競艇web投票。 競艇自動投票ソフト「KyoteiVBA」の利用方法や無料版のダウンロード方法を紹介

競艇の舟券の購入方法と購入場所

競艇web投票

インターネット経由で舟券を購入することができる• 365日いつでも購入可能• サービスに対応している銀行口座が必要• テレボート用口座と即時入出金が可能• いつでも入出金が可能• 会員専用サイトでオッズ、直前情報を確認できる ネット経由で365日いつでも舟券を購入することができる ネット投票会員はその名の通り、インターネット経由で舟券を購入することができるサービスです。 パソコンや携帯電話、スマートフォンなどインターネットに接続ができる機器から365日いつでも投票することができます。 ネット投票会員になるには サービスに対応している銀行のネット口座が必要になりますが、ネット口座さえあれば簡単な申込だけで即利用可能になります。 ネット投票会員は 、 、 、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、広島銀行、スルガ銀行、au の口座を持っていれば登録できるサービスで、保有している口座を使ってテレボート口座という舟券購入用の口座と入出金して、舟券を購入することになります。 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 福岡銀行• 広島銀行• スルガ銀行• au テレボート用口座と即時入出金が可能 対応銀行の口座さえ持っていれば即日利用可能な点が特徴で、後に出てくる電話投票会員のように専用の口座を開設する必要がありません。 テレボートの口座と銀行のネット口座感の入出金は即時で反映しますので、払戻金を即日引き出すことができます。 また銀行の入出金には制限がなく、レース当日でもコンビニのATMなどから入金をして舟券を購入することができます。 ネット銀行であればコンビニATMの入出金は無料なところがほとんどですので、無駄な手数料を支払うことなく入出金をすることができます。 会員専用サイトでオッズ、直前情報を確認できる またネット投票会員になると、会員専用の情報サイトを利用することができ、 オッズや 直前情報などレースの予想に役立つ情報をチェックすることができます。 投票内容・結果を確認することもできるので、自分の収支管理もすることができます。 電話投票会員と比べると、サービスの利便性はネット投票会員の方が上ですので、どうしても電話投票会員が良いという人以外はネット投票会員として登録するのが良いでしょう。 上述した通り、ネット投票会員になるにはサービスに対応している銀行口座を開設する必要があります。 そのため、サービス対応銀行の口座を持っていない人はまず対応銀行の口座を開設しましょう。 すでに対応している銀行の口座を持っている人は以下のページから会員申込をすることができます。 (非対応銀行:りそな銀行、埼玉りそな銀行、au ) サービスの申込自体は 15分程度で完了し、完了次第すぐに利用することができますので、その日のうちに舟券の購入まですることができます。 電話投票会員のサービスの特徴• プッシュホンから舟券を購入することができる• インターネットからも舟券を購入することができる• 舟券を購入するには専用銀行口座の開設が必要• 専用銀行口座はレースの前日からレース終了まで入出金ができない プッシュホンから舟券を購入することができる 一方、電話投票会員はプッシュホンから舟券を購入することができるサービスです。 電話投票会員という名前ですが、インターネット経由で舟券を購入することもでき、投票はインターネット経由と電話の両方で注文が可能になっています。 舟券を購入するには専用銀行口座の開設が必要 専用の銀行口座が必要になり、電話投票会員になる際には、テレボート指定の18の銀行の中から舟券購入用の専用口座を開設します。 テレボート指定の銀行は都市銀行、地方銀行がメインですので、ネット銀行では専用口座を開設することはできず、 ネット銀行では電話投票会員になることはできません。 また専用口座の 口座開設には1~3か月かかります。 専用口座を開設しないといけないのは面倒ですが、専用口座であることで入出金が把握しやすくなり資金管理が簡単になるというメリットもあります。 レースの前日からレース終了まで入出金ができない もう1点注意点として、専用銀行口座はレースの前日には口座がロックされ入出金ができなくなります。 そのため舟券を購入するには購入資金の 入金を前日までにしておく必要があります。 払戻金を出金できるのもレースの翌営業日からになります。 このように電話投票会員には口座や入出金に制限があり、ちょうど中央競馬における即PATとA-PATとの違いと同じで、よほど電話で注文がしたいという方以外はネット投票会員になった方がよいでしょう。 ネット投票会員 電話投票会員 対応銀行 ・ ・ ・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・福岡銀行・広島銀行・スルガ銀行・auじぶん銀行 投票方法 ・PC・スマートフォン・携帯電話 ・電話・PC・スマートフォン・携帯電話 申込から利用までの期間 即日 1カ月半~3カ月程度 入金 当日の入出金が可能 投票日直前の銀行営業日まで 出金 当日の入出金が可能 翌銀行営業日以降 ネット会員になる際に必要になる銀行口座はネット銀行の口座を作っておくと、 入出金の手数料がお得なのでおすすめです。 競艇用の口座を作っておくと収支管理が楽になり、競馬や競輪などのネット投票にも使えて便利なので、ネット投票に対応しているネット銀行はどれか作っておくと便利です。 特に 住信SBIネット銀行、 楽天銀行、 ジャパンネット銀行の3銀行は競艇以外にも、競馬やオートレースなどの公営競技への投票をネットから行うことができます。 別の記事で紹介していますので参考にしてください。

