推し 言葉。 タイ語で「推し」は何と言う?BNK48の人気によって日本語からそのままタイ語になった4つのキーワード

「推し」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

推し 言葉

【混同してない?「推し」と「恋愛」の違いって何?】 アイドルブーム以降一般的になった「推し」という言葉。 アイドルなどの著名人に向ける感情のあり方を表現する言葉として広まった概念ですが、なにぶん定義があいまいなもの。 これを実際の人間関係に持ち込んだり、恋愛感情と混同してしまうと、ちょっと痛い目を見るようです。 憧れの先輩や、あまり喋ったことのない相手を理想化するあまり、崇拝に似たような形でしか愛情を表現できなくなってしまう恐れも……。 そこで今回は、混同しないでおきたい「恋」と「推し」の違いを考えてみましょう。 これは、恋人として選ぶ相手は自分自身とつりあいの取れた人を選ぶという心理。 そのため、「恋」と「推し」は、自分に分相応か不相応かによって線引きがなされていると言えるかもしれません。 あまりにも魅力的な相手に対しては、好きだけど恋愛関係に発展するのは難しいであろうということを認識しているため「推し」という形で接点を持とうとすると考えられるのではないでしょうか。 互いの信頼関係が築かれてきたとき、人は安心して自分の弱みをさらけ出すことができるのです。 恋愛関係の相手に対してはこういった 自己開示の過程があるものですが、自己開示の機会がごく稀であったり、内容も薄いもので終わってしまうような距離感の場合、アイドルに対して抱く「推し」とそう大差ない感情のあり方に終始してしまうかもしれません。 このときの「ここまでは達成したい」と考える基準のことを 「要求水準」といいます。 人間には、難しいことや無謀そうなことにチャレンジしたくなるという本能があるのです。 つまり、手に入りにくい異性に惹かれてしまうメカニズムがあるのです。 しかし、そこで「親しくなりきれそうもない」という認識が働く場合、人は合理化して自分の心を慰める防衛機制が働きます。 そういった場合に「推し」という形で自分を納得させ、逆にこの一線を超えられるという自信が持てれば「恋」として向かっていけるのかもしれません。 LIKEに並ぶ感情は、明るいものであることが多いのですが、LOVEはそれだけではなく嫉妬や不安という暗い感情も含んでいます。 また、 LOVEには到達点や目標がありません。 求めれば求めるほど苦しみも生まれてしまいます。 そのため、好きでいることによって安心を得ているような側面が強く、傷つくことを想定しておらず、ある意味で気楽に取り組んでいるとしたら、それは「恋」でなく「推し」でしかないのかもしれません。 「推し」も「好き」も同じ好意という感情であることに、変わりありません。 でも、「推し」においては、分不相応感、距離感、親しくなれない線引きがあると言えます。 そして、何より「愛することの痛み」がないのが特徴。 その気持ちが「押し」なのか「好き」なのか分からなくなったら、この4つの条件を思い出してみましょう。 (脇田尚揮).

次の

推しという言葉が嫌い

推し 言葉

「推し」とは? 「推し」の意味と使い方について紹介します。 意味 「推し」は 「おし」と読み、人や物などに対して高く評価をして、応援したいと強く思うことです。 使い方 「推し」は、 「一推しメンバー」が 「推しメン」になり、更に省略されたスラングです。 元々は、アイドルグループにおいて、自分が最も応援しているメンバーを表す言葉でした。 そこからアイドル以外にアニメやゲームなどのキャラに使われる様になり、更には身近な人に対しても使われる様になりました。 「推す」は 「すすめる」という意味で、他の人にも勧める程好きであるというニュアンスがあり、 「好き」よりも好感度が強くなります。 「恋愛」とは? 「恋愛」の意味と使い方について紹介します。 意味 「恋愛」は 「れんあい」と読み、 「特定の人に熱い感情を抱き、恋人として付き合いたいと思うこと」 「お互いにその様な感情を持つこと」という意味です。 使い方 「恋愛」は、特定の人に対して、お互いを必要としている熱い感情を持ちたいと思うことを言います。 自分の相手への好意に対して、報われたい、自分だけを見て欲しい、相手と付き合いたいなどという気持ちを持つことです。 相手を自分だけのものにしたい、他の人に取られたくないという気持ちもあり、同性をライバル視することもあります。 「推し」と「恋愛」の違い! 「推し」は、 「相手のことを応援したいと思い、他人にも勧めたい人のこと」です。 「恋愛」は、 「自分だけに特別な好意を持って欲しい、付き合いたいと思う人のこと」です。 まとめ 「推し」と 「恋愛」は、相手への感情が違います。 皆で応援したい人が 「推し」、自分だけを見て欲しいと思うのが 「恋愛」です。

