鹿児島知事選 情勢。 鹿児島県知事選挙2020開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

三反園氏・伊藤氏が接戦 鹿児島知事選情勢調査:朝日新聞デジタル

鹿児島知事選 情勢

7月12日投開票の鹿児島県知事選を巡り、県内の複数の首長が「三反園訓知事から電話があり、地元が県に要望した事業を挙げながら、三反園氏への票の取りまとめなど選挙協力を依頼された」と南日本新聞の取材に証言した。 公職選挙法は特別職を含む公務員が地位を利用して選挙運動することを禁じている。 三反園知事は20日、取材に対し「電話も依頼もしていない」と事実関係を否定した。 証言した首長の1人によると、6月14日昼すぎ、自身の携帯電話に三反園氏から着信があった。 三反園氏は知事選情勢について「(この首長の自治体では)半数も取れそうにない」「県内で一番悪い」と厳しい口調でまくし立てたという。 その上で「あなたのところは県の事業も採択している。 選挙では結果が数として出るんですよ」と迫り、「(地元の票を)まとめて、今回は協力してください」と求めてきたという。 通話は1分ほどだった。 この首長は20日、取材に「知事の立場を前面に出して票を求めるのはおかしい。 事前運動にも当たり、圧力をかけられたと感じる。 民主主義の根幹が崩れる」と批判。 三反園氏が電話や依頼を否定したことには「着信履歴が残っており、知事の発言を記録したメモもある」と述べた。 別の首長も携帯電話に6月、三反園氏から連絡があったと証言。 「(地元が)要望した事業はちゃんとやるから」と、暗に知事選への協力を求められたという。 この首長は取材に「会話の最後に『(選挙後に)市町村別の得票は分かりますよ』と言われ、驚いた。 半ば脅しだ」と話した。 これとは別に、ある首長は三反園氏が1、2年前、県がいったん不採択とした事業を持ち出して、後援会設立を要請してきたと明かす。 抗議すると、三反園氏は「今回のことはなかったことにして、黙っていてほしい」と釈明したという。 その後、事業は採択された。 公選法に詳しい上脇博之神戸学院大教授(憲法学)は「公共事業をちらつかせた選挙運動が事実なら、公選法(公務員の地位利用による選挙運動禁止)に違反する。 法をゆがめた公金の私物化であり、政治的にも極めて問題だ」と指摘した。

次の

鹿児島県知事選、混戦で4分の1ルール再選挙も現実味 一時知事不在の事態に

鹿児島知事選 情勢

7月12日投開票の鹿児島県知事選を巡り、県内の複数の首長が「三反園訓知事から電話があり、地元が県に要望した事業を挙げながら、三反園氏への票の取りまとめなど選挙協力を依頼された」と南日本新聞の取材に証言した。 公職選挙法は特別職を含む公務員が地位を利用して選挙運動することを禁じている。 三反園知事は20日、取材に対し「電話も依頼もしていない」と事実関係を否定した。 証言した首長の1人によると、6月14日昼すぎ、自身の携帯電話に三反園氏から着信があった。 三反園氏は知事選情勢について「(この首長の自治体では)半数も取れそうにない」「県内で一番悪い」と厳しい口調でまくし立てたという。 その上で「あなたのところは県の事業も採択している。 選挙では結果が数として出るんですよ」と迫り、「(地元の票を)まとめて、今回は協力してください」と求めてきたという。 通話は1分ほどだった。 この首長は20日、取材に「知事の立場を前面に出して票を求めるのはおかしい。 事前運動にも当たり、圧力をかけられたと感じる。 民主主義の根幹が崩れる」と批判。 三反園氏が電話や依頼を否定したことには「着信履歴が残っており、知事の発言を記録したメモもある」と述べた。 別の首長も携帯電話に6月、三反園氏から連絡があったと証言。 「(地元が)要望した事業はちゃんとやるから」と、暗に知事選への協力を求められたという。 この首長は取材に「会話の最後に『(選挙後に)市町村別の得票は分かりますよ』と言われ、驚いた。 半ば脅しだ」と話した。 これとは別に、ある首長は三反園氏が1、2年前、県がいったん不採択とした事業を持ち出して、後援会設立を要請してきたと明かす。 抗議すると、三反園氏は「今回のことはなかったことにして、黙っていてほしい」と釈明したという。 その後、事業は採択された。 公選法に詳しい上脇博之神戸学院大教授(憲法学)は「公共事業をちらつかせた選挙運動が事実なら、公選法(公務員の地位利用による選挙運動禁止)に違反する。 法をゆがめた公金の私物化であり、政治的にも極めて問題だ」と指摘した。

次の

鹿児島知事選 KTS電話情勢調査 三反園氏と塩田氏が競り、伊藤氏追い上げ

鹿児島知事選 情勢

任期満了に伴う鹿児島県知事選挙は12日投票があり、即日開票される。 現県政への評価に加え、各候補の新型コロナウイルスへの対応などに有権者がどう判断を下すか注目される。 戦後最多の7人が立候補した上、選挙戦後半は新型コロナのクラスター(感染者集団)発生や大雨災害の影響で、大規模な集会や演説会が開けない異例の展開となった。 情勢は最終盤まで混沌としている。 立候補しているのは、新人で元高校教諭の武田信弘氏(66)、新人で医師の横山富美子氏(73)=共産推薦、新人で元民放アナウンサーの青木隆子氏(57)、現職の三反園訓氏(62)=自民、公明推薦、元職の伊藤祐一郎氏(72)、新人で前九州経済産業局長の塩田康一氏(54)、新人で元鹿児島大学特任助教の有川博幸氏(61)。 いずれも無所属。 現職と官僚出身の新人、元職の3人が激しい戦いを続けている。 三反園氏は子育て、高齢者支援と農業、観光振興の成果を強調し「県民とともに歩む県政」継続を訴える。 コロナや災害対応といった公務で自由に動けない中、自民県議を中心に組織戦を展開する。 塩田氏は「県政刷新」を掲げ、経産省で地方創生や中小企業対策に取り組んだ経験と若さを力説。 「コロナで落ち込んだ経済を立て直せるのは私だけ。 県民とともに戦い抜く」と意気込む。 伊藤氏は財政再建や口蹄疫に対応した知事時代3期12年の実績を挙げ、「コロナ対策は経験と決断力が必要」と主張する。 SNSでも積極的に情報発信して、若者・女性票の取り込みを狙う。 青木氏は34年の取材経験と女性・生活者の視点を生かし、「誰ひとり取り残さない鹿児島」づくりを目指す。 横山氏は原発廃炉と自衛隊基地建設への反対を前面に打ち出し、現役医師として医療体制の充実を図る考え。 有川氏は「笑顔のある鹿児島」をモットーに人脈を駆使した選挙戦を展開。 インターネットも有効活用する。 武田氏はエネルギーと食料の自給率向上が急務であるとし、解決策として地熱開発の必要性を強調する。 11日は長島町獅子島、瀬戸内町請島、与路島の計6カ所で繰り上げ投票が実施される。 期日前投票は11日まで、104カ所である。 2日現在の選挙人名簿登録者数は135万7486人(男63万1814人、女72万5672人)。

次の