エンドウ 豆。 スナップエンドウとえんどう豆の違いが微妙に分からない!豆を制しておいしい料理に役立てよう

【育て方のコツ】えんどう豆(スナップエンドウ/さやえんどう/絹さや)の栽培|【簡単】家庭菜園の始め方と初心者におすすめグッズ

エンドウ 豆

種まきの時期さえ失敗しなければ、あとはそれほど手がかかりません。 初霜の1ヵ月前に種まきをし、草丈が10cm程度に育った状態で越冬させるのがベストです。 それ以上育ってしまうと、霜の被害を受けやすくなってしまいますし、それ以下だと、春になってからも勢いよく育ちません。 それだけ種まきの時期はとても重要です。 初めて栽培する際は、相談できる地域の農家さんなどがいたら、尋ねてみるのも一つの方法でしょう。 植えつけ・準備するもの 秋の終わりに種をまいて、5月の収穫まで追肥を行いません。 それまで肥料が保つように、元肥をたっぷり入れておきましょう。 種まき前に土をスコップで掘り起こし、たい肥と発酵鶏ふんや米ぬか中心のボカシをすき込みます。 酸性土壌を嫌うので、草木灰などの灰も一緒に混ぜておくと安心です。 株間30cm、深さ3cm程度のまき穴をあけ、一つの穴に3粒ずつ種をまき、土をかぶせます。 発芽するまでは鳥に食べられるのを防ぐため、寒冷紗で覆っておくとよいでしょう。 えんどう豆を収穫するまでの手入れの方法 イギリスでは、ネットを使わずに木の枝などをトンネル状に組んだものを見かけることもあります 芽が出たらそのままおき、厳冬期には敷きワラなどをして寒さ除けをします。 ワラを敷く代わりに、畝の両サイドにササを立てたり、黒いビニールマルチで覆う方法などもあります。 春になったら間引きをし、株間30cmごとに1本ずつになるようにします。 それと同時に支柱を立て、つるを誘引するためのネットを張ります。 ちなみに、エンドウマメの若い茎葉は「豆苗 トウミョウ 」といい、中華料理でおなじみですね。 間引きをした豆苗は、炒め物やスープなどで楽しんでください。 つるを誘引するためのネットは、ホームセンターなどで売られています。 支柱の棒を1mピッチ程の間隔で立て、そこに、ネットを張るようにします。 グリーンピースはさやがぱんぱんにふくらんだら収穫どき 4月に入ると、つるが急激に伸び、次々に花が咲きだします。 花が終わるとマメの入った莢がふくらみ始め、5~6月が収穫期になります。 サヤエンドウはサヤにスジが入らないうちに、実エンドウはサヤがぱんぱんにふくらみ、しわが出はじめたころに収穫します。 種を3粒ずつまくのは自然の摂理 植えつけ際、種は一つの穴に3粒ずつまくという説明をしました。 野菜の種類によって、1粒ずつまくものや3粒ずつまくもの、また、すじ状にまいて、発芽してから間引きをしていくものなど、実は、野菜の品種ごとに種のまきが違います。 これは、なぜでしょうか?エンドウマメの種の状態を思い浮かべてみて下さい。 一つのさやに3~5粒ほどの種が入っていますよね?自然の状態では、このさやごと土に落ちて、翌年、発芽していきます。 ですから、私たちが種まきをする際にも、それに近い状態をつくってあげることが発芽率を上げる方法となるのです。 もともと、植物は、子孫を残すために種をつくります。 ですから、種は繁殖に都合の良い形や数となって進化してきています。 ですから、よりよく育てるためには、種の形や特徴をよく観察し、その特徴を活かして種まきをすることが、理にかなった方法だといえるのです。 【関連記事】•