次の

競艇の舟券の購入方法と購入場所

競艇web投票

オンライン投票の準備は何をすればいい? テレボートに登録したら、さっそく利用してみましょう。 オンライン投票をするにはまず準備が必要です。 ここでは、ログインと入金について紹介します。 ログイン まずはスマートフォンWEB投票サイトにログインします。 ログイン時には登録の際に送られてくる「加入者番号、認証番号、認証用パスワード」が必要です。 ログイン画面で3つの項目を入力して「ログイン」ボタンをタップすると、トップ画面が表示されます。 「 ログイン情報を保持する」という項目にチェックを入れておけば、次回から加入者番号と認証番号の入力を省略することができます。 毎回ログインや入金のたびに番号を入力するのは面倒ですがこれをしておくとかなり楽です。 入金 ログインしたら、次に「 入金」をします。 テレボートで舟券を購入する際は、会員口座からテレボート口座に投票資金を振替する必要があります。 これが、「入金」です。 トップ画面の「入金する」を選択すると、入金画面が表示されます。 ここで入金指示金額を入力し、「入力する」をタップします。 なお、入金は1,000円単位です。 入金の確認方法 入金はすぐに確認できます。 (1分もかからないくらい) 入金指示結果画面が表示されるので、結果を確認します。 入金結果は、トップ画面の「照会する」を選択して、「直前の契約を見る」でも確認することができます。 オンライン投票の手順は? さあ、準備が整ったらいよいよ投票をします。 投票にはいくつか種類がありますが、ここでは基本的な投票方法について紹介します。 投票 まずは、投票するレース場を選択します。 トップ画面に開催中のレース場が表示されているので、そこから選択します。 モーニング・ナイターゲームの場合はレース場にアイコンがつきます。 「投票する」をタップします。 次に、レース・勝式・投票方法を選択します。 勝式は、3連単・3連複・2連単・2連複・拡連複・単勝の6種類があります。 また、投票方法式は、通常投票・ボックス投票・フォーメーションの3種類があります。 次に、組番の艇番と購入金額を入力します。 購入金額は100円単位で、100~9,999,900円の範囲で入力できます。 ボックスやフォーメーションの場合は1ベット当たりの金額を入力します。 また、フォーメーションでベットごとに購入金額を変更したい場合は、「個別に金額を設定する」をタップして入力します。 金額を入力したら、「ベットリストに追加する」をタップします。 追加投票がある場合は、同じ動作を繰り返すとベットリストに追加されていきます。 金額の修正やベットの削除もベットリストから行います。 最後にベットリストで合計の購入金額を入力し、「投票する」をタップすると投票完了です。 払い戻し レースが終わると、的中払戻金はいったんテレボート口座に蓄積されます。 的中結果や残高については、「照会する」を選択すると確認することができます。 的中結果は、「的中結果一覧を見る」をタップすると、的中結果画面で的中したレース場・レース・的中ベット数・払戻金額合計・勝式・組番が表示されます。 残高は、「残高を見る」をタップすると、残高照会画面で初期購入限度金額・本日購入金額・本日払戻金額・現在購入限度額・購入可能ベット数・購入可能金額が表示されます。 