ポプラ の あだ名。 オリビエ・ポプラン

ポプラ、キリってどんな木 : ポプラLVL 【丸紅木材の思い】

ポプラ の あだ名

【ポプラとは】 ・ヨーロッパあるいは西アジアを原産とするヤナギの仲間。 雌雄異株だが、雄株だけが防風林用として明治時代に渡来し、北海道を中心に植栽された。 普通はセイヨウハコヤナギをポプラと呼ぶが、ポプラ属全般をポプラということもある。 ・湿地を好み、土質を問わずかなりのスピードで育つ。 このため湿地帯を早期に緑化するような場合に好んで使われる。 池や沼、河川敷の公園などで目にする機会が多いのはこのため。 その生命力は大変に強く、ポプラの丸太で作ったフェンスから根が生じることがあるというが立木としての寿命は短い。 ・幹は真っすぐに伸び、直径は最大で2~3mほどに。 樹皮は灰色で、樹齢を重ねると不規則に剥離する。 枝は横へ張らず、上へ上へと伸びる。 スリムな樹形が好まれ、並木として複数を列植することが多い。 ・葉は長さ5~10センチ、幅5センチ程度の三角形あるいは菱形。 縁にはギザギザがあり、枝から互い違いに生じる。 葉の付け根に長い柄があるのが特徴。 ・葉が展開する前の4~5月に紐状の花が咲き、5~6月に熟す果実からはタンポポの種子のような綿毛が飛び立つ。 ・木炭が火薬の原料になるとされたため、軍の跡地等に大木が残る。 材は軽くて柔らかく、欧米では家具や楽器を作るのに使われるが、耐久性は乏しく、日本ではマッチの軸やチップ材、箱などの工芸品に使われる程度。 材木としては北米産のイエローポプラ(モクレン科)としばしば混同される。 【育て方のポイント】 ・土質を選ばず、かなりの痩せ地でも育つが、 典型的な「陽樹」であり健全な生育には日照が欠かせない。 ・根が浅いことや幹に空洞ができやすいことから、強風で倒れやすいため留意する必要がある。 ・大木であり、落ち葉が滑りやすいこと、落葉期に小枝が散らばることなどから、一般家庭には不向き。 ・竹ぼうきを逆さに立てたような樹形に 育つのが普通。 幹からの芽吹きや根元からのヒコバエが多い。 枝は幹に寄り添うよう生じる。 間近で見ると雑然とした枝ぶりだが、個々の樹木をしみじみ鑑賞するような木ではなく、並木として全体の景観を鑑賞する。 【ポプラに似ている木】 ・ 近年「ホワイトポプラ」と呼ばれるポプラの一種。 葉の裏側の白色が美しく、花材として使われる。 ・ ・.

次の

【ポケモン剣盾】ポプラの手持ちポケモンとクイズの答え|アラベスクタウンジム【ソードシールド】|ゲームエイト

ポプラ の あだ名

応募の決まり 第10回ポプラ社小説新人賞 作品募集 あなたの〝面白い〟を届けてください。 ポプラ社小説新人賞は今年で第10回を迎えます。 前身のポプラ社小説大賞を含めると、『食堂かたつむり』の小川糸さん、『四十九日のレシピ』の伊吹有喜さん、『ビオレタ』の寺地はるなさん、『日乃出が走る』の中島久枝さんなど、数々の人気作家の方々がデビューされてきました。 以前より続く、弊社の新人賞の特徴は、編集部にて審査を行うということです。 一人の読者として、純粋に〝面白い〟と思い、一人の編集者として、最高の一作をともに作り上げたい、と願う作品を選びます。 皆さんが誰かに届けたい〝面白さ〟が凝縮された作品を、編集部一同心よりお待ちしております。 対象 エンターテインメント小説を求めます。 ジャンルは問いません。 日本語で書かれた自作の未発表作品に限ります。 原稿枚数 400字詰め原稿用紙換算200枚~500枚。 手書き原稿は不可とします。 また、必ず通し番号を入れてください。 フォーマット 1枚目にタイトル、氏名または筆名(フリガナ)、400字詰め原稿用紙換算枚数をお書きください。 2枚目以降に内容紹介(原稿用紙1-2枚程度)を書き、本文の前に添付してください。 別紙にタイトル、氏名(フリガナ)、筆名(フリガナ)、性別、職業、年齢、略歴、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、この賞を何で知ったか、を必ず明記し、作品と一緒に綴じず、同封してください。 出版の際には規定の印税が支払われます。 注意点 応募原稿はいかなる場合にも返却しません。 必ずコピーをお取りください。 他の文学賞との二重投稿は失格とします。 審査に関するお問い合わせには一切応じられません。

