km = 31. 07マイル 60km = 37. 28マイル 70km = 43. 50マイル 80km = 49. 71マイル 90km = 55. 92マイル 100km = 62. 単に、文化の違いというだけなのですよね。 換算方法については、 1マイル=約1. 6km とだけ覚えておけば何とかなりますし、複雑な計算が苦手な場合は、こちらの換算表に戻ってだいたいの数で確認するのも良いでしょう。 今回の記事がお役に立てば幸いです。 上野凌さま コメントありがとうございます。 すみません、この分野について細かい専門的な話が知りたい場合は、歴史学者や社会学者の方々に聞いた方が良いと思います。 (私は雑学好きな一般人なので、詳しいご説明をするのは難しいです。 ) ちなみに、で確認すると、 ・メートル法がきちんと採用されていないのはアメリカ合衆国、ミャンマー、リベリアの3か国だけ。 ・アメリカ合衆国において、計測の基準を決定する権限は議会にある。 ・1994年以降はメートル法を使うよう義務付けられていて、メートル法と慣用単位のマイルを併記するよう義務付けられている。 ・現在、アメリカの学校ではメートル法の単位で学習しているけど、直観的な理解をさせる次元までの学習をしないので理屈として覚える程度でしかない。 (ただし理系の学生は専門分野の学問はメートル法なので、メートル法に精通している。 ) ・道路表記はほとんどの州でマイル表記となっている。 というようなことが書かれています。 あと、俗説とも言われていますが、 「アメリカにメートル法を伝えるはずだった人が船に乗っていたところ海賊に襲われて帰国できずに命を落としてしまった」というような説があります。 参考資料: ただ、この説については別の方が否定しております。 このツイートを読んでいくと分かりますが、メートル法はフランスが発案したものなので、アメリカが主導権を握れないことを第3代大統領のジェファーソンが気に入らなかったことと、自国でも同じような単位を発案していたためそちらにしたかったのだとか(ただ、そちらは何の理由なのか分かりませんが結局却下されたそうです)。 また、 によると、 「マイルは古代ローマ帝国時代から使われてきた伝統的な単位であり、経験を元にした道理にかなった方法だ」となどと主張をする団体がいるようです。 アメリカの政府や専門機関は18世紀末にフランスでメートル法が誕生してから、その動きに合わせてメートル法を採用するよう推進してきたけれど、国民にとってはマイルなどの慣用単位が生活に密着しすぎていて、そこから脱却するのが難しかったのだろうと思われます。 ただ、数年前に任天堂のポケモンGoが世界中で流行した際に、単位がメートルだったことからアメリカにもメートルが浸透していくのでは、という話題が出ていました。 このように、必要に迫られることがあれば今後もしかしたらメートル法が定着していくかもしれませんね。 参考記事:.

次の

【ランニング初心者】60分で何キロ走るのが良い??

60 マイル 何 キロ

ランニング初心者は60分で何キロ走るのが適切なのか 近頃ランニングを始めたが、初めはどのくらいの距離をどのくらいのペースで走ればよいか、まったくわからない、という初心者の方も多いのではないでしょうか。 また毎日走る方がいいのか、どんなことに気をつけたらいいのか?など、ランニング初心者の疑問を詳しく説明していきたいと思います。 ぜひ今日のランニングから意識して実践計画を立ててみてくださいね。 ランニングの目的が、健康のためダイエットのため、将来マラソンの大会に出るためなど様々だと思いますが、がむしゃらにランニングをしても効果は出にくいものです。 ぜひ参考にしていただけると嬉しく思います。 ランニングは健康に良い影響をもたらす! ランニングは、運動中に多くの酸素を消費する有酸素運動なので、体内の糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼するためダイエット効果が期待できます。 また、生活習慣によっておこる高血圧や糖尿病、肥満といったものの、原因の一つは運動不足なので、生活習慣病の予防にも効果的であるともいえます。 その他にも血圧や血糖値を改善し、善玉コレステロールを増やす効果もあります。 そのほか期待できる効果に「美肌」があります。 ランニングは血行を促進して、肌のターンオーバーを活性化させるため、肌の健康も保つことができるのです。 初心者におすすめの距離やペース まずはウォーキングより少し速いくらいのゆっくりペースから始めてみましょう。 具体的には1kmを10分くらいのペースくらいから始めるといいと思います。 苦しく感じる人がいれば、もっとゆっくりでもかまいません。 だんだん慣れてきたら徐々に距離を伸ばしペースも少しずつ上げていくと効果的です。 また、ランニングの際の呼吸方法は、足の運びに関係なく「スーと鼻でゆっくり吸ってハーと口でゆっくりと吐く」ような深呼吸をしましょう。 ランニングは続けることが大切です。 最初から無理に意気込むと、日が経つにつれて、やる気が下がっていき、三日坊主ということになりかねません。 週に3日くらいから始めてみましょう。 長時間走るときのペース 普段はあまり時間が取れないけれど、週末は時間が取れるので長め(60分以上)のランニングとしよう、と計画を立てる方も多いと思います。 ランニングのトレーニング方法の中ににLSD(ロング・スロー・ディスタンス)というものがあります。 それは、長い距離をゆっくり走る練習といった意味です。 会話ができるくらいのペースで1キロを8~10分くらいかけて走ります。 それを目安にし60分で5キロ前後の距離を走ってみましょう。 しかしこれはあくまでも目安なので、やはりペースや距離はくれぐれも自分のペースで無理をしないようにしてくださいね。 気を付けるポイント ランニング初心者の方の中には、着替えをすませるとすぐに走り出す方がいますが、とても危険です。 けがや故障の原因になることがあるからです。 そんなトラブルを防ぐために必ずストレッチや準備体操をしましょう。 もう一つ気を付けたいことは、水分補給です。 走る前、走っている途中、走り終わった後の水分補給はしっかりしましょう。 走る時間帯を選ぶのも大切です。 さいごに 人それぞれ目的は色々だと思いますが、ランニングは基本を守ればとても体にいいものです。 すぐに始められるのも魅力の一つですね。 しかし続けなければ効果は得られません。 少しの距離をゆっくりペースでいいのでぜひ続けて健康維持に役立てて頂きたいと思います。 「継続は力なり」です!無理のないようにぜひ頑張ってくださいね。

次の