生理痛 食べ物。 【医師が解説】生理痛を和らげる食べ物は?

生理痛緩和に効果的な飲み物・悪化させる飲み物とは?

生理痛 食べ物

女性なら誰でも毎月起こる生理。 「その度、辛い思いをしている」という人も少なくありません。 食事で生理の不快感を和らげる方法はないのでしょうか? 毎月起こる生理(医学的に正しくは「月経」「月経痛」ですが、一般的に「生理」と呼ばれることが多いため、以下「生理」「生理痛」と表記します)。 生理前後の不調や生理痛などは、多くの女性が経験したことがあると思いますが、生理痛が起こる仕組みを説明できる方は少ないのではないでしょうか? 実は生理痛のメカニズムはまだ明らかになっていません。 生活習慣と関連しているという説もありますし、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの不足や過剰、ビタミンB群の欠乏症など、諸説あります。 近年、最も有力視されているのは、なんと男性ホルモンのアルドステロン分泌過剰説。 ただし、エストロゲン、プロゲステロンのどちらが分泌を亢進しているのか不明であるなど、はっきりしない部分が残されているのです。 また、特に出産を経験していない女性の場合、子宮頚管が硬く内膣が狭いため、凝血が通過する際に痛みを訴えたり、子宮の個人差によって経血がスムーズに排泄できずに子宮内に滞りがちになってしまうことで、腹痛や腰痛を招いたりすることもあるといわれています。 <目次>• 生理中に避けたい食べ物・生理痛を悪化させる食べ物 このように、生理中はホルモンバランスや体の物理的な状態が通常時と異なっています。 このような時に避けたほうがよい食べ物は以下のようなものが知られています。 少しでガマンするか、フルーツ類を食べるようにしましょう。 特に生理中は避けた方がよいでしょう。 体が冷えると生理痛が悪化しやすいので、ご注意を。 アルコールは生理中に控えるべき……生理中の飲酒で貧血リスクも 生理中でも女子会やデートの誘いがあったら、参加したい気持ちもあるでしょう。 もちろん、気分転換に参加するのもよいと思いますが、アルコールを飲むことで血流が促進され、経血量が増えてしまうことがあります。 経血量が増えることで貧血を起こしてしまうリスクがありますので、いつもよりも飲酒量は控えめにすることをオススメします。 生理中に摂りたい栄養素……ビタミンB群・亜鉛など 生理中に積極的に摂りたい栄養素についてもお話ししましょう。 これらのビタミンは体内で複雑に連携しあって働いています。 どれか1つということではなく、日頃からまんべんなく摂取することが望まれます。 これは生理中も例外ではありません。 ビタミンB群は植物性食品に含まれているものが多いですが、ビタミンB12は動物性食品にしか含まれていません。 動物性食品は太る、動物性食品はエストロゲンの分泌が増加して生理痛がひどくなる、などと考えて避けすぎると逆効果になります。 気を付けてください。 また、妊娠を希望している方にとっては、葉酸は特に大事な栄養素になります。 詳しくは「」をご覧ください。 妊娠前から積極的に摂取するようにしてくださいね。 亜鉛は、貝類、赤身の肉、レバーなどに多く含まれています。 生理中の不快感で上位を占めるのは「憂鬱になる」「イライラする」「怒りっぽくなる」「無気力になる」などが挙げられます。 これらを解消するためには、カルシウム、マグネシウムの力を借りるのが一番です。 カルシウムは牛乳などの乳製品に、マグネシウムは大豆製品や緑の野菜に多く含まれています。 栄養素ではありませんが、「食事回数」が少ない人は、イライラなどの「気分の不快」を訴える人が増えるという統計もあるそうです。 特に毎日、朝食を摂らない人は、イライラしたり、落ち着かないなど負の感情が強くなる人が多くなるようです。 ちなみに、その研究では、睡眠習慣と生理中の気分の不快に関係はなかったとのことですから、しっかり食事を摂ることがいかに重要かお分かりいただけると思います。 朝食は、学業成績を上げたり、幸せな気分になったりと、よいことがいっぱいです。 詳しくは「」「」をご覧ください。 ぜひ、朝食習慣を身につけるようにしてください。 毎月のことと分かっていながら面倒にも感じてしまう生理ですが、女性の営みとして大切なものでもあります。 ぜひ、食生活などにも気を付けながら、快適に乗り切りたいものですね。 【関連記事】• 参考文献:.

次の

生理痛緩和に効果的な飲み物・悪化させる飲み物とは?

