ご 家族 の 皆様 の ご 健康 と ご 多幸 を お祈り 申し上げ ます。 今日の英語: 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

季節を問わず年中使える「結びの挨拶」

ご 家族 の 皆様 の ご 健康 と ご 多幸 を お祈り 申し上げ ます

「ご多幸」の読み方と意味 「ご多幸」は <ごたこう>と読みます。 「ご多幸」のイントネーションは「ご たこう」の「た」にアクセントがきます。 「多幸」は 「しあわせの多いこと」「多福」を意味します。 「ご」は 尊敬語を表す接頭語なので目上の人に使って問題ありません。 「多」は音読みだと「タ」、訓読みだと「おおい」と読みます。 「多」は「数や量がおおい」を意味します。 「幸」は音読みだと「コウ」、訓読みだと「さいわい」「しあわせ」「さち」と読みます。 「幸」は「運がよい」「さいわい」を意味します。 「ご多幸」の使い方と例文 ビジネスでのスピーチや乾杯の挨拶など 「ご多幸」はスピーチや挨拶などの締めの言葉として用いられます。 また、「多くの幸せ」というプラスな意味を表しているので、お祝いの席や乾杯する席でも使います。 宴会や結婚式など様々です。 結婚式では、祝辞や親族・友人のスピーチなどで「両家の皆様のさらなるご多幸をお祈りいたします」などと聞いたことがあると思います。 「ご多幸」の言い回しとしては、 ・ご多幸をお祈り申し上げます ・ご多幸をお祈りします ・ご多幸を祈念いたします などとなります。 ・遅ればせながら皆様のご多幸をお祈りして、お礼のご挨拶に代えさせていただきます。 ・最後に皆様方のご健康とご多幸をお祈り申し上げて、私の挨拶といたします。 ・それでは!本日、お集まりいただいた皆様のご多幸とご健勝を祈念いたしまして、声高らかに乾杯したいと思います。 ・当社のさらなる飛躍と、お集まりいただいた皆様のご発展とご多幸を祈念して、乾杯! ・新郎新婦の末永いお幸せと、ご臨席の皆様のご多幸を祈念して、乾杯! 年賀状・新年の挨拶 「ご多幸」は年賀状や新年の挨拶としても用います。 新年に「あなたの幸せを願います」という一言を添えられると、何となく嬉しいですよね。 例文 ・新しい年が素晴らしい一年になりますよう、皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。 本年も何卒よろしくお願いいたします。 ・平素のご交誼を厚く御礼申し上げますとともに、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 本年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。 ・幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。 皆様のご多幸を心よりお祈りいたします。 ・旧年中のご愛顧を感謝申し上げます。 本年も皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りいたします。 誕生日 「ご多幸」は、目上の人の誕生日を祝うときにも使えます。 「お誕生日おめでとうございます」だけでは、なんとなくあっけない感じがしますよね。 そんなときに、 「ご多幸をお祈り申し上げます」と付けるだけで、より深いお祝いを表すことができます。 例文 ・お誕生日おめでとうございます。 ・お誕生日おめでとうございます。 ・お誕生日おめでとうございます。 心よりお慶び申し上げます。 ・この度、お誕生日を迎えられるとのことで心よりお祝いを申し上げます。 退職・送別の言葉 「ご多幸」は退職や転職などで別れるときにも用います。 主に、「皆様のご多幸をお祈り申し上げます」などと使います。 この場合の「ご多幸」は、 「幸せにお過ごしください」「あなたの幸せを祈っています」といったニュアンスになります。 在職中は公私にわたり、いろいろとお世話になりました。 心から感謝し、お礼申し上げます。 今後は、これまでに得た貴重な経験を生かして、人生を歩んでいきたいと思っております。 末筆ではございますが、改めて長年のご厚情に深謝するとともに、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 在職中は大変お世話になり、厚く御礼申し上げます。 今後とも変わらぬご厚誼を賜りますよう、お願いいたします。 末筆ではございますが、皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 「ご多幸」と「祈念」と一緒に使うことも可 「祈念(きねん)」は 「祈り念ずること」「いのり」「祈願」を意味します。 