佐賀 サンライズ パーク 総合 体育館。 各種申請書ダウンロード

各種申請書ダウンロード

佐賀 サンライズ パーク 総合 体育館

佐賀県総合体育館とは1986年6月に開館されたスポーツを楽しむ佐賀県民に長く親しまれ続けている体育館である。 最大収容人数4,000人、バレーボールやバドミントン、卓球、体操などで利用することができる大小の競技場、練習試合や公式の柔道、剣道場、一通りの体操器具を利用することができる体操場の他に、Vプレミアリーグが行われる屋根付きの相撲場や弓道場、トレーニング室など様々なスポーツ大会や、中高生の部活動、県内行事に使われる。 また、体育館内に併設されている研修室ではクラフトを使った雑貨づくり講習や企業などのセミナーなど、スポーツ以外にも教室やセミナーなどが行われている。 JR佐賀駅より約2キロの徒歩15分、車を利用する場合は大和インターより10分となっており350台収容できる駐車場を完備しているためアクセスもしやすい立地となっている。 また付近には完全個室で佐賀牛を堪能することができるかくらや落ち着いた雰囲気で江戸前寿司を味わうことができる山沙商店 すし芳、全国の厳選された旬な果物を味わうことができるフルーツガーデン シン・サンなどの飲食店も数多く存在しているのでスポーツを楽しんだ後、お腹と心も満たすことができる。 チケットストリートは「ライブの感動を、すべての人へ」というミッションのもと、コンサート、ライブ、演劇、スポーツなど、興行チケットの安全な取引を仲介しています。 日本最大級の公演チケット売買(二次流通)サービスです。 代金のお支払いからお届けまでを事務局がサポートし、チケット詐欺にあう可能性はありません。 チケット掲示板やオークションなどより安心・安全です。 また「安心プラス」オプションを使えば、偽物や偽造チケットの心配もありません。 公演中止や主催者都合で入場できなかった場合も返金いたします。 Icons made by , , from is licensed by• 東京都公安委員会 許可番号:302171104982号• All Rights Reserved.

