インフルエンザ ワクチン 接種 後。 インフルエンザ予防接種後の運動はなぜダメ?副作用がある?

インフルエンザ予防接種の効果はいつから出る?期間はいつまで続くか

インフルエンザ ワクチン 接種 後

秋になると、インフルエンザワクチンの接種が始まります。 子供の場合、幼稚園などで集団接種が行われるところも多いですね。 子供がインフルエンザにかかるとインフルエンザ脳症などの重症化で 障害が残ったり、最悪死亡する可能性もあるといいます。 ワクチンを接種していてもインフルエンザにかかる可能性はありますが、 罹患するリスクを下げることは出来るのでワクチン接種は有効ですね。 しかし、 インフルエンザワクチンを接種後に子供が発熱した、 体調を崩した、という体験を持つ方も少なくありません。 インフルエンザワクチン接種後の発熱は副作用なのでしょうか? それとも、ちょうど時期が重なっただけのただの風邪なのでしょうか? ここでは、インフルエンザワクチンの後の発熱について説明しています。 息子が幼稚園時代にワクチン接種後発熱した体験談もまとめました。 スポンサーリンク ワクチン接種後はいつ副作用が出る? インフルエンザワクチン接種後は、 通常6~24時間の間に副作用が出てくる場合が多いものです。 そのため、摂取後24時間以内は体調の変化がないかどうか よく様子を見ることが必要です。 重篤な副作用になる可能性のある アナフィラキシーショックは 接種後30分以内に発症する場合が多いため、30分経過しても問題が無ければ 重篤な副作用の可能性はほとんど無いと判断して良いでしょう。 インフルエンザの予防接種の副作用は受診の必要ある? インフルエンザ予防接種の 副作用は2~3日で症状が消える場合が多いものです。 インフルエンザ予防接種後の発熱も、2~3日以内で回復する事が多く、 受診をしなくても問題ない事がほとんどです。 ただし、 38. また、発熱以外にも ・嘔吐を繰り返す ・接種した部分の腫れがひどく、とても痛む ・けいれん ・全身のじんましん などの症状が出た場合も病院を受診してください。 インフルエンザワクチンの副作用で息子が発熱しました体験談 我が家の息子も、人生初のインフルエンザワクチン接種をした時、 翌日から発熱した経験があります。 幼稚園の年少さん、4歳の時でした。 その日は、保護者も付き添いの元で幼稚園での集団接種をしました。 息子が通っていた幼稚園では、付き合いのある小児科の先生が 幼稚園までインフルエンザワクチン接種をしに来てくれていたのです。 息子は接種後30分間は園で様子を見ていましたが、 問題なしだったので普通に帰宅。 発熱は、その翌日から起きました。 朝の段階で発熱していたため、幼稚園はお休みにして 家で安静に休ませていました。 つらそう…。 熱が上がったことへの私の心配をよそに、息子は元気が出て来て…。 副作用による発熱での病院受診はしませんでしたが、 熱が高い時ほど元気があり、熱が落ち着いている時にぐったり…という症状は 普段の風邪では見られない症状だったので受診しても良かったかも、と 後から思いました。 これが、我が家の息子がインフルエンザワクチン接種後に起こした副作用です。 ちょっと変な熱の出方をしたので不安になったため、 このときは2回目のワクチン接種はしませんでした。 そしてこれ以降、インフルワクチンは息子の体質に合わないのでは?と不安だったので 5年間インフルエンザワクチンの接種はしていませんが 現在小3の今、そろそろ再チャレンジしてみても良いかな、と考えています。 ちなみに、接種していなかったこの5年間で2回インフルエンザにかかりました…。 まとめ インフルエンザは、子供がかかると脳症などの重症化をする可能性もある 恐ろしい病気です。 しかしワクチンにはインフルエンザにかかる可能性を下げる、 インフルエンザにかかっても症状が軽く済む可能性が高まるという効果があるので リスクを減らしたい場合はワクチンの接種が有効です。 副反応で発熱を起こした場合はよく様子を観察し、 症状が重いようであればワクチンを接種した病院を受診するようにして下さいね。