例えば「国際平和を祈念する」「健康を祈念する」などと使います。 「お祈りいたします」「お祈り申し上げます」をより改まった表現にしたのが「祈念」になります。 主に「祈念いたします」「祈念申し上げます」と使います。 「ご多幸」と一緒に使うことが多い「ご健勝」 「健勝(けんしょう)」は 「体が丈夫で元気なさま」「すこやか」を意味しています。 「ご健勝」はビジネス文書や手紙、挨拶やスピーチの締めで相手の健康を気遣う文章として使用します。 また、結婚式などのお祝いの席のスピーチなどで使用することも多いです。 また、「ご健勝」は明らかに元気がない人、相手が体調を崩していたり、怪我に見舞われていることを知っている場合は使用するのは控えた方が良いです。 このような場合は「お身体の具合はいかがでしょう」「ご無理なさらず、お大事にしてください」といった言葉が適しています。 「ご健勝」は単体で使うことが多いです。 「ご多幸」は単体で使うことが多いですが、「ご健勝」と一緒に使うことも多いです。 例えば、「皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします」などといった場合は、相手の健康と幸せを同時に祈っていますという意味になります。 「健康に気をつけて」と伝えたいなら「ご健勝」、「お幸せに」と伝えたいなら「ご多幸」を使うのが良いでしょう。 例文 ・皆様におかれましては、ますますのご健勝のことと存じます。 ・残暑の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・末筆ではございますが、今後の皆さまのご健勝とご多幸をお祈りしております。 「ご多幸」と「ご活躍」の使い分け 「活躍」は「めざましく活動すること」「大いに手腕をふるうこと」を意味します。 「ご活躍」は 「めざましく活動してください」「勢いよく躍りはねてください」という意味になります。 ビジネスシーンにおいては「社会の第一線で活躍する」という意味で使われます。 「ご活躍」は、転居や転職で別れるときのお礼の挨拶としても使われることが多いです。 このような場合は「新しい場所でも今後のご活躍を期待しています」といったニュアンスになります。 「ご活躍をお祈りいたします」「ご活躍をお祈り申し上げます」などと使います。 「ご活躍」は、個人に対しても組織に対しても使うことができます。 例文 ・新天地におかれましても、益々のご活躍をお祈り申し上げます。 ・転居に伴い何かとお忙しいことと存じますが、一層のご活躍をお祈り申し上げます。 「ご多幸」のその他の類語 ご健闘 「ご健闘」は <ごけんとう>と読みます。 「健闘」は「よく頑張ってたたかうこと」「屈せずに努力すること」を意味します。 「ご健闘」は 「頑張ってください」「困難に屈しないで精一杯努力してください」という意味になります。 転職する人や、退職する人、新しい役職に就く人などを応援する言葉として使われます。 例文 ・この度のご就任おめでとうございます。 今後も益々のお力を発揮することかと思います。 ・新しい環境での益々のご健闘を心よりお祈り申し上げます。 ご清栄 「ご清栄」は <ごせいえい>と読みます。 「ご清栄」は 「清く栄えること」「相手方の繁栄を喜ぶこと」を意味します。 「ご清栄」は、相手の健康と繁栄を喜ぶという意味合いになるため、個人だけでなく組織に対しても使うことのできる言葉になります。 例文 ・桃の節句も過ぎ、すっかり春めいてまいりましたが、ますますご清祥の趣、お喜び申し上げます。 ・新緑の候、ますますご清栄のことと慶賀の至りに存じます。 ご繁栄 「ご繁栄」は <ごはんえい>と読みます。 「繁栄」は、「豊かにさかえること」「さかえて発展すること」を意味しています。 「ご繁栄」は、商売繁盛で豊かに過ごすことを願っているというニュアンスになります。 「ご繁栄」は、個人に対しても組織に対しても使うことのできる言葉です 例文 ・今後ともよろしくお願いいたします。 末筆ではございますが、貴社の更なるご繁栄を心よりお祈り申し上げます。 ・拝啓 寒さ厳しき折、貴社におかれましては益々のご繁栄のこととお慶び申し上げます。 ご盛栄 「ご盛栄」は <ごせいえい>と読みます。 「盛栄(せいえい)」は、「商売などが盛んになること」「栄えること」を意味しています。 「ご盛栄」は相手方の商売が順調であることや栄えていることを祝うための丁寧な表現です。 「ご盛栄」は、基本的に組織に対して使う言葉ですが、個人であっても商売をしている相手であれば使用しても問題ありません。 