東芝 洗濯 槽 クリーナー。 【洗濯ハカセが教える】洗濯槽クリーナーのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

【洗濯ハカセが教える】洗濯槽クリーナーのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

東芝 洗濯 槽 クリーナー

こんにちは! ドラム式洗濯機を使っています。 「 オキシクリーンがあるから、洗濯槽の掃除をオキシクリーンでしよう!」と思いました。 しかし、オキシクリーンはカビを分解しないんです! オキシクリーンで洗濯槽のカビ掃除をするなら…お湯をためたり、カビ・ホコリをネットですくう必要があります。 しかし、 塩素系の洗濯槽クリーナーならボタン1つ押すだけで洗濯槽のカビを除去できます。 オキシクリーンで掃除しても良いけど、できるなら簡単に洗濯槽をきれいにしたい!と思い、塩素系の洗濯槽クリーナーを選びました。 私がオキシクリーンより洗濯槽クリーナーを選んでいる理由はなぜなのか? オキシクリーンと洗濯槽クリーナーの違い、洗濯槽クリーナーを使った掃除方法についてご紹介します。 【洗濯槽のカビ】酸素系「オキシクリーン」と塩素系「クリーナー」はどちらが良い? 酸素系漂白剤「オキシクリーン」で洗濯槽のカビは消えない!面倒な作業あり オキシクリーンで洗濯槽のカビ掃除をする人が多くいます。 もちろん、オキシクリーンでも洗濯槽の掃除は可能ですがメリット以外にデメリットもあるんです…。 まず、オキシクリーンをつかって洗濯槽の掃除を行うメリットを考えてみます。 <オキシクリーンのメリット>• 発泡で汚れをはがして落とす• 肌や環境にも優しい• お湯を使った方が効果的 肌や環境に優しいのは嬉しいメリットなので、我が家でもしたい!と思いました。 しかし、気になる点(デメリット)もあります。 <オキシクリーンのデメリット>• 塩素系よりも殺菌力が弱い• お湯を入れる必要がある• 汚れを落とすだけなので、落ちた汚れが大量に浮いてくる オキシクリーンは、酸素系漂白剤です。 塩素系とは全く異なる成分で、カビを分解することはできません。 そのため、オキシクリーンで洗濯槽の掃除を行うとカビがワカメ状になって浮いてきます。 オキシクリーンでカビを除去するための方法が面倒すぎます。 <オキシクリーンを使った槽洗浄の方法>• 湯を洗濯槽にため、湯で溶かしたオキシクリーンを入れたら「洗濯」モードで運転。 排水する前に、3時間ほど浸け置きし、浮いてきた汚れをネットで拾う。 「すすぎ」「排水」モードで運転したら完了。 湯を洗濯槽にためる作業が面倒すぎます。 疲れるだろうし、湯をこぼして周囲が濡れるだろうし。 うーん、どう考えても手間がかかりますね。 汚れ・カビがひどくない場合はオキシクリーンでも良さそうです。 カビをネットですくう必要がない程度の汚れ(排水が詰まらない程度)なら、そのまま排水しちゃって大丈夫でしょうし。 塩素系漂白剤「洗濯槽クリーナー」でカビを分解!ボタン1つの簡単作業 オキシクリーンで洗濯槽を掃除するのも良いですが…私は「洗濯槽クリーナー」を使うことをおすすめします! 「洗濯槽クリーナー」は塩素系です。 (市販されているクリーナーのほとんど種類が塩素系) 塩素系漂白剤のメリットを考えていきます。 <塩素系「洗濯槽クリーナー」のメリット>• 非常に強い殺菌力を持っている• 冷たい水でも使える• 見えない菌も分解する 塩素系の洗濯槽クリーナを使う場合は、作業はとても簡単です。 <塩素系の洗濯槽クリーナーを使った槽洗浄の方法>• 洗濯槽にクリーナーを入れて「槽洗浄」コースで運転するだけ。 (槽洗浄コースがない場合は、通常の標準コースで運転しても大丈夫) 塩素系は、カビ・菌を分解するのでネットですくう必要がありません。 また、 冷たい水でも使えるのでオキシクリーンのように湯をためる必要もありません。 洗剤を入れたら、ボタン一つだけで私の作業は完了! …こうして考えると、 塩素系の洗濯槽クリーナーの方がオキシクリーンより優れていると感じます!! しかし、塩素系で気になる点もあります。 <塩素系の洗濯槽クリーナーのデメリット>• ツンとしたニオイ• 衣類・肌への刺激 どうしても酸素系である オキシクリーンに比べると塩素系は刺激が強くなってしまいます。 しかし、 私は実際に塩素系の洗濯槽クリーナーでカビ洗浄をしましたが… ニオイは気になりませんでした! 「槽洗浄」コースを選んだので、きちんとすすぎ・排水してくれたのかもしれませんね。 衣類・肌への刺激も…感じませんでした。 むしろ、洗濯槽の中にあるカビ・菌が分解されたんだろうなーと考えるとスッキリした気持ちになりました。 塩素系を使用した場合のニオイ・刺激は、個人差があるんでしょうね、きっと。 私なんて家事で楽したい&ニオイも刺激も感じないタイプなので…塩素系に何のデメリットも感じない! オキシクリーンと洗濯槽クリーナーは使い分けるべし! オキシクリーンと洗濯槽クリーナーは、使い分けするのが良さそうです。 オキシクリーンを洗剤として使うと洗濯槽だけじゃなく、衣類も漂白&消臭されます。 参考記事>>で詳しく紹介しています。 塩素系の「洗濯槽クリーナー」で洗濯槽のカビ掃除をしてみた! パナソニックのドラム式に塩素系の洗濯槽クリーナーを使用してみました。 クリーナー1本まるごとを洗濯槽に直接入れるだけなので簡単です。 あとは、槽洗浄コースを選ぶだけ! メーカーによって異なりますが、私が使用しているパナソニックでは、5時間以上かかりました。 間違っても、洗剤投入口からクリーナーを入れないように! 洗濯槽に直接、流し込んでください。 洗浄が終わった後、洗濯槽の中・排水フィルターを見てみましたが汚れはありませんでした。 きちんと塩素の力でカビ・菌を分解しているので残らないってことですよね。 とても、すっきりしました! ちなみに、私が使用しているクリーナーはLOHACOで購入しているんですが…安いんです。 アリエールやカビキラーなど有名メーカーの物でも良いんですが、なるべく安くしたくて探し回りました。 普通は1本あたり200円程度ですが、は138円(2018年12月時点)で買えました。 中身はほとんど変わらないはずなので、半年に1回だとしても安い価格が良いなーと思いまして。 参考記事>>でお得な商品を紹介しています。 メーカー専用の洗濯槽クリーナー また、パナソニックや日立など専用の洗濯槽クリーナーも販売されています。 市販の塩素系クリーナーより効果があるようなので、ここぞ!という時に使うと良さそうです。 感想 洗濯槽のカビ・菌を除去するためにオキシクリーンを使うべきか、塩素系クリーナーを使うべきか悩んでいましたが、 私は塩素系クリーナーを使用したいと思います。 オキシクリーンは人・衣類に優しいですが効果も穏やかな効き目です。 また、カビを分解できないのでネットですくったり、お湯を使用する必要があります。 しかし、塩素系クリーナーは水で使用可能、カビを分解するのでボタンを押すだけで洗濯槽の掃除ができます。 ニオイや刺激が強いと感じる場合もあるので、個人の好みで選べば良いと思います。 塩素系クリーナーですっきり洗濯槽をきれいにすることができて良かったです。 半年に1度の習慣として続けていきます。 ありがとうございます。

次の

【ドラム式洗濯機】 槽洗浄の使い方と内容

東芝 洗濯 槽 クリーナー

つけ置きの時間を十分に取る(クリーナーの説明書きを厳守)• 洗濯機のコースまかせにしない• 浮いてきたカビをこまめにすくい取る 冷水ではなくお湯を使うことでカビが落ちやすくなります。 お風呂の残り湯がある場合はうまく活用するといいですね。 そしてコースまかせにしていると、排水しきれなかったカビが洗濯槽の裏に出たり入ったりして完全に除去することができません。 ですので、『洗い』コースが終わったら『脱水』になる前に一時停止ボタンを押して浮いてきたカビを金魚すくいのように網ですくい取ります。 一旦すくい終えたらもう一度運転して、再度一時停止ボタン。 新たに浮かんできたカビをすくい取る…という流れをカビが出てこなくなるまで繰り返します。 カビが浮かんでこなくなったらOK。 『すすぎ』コースを完了させましょう。 洗濯槽の裏は見ることができないので判断しづらいですが、1回のクリーナー使用では洗濯槽洗浄が終わらないこともあります。 洗濯物にまだ付着するようであれば再度洗濯槽洗浄が必要ということですが、まだカビが出てくるということはクリーナーが効いている証拠です。 黒いカスが出てこなくなるまで2、3回クリーナーを使って同じ手順を繰り返します。 すすぎをよく行ってキレイに洗浄しましょう。 スポンサーリンク 洗濯機から黒カビが出続ける時にはこうすべし! 「何度やっても黒カビがなくならない…」 前述した手順のように、洗濯槽クリーナーを使ってもカビがなくならない場合には酸素系から 塩素系のものへシフトしてみましょう。 洗濯槽の裏に貼り付いたカビをはがす酸素系に対して、 塩素系はより強力な力でカビを溶かします。 塩素系のクリーナーを使う場合はお湯を使う必要はありませんが、成分の強さゆえにむやみにふれると手荒れの原因になりますので注意の上扱うよう心がけて下さい。 洗剤メーカーによっては洗濯槽クリーナーの漂白成分の濃度に差があるため、何度やっても掃除が終わらない…なんてこともあるかもしれません。 そんな時は最終手段として今使用している 洗濯機メーカーが販売している洗濯槽クリーナーを試してみるのもアリだと思います。 ドラッグストアやホームセンターで見かける市販のクリーナーよりも少々値は張りますが満足のいく効果が得られるかもしれませんよ。 はじめまして! 当ブログの管理人みことです。 自分の得意分野の知識や逆に失敗談、そして友人知人から得た情報が世の中の皆さんの手助けになればいいなと思い、ブログ運営を始めました。 100均大好き!週末のユニクロ大好き!! 最近は御朱印集めにハマりだしました!(今さら?笑) そんな私が発信していく情報があなたの毎日のお困りごとの解決に役立ててもらえたら嬉しいです。 カテゴリー• アーカイブ•

次の

【洗濯ハカセが教える】洗濯槽クリーナーのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

東芝 洗濯 槽 クリーナー

つけ置きの時間を十分に取る(クリーナーの説明書きを厳守)• 洗濯機のコースまかせにしない• 浮いてきたカビをこまめにすくい取る 冷水ではなくお湯を使うことでカビが落ちやすくなります。 お風呂の残り湯がある場合はうまく活用するといいですね。 そしてコースまかせにしていると、排水しきれなかったカビが洗濯槽の裏に出たり入ったりして完全に除去することができません。 ですので、『洗い』コースが終わったら『脱水』になる前に一時停止ボタンを押して浮いてきたカビを金魚すくいのように網ですくい取ります。 一旦すくい終えたらもう一度運転して、再度一時停止ボタン。 新たに浮かんできたカビをすくい取る…という流れをカビが出てこなくなるまで繰り返します。 カビが浮かんでこなくなったらOK。 『すすぎ』コースを完了させましょう。 洗濯槽の裏は見ることができないので判断しづらいですが、1回のクリーナー使用では洗濯槽洗浄が終わらないこともあります。 洗濯物にまだ付着するようであれば再度洗濯槽洗浄が必要ということですが、まだカビが出てくるということはクリーナーが効いている証拠です。 黒いカスが出てこなくなるまで2、3回クリーナーを使って同じ手順を繰り返します。 すすぎをよく行ってキレイに洗浄しましょう。 スポンサーリンク 洗濯機から黒カビが出続ける時にはこうすべし! 「何度やっても黒カビがなくならない…」 前述した手順のように、洗濯槽クリーナーを使ってもカビがなくならない場合には酸素系から 塩素系のものへシフトしてみましょう。 洗濯槽の裏に貼り付いたカビをはがす酸素系に対して、 塩素系はより強力な力でカビを溶かします。 塩素系のクリーナーを使う場合はお湯を使う必要はありませんが、成分の強さゆえにむやみにふれると手荒れの原因になりますので注意の上扱うよう心がけて下さい。 洗剤メーカーによっては洗濯槽クリーナーの漂白成分の濃度に差があるため、何度やっても掃除が終わらない…なんてこともあるかもしれません。 そんな時は最終手段として今使用している 洗濯機メーカーが販売している洗濯槽クリーナーを試してみるのもアリだと思います。 ドラッグストアやホームセンターで見かける市販のクリーナーよりも少々値は張りますが満足のいく効果が得られるかもしれませんよ。 はじめまして! 当ブログの管理人みことです。 自分の得意分野の知識や逆に失敗談、そして友人知人から得た情報が世の中の皆さんの手助けになればいいなと思い、ブログ運営を始めました。 100均大好き!週末のユニクロ大好き!! 最近は御朱印集めにハマりだしました!(今さら?笑) そんな私が発信していく情報があなたの毎日のお困りごとの解決に役立ててもらえたら嬉しいです。 カテゴリー• アーカイブ•

次の