カミソリ 負け 痛い。 実は簡単に治せる?カミソリ負けに効く市販薬&自分でできる対策8選

カミソリ負けを治す3つの方法。まずは冷やして!皮膚科での治療法は?

カミソリ 負け 痛い

1.カミソリ負けの原因 ・カミソリが錆びているor欠けているor古い カミソリの刃はどれくらいの頻度で替えていますか? カミソリの刃が古かったり錆びていると、剃った時に刃に付着した雑菌が皮膚に悪さをして炎症やかゆみを引き起こします。 また、刃の交換を怠ると、切れ味も悪くなります。 切れ味が悪くなると、カミソリを持つ手に自然と余計な力が入ってしまったり、一度剃っただけでは微妙に剃り残しがあるような気がして同じ箇所をカミソリで何往復もしてしまったりして、皮膚へのダメージが大きくなってしまうのです。 カミソリを使う頻度にもよりますが、目安として月に1~2回程度はカミソリの刃を替えましょう。 これまで剃刀の刃をあまりまめに交換していなかった方にとっては地味に出費が痛いかもしれませんが、脇の下がヒリヒリし続ける苦痛よりはマシと考えて、まめに交換しましょう^^ また、使用後のカミソリをそのまま浴室に放置していませんか? 使用後のカミソリは雑菌が繁殖しやすく、更に浴室は湿度が高いので目に見えないレベルでの錆がカミソリにつきやすいのです。 洗った後はちゃんとタオルで水分を取り、湿度の低い場所で乾燥させましょう。 こうする事で、カミソリが錆びるのも防げます。 ・プレシェーブをしていない 剃る前に、脇の下に水分を含ませて毛自体を柔らかくさせて剃りやすくする必要があります。 スポンサーリンク ボディソープを塗って剃る人がいますが、ボディソープは処理後に乾燥しやすいため注意が必要。 ベストなのは、シェービング用のローションやジェルを使う事です。 まずは、毛の流れに沿って同じ方向へ剃ってから、剃り残しのみを逆剃りで剃るようにしましょう。 2.カミソリ負けのケア方法 ここでは、気をつけていたけれどカミソリ負けしてしまった場合のケア方法を解説していきます。 ・患部を冷やす 保冷剤や、氷水に浸けたタオルなどで患部を冷やすだけでも、軽い炎症なら治まる可能性もあります。 ・患部を保湿する これは私の実体験に基づいていますが、普段から顔に塗っている乳液をカミソリ負けした脇の下に塗り込んだところ、ほどなくして痒みが引いていきました。 まとめ もしカミソリ負けしてしまっても、保湿や保冷だけで症状が改善されます。 ただ、かゆみや痛みが長引いて改善の兆しが見られない場合は、ちゃんとした医療機関で診てもらいましょう。 また、カミソリは常に清潔に管理する事を心掛けましょう。 また、カミソリでしょっちゅう肌荒れを起こしている方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。 最近の投稿• 人気記事ランキング• 最近のコメント• に yuno lucky-green より• に より• に らんらん より• に yuno lucky-green より• に kakaka2013 より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

「カミソリ負け」しない、6つのポイントとコツ。(カミソリ負けの原因と対策)

