お悔やみ 申し上げ ます の 意味。 「お悔やみ申し上げます」の意味と正しい使い方を葬儀屋さんが教えます

お悔やみの意味とは?お悔やみとは何か、解説いたします|終活ねっと

お悔やみ 申し上げ ます の 意味

弔電やメールでは• 「ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます」• 「突然の悲報に接し、心からお悔やみ申し上げます」 がよく使われます。 弔電ではその他に• 心から(故人の名前)様のご冥福をお祈りいたします もよく使われます。 哀悼(あいとう):人の死を悲しみいたむこと。 冥福(めいふく):死後の幸福。 スポンサーリンク 返答(返事)や返し方は? 身内が亡くなった時に「この度はご愁傷さまです」と声をかけられたら、返す言葉はどうしたら良いのでしょうか? よく使われる返答(返事)や返し方は• 恐れ入ります• 痛み入ります• ありがとうございます• 黙礼(もくれい) があります。 状況に応じて使い分けるには、意味を知っていたほうがいいので、ご紹介します。 恐れ入ります 一番ぶなんな返事が「恐れ入ります」になりますが、普段使い慣れないので頭の中で練習が必要かもしれません。 「恐れ入ります」とは、「恐縮です」とほぼ同じ意味の言葉ですので 目上の人に感謝の気持ちを表すのに最適です。 痛み入ります 「恐れ入ります」に近く「ご愁傷さま」の返事に適していますが、これはこれで普段では全く使わないことから、実際の場面で返事に使用するにはハードルが高いのも事実です。 (庶民感覚) 相手の親切に恐縮し、感謝を表すのに適しています。 目上の人に対して使う言葉です。 ありがとうございます 「ありがとうございます」なら普段から使う言葉ですので、練習も必要ありませんし、ハードルも低いです。 ですが、普段から使う言葉だからこそ、「ご愁傷さまです」に対しての返事としては、どこか物足りなさを感じてしまうかもしれません。 その場の雰囲気や状況(目上の方)に応じて言葉を足しましょう。 「ごていねいに、ありがとうございます」• 「お心遣い(づかい)ありがとうございます」 このようにすると、「ありがとうございます」だけよりも、ていねいな表現になります。 黙礼(もくれい) 「ご愁傷さま」と声をかけられても、身内の人が亡くなって言葉を選んで返すことも出来ないくらいな気持ちな場合、お辞儀だけで言葉を出さない黙礼でも失礼にはなりません。 その他にも、慣れてない言葉を選んで返事を返すのが難しいと感じるなら、黙礼が最適です。

次の

「お悔やみ申し上げます」の意味は?メール・手紙での使い方の例文

お悔やみ 申し上げ ます の 意味

ご不幸の知らせを受けたものの、弔問やご葬儀に駆けつけられない時は、ご遺族にお悔やみの手紙をお送りすることで弔意を表します。 また、故人様のご葬儀が執り行われたことを後から知った際や亡くなられてからだいぶ経って訃報を知った場合などにもお悔やみの手紙をお送ります。 そこで今回は、お悔やみの手紙の書き方や送り方、文例についても詳しくご紹介します。 お悔やみの手紙はいつ送る? お悔やみの手紙を送るタイミングは、一般的に初七日までに送るのがマナーとされます。 そのため、訃報を知りご葬儀に参列できないことが分かった場合は、すぐにお悔やみの手紙を出しましょう。 お悔やみを知るタイミングはご葬儀前とは限らず、ご葬儀後やご葬儀から数ヶ月以上経ってから知ることもあり得ますし、年末に届く喪中はがきで訃報を知ることも考えられます。 故人様が亡くなったことを初七日の後に知った時などは、できるだけ早急にお悔やみの手紙を送るようにします。 お悔やみで使用する便箋・手紙について お悔やみの手紙は封筒・便箋共にシンプルで落ち着いたデザインで、華美な雰囲気のない物を選びます。 白無地が一般的ですが、落ち着いた色合いであれば薄いブルーやグレーなどでも構いません。 封筒は、基本的に一重になっているものを使用します。 不幸が重なってしまうという意味合いから二重の封筒を使用するのは避けましょう。 なお、お悔やみの手紙には香典を同封できます。 お悔やみの手紙と不祝儀袋に入った香典を、現金書留専用の封筒に一緒に入れて送付することができます。 この時、現金書留専用の封筒には、通常サイズと大判サイズがありますので、大判のものを選べば手紙も香典もゆとりを持って封入できます。 現金書留専用の封筒は最寄りの郵便局で購入しましょう。 お悔やみの手紙を書く時に気を付けるマナー お悔やみの手紙を書く際は、以下のことに配慮した上で書きましょう。 頭語・時候の挨拶は書かない 通常手紙をしたためる時は、「拝啓」や「謹啓」といった頭語や季節に合わせた「時候の挨拶」を最初に記します。 しかし、お悔やみの手紙はこのような頭語や時候の挨拶は不要であり、本題に直ぐに入るのがマナーになります。 お悔やみを手紙でお伝えする理由を述べる 本来であればお悔やみの言葉は、直接ご遺族に口頭で述べるのがマナーになります。 手紙で弔意を表すことは略式になるわけですから、くどくどと理由を申し述べる必要はないものの、弔問やご葬儀に伺えない理由はお詫びの言葉と共にお伝えしましょう。 また、後日改めてお伺いするつもりの時は、その旨も書いておきます。 ご遺族を気遣う気持ちを伝える お悔やみの言葉はご遺族に対して弔意を表すために送る手紙ですが、既に十分哀しみの中にいるご遺族の気持ちを思えば、手紙の中でこと更に悲しみを強調するのは相応しくありません。 ここではあなたがご遺族を気遣い、寄り添う言葉を書くようにするのがマナーです。 故人様の死因について訊ねることはしない 悲しんでいるご遺族に対して、故人様のお亡くなりになった理由を尋ねるのはマナー違反です。 先述しましたように、お悔やみの手紙では故人様を弔う気持ちとご遺族へ慰めの言葉をかけるように配慮します。 生前の故人様と親しくお付き合いのあった時などは、どうしてお亡くなりになったのか気になる気持ちは分かりますが、一番悲しんでいるのはご遺族です。 今はそれを尋ねる時期ではありません。 ご遺族を傷つけるような文言は決して使ってはいけません。 忌み言葉を使わないように注意する 忌み言葉は、「重ね言葉」や「死に対する直接的な言葉」を指し、不幸を繰り返す、重なるといったことを連想させてしまうため使用しないようにします。 【重ねことば】 重ね重ね(かさねがさね)/益々(ますます)/度々(たびたび)/重々(じゅうじゅう)/次々(つぎつぎ)/再三(さいさん)/いよいよ/くれぐれも/かえすがえす など 【繰り返しが連想されることば】 続く/引き続き/再び/再々/次に/なお/また/追って/追いかける など 【直接的な表現】 死亡/逝去/死ぬ/生きる/存命中/自殺 など 【不吉な表現】 浮かばれない/大変なことになる/消える など 故人様の敬称について 親族や親戚にお悔やみの手紙を送る時は、自身から見た故人様の敬称を使用します。 故人様の敬称は以下のようになりますのでご確認ください。 また、友人や知人など他人の場合は、手紙の宛名の方と故人様がどのような間柄にあるか考えた上で、相応しい敬称を使いましょう。 喪主から見た故人様 敬称 父 ご尊父様(ごそんぷさま)/お父様(おとうさま)/お父上様(おちちうえさま) 母 ご母堂様(ごぼどうさま)/お母様(おかあさま)/お母上様(おははうえさま) 夫 ご主人様(ごしゅじんさま)/旦那様(だんなさま)/ご夫君様(ごふくんさま) 妻 ご令室様(ごれいしつさま)/ご令閨様(ごれいけいさま)/奥様(おくさま)/奥方様(おくがたさま) 祖父母 ご祖父様(ごそふさま)/御祖父様(おじいさま)/祖父君(おじぎみ)/ご祖母様(ごそぼさま)/御祖母様(おばあさま)/祖母君(おばぎみ) 息子 ご子息様(ごしそくさま)/ご令息様(ごれいそくさま) 娘 ご息女様(ごそくじょさま)/ご令嬢様(ごれいじょうさま) お悔やみの手紙を書く際の筆記具 お悔やみの手紙に使用するのは「悲しみの涙が落ちて墨が薄まってしまった」という理由から、本来であれば薄墨の筆を使用して書くのが正式なマナーです。 しかし、現代ではそもそも墨を使って手紙をしたためる方が少なくなったこともあり、薄墨を使わない時は万年筆やボールペンを使っても問題ないとされています。 使用するインクはブルーやブラックが最適です。 最近は、インクの色味がグレーのボールペンも販売されています。 こちらを使用してお悔やみの手紙を書いても問題ありません。 お悔やみの手紙を書く時の構成 お悔やみの手紙はどんな構成で書くべきか、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 ここではお悔みの手紙の文章の構成について、解説して参ります。 まず、押さえたいのは以下の3つの項目になります。 ・主文 ・末文 ・後付け 以上を踏まえてお悔やみの手紙を書いて行きますが、書式は基本的に縦書きです。 横書きの書式はカジュアルな印象を与えるため、お悔やみの手紙には不適当です。 お悔やみの言葉を伝える お悔やみの手紙では、時候の挨拶は不要です。 短く簡潔にお悔やみの言葉を伝えることが肝要です。 そして、故人様を弔う気持ちとご遺族を慰める気持ちの、2つをお伝えするのが大切です。 もしも、ご遺族とあなたが面識のない時は、故人様と自身がどのような関係性であったかを述べる必要があります。 訃報に際し驚きと慰めの言葉を伝える お悔やみの言葉に続いて、故人様との思い出や感謝の気持ち、ご遺族の体調を気遣う言葉や慰めの言葉をお伝えします。 故人様とご遺族の関係性などを考慮しながら、文章を綴りましょう。 弔問や会葬できないことに対してのお詫びを伝える 弔問やご葬儀に会葬できない時は、欠席することに対してお詫びをお伝えします。 やむを得ず欠席する理由が、結婚式や新婚旅行、出産といった慶事の場合は「事情により」と綴りましょう。 香典を同封した旨を知らせる 香典を同封したり、供花や供物を送ったりした時は、文章の終わりにその旨をお伝えします。 香典を同封する時は普通郵便ではなく、現金書留にて送付するようにしましょう。 現金書留の封筒は郵便局で取り扱っています。 結びの言葉 結びの言葉で何か特別なことを書く必要はありませんが、ご遺族の気持ちを慮った言葉選びが必要です。 安易に悔しさや励ましの表現を使うことは、悲しみに沈んでいるご遺族に対して無神経と取られる可能性もあるため、注意しましょう。 日付・差出人・宛名を記入する 主文・末文に続いて後付けを記入します。 後付けとは「日付」・「差出人」・「宛名」を指します。 宛名は忘れずに、敬称である「様」を付けます。 お悔やみの手紙は故人様へ出すのではなく、ご遺族宛てに書く手紙ですので、宛名はご遺族の名前を記入しましょう。 もし、あなたとご遺族に面識がなく名前が分からない時は、喪主の名前や喪中はがきの差出人名を宛名にして問題ありません。 お悔やみの手紙の文例 母親を亡くした方宛てに書く場合 このたびは、ご母堂さまご逝去の報を受け、心からお悔やみを申し上げます。 かねてからご療養中とは存じておりましたものの、あまりのことに言葉を失っております。 本来ならばすぐにでもお伺いしたいところですが、やむを得ぬ事情よりすぐに参上できないことをお許しください。 ご家族皆様には、一日も早く心穏やかに暮らせますようお祈りを申し上げます。 略儀ながら、書中にてお悔やみ申し上げます。 普段から仲の良い方宛てに書く場合 このたびは突然の悲報を受け、ただただ驚くばかりです。 あの明るい素敵な笑顔をもう二度と見られないのだと思うと、哀しくて言葉もありません。 本来であれば直接お伺いをしてお悔やみ申し上げたいところですが、入院中のためままならず、申し訳ございません。 ご家族の皆様さぞご心痛かと存じます。 どうかお力落とされませんようくれぐれもご自愛ください。 まずは書中をもちましてお悔やみを申し上げます。 ご遺族の方々をはじめ、社内の皆様のご心痛はいかばかりかと拝察いたします。 本来ならばすぐにでも弔問にお伺いすべきところですが、遠路ままならず、略儀ながら書中にてお悔やみを申し述べる次第でございます。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 亡くなったことを後から知った場合 このたびおじいさまの訃報に接し、大変驚いております。 まだまだお元気でご活躍していらっしゃると思っておりましたのに、ご家族のご心痛はいかばかりかと存じます。 ここ数年はご無沙汰しておりましたために、おじいさまが亡くなられていたことも存じませず、弔問にもお伺いせずに申し訳ございませんでした。 遅ればせながら、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 お力落としのことと存じますが、どうかお気持ちを強く持ってご自愛ください。 心よりお悔やみ申し上げます。 まとめ お悔やみの手紙は、弔問やご葬儀に駆けつけられない自身の思いを丁寧に手紙にのせて、ご遺族に送る手紙です。 やむを得ない事情から弔問や会葬がかなわなかったとしても、お悔やみの手紙がご遺族に寄り添いたい、故人様を偲びたい、というあなたの気持ちを代弁してくれます。 お悔やみの手紙を書く時は、マナーを守って、哀しみの中にいるご遺族を思い遣る言葉を綴りましょう。