精算 投票資金や的中払戻金は毎日精算され、会員口座に振替られます。 精算には精算指示と自動精算とがあります。 精算指示は、的中払戻金や投票資金をすぐに引き出したい場合に行います。 トップ画面から「精算する」を選択し、精算指示画「精算する」をタップすることで、テレボート口座から会員口座へ残高がリアルタイムに送金されます。 自動精算は、的中払戻金や残った投票資金が自動的に会員口座に全額送金されることです。 精算指示を行わなくても、毎日22:00頃に行われます。 これがオンライン投票の基本的な流れです。 翌日のレースでは、また投票資金をテレボート口座に入金するところから始めることになります。 テレボートのよくある質問 スマートフォンひとつで舟券が購入できるテレボートのオンライン投票。 それほど難しい動作もなく、いつでもどこでも気軽にボートレースを楽しむことができます。 使い方をマスターして、ボートレースを満喫しましょう。 競艇に必勝法は回収率に注目 パチスロの場合、高設定の台をつかみ打ち続ければ回収率が100%超えれば勝つことができます。 競艇にしても同じことが言えます。 回収率100%を超える買い方 以下の回収率をご覧ください。 一番人気の3連単舟券を買い続けると回収率 75%• 1-2-3の3連単舟券を買い続けると回収率 85・1%• 回収率100%を超えるには 方法は2つ。 鉄板レースの3連単 1つ目は1-2-3が確実に来そうな 鉄板レースの3連単を買うこと。 1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。 インコースが凹むレースの3連単 もう一つは 万舟券のレースを見極める方法。 それはずばりインコース勢が凹むレースにチャレンジすることです。 インコース勢が凹むパターンとしては 4コース カドからのまくり・まくり差しのパターンが一番の狙い目。 先日のまるかめ競艇場 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5Rで 554,930円の超万舟券が出たレースもまさにそうでした。 4コースにはA1級の渡邉選手。 インを抑えてくることは明白でした。 結果、3号艇服部選手が犠牲になります。 2号艇もバランスを崩して外に。 5号艇、6号艇がそれぞれ空いたスペースに入ってレースは5号艇6号艇優位のまま展開していきました。 4コースが外からまくりを入れると大穴が出やすいわけです。 競艇予想サイトの買い目情報で学ぶ 実際には4コースのまくりを予想するのは素人では難しいです。 選手の得意技・気質、選手同士の関係もありますから。 つまり選手データがあると回収率がグンと上がります。 こうしたノウハウと選手の特徴・決まり手をデータで蓄積しているのが競艇予想サイトです。 予想サイトで無料提供される買い目が一番勉強になります。 大穴狙いをマスターするなら、買い目を見て実際に舟券を購入してレース結果を何度も繰り返し見ることが大切です。 以下は私が競艇予想サイト で購入した買い目(見事的中!)です。 徳山競艇 12月17日 (初日)10R 競艇予想サイトも多くなってきていますが信頼あるサイトを選びましょう。