次の

SAGAサンライズパーク総合体育館

佐賀 サンライズ パーク 総合 体育館

概要 [ ] にで開催された夏季・秋季大会(若楠国体)のメイン会場地区として整備された総合運動公園。 のでもメイン会場として使用されている。 財団法人佐賀県体育協会がとして運営管理を行っていたが、2012年4月からは3年間の予定で、鹿児島県でフィットネスクラブを運営するを中心とした「セイカスポーツグループ」が隣接する及び(佐賀市)を含めて新たに指定管理者に就いている。 指定管理者の更新に当たっては佐賀県体育協会とセイカスポーツグループの2社が応募し、「施設の設置目的の確実な実施」「施設の効用の発揮」などの評価はいずれも佐賀県体育協会が上回ったものの、「効率化・経費縮減」の点でセイカスポーツグループが大きく上回り、総合評価が逆転した。 2019年6月1日より、佐賀県総合運動場と佐賀県総合体育館一帯を含めたエリアの名称を「SAGAサンライズパーク」に変更し、2019年2月定例県議会で名称に関する県条例を可決 、現在は再整備中である(後述)。 施設 [ ]• 陸上競技場() 1970年に完成した第2種公認全天候舗装の競技場。 にナイター設備、に電光掲示盤がそれぞれ完成している。 ・が2012年まで年に1~2回公式戦を行っていた。 水泳場 に完成した25mの屋内プール(冬季は温水)のほか、50mの屋外プール、用プールを備える。 収容人員は1580人。 室内プールの2階は多目的ホールとなっている。 総合体育館()• 庭球場 砂入り人工芝14面と壁打ちコート、クラブハウスを備える。 収容人員は3000人。 第1補助競技場 全天候型の400mトラックとピット、跳躍ピットを備える。 2018年6月1日に改修工事を終えて、第3種公認陸上競技場になった。 第2補助競技場 投てき練習場のほか、なら2面、で1面がとれる土のグラウンド。 球技場 サッカー、用の芝生グラウンド(2面)。 射撃場(ビーム用3を含む10射座)• 場(リング1基)• 場(ピスト3面)• 1500mランニングコース• 場(佐賀市鍋島町森田) 再整備事業 [ ] 佐賀県総合競技場は施設の老朽化に加え、陸上競技場は第1種公認競技場の基準を満たしておらず、水泳場も国体等が開催可能な公認基準を満たしていないなどの問題点を抱えていた。 また、佐賀県総合体育館は観客席の不足、市村記念体育館は築50年以上が経過し、かつフロア面積が小さいなどの問題点を抱えていた。 こうした問題点の解消、ならびに佐賀県で開催される次期国体(に「」として開催が決定 )・に向けて、2016年(平成28年)よりこれらの施設の抜本的整備の検討に着手。 2017年3月には「佐賀県総合運動場等整備基本計画」を策定、佐賀県総合競技場・佐賀県総合体育館を一体的に整備し、両エリアをで結ぶ計画が策定された。 2018年3月30日、整備エリア全体の愛称を、町名の「日の出町」に由来する「 SAGAサンライズパーク」(仮称)とし、アリーナの観客席数を8,000席規模に拡大することを決定。 基本設計業務は佐賀県の発注したの結果、・石橋建築事務所・三原建築設計事務所を選定した。 2018年11月1日、県は「SAGAサンライズパーク(仮称)施設計画」を決定 、各施設の整備概要を公表した。 それぞれの施設に以下のような愛称を付与している(全て仮称)。 アリーナ() 新たに建設予定の8,000席規模の大規模アリーナ。 第1種公認陸上競技場の取得に必要な改修を実施 雨天練習場の整備や走路の改修、諸室等の整備 第二競技場(セカスタ) 第3種公認に向けた全面リニューアルを実施 全天候型ウレタン舗装8レーン(1周400m)を施し、写真判定室、天然芝フィールドを新設。 国体の施設基準を満たすために、屋外50mプールをコース幅を変更して公認屋内プールへ改修。 庭球場(テニスフィールド) 砂入り人工芝16面を整備し全面改修 全館空調を整備。 球技場(ボールフィールド) 人工芝2面、サッカー・ラグビー2面、夜間照明設備、観客席200席程度に全面改修 エアーライフル射撃場(シューティングレンジ) 第2補助競技場跡地に移転整備。 鉄骨造、平屋建て、26射座(AR:13射座、BR:13射座) 第2種射撃場公認相当、空気銃射撃場の指定(佐賀県公安委員会) ボクシング・フェンシング練習場 総合体育館敷地内に移転整備。 鉄骨造、平屋建て。 ボクシング練習場リング1面(2面設置可能)、フェンシング練習場ピスト2面(4面設置可能) 国際フェンシング連盟競技規則に合うピストを設置 県議や地元住民、県に寄せられたメールで好意的な意見が多かったこともあり、の会議で整備エリア一帯の正式名称を「SAGAサンライズパーク」とすることを決定。 2月県議会に佐賀県総合運動場条例(昭和44年3月31日 佐賀県条例第9号)と佐賀県総合体育館条例(昭和61年3月29日 佐賀県条例第8号)を統合した「SAGAサンライズパーク条例」を提案することになった。 また、整備後の運用に関しては民間に運営権を売却するではなく、収支の差額を行政が補填するを採用することも決まった。 メイン施設のアリーナ新設に197億円、設計費などを含めたパーク全体の総事業費が470億円であることがわかった。 その後、アリーナ新築工事入札の不落を受け、県はアリーナの建設費を含めて65億円を増額する予算案を11月定例県議会に提案することになった。 それに伴って、パーク全体の総事業費は535億円に増額される。 2020年2月3日、指定管理者として電通など12社で構成する「SAGAサンシャインフォレストグループ」を選んだと発表した。 交通 [ ]• JRから駅北口大通り・国体通り経由、徒歩約20分• から「自動車試験場・運転免許センター行き」(尼寺・金立線)または「中極経由小城行き」(中極線)で「」下車• よりを南下、自動車で約6km(約12分)• 福岡市・鳥栖市方面から「佐賀第二合同庁舎行き」で「総合体育館前」または「市文化会館前」下車 脚注 [ ]• 佐賀県例規全集. 2019年7月4日閲覧。 - 佐賀県公式サイト2012年4月1日• - 佐賀県公式サイト• 佐賀新聞. 2019年6月1日. 2019年7月4日閲覧。 -佐賀県• 時事ドットコム. 時事通信社. 2018年6月13日. 2018年11月2日閲覧。 - 佐賀県、2018年11月2日閲覧。 佐賀新聞. 2018年3月31日. 2018年11月2日閲覧。 日刊建設工業新聞. 2018年3月27日. 2018年11月2日閲覧。 佐賀新聞. 2018年11月2日. 2018年11月2日閲覧。 - 佐賀県、2019年1月20日閲覧。 佐賀新聞LIVE 2019年1月19日• 佐賀新聞LIVE 2019年2月20日• 佐賀新聞LIVE 2019年11月22日• 佐賀新聞LIVE 2020年2月4日• 「」、佐賀市交通局、2018年4月23日閲覧• 「 」昭和自動車、2018年4月23日閲覧 外部リンク [ ]• - セイカスポーツグループ• - 佐賀県地域交流部文化・スポーツ交流局スポーツ課総合運動場等整備推進室.