次の

一定期間内に予防接種を受けた方|献血をご遠慮いただく場合|献血の流れについて|献血する|日本赤十字社

インフルエンザ ワクチン 接種 後

インフルエンザワクチンには重症化を防ぐ効果があります。 ワクチンを接種することでインフルエンザに対する免疫を作っておき、感染による発症を抑えたり、症状を軽くしたりする働きがあります。 感染自体を予防する効果はありませんが、つらい症状を引き起こさないためにもインフルエンザワクチンの接種は重要なものといえます。 接種時期は10月後半〜11月前半がおすすめ インフルエンザワクチンは、接種してから約5ヶ月ほど効果が持続します。 インフルエンザの流行シーズンは12月〜翌年3月といわれているため、流行シーズンに合わせてインフルエンザワクチンを接種すると良いでしょう。 インフルエンザ予防接種の効果の詳細については、関連記事をごらんください。 関連記事 腫れはインフルエンザ予防接種の副反応 インフルエンザの予防接種の目的は、ワクチンを注射することによりインフルエンザウイルスに対する免疫を獲得することです。 しかし、 ワクチンを接種することで免疫獲得以外の反応がおこる場合があります。 これを副反応といいます。 注射した部分が腫れたり熱くなるのはインフルエンザに対する抗体を作る免疫反応が起きているためです。 インフルエンザウイルスへの予防効果を獲得するプロセスであり、正常な反応ともいえます。 腫れ以外にも、むずむずとしたかゆみ、うずくような痛み、注射跡が硬くなる、熱を持つ、赤くなるなどの局所反応が起こることがあります。 なお、インフルエンザの予防接種の副反応は、局所だけではなく全身に現れることもあります。 インフルエンザ予防接種の副反応については、関連記事をごらんください。 関連記事 インフルエンザ予防接種後の副反応は、通常2~3日で徐々におさまっていき、長くても1週間というケースがほとんどです。 基本的には、自然と腫れがひくのを待ちましょう。 腫れやかゆみ、痛みが気になるときは、濡れタオルや氷や保冷剤をくるんだタオルで冷やすのがおすすめです。 かく、もむ、直接氷を当てるなど、刺激を与えることはやめましょう。 入浴は可能ですが、温めると症状が強くなりやすいため長風呂は避け、腫れているところは強く洗わないでください。 また、腫れている間は激しい運動は避けましょう。 子どもが腫れた場合は? 子どもに副反応がみられた場合も、対処は大人とほとんど変わりません。 軽い副反応であれば過度な刺激を与えず、経過を見守ることが良いとされています。 ただし、強いかゆみを感じていないか、腫れや赤みが広範囲に広がっていないか、注意しましょう。 13歳未満の子どもは、インフルエンザの予防接種を2回行います。 1回目で腫れた場合、2〜3日で腫れがおさまれば問題ありませんが、心配な場合は医師に相談しましょう。 医療機関を受診した方がよいケース 長期にわたって副反応がおさまらない場合や、腕から肩にかけて腫れていたり、肘よりも下の部位にかけて腫れているなど、広範囲に腫れやかゆみがある場合は医療期間を受診し、医師の指示をあおいでください。 おわりに インフルエンザ予防接種による腫れは、珍しいものではなく、むしろ正常な反応だと言えます。 ただし、長期にわたって副反応がおさまらない場合や、広範囲による腫れやかゆみがみられた場合は、必ず医療機関に相談してください。 また、腫れ・かゆみ・痛み・熱っぽさがワクチンを接種した部分だけでなく全身に起きたり、蕁麻疹のようなアレルギー反応が起きた場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

次の

特集:医療関係者に対するワクチン接種の考え方

インフルエンザ ワクチン 接種 後

海外では13歳ではなく、9歳以上であれば1回接種です。 しかも、6ヶ月から8歳未満でも過去に2回の接種歴があれば 1回接種です。 この方式をそのまま日本でも採用し、接種の有効性が認められれば、 接種率も上がり、重症化が防げる可能性があるかもしれません。 将来日本でも不活化ワクチンの接種経路が筋肉内注射になると、 この方法が採用される期待が高まります。 実は、 皮下注射で1回接種の効果を検討した小児科の先生がいるのです。 下2つの報告の結果から、 3歳未満はワクチンの 皮下注射 2回接種 により新型、季節型Aの抗体価が十分量に達していることがわかりました。 3歳以上の2回接種では明らかな抗体上昇はないようです。 ワクチンの予防効果は2週間後から5ヶ月程度までとされています。 菅谷らの報告では、 3歳以上の6割で接種前の抗体価が新型、季節型ともに80倍以上でしたが、 3歳未満では3割しかいませんでした。 流行によっては、3歳以上であれば接種前から高い抗体価をもっている人も多いようです。 問題は乳幼児の抗体価がどのくらいの期間で減衰するかです。 札幌の流行は例年2月ですが、昨年は12月でした。 また逆に流行がゴールデンウ ィークまで続くこともあります。 2回接種では十分量までの抗体価の上昇、抗体減衰期間の延長を期待できるかもしれません。 重症化予防を期待するには、3歳未満では2回接種が望ましいと考えます。 3歳から8歳では接種歴や感染歴によって個人差が出ると思われます。 以上より、当院では今シーズンの1回接種法も導入します。 これまでの接種回数に関わらず、 6ヶ月から3歳未満 2回接種 1回 0. 25 ml 3歳から8歳 2回接種 1回 0. 5 ml 9歳以上 1回接種 1回 0. 5 ml もちろん基本は日本方式です 6ヶ月~3歳未満 2回接種 1回 0. 25ml 3歳~13歳未満 2回接種 1回 0. 5ml 13歳以上 1回接種 1回 0. 5ml.

次の