次の

ポプラディアワールド−総合百科事典ポプラディア−新訂版のご案内

ポプラ の あだ名

朝鮮人民軍に襲撃され倒れたボニファス大尉(中の矢印)。 上の赤枠でバレット中尉とされた人物は実際には別の下士官で、バレット中尉自身は他の兵士を助けるため向かって左の画面外にいた。 各種表記 : 판문점 도끼 살인사건 : 板門店手斧殺人事件 : パンムンジョム トッキ サリンサコン 読み: はんもんてんおのさつじんじけん 表記: Axe Murder Incident ポプラ事件(ポプラじけん)とは、(、)に、との上にあるで発生した事件である。 ポプラのまさかり事件とも呼ばれる。 韓国では8. 18斧殺害事件または斧蛮行事件 、北朝鮮では板門店事件 とも呼ばれる。 内に植えられていた並木の一本をしようとした、兵士と韓国人作業者とを成す1国であるに対して将兵が攻撃を行い、2名のアメリカ陸軍を殺害 、数名の韓国軍兵士が負傷した。 同事件は第二次の引き金になりかねない出来事でもあった。 また、この事件を契機に共同警備区域内にも軍事境界線が設定された。 事件の発端になったポプラの残骸(撮影)、1987年に撤去され跡地に慰霊碑が建立された この事件の発端になったポプラの並木は、北朝鮮側によって共同警備区域内の「」の近くに30 mにわたって植えられていたもので、事件当時は共同警備区域に置かれた監視所、そして朝鮮人民軍の監視所に囲まれた国連軍の監視所の視界を遮るほどに成長していた。 この為、国連軍は朝鮮人民軍に対してポプラの木の剪定を行うことを通告していたが、朝鮮人民軍はこのポプラ並木はが手ずから植えて育てたもので現在もその指導下で生育しているとして 、国連軍による剪定を認めなかった。 剪定 [ ] 1976年8月18日に、将校1名と国連軍のアメリカ陸軍将校2名、韓国人の作業員と彼らを護衛する韓国軍とを中心とした国連軍の8名の兵士が、ポプラの剪定を行うため共同警備区域内のポプラ並木の元へ送られた。 彼らの行動は朝鮮人民軍によって監視されていた。 共同警備区域に関する取り決めのため両軍とも武装していなかったが、米韓軍は剪定用にと、を持ち込んでいた。 襲撃 [ ] 北朝鮮に殺害されたマーク・バレット中尉 剪定が始まると15名の朝鮮人民軍将兵が来て、指揮官が韓国軍および国連軍の指揮官に対して剪定作業の中止を求めたが、国連軍工兵部隊指揮官でのアーサー・ボニファス大尉は剪定作業の継続を部下に命じた。 朝鮮人民軍側はしばらく静観していたが、その後増援の朝鮮人民軍兵士約20名が合流し人数で朝鮮人民軍が優位になった。 その後再度の作業中止勧告が聞き容れられないと見るや、突然韓国軍と国連軍の将兵に対して攻撃を始めた。 発砲はなかったが、奪い取られた斧によってボニファス大尉とマーク・バレット中尉が殺害された。 韓国軍兵士はで朝鮮人民軍の兵士に体当たりし、ボニファス大尉の体をトラックで守ったが、大尉は治療を受ける前に死亡した。 彼らが殺害される様子は第5監視所から35 mmカメラ、また国連軍第3監視所からはによって記録された。 ポール・バニアン作戦 [ ] 抗議 [ ] 事件発生を受けて翌日のから朝鮮人民軍と韓国軍、国連軍の間で会議が開かれた。 特に自国兵士が死亡したアメリカ軍は事件を重く受け、朝鮮人民軍に強く抗議を行い、ポプラの木を(剪定ではなく)することを主張した。 作戦開始 [ ] その後、国連軍はポプラの木を伐採すべく、アメリカ民話に現れるに因んで名づけられた ポール・バニヤン作戦( Operation Paul Bunyan)を発令し、事件から3日後の午前7時に決行された。 23台の国連軍(韓国及びアメリカ陸軍)の車両が、北朝鮮に対する警告無しで共同警備区域に進入した。 車両にはポプラ並木を切り倒すために16名のアメリカ陸軍工兵隊員が斧とを持って乗り込み、30名のと手斧で武装した護衛小隊、加えての熟練者64名も同伴した。 彼らの上空には米韓両軍の20機の及び7機のが展開し、さらにその上空にはの戦闘機との戦闘機に護衛されたアメリカ空軍のが飛行した。 では、指令があり次第出撃できるよう武装と燃料補給をおこなったアメリカ空軍のが待機していた。 の沖合にはのを始めとするも展開した。 さらに非武装地帯の外側には、多くの重装備を施した大韓民国陸軍およびアメリカ陸軍・・両が待機し、不測の事態に備えた。 これに対し、朝鮮人民軍はを装備した150名の兵士を共同警備区域内に派遣した。 しかしながら彼らは木が切り倒されるまでの42分間を静かに見守り、武力衝突は回避された。 その後 [ ] 「ポール・バニアン作戦」の実行により大規模な武力衝突の発生が懸念されたが、作戦は平穏に終了した。 この事件によってに沿ったでは緊張状態に置かれたが、その後、北朝鮮の金日成主席が「遺憾の意」を示して謝罪したため、全面戦争に発展することはなかった。 なお、その後まで両陣営間で行われた会議によって、北朝鮮側の提案で、共同警備区域内にも軍事境界線を引いて両者の人員を隔離する事を決定した。 その後、非武装地帯内の共同警備区域のを行う国連軍の基地は、殺害されたアーサー・ボニファス大尉の名を取って「」と改名された。 現在、非武装地帯内の共同警備区域を韓国側から訪問する者は、この事件についての説明と注意を受けることになっている。 余談 [ ] のは、若い頃徴兵されてポプラ事件の収拾に韓国軍特殊戦司令部として参加した経歴を公表している。 脚注 [ ] [].

次の