次の

SAGAサンライズパーク総合体育館ボクシング場・フェンシング場オープニングセレモニーを開催します / 佐賀県

佐賀 サンライズ パーク 総合 体育館

隣接する及び(佐賀市)を含めて、鹿児島県でフィットネスクラブを運営するを中心とした「セイカスポーツグループ」が指定管理者として管理している。 佐賀県総合運動場を含めたエリア一帯の名称として「SAGAサンライズパーク」の呼称が用いられているのに合わせ、 「SAGAサンライズパーク総合体育館」(さがサンライズパークそうごうたいいくかん)の呼称が用いられている。 概要 [ ] 昭和61年 に完成。 佐賀県内の体育館で最大規模を誇る体育館でに隣接しており、と共に佐賀県内のスポーツ・文化の中心地である。 佐賀県を拠点の一つとしている()と佐賀市を本拠地にしている()がホームアリーナの1つとして使用している。 老朽化が進んできたこと、観客席数が多くないこともあり、2023年に開催される予定の「」を見据えた一帯の再整備()に併せ、総合運動場内にあったボクシング場・フェンシング場を総合体育館敷地内に移転整備し、全館の空調整備を行うことが決まっており 、整備後に「 SAGAプラザ」(仮称)の愛称が与えられることになっている。 なお、総合体育館の機能は総合運動場内(南)に新設される(仮称)に機能移転されることになる。 2019年6月1日から佐賀県総合運動場を含めたエリアの名称として「SAGAサンライズパーク」を使用することになり、同体育館の一般向けの名称も「 SAGAサンライズパーク総合体育館」となっている。 ただし、佐賀県条例上の正式名称に変更はない。 施設 [ ]• 大競技場 バレーボール3面,バスケットボール2面,バドミントン10面,ハンドボール2面,卓球20台 収容人数:2118人 2階固定席:1350人,1階可動席768人• 小競技場 バレーボール2面,バドミントン6面,バスケットボール1面,卓球8台 観客席はなし• 柔道場 公式2面• 剣道場 公式2面• 弓道場 10人立• 相撲場 屋根付き• 体操場 鉄棒,鞍馬,床など• トレーニング場• 研修室 周辺 [ ]• 出典 [ ].

次の