次の

ナチュラルピー(エンドウ豆)プロテインのメリットとデメリットを調査

エンドウ 豆

また、さやの色がみずみずしい緑の物が美味しく、白っぽい物は成熟した木になっていたもので風味が落ちていることが多いようです。 乾燥しないようにサヤのままビニールかポリの袋などに入れ、野菜庫の野菜室に入れておきます。 それでも2~3日位で調理してください。 サヤから取り出した豆の状態であれば、水に浸して冷蔵庫に入れておきましょう。 この時、よく水気をきり、それぞれが重ならないように広げて冷凍し、凍ってから密封袋などに入れて冷凍しておくと使いたい時に必要な分だけを取り出しやすくなります。 使う時は流水にさらすかレンジで解凍します。 炒め物の場合は凍ったままでも出来なくはないですが、他の材料などの温度が一気に下がるのであまりお勧めはしません。 開くのはナイフなどは使わず、指先だけで簡単に開けます。 先のほう(花が付いていたほう)を親指と人差し指で上下から軽く挟むように力を入れると、パカッと口が開くので、そこから裂くように口を広げて開きます。 でも、じつは食べられるんです。 昔の人は食べてたんだよっておばあちゃんの教えです。 とはいうもののウスイエンドウのさやには固い筋と、右の写真のように、さやの内側に薄い膜があり、これが加熱しても固く口に残ってしまいます。 これをはがすには、写真のように端を内側に向けて折り、引くと皮が一緒に剥けてきます。 この薄皮を綺麗に剥いて行くと柔らかいさやの部分だけになり、炒め物などにして食べる事が出来ます。 とても面倒です。 冷凍する場合はシワがよるほどまで火を通さず、沸騰している熱湯に投入し、さっと色が変わったらすぐにザルにあげてそのまま冷まします。 優しい豆の風味が楽しめる季節限定ご飯になります。 仕上げにバターを加える。 そのまま煮汁に少しずつ水を加え冷ましていく。 鍋に昆布と冷ましたエンドウ、水を加えて火にかけ沸騰させ、昆布を取り出し、砂糖、みりん、醤油を加えて煮る。 固さを見ながら煮あがったらフタをせずにそのまま冷ます。 一気に冷やすと表面にしわができやすいので注意する。 もちろん、色々な豆類の煮物に加えてもいいでしょう。 煮物は色を残したいので煮すぎないよう、最後の方で加えると良いですよ。 エンドウ豆は卵とも合わせやすく、卵焼きやスペインオムレツなどに入れても美味しい。 エンドウ豆(グリーンピース)はそのままだとパスタになじまないので、ソースにする分として半分ほどはミキサーにかけて使用する。 食べる時にミルクを少し加えて温め、味を調えて仕上げに生クリームを加えればレストランの味になります。 エンドウ豆だけでも美味しいが、小エビやさいの目に切ったホタテ貝柱などと合わせて揚げると一層美味しい。 参考にされると良いでしょう。

次の

えんどう豆の保存、冷凍方法や期間は?茹で方は水から?

エンドウ 豆

どちらも、エンドウ豆ですが、完全に熟して豆として収穫するのか、まだ若いさやの状態だが、中の豆がある程度膨らんでから、そのグリーンの柔らかい豆の状態で収穫するのか、はたまた、完全に若いさやの状態で、さやごと食べられる位に若採りするのかで「エンドウ豆」「グリーンピース」「サヤエンドウ」の違いが出来ます。 ここではグリーンピースなど、実は膨らんでいるがまだ未熟で柔らかい状態で収穫するタイプを紹介します。 これらは、実が十分に膨らんで、まだサヤが青いうちに収穫し、その中の実だけを食用にするものです。 グリーンピースをはじめ、スーパーでエンドウ豆としてサヤごと売られているものとがあります。 実エンドウは全国各地で広く作られていますが、最も多く作っているのはダントツで和歌山県となっています。 次いで鹿児島県です。 鹿児島県産は春先の早い時期に市場に出回り、それに続いて和歌山産が出てきますね。 さやえんどうなどは全国で栽培されハウス栽培などもあり通年手に入りますが、フレッシュのグリーンピースはほとんどが露地物になるため流通も旬の時期に限られています。 当然ですが、冷凍、缶詰にはない風味おいしさがあるので、立派な季節メニューに取り入れられます。 関東以南では冬に種をまき、春に収穫が始まります。 冬の寒さが厳しい北海道や東北では主に春先にまき、初夏から夏にかけて収穫されています。 品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 エンドウ ウスイエンドウ グリーンピース.

次の