生理痛 食べ物

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 生理痛が起こるメカニズム なぜ毎月生理はおこるのでしょうか。 女性は妊娠するために毎月子宮内膜に栄養をためて、赤ちゃんを育てるための準備を行います。 しかし、妊娠しなければ子宮内膜は使われないため、子宮が収縮し、いらなくなった子宮内膜を血液と一緒に体外へ排出しなければなりません。 その状態が生理です。 そして、生理では子宮という大きな筋肉が収縮するために、痛みを伴うことがあり、この子宮収縮の痛みが生理痛と言われるものです。。 生理痛に「冷え」は大敵! 一般的に生理痛は、子宮内膜の厚さによって痛みも変わってくるといいますが、実は、「冷え」も生理痛と関係があるとのこと。 体が冷えると血行が悪くなり、酸素や栄養不足により子宮の機能が低下。 それにより生理痛の原因になる「プロスタグランジン」という物質が子宮から排出されづらくなって、生理痛の痛みを悪化させてしまうそうです。 生理中におすすめ食べ物レシピ 生理痛を悪化させないために、体を温めてあげることが大切。 そこで、体が温まるレシピをご紹介します。 お腹は空いているけど、ガッツリしたものは食べられない…なんて方には鶏がゆがおすすめ。 レトルトのおかゆに鶏ひき肉を入れて煮るだけ。 最後にしょうがやごま油をかければ完成です。 ごま油と塩でしっかりと味付けするので病気のときに食べるお米の味のおかゆというより中華がゆの味わい。 体を温める定番食材しょうがもたっぷり入っています。 消化がいいので、夕ご飯が遅くなってしまった時にもおすすめです。 具材をザクザクと大きく切り、お肉やパスタなどは入れず野菜だけでつくります。 ポイントははじめに中火で野菜をしっかりと炒めること。 入れたじゃがいもが型くずれするくらいじっくりと炒め、野菜から水分が出きったところで水を入れると、野菜の旨味が凝縮されたスープになります。 生理中食欲が増してしまう方でも、ヘルシーなのでいつもより食べてしまっても安心。 血行を促進してくれるきくらげを入れるとさらに効果がUP! まずはきくらげは水につけて戻し、たけのこ、にんじん、しいたけ、細切りにした長ネギを鍋にいれます。 あわせてチキンスープベースも鍋に入れて中火にかけ、野菜がやわらかくなったら、溶き卵を入れてすぐに火を止めて完成です。 生理中におすすめ飲み物 生理中は食事のとき以外も体を冷やさないよう気をつけていたいですよね。 オフィスや家で、体を温める飲み物をご紹介します。 別名「飲む点滴」と言われるほど、身体に良い飲み物として注目されています。 甘酒の主原料「米麹」は、100種類近い酵素が含まれ、またビタミンB1、B2、B6なども豊富。 甘酒のもう一つの原料「酒粕」には、食物繊維や、葉酸などの栄養が豊富で、油分を消化吸収する前に体外へ排出する作用のあるたんぱく質の一種も含まれて、お通じの改善も期待できます。 そんな健康と美容に嬉しい甘酒をぽかぽかに温めて、甘酒:りんご=約3:1の割合で混ぜてつくる「すりおろしりんご甘酒」はいかがでしょう? りんごとの絶妙なマリアージュを楽しむことができます。。 あまり聞き慣れないお茶ですが、こちらスリランカで古くから飲まれているものでアーユルヴェーダのお茶なんだとか。 きび糖をメインにジンジャーやブラックペッパーなど14種類のスパイスやハーブが配合されており、飲むと体がポカポカするそうです。 ノンカフェインなので、仕事中のほかにもお風呂上がりや夜寝る前などでも安心です。 食べ物以外で生理痛を緩和させるなら 温かい食べ物を食べてもどうしても辛い。 ベッドから起き上がれず、出社も厳しい…そういった状態の方もいらっしゃると思います。 市販の鎮痛剤で落ち着けばいいけれど、それでも厳しいという方は低用量ピルという方法も。 ピルというと避妊の薬というイメージが強いですが、最近では生理痛の緩和目的で処方される例も増えてきているそうです。 ピルを飲むと子宮内膜を薄く保つことができ経血が減ったり、自前のホルモン分泌を抑えることができ、生理前のイライラや吹き出物が改善するということも。 自分ではどうしようもないことが多い生理、毎月つらい…と感じていたら、一度産婦人科の先生に相談してみるのもいいかもしれません。 働く女性にとって、生理通は大きな悩みの種でしょう。 忙しい毎日でも、生理期間中はなるべく体を温める食事や飲み物をとって、自分の体を労って生理とうまく付き合っていきましょう。 初出:しごとなでしこ.