次の

お悔やみの意味とは?お悔やみとは何か、解説いたします|終活ねっと

お悔やみ 申し上げ ます の 意味

「お悔やみ申し上げます」の意味 「お悔やみ申し上げます」は「故人の死を悲しみ、弔いの言葉を申し上げます」という意味です。 「お悔やみ」とは人の死を弔うことで、遺族と話す時でも弔電の文中でもどちらにおいても使用できます。 「ご愁傷さまです」との違い 「お悔やみ申し上げます」と似た言葉として「ご愁傷さまです」が挙げられるでしょう。 「愁」とは憂いの気持ちを指し、「傷」とは痛みのことを意味しています。 そしてそれらが合わさった「愁傷」は心の傷を憂えるということであり、相手を気の毒に思うことを表しているのです。 また「ご愁傷さまです」は遺族に対して同情や慰めの気持ちを含んでおり、通夜や葬儀の場で述べるお悔やみの言葉として頻繁に使われます。 なお「お悔やみ申し上げます」と違い、「ご愁傷さまです」は口頭でのみ使用可能な言葉なので、文面で使うことがないよう注意が必要です。 余談ですが、「ご愁傷さまです」は気の毒なさまをからかう意味で使用されることもあります。 その皮肉めいた意味合いに嫌悪感を示す人もいるので、使う場面やタイミングは気をつけた方が良いかもしれません。 ・弔電で「ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます」という文が読み上げられた。 上記の表現は弔電でよく使われます。 「突然の悲報に接し、心からお悔やみ申し上げます」という言い回しもよく用いられるので、覚えておくと良いかもしれません。 「お悔やみ申し上げます」をメールや手紙で書く場合 「お悔やみ申し上げます」をメールや手紙で書く場合、様々な注意点があります。 この項目ではその注意点や例文について取り上げました。 メールに書く際の注意点と例文 「お悔やみ申し上げます」をメールに書く際には、短く簡潔に書くということを心がけると良いでしょう。 それに加えて「忌み言葉」を使わない、相手の心情に配慮するといったことも必要です。 またメールでの例文としては、次のようなものが挙げられます。 「このたびは〇〇様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 私にできることがあればいつでも連絡してください。 心よりご冥福をお祈りいたします。 」 あまり長々と書いてしまうと、読む側にとってはとても負担になります。 上記のように端的に内容が分かるような文章であれば、そういった負担をかけることもないでしょう。 手紙に書く際の注意点と例文 手紙に書く際には頭語や時候の挨拶は不要です。 メール同様「忌み言葉」は避け、「悲しみの涙で墨が薄まった」という意味から薄墨の筆を使うのが良いとされています。 もし薄墨を使わない場合は、万年筆やボールペンを使うのが良いでしょう。 また手紙に書く場合には、以下のような文例が考えられます。 「このたびは思いもかけないことで、お悔やみを申し上げます。 お力を落としのこととは存じますが、お気持ちを強くお持ちになりくれぐれもご自愛ください。 あいにくやむを得ない事情によりご葬儀への参列がかなわず、略式ながら書中にてお悔やみを申し上げます。 」 もし香典を添える場合、その旨も上記の文に付け加えておきます。 ラインでお悔やみを伝えても大丈夫? ラインはとても便利な連絡手段で、普段からよく利用しているという人も多いことでしょう。 目上の方にはラインを使わない方が無難ですが、親しい間柄の人であれば大きな問題にはなりません。 ただし以下の点には注意が必要です。 ・文面は短く、読み手の負担にならないようにする ・忌み言葉や絵文字、顔文字やスタンプは使わない ラインは手軽に使えるのが便利ですが、礼儀を欠いてしまうことがないよう配慮が必要です。 お悔みで使ってはいけない言葉 お悔やみでは使ってはいけないとされている言葉があります。 失礼になることがないよう、この項目で確認しておきましょう。 重ね言葉 「重ね言葉」とは、「ますます」や「度々」等同じ意味の語を重ねる言葉です。 不幸が重なるイメージがあるので、「重ね言葉」はNGだとされています。 「死」を直接イメージする言葉 「死」や「死亡」、「死去」や「亡くなる」のように「死」を直接イメージする言葉も使ってはいけません。 上記のような表現を使うのではなく、「ご逝去」という言葉に言い換えます。 また同様の理由で「生きる」や「生きていた頃」等の言葉も避け、「お元気な頃」や「ご生前」といった言い回しにしましょう。 それに加えて「消える」や「浮かばれない」、「大変なことになる」や「「終わる」といった言葉も不吉なイメージがあるのでタブーです。 励ましの言葉 良かれと思って「頑張ってください」といった励ましの言葉をかけたくなるかもしれませんが、逆に遺族の負担になるので避けましょう。 こういった場面で大事なのは自分がどうしたいかではなく相手がどう思うかです。 自分の意図に反して相手を傷つけるようなことになってはいけませんので、励ましの言葉は使わないように注意が必要です。

次の