次の

ボートレースからつ Official Site

競艇web投票

オンライン投票の準備は何をすればいい? テレボートに登録したら、さっそく利用してみましょう。 オンライン投票をするにはまず準備が必要です。 ここでは、ログインと入金について紹介します。 ログイン まずはスマートフォンWEB投票サイトにログインします。 ログイン時には登録の際に送られてくる「加入者番号、認証番号、認証用パスワード」が必要です。 ログイン画面で3つの項目を入力して「ログイン」ボタンをタップすると、トップ画面が表示されます。 「 ログイン情報を保持する」という項目にチェックを入れておけば、次回から加入者番号と認証番号の入力を省略することができます。 毎回ログインや入金のたびに番号を入力するのは面倒ですがこれをしておくとかなり楽です。 入金 ログインしたら、次に「 入金」をします。 テレボートで舟券を購入する際は、会員口座からテレボート口座に投票資金を振替する必要があります。 これが、「入金」です。 トップ画面の「入金する」を選択すると、入金画面が表示されます。 ここで入金指示金額を入力し、「入力する」をタップします。 なお、入金は1,000円単位です。 入金の確認方法 入金はすぐに確認できます。 (1分もかからないくらい) 入金指示結果画面が表示されるので、結果を確認します。 入金結果は、トップ画面の「照会する」を選択して、「直前の契約を見る」でも確認することができます。 オンライン投票の手順は? さあ、準備が整ったらいよいよ投票をします。 投票にはいくつか種類がありますが、ここでは基本的な投票方法について紹介します。 投票 まずは、投票するレース場を選択します。 トップ画面に開催中のレース場が表示されているので、そこから選択します。 モーニング・ナイターゲームの場合はレース場にアイコンがつきます。 「投票する」をタップします。 次に、レース・勝式・投票方法を選択します。 勝式は、3連単・3連複・2連単・2連複・拡連複・単勝の6種類があります。 また、投票方法式は、通常投票・ボックス投票・フォーメーションの3種類があります。 次に、組番の艇番と購入金額を入力します。 購入金額は100円単位で、100~9,999,900円の範囲で入力できます。 ボックスやフォーメーションの場合は1ベット当たりの金額を入力します。 また、フォーメーションでベットごとに購入金額を変更したい場合は、「個別に金額を設定する」をタップして入力します。 金額を入力したら、「ベットリストに追加する」をタップします。 追加投票がある場合は、同じ動作を繰り返すとベットリストに追加されていきます。 金額の修正やベットの削除もベットリストから行います。 最後にベットリストで合計の購入金額を入力し、「投票する」をタップすると投票完了です。 払い戻し レースが終わると、的中払戻金はいったんテレボート口座に蓄積されます。 的中結果や残高については、「照会する」を選択すると確認することができます。 的中結果は、「的中結果一覧を見る」をタップすると、的中結果画面で的中したレース場・レース・的中ベット数・払戻金額合計・勝式・組番が表示されます。 残高は、「残高を見る」をタップすると、残高照会画面で初期購入限度金額・本日購入金額・本日払戻金額・現在購入限度額・購入可能ベット数・購入可能金額が表示されます。 精算 投票資金や的中払戻金は毎日精算され、会員口座に振替られます。 精算には精算指示と自動精算とがあります。 精算指示は、的中払戻金や投票資金をすぐに引き出したい場合に行います。 トップ画面から「精算する」を選択し、精算指示画「精算する」をタップすることで、テレボート口座から会員口座へ残高がリアルタイムに送金されます。 自動精算は、的中払戻金や残った投票資金が自動的に会員口座に全額送金されることです。 精算指示を行わなくても、毎日22:00頃に行われます。 これがオンライン投票の基本的な流れです。 翌日のレースでは、また投票資金をテレボート口座に入金するところから始めることになります。 テレボートのよくある質問 スマートフォンひとつで舟券が購入できるテレボートのオンライン投票。 それほど難しい動作もなく、いつでもどこでも気軽にボートレースを楽しむことができます。 使い方をマスターして、ボートレースを満喫しましょう。 競艇に必勝法は回収率に注目 パチスロの場合、高設定の台をつかみ打ち続ければ回収率が100%超えれば勝つことができます。 競艇にしても同じことが言えます。 回収率100%を超える買い方 以下の回収率をご覧ください。 一番人気の3連単舟券を買い続けると回収率 75%• 1-2-3の3連単舟券を買い続けると回収率 85・1%• 回収率100%を超えるには 方法は2つ。 鉄板レースの3連単 1つ目は1-2-3が確実に来そうな 鉄板レースの3連単を買うこと。 1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。 インコースが凹むレースの3連単 もう一つは 万舟券のレースを見極める方法。 それはずばりインコース勢が凹むレースにチャレンジすることです。 インコース勢が凹むパターンとしては 4コース カドからのまくり・まくり差しのパターンが一番の狙い目。 先日のまるかめ競艇場 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5Rで 554,930円の超万舟券が出たレースもまさにそうでした。 4コースにはA1級の渡邉選手。 インを抑えてくることは明白でした。 結果、3号艇服部選手が犠牲になります。 2号艇もバランスを崩して外に。 5号艇、6号艇がそれぞれ空いたスペースに入ってレースは5号艇6号艇優位のまま展開していきました。 4コースが外からまくりを入れると大穴が出やすいわけです。 競艇予想サイトの買い目情報で学ぶ 実際には4コースのまくりを予想するのは素人では難しいです。 選手の得意技・気質、選手同士の関係もありますから。 つまり選手データがあると回収率がグンと上がります。 こうしたノウハウと選手の特徴・決まり手をデータで蓄積しているのが競艇予想サイトです。 予想サイトで無料提供される買い目が一番勉強になります。 大穴狙いをマスターするなら、買い目を見て実際に舟券を購入してレース結果を何度も繰り返し見ることが大切です。 以下は私が競艇予想サイト で購入した買い目(見事的中!)です。 徳山競艇 12月17日 (初日)10R 競艇予想サイトも多くなってきていますが信頼あるサイトを選びましょう。

次の