次の

【厳選】生理痛を治す食べ物7つ。食事でも生理痛が緩和できる

生理痛 食べ物

辛い生理痛を少しでも和らげるため、生理中の飲食物はどのようなことに気を付ければいいのか、食べたり飲んだりしてはいけない食べ物・飲み物はあるのか、また冷えと生理痛の関係についても解説します。 生理痛はなぜ起きるの? 生理痛は下腹部が絞られるような特徴的な痛みであり、頭痛やめまい、吐き気などの症状を伴うこともあります。 生理痛はどのようなメカニズムで発生しているのでしょうか? 生理痛が起こる理由は? 生理は、妊娠に備えて成熟した子宮内膜が剥がれ落ちたものが体外へ排出される現象です。 剥がれ落ちた子宮内膜は子宮が収縮を繰り返すことで、体外へ押し出されます。 生理痛は、この子宮収縮によって引きこされる下腹部痛や腰痛のことなのです。 下腹部や腰以外にも症状が出るのはなぜ? 子宮の収縮は、プロスタグランジンと呼ばれるホルモンの作用によって生じます。 プロスタグランジンは子宮だけでなく、全身のさまざまな部位の筋肉を収縮させる働きがあります。 このため、頭部の血管平滑筋が収縮することによる頭痛やめまい、胃や腸の筋肉が活発に収縮することによる吐き気や下痢などの症状を引き起こすことがあります。 不要な子宮内膜を正常に排出させるために、プロスタグランジンの分泌は不可欠ですが、一方で生理中の不快感の原因にもなっているのです。 生理痛は体が冷えることで悪化する 体の冷えは、生理痛を悪化させる原因の一つです。 体の冷えと生理痛にはどのような関係があるのでしょうか? 「冷え」は血行を悪くする 体の冷えは、血管を収縮させ、血行を悪くします。 子宮には多くの血液が巡っていますが、体の冷えによって血行が悪くなると、子宮の筋肉が硬く凝り固まった状態になります。 凝り固まり、収縮性が低下した子宮は、上手く子宮内膜を排出することができなくなります。 その結果、子宮収縮を促すプロスタグランジンの分泌量が増え、さらに強い子宮収縮が起こり、生理痛が悪化してしまうのです。 「冷え」による生理痛の悪化を防ぐには? 体の冷えによる生理痛の悪化を防ぐには、できる限り体を冷やさないように心がけ、適切な体温調節を行う必要があります。 そのためには、空調や衣類での調整も大切ですが、体を温めるような食べ物や飲み物を積極的に摂ることもおすすめです。 生理中におすすめの飲み物とは? 生理中には、体を温める効果のある飲み物を摂るとよいでしょう。 特に以下の飲み物がおすすめです。 ハーブティー ハーブティーは数多くの種類がありますが、体を温める効果のあるジンジャーティーやカモミールティー、サフランティーなどがおすすめです。 薫り高く、リラックス効果のあるものもありますので、お好みのハーブティーを見つけてみましょう。 ただし、ハーブティーの中には血管収縮作用のあるカフェインを含んでいるものもありますので、注意しましょう。 ココア ココアには血管を拡張させる効果のあるポリフェノールが含まれており、体の冷えを改善する効果があります。 また、生理によって失われやすい鉄分も含むので、貧血予防にも効果的で正に一石二鳥の優れた飲み物です。 カフェイン量が気になるところですが、コーヒーや紅茶と比べてごくわずかとなっています。 カロリーはやや高めですので、飲みすぎや砂糖の入れすぎには注意しましょう。 ホット豆乳 豆乳に豊富に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと非常によく似た化学構造をしており、体内ではエストロゲンと似た働きを持つと考えられています。 このため、生理中に飲むと生理痛の緩和を期待することができます。 豆乳は温めて飲み、体が冷えないようにしましょう。 生理中におすすめの食べ物とは? 生理中は、温かいものや体を温める効果のある食材を積極的に摂るとよいでしょう。 おすすめは以下の食べ物です。 生姜の入ったスープ じっくり煮込んだ具だくさんのスープは体を温めるだけでなく、生理中に必要な栄養素を十分に補うことができます。 生理中に特におすすめなのは、細かく刻んだ生姜を入れて煮込むこと。 生姜には体をあっためる効果があるため、少量の生姜を加えただけで体がぽかぽかになります。 肉の入ったお鍋 生理中のお鍋料理には、イソフラボンを多く含んだ豆腐を入れ、味噌ベースの出汁にするのがおすすめです。 また、鉄分を多く含む肉類を一緒に摂ることで、貧血対策にも繋がります。 生理中に控えた方がいい食べ物や飲み物 体を冷やすものを控えよう 生理痛が強い人は、体を冷やす食べ物や飲み物はできるだけ控えることが大切です。 よく冷えた飲み物やアイス、果物などは摂りすぎに注意しましょう。 特に夏場はたくさん摂りたくなるものですが、できる限り冷たい食べ物は避け、飲み物は常温で飲むようにしましょう。 カフェインの血管収縮作用に注意 体を温めようとして、温かいコーヒーや紅茶を飲みたくなるかもしれませんが、血管収縮を引き起こすカフェインが含まれています。 少量なら問題ありませんが、摂りすぎには要注意です。 生理中にお酒を飲んでもいい? アルコールは適量であれば生理中でも飲んで問題ありませんが、具合が悪くなりやすい生理中は悪酔いすることがあるので注意しましょう。 また、鎮痛剤を服用している場合は、アルコールによって作用が強くなりすぎて胃が荒れる原因になりますので、飲酒は控えた方がよいでしょう。 まとめ 生理痛は多くの女性が経験し、辛く憂鬱になる症状の一つです。 少しでも生理痛を緩和するためにできる対策として、飲み物や食べ物の注意点を紹介しました。 しかし、生理中に絶対飲んだり食べたりしてはいけないものはありません。 我慢しすぎるのもストレスの元なので、ほどほどに心がけるのがいいでしょう。

次の