次の

『推し』という言葉について

推し 言葉

下記リンク先の二つ目の辞書、「実用日本語表現辞典」の解説が、この「推しフリクション」の「推し」の意味に該当します。 ・Weblio辞書-推しの意味・解説 語源としては、動詞「推す」の連用形の名詞化で、「お薦め」という意味ですが、重要なのは、近年使われ出している、アイドルグループのファンがお気に入り・お薦めの(推薦する)メンバーを「推し」や「推しメン」と呼ぶ使い方です。 AKBグループのように、人気投票の存在から生まれた表現のようですね。 (投票があるということは、自分のお気に入りメンバーは、投票で推薦する=推す候補、という扱いになるので) ・Weblio辞書-推しメンの意味・解説 この「推しフリクション」というのは、アイドルグループのお気に入りメンバーを「推しメン」と呼ぶ使い方を意識して真似たもので、たくさんあるフリクションをアイドルグループのメンバーに見立てて、自分のお気に入りフリクションを「推しフリクション」と呼んでいるのです。 A ベストアンサー その画像は、パイロットの「フリクション」の陳列台ですよね。 パイロットの公式サイトで公式パンフレットを見てみると、その「貼付」に相当する箇所には「添付」と書いてあります。 「商品の添付はありません。 」、つまり、商品は付いていません、という意味です。 たぶん、あなたが見ているこの画像は、パイロットの公式ではなく、他の販売業者が独自に作成したものでしょう。 その画像にパンフレットと同じ文章を入力しようとして、「てんぷ(添付)」を「貼付」と誤変換してしまい、その間違いに気づいていないだけだと思います。 「貼付」は本当は「ちょうふ」と読みますが、慣用として「てんぷ」の読みも定着しており、「てんぷ」で変換候補に出てきます。 つまり、「商品の貼付はありません。 」は間違っていて、おかしい表現です。 本当は「商品の添付はありません。 」が正しかったのです。 Q 日本語を勉強中の中国人です。 今日、中国人の大学教授が書いた日本の曖昧文化についての分析文章を読みました。 その中で、次のようなエピソードがあり、少々おもしろいと思い、こちらのサイトのネーティブの方に本当かどうかご確認いただきたいと思います。 日本では、ある男性がある女性に好意を持つとします。 しかし、なかなか一歩進んでいてよいかよくわからないようです。 その際に、試しに自分に近い、当の女性から遠いボールペンを「これはボールペンです」と言ってみました。 その時、もし女性は会話を「これ」で始まりましたら脈アリで、「それ」でしたら脈なしということになります。 これは本当でしょうか。 なぜでしょうか。 また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 専門用語としての「遊び」は、自由に動く余地・隙間(があること)。 反対の意味の熟語は聞きませんが、ふつうはたんに「遊びがない」と言いますね。 「タイトな」といえるかもしれません。 機械・器具などの「遊び」は、英語でも「play」と言うようです。 JIS B 6190-1 「工作機械試験方法通則-第1部:幾何精度試験」 3. 3 遊び(play) 構造ループ内の要素間の隙間に限定した変位分だけ発生する,剛性がゼロの状態。 JIS B 0102-1 「歯車用語-第1部:幾何形状に関する定義」 3. 8 半径方向の遊び(radial play) 作用及び非作用両歯面を接触させたときの中心距離の,所定の中心距離からの減少量。

次の