例文 ・貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 ・春暖の候、皆様におかれましては、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 ご清祥 「ご清祥」は <ごせいしょう>と読みます。 「ご清祥」は 「相手方が健康であることを祈り、幸せに暮らしていることを喜ぶ」を意味します。 「ご清祥」は手紙やメールなどの挨拶として使用することがほとんどです。 個人に対しても組織に対しても使うことのできる言葉ですが、 「ご清祥」は個人に対して使うことが多いです。 「ご清祥」の中でも「時下ますますご清祥」というフレーズはよく使われます。 「時下ますますご清祥」は「今よりも一層の健康と幸福」を意味します。 例文 ・時下ますますご清祥の趣、心からお慶び申し上げます。 ・立春の候、皆様にはますますのご清祥のこととお喜び申し上げます。 ご発展 「発展」は「物事の勢いなどが伸び広がって盛んになること」「物事がより進んだ段階に移っていくこと」を意味しています。 「ご発展」は 「今よりも良い方向へ進んでいく」「どんどん良くなっていく」といったプラスな意味合いで、縁起の良い言葉とされています。 「ご発展」は、主に組織に対して使う言葉ですが、個人に対しても使うことができます。 例文 ・貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。 ・末筆ながら、貴社ますますのご繁栄とご発展をお祈りいたします。 ご隆昌 「ご隆昌」は <ごりゅうしょう>と読みます。 「隆昌(りゅうしょう)」は、「勢いの盛んなこと」「栄えること」を意味しています。 「ご隆昌」には「相手を褒め称える」というニュアンスが含まれるので、取引先とのメールや手紙でのやりとりの際に使うことができる言葉になります。 ただ、「ご隆昌」は「調子の良いこと」を意味しているので、取引先の状況によっては使用するのに相応しくない場合があるので注意しましょう。 「ご隆昌」は「経済的に一層発展し、繁栄している」という意味合いになるので、主に組織に対して使います。 例文 ・貴社ますますご隆昌の趣、大慶至極に存じます。 ・立冬の候、貴社ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。 ご健康 「健康」は「体に悪いところがなく、心身が健やかであること」「異状があるかないかという面からみた、体の状態」を意味します。 「ご健康お祈りいたします」「ご健康お祈り申し上げます」などと使います。 この場合、 「あなたの健康を祈っています」「心身が健やかであることをお祈りします」という意味になります。 「ご健康」は個人に対して使われる言葉です。 「ご健康」は「ご健康とご多幸をお祈りいたします」だったり、「ご健康とご幸福をお祈り申し上げます」などと他の言葉と一緒に使うことも多いです。 ・ご家族の益々のご健康とご多幸をお祈りいたします。 ご多祥 「ご多祥」は <ごたしょう>と読みます。 「多祥」は「幸いの多いこと」「多幸」「多福」を意味します。 「ご多幸」と同じ意味ですが、 「ご多祥」の方がやや堅い表現となります。 一般的には「ご多幸」を使うことが多いですが、これだと簡素だなと思った場合に「ご多祥」を使うのが良いでしょう。 ・お二人の末永いご多祥とご一家のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。 「ご多幸に漏れず」ではなく「ご多分に漏れず」なので注意 「ご多幸に漏れず」と間違って使っている人がいますが、正しくは「ご多分に漏れず」になります。 「ご多分に漏れず」は <ごたぶんにもれず>と読みます。 「ご多分」は「多数の者の意見や行動」を意味します。 「ご多分に漏れず」は 「ほかと同様に」「世間と同じように」「例外でなく」を意味します。 「ご多分に漏れず」は「他の状態と同じこと」「今までの状態と同じこと」を表す時に使います。 例えば、「我が社もご多分に漏れず、業績が悪い」「ご多分に漏れず、寝坊してしまった」と使えます。 これは、「我が社も他の会社と同じように、業績が悪いです」「いつも通り、寝坊してしまった」という意味になります。 「ご多聞に漏れず」「ご他聞に漏れず」とは書かないように気をつけましょう。 「他聞」と「多聞」は、「ほかの人に聞かれること」「多くの物事を聞き知っていること」を意味しているので、意味が異なってしまいます。 例文 ・ご多分に漏れず、我が社も人手が足りない状況である。 ・ご多分に漏れず、私も大手企業を志望していた。

次の

「ご多幸」とは?読み方や意味・例文・「ご多幸をお祈り申し上げます」の英語表現も解説

ご 家族 の 皆様 の ご 健康 と ご 多幸 を お祈り 申し上げ ます

ご多幸をお祈りします / 社外文書の末文でよく使用する慣用表現の一つ。 手紙・ビジネス文書の宛先が個人のときに使用するのが一般的。 「ごたこう」と読む。 類語に、「ご多祥」「ご健康」「ご健勝」「ご自愛」などがある。 ご子息ご夫婦の末長いご多幸とご一同様のご繁栄を心からお祈り申しあげまして、私のお祝いの言葉とさせていただきます• お二人の末長いご多幸とご一家のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら、お手紙にてお祝い申し上げます。 最後に、皆様方のご健康とご多幸をお祈り申し上げて、私のあいさつといたします。 どうぞ、末永くご多幸のほど、心よりお祈り申し上げる次第でございます。 皆様のご多幸を祈り、本年も相変わりませずご愛顧のほどお願い申し上げます。 遅ればせながら皆様のご多祥をお祈りしてお礼のご挨拶に代えさせていただきます。 先生のますますのご健康とご幸福をお祈り申し上げます。

次の

皆さまがご健勝でご多幸でありますよう心からお祈り申し上げます。

ご 家族 の 皆様 の ご 健康 と ご 多幸 を お祈り 申し上げ ます

トピ主さんや、billyさんのように、 私も『相手の健康と幸せを祈って』います!! だから、私も毎年 「ご健康とご多幸をお祈り申し上げます」と添え書きしていますよ。 ただもう若い頃は、ご多幸は判るけれど健康を祈るとは、なんて思っていました。 が、今は頂いた年賀状にその言葉が書いてあると社交辞令が半分と知りつつも、しみじみと昔の仲間の気持ちの温かさに感謝しています。 「あんたはんもお元気どすか、、」などと思いを馳せながら年賀状を読んでいます。 ユーザーID: 5937396587• 話題ランキング• トピ主です。 レス、ありがとうございます。 やはり、失礼と感じる人がいるのですね。 そうだったのか〜。 でも、「私は間違ってない」と却下してるわけじゃないんですよ。 却下してたら、トピたてませんから。 ただ、「本心から相手の健康と幸せを祈っているのだからいいのでは?」、また、私もそうですが、「書かれていたらうれしい」という人の方が、多数派のように、感じます。 とはいえ、好ましくないと思う方がいる以上、気をつけなくてはいけませんね。 知り合ってから日が浅い人とかには、書かないようにしようと思います。 でも、昔からの友人とかには、やっぱり書いちゃうだろうな。 だって、ホントに、健康と幸せを祈ってるんだもの。 ユーザーID: 8207216382• 「話し言葉」と「書き言葉」の違い。 「一言追記」を「・・・続きです。 」の件名で送信した karikariです。 直前に文章の書きかけを送信ボタンを押したつもりで、あわてて「一言追記」をレスしたのでしたが、、。 肝心の文章は、送信されていなかったようで、、、お恥ずかしい。 本題の「お祈りします」「お祈りいたします。 」ですがが、「書き言葉」では語尾が敬語や丁寧語ではないから、『失礼にあたる』のです。 相手様の健康を気遣うことが失礼ではなくて、「書き言葉」としての「します」「いたします。 」がやや目下以下の方にしか使わないから、上司や目上の方や同輩前後の方々に、その文言を用いると「大変失礼な」と受け取られます。 「お祈り申し上げます」とか「祈り上げます」とかの尊敬語に語尾を整えて、年賀状に書き添えることは、OKですよ。 ユーザーID: 5937396587• トピ主です。 レス、ありがとうございます。 仕事が忙しかったり、ハブが壊れてつながらなかったりで、すっかりお返事が遅くなってしまいました。 尊敬語にすればOKとの事、それなら私も納得できるのですが…。 指摘をした方曰く、「年下の人が、目上の人に『祈る』のは、おかしい」と。 祈るという行為自体が、優位に立っている者から、下位の者に行う事だと言うんですよ。 幸せであれ、健康であれ、自分より目下のものから祈ってもらわなくて結構、という事みたいなんです。 ちょっと極端ですよね。 でも、ここまで極端でなくても、健康は微妙な問題だから書かない方が無難というご意見もあり、やはり受け取り方は人それぞれなので、気心の知れた人にだけ書いたほうがよさそうですね。 いろいろ参考になりました。 ありがとうございました。 ユーザーID: 8207216382.

次の