カミソリ 負け 痛い

カミソリ負けに関する関連ページ カミソリ負けしやすいデリケートゾーンに関して、その対策やカミソリで処理する時のコツ、カミソリ負けした時にデリケートゾーンにも使える効果のある薬などを紹介しています。 根本的に改善するには? カミソリや毛抜きなど、ムダ毛の自己処理をしていると、剃ってもチクチクしたり、毛穴が赤くポツポツしたりと肌トラブルが起こる事も少なくありません。 そんなチクチクやボツボツの対策や予防についてご紹介しています。 「カミソリ負けで赤いポツポツが出来てしまいすごくかゆい・・・」、「肌のかゆみとヒリヒリでイライラしてしまう!」あなたもカミソリ負けの痒みから、こんな感情に悩まされているかもしれません。 もしあなたがこんな事を感じているなら、当記事はお役に立てるのではないかと思います。 しかし、上記の原因に当てはまる箇所があれば、改善することで剃刀負けを予防することができるはずです。 その場合は、痒みを抑える方法も大事ですが、症状が悪化する前に皮膚科に行かれる事をオススメします。 ジョンソン&ジョンソンから発売されているテラ・コートりる軟膏は、化膿を伴う赤い湿疹やできものに効果のある塗り薬です。 細菌による化膿を防ぐ抗生剤、炎症やかゆみをおさえるステロイド剤が配合してあり、皮膚科で処方されることもある薬です。 痒みや赤いプツプツの炎症ができた場合には、試してみてもいいかもしれません。 さて、ここまでカミソリ(剃刀)負けのかゆみ効果のある市販薬を紹介させて頂きましたが、 これでも効果がない場合や、何度もカミソリ負けを繰り返す場合は、皮膚科に行くのが良いかもしれません。 間違った処置は、後々取り返しのつかない事になりかねませんので、充分に注意してくださいね。 皮膚科に行けば治る?皮膚科や病院で処方される塗り薬は? 市販薬で効果がみられない場合は病院で診察してもらいたいところ。 カミソリ負けは尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)と言われ、基本的には塗り薬が処方されます。 化膿などがみられる場合に抗生剤の内服薬が処方されるケースもあります。 ステロイドの配合された塗り薬「リンデロン」「キンダベート」「ロコイド」、抗生物質で菌の繁殖を抑える「ゲンタシン軟膏」など外用薬で治療する方法が一般的です。 肌のコンディションを整える「ワセリン」「ヒルドイドクリーム」など保湿剤が処方されることも多くあります。 皮膚科で処方される薬は、市販薬に比べて効果が高いものが多いので、傷や腫れなどの治りも早いです。 悪化してしまうと治るのに時間がかかるばかりでなく、黒ずみや色素沈着などを起こす可能性もあります。 カミソリ負け対策に効果あり?!正しいカミソリの選び方とオススメ剃刀まとめ! 「トリマーはいらないのでカミソリだけのものが欲しい」そんな方にはこちらのシンプルタイプがオススメ。 水に触れるとモイスチャー美容ジェルが解け出して、優しく肌を傷つけないように剃ることができます。 刃の1枚1枚に独自のスキンガードがついているので、 通常のカミソリよりも肌への負担を軽減してくれます。 カミソリは常に新しいものを用意したり、刃を替えられるものは1ヶ月に1〜2回は最低でも替えたい所。 また、ボディソープや石鹸の泡でムダ毛処理をしている場合は、肌が乾燥しやすくなるので、出来れば専用のジェルやローションを用意してくださいね。 カミソリ(剃刀)を使った正しいムダ毛処理方法!準備、剃り方、ケアまとめ! カミソリ負けでお悩みの方は、正しいムダ毛処理の方法を探しているのではないでしょうか。 ムダ毛の自己処理は深刻な肌トラブルになりがちです。 肌トラブルを無くすためには、自己処理ではなく脱毛をオススメしたいところではありますが、今回は 「自己処理の正しい方法」として、事前の準備から剃り方、剃った後のケアまでポイントとなるコツをご紹介させていただきます。 正しい知識で剃刀負けしないお手入れをしていきましょう。 カミソリ負けしたくない!ムダ毛の正しい自己処理方法とは?7つのコツとポイント カミソリは100均のものではなく、当ページで紹介した肌に優しい高性能のカミソリを使用する 乾燥した状態で剃るのを避ける為に、出来るだけ入浴後に処理をし、身体や毛を温めて柔らかくしておく 処理前に使うシェービングフォームや除毛フォームは、できるだけ低刺激性のものを準備しておく 処理する部分の周りの皮膚をしっかり抑えて、皮膚がカミソリにひっぱられないように剃る 丁寧に剃り進めて、同じ箇所を何度も剃ったり、逆ぞりの回数を出来るだけ減らす お湯で流した後は、毛穴を引き締める為に冷たい水で数回流す(冬季は風邪を引かない様に) 乳液やボディクリームなどで保湿ケアをしっかりとする 「剃ると痒みや痛みが出てつらい!」剃った後の肌トラブル・炎症に効果的なケア方法!剃刀負けでブツブツにならないためのアフターケアとは? 一般的に 黒いブツブツは皮膚の中に埋まっているムダ毛の毛根部分で、カミソリ処理で剃り切らなかった毛根が見えてしまっている状態です。 カミソリを使ったムダ毛処理は、毛穴から表面に出ている毛だけを取り除くため、毛穴に埋まった毛根部分までは処理できていません。 一方、 剃り残しのブツブツではなく、処理後に出きるニキビの様なブツブツは、毛嚢炎という皮膚のトラブルです。 赤や白、ピンク色に腫れることが多く、どれも皮膚の内部で炎症を起こしている可能性が高いでしょう。 病院に行くほどではないので自分で治したいという方は、保湿などアフターケアをしっかり行うことで、症状が改善されることがあります。 剃った後の肌は角質層がはがれおち、皮膚は乾燥して荒れやすくなっています。 スキンバリアが乱れやすい状態ですので、保湿は入念に行ってください。 特に、慢性的な肌トラブルにお悩みの方はしっかり保湿してくださいね。 アフターケアを丁寧に行うことで、皮膚トラブルを軽減できるでしょう。 薬局やドラッグストアで500円程で購入可能なニベアのクリーム。 安価な割に保湿効果も高く、通常の化粧水後の乳液替わりに使っている人も多い万能クリームです。 大容量で、体全体に使えるのも人気の理由。 高級クリームと成分が同じという噂もあり、美容効果も期待できます。 保湿により肌に透明感が生まれたり、肌のキメを整え美白効果を感じる人が多いようです。 種類が豊富で、香りも楽しめる人気のボディローション。 サラッとした乳液のようなテクスチャで、水分が多く、ニベアより伸びが良いのが特徴です。 カサついたムダ毛処理後の肌ケアに、たっぷりのうるおいでケアしてあげましょう。 フレグランス好きの方に特にオススメです。 ネットで話題!抑毛効果のあるローション 昔からずっと売れ続けている元祖パイナップル豆乳ローション。 処理後はもちろん、普段の入浴後に塗るだけで抑毛効果があります。 大豆とアイリス由来の2つのイソフラボンが角質層に浸透して、つるすべ肌に導いてくれます。 毎日のローションケアだけで生えてくる毛が細くなったという声も沢山。 鈴木ハーブ研究所は天然成分にこだわり、開発・研究を行っている企業です。 天然成分であれば安心して利用できますね。 雑誌掲載も多数、テレビでも話題のDr. 高濱氏が開発した豆乳ローション。 イソフラボンが毛乳頭の活動を抑えてくれるので、毛の根の部分が弱り細く抜けやすくなります。 リピート率が高いのは抑毛効果が高い証拠で、長年愛用しているリピーターも多い化粧水です。 市販の商品に比べると若干高額ではありますが、脱毛だけでなく美容ケアまでできると考えると割安なのかもしれません。 肌が弱くなければ専用の脱毛スプレーや除毛クリームを使ったムダ毛処理がオススメ! カミソリが肌を傷める行為である事はお分りいただけたかと思いますが、 除毛クリームや脱毛クリームも薬剤なので、肌に負担はかかります。 特に肌が弱い敏感肌の人にとっては、薬剤によっては強く合わないものもあるかと思います。 尚、除毛クリームをデリケートゾーンに使用する際「VIOライン使用OK」や「アンダーヘア専用」などの表示がないと、かぶれや肌荒れを起こす可能性が高くなります。 購入前にしっかり確認してくださいね。 こちらでは、 デリケートゾーンでも使用可能な肌に優しい除毛クリームや脱毛スプレーを紹介させて頂きます。 人気脱毛サロンのミュゼが販売!「ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム」 アンダーヘアを含むデリケートなゾーンも簡単綺麗に脱毛出来ると言う事で、脱毛スプレーデリーモが大変注目されています。 はコラーゲンやアロエ成分なども含まれており、除毛だけでなく美肌ケアにも使えると話題の脱毛スプレーです。 効果を実感する人が多く、安全性が高いと口コミでも大人気。 もちろん下の毛のムダ毛処理にも使えるので、毎回ムダ毛処理のカミソリ負けで悩んでいた方には特にオススメです 出来るだけお金や手間をかけずに、T字カミソリや毛抜きで簡単に処理したいという気持ちは凄くわかります。 しかしカミソリ処理は肌トラブルが起きやすく、万が一黒ずみなどが目立つようになると手遅れになることも・・・。 多少お金はかかりますが、専用の脱毛スプレーや除毛クリームを購入される事をオススメします。 通販で人気のミネラルボディシャインジェルは、ハイドロキノンという肌を漂白する成分が配合されています。 すでに黒ずんでいる部分に塗り込むだけで、メラニン色素を減少させ、肌を白くすることができます。 その他27種類もの美容成分が入っているので、自宅にいながら本格的な美白ケアが可能です。 剃刀負けが原因の色素沈着はもちろん、日焼けによる炎症、わきの黒ずみにも高い効果を発揮しています。 黒ずみは繰り返し肌が傷ついたり、炎症を起こした場合にできるものです。 自己処理をやめて、カミソリを使うことがなくなれば、黒ずみは自然となくなっていきます。 つまり、 黒ずみを治すには、カミソリなどを使った自己処理をやめて「脱毛」を選択することが一番の近道と言えます。 大手脱毛サロンミュゼならを実施中。 また、は 3,800円と圧倒的な安さです。 現在、ワキ脱毛は驚くほど安く施術できますので、まずはワキからキレイにしてみてはいかがでしょうか。 カミソリ負けのかゆみ対処法まとめ!繰り返さずに根本的に改善するには? 丁寧な処理やアフターケアを心がけることで、あなたの剃刀負けの悩みも改善していくでしょう。 ただし、 残念ながら自己処理で肌がキレイになるということは絶対にありません。 もちろん、肌への負担を少なくすることはできますが、負担をゼロにすることはできないからです。 どんなに丁寧に処理したところで、肌の角質層ははがれおち、スキンバリアは崩れてしまいます。 保湿クリームなどでアフターケアをしても、その場限りとなってしまいます。 何より、肌表面のムダ毛処理は毛根から脱毛しているわけではありません。 つまり、一生ムダ毛処理をし続けなければならなくなります。 これでは根本的な解決にはならないのではないでしょうか? 脱毛なら肌荒れや黒ずみも解消!これ以上濃く、汚くならない為にも脱毛へ! そう考えると、根本的にカミソリ負けを改善するには脱毛に通うのが得策と言えます。 実際に自己処理で肌荒れや黒ずみに悩んでいた人も、 「脱毛に通う事で驚く程綺麗になった」「もっと早く通えばよかった」と効果を実感している方が多いようです。 自己処理をすればする程リスクは高くなるので、出来るだけ早めに脱毛に通い始めるのが得策と言えます。 恥ずかしさから躊躇する人もいますが、今では利用する人も増えた事で沢山の人が施術している為、施術スタッフも慣れています。 気にせずに脱毛サロンや医療クリニックでキレイに処理してもらいましょう。 まずは始めてみる事が大事!はじめは安くてリスクがない脇脱毛から始めてみてはいかがでしょうか? ワキ脱毛・Vラインは100円からできますので、お試しで行ってみるのもオススメです。 安すぎて怪しくない?本当に効果はあるの?など気になる疑問と回答、オススメの激安脱毛エステサロンを紹介しています。 脱毛サロンより痛みは強くても良いから早くワキを綺麗にしたい!毛が濃いからツルツルの永久脱毛にしたい!と言う人には医療脱毛がオススメ、こちらのページではオススメの激安医療レーザー脱毛クリニックのオススメ理由と価格についてご紹介しています。 今まで自分でムダ毛を処理してきた人からすると、いざ脱毛に興味を持てても「いつ頃から通えばいいか?」については迷う所です。 そこでこちらでは、脱毛に通い始めるのにオススメの時期や安い時期などを調査しまとめてみました。 人気の記事はこちらからチェック!.

次の

実は簡単に治せる?カミソリ負けに効く市販薬&自分でできる対策8選

カミソリ 負け 痛い

自己処理とは 脱毛の自己処理とは、エステなどの専門家の力を借りずに、家庭で脱毛を行うことです。 エステなどに比べて費用を低く抑えられ、移動の時間も省けるため、自己処理している人は多くいます。 主な方法は4つあります。 毛抜き、カミソリ、家庭用脱毛器具、そして除毛クリームです。 この中でもっとも一般的な方法がカミソリです。 素早く、そして確実に除毛できます。 その一方でアフターケアを怠ると、肌の炎症や荒れ、さらには剃り方によって毛が太く強くなってしまうこともあります。 毛抜きも一般的な除毛方法です。 一本ずつ根元から抜くので、次の毛が生えるまでの時間が長いのが魅力です。 また一本ずつ、細かいところまで除毛することも可能です。 しかし、そのたった一本でも、無理に引っこ抜くことで肌への負担が大きくなります。 毛穴の開きや黒いポツポツができやすいので、何度も行うのは控えましょう。 電動シェービングなどの家庭用器具や、塗ってお湯で落とすだけという除毛クリームを使う人も多いようです。 どの方法も除毛には効果があります。 しかし、大切なのは肌へのダメージをできるだけ少なくするということ。 脱毛後は保湿をしっかり行うよう心がけましょう! カミソリ負けとは カミソリ負けとは、体毛を剃る際に、カミソリの刃が当たることで、肌へダメージを与えてしまう現象です。 一般的な症状としては、肌がヒリヒリする、かさかさしてかゆみが出る、血が出てしまうといったものです。 カミソリ負けの原因は様々。 刃先を必要以上に肌に当てた、保湿が十分でなかったなどが挙げられます。 また実は金属アレルギーである可能性も考えられるんです。 いずれにしても、カミソリ負けの原因は、自分自身への配慮で十分避けられることなので、正しい知識を得ることが大切です。 ちなみに、肌は何度もこすると、繊細な表面は知らず知らずに傷つき、荒れやすくなります。 それに伴い、体毛は肌を守ろうとさらに太く、しっかりと生えてきてしまうのです。 こうした悪循環は避け、正しいカミソリの使い方、肌の保湿の仕方をおさらいしましょう! 万が一、肌のヒリヒリした痛みを感じるようであれば、市販のものでも構わないので薬を塗りましょう。 さらにひどい場合は、医師の診察を受けて即刻治療をすべきです。 剃る前には、その毛に十分に水分を含ませ、毛を柔らかくしておく必要があります。 こうしないと、カミソリに対する毛の抵抗が大きくなって、肌を傷つけやすくなるのです。 毛を柔らかくするなら真水ではなく、ローションやクリームを使うとよいでしょう。 よくお風呂場で剃っている人も多いと思いますが、実はこれは大きな間違いです。 お風呂では逆に肌から水分が抜けていってしまうので、肌が脱水状態であるのに毛を剃ってしまうことになるんです。 肌を傷める原因になるので、ベストなタイミングは、お風呂から上がり、しっかりクリームなどで保湿をした後に優しく剃る方法です。 お風呂に入る前であれば、暖かいタオルを肌や毛に当てるのも効果的です。 毛に水分が含まれ柔らかくなります。 しばらく使っていると、カミソリの刃はもろくなり、切れ味が悪くなります。 切れ味が悪いということは、刃先がスムーズではない状態。 つまり肌へのダメージが想像できますね。 凸凹の刃先を肌に当てるのですから、赤みを作ってしまいかねません。 また長く使っているカミソリは衛生的にも問題です。 万が一、肌に炎症を起こしてしまった場合は、雑菌などが入り込んでしまうことも……。 ニキビや吹き出物の元を作ってしまうので要注意です。 見た目には綺麗で大丈夫に思えるカミソリですが、使用すればするほど、確実に古くなります。 安価なカミソリならばなおさらです。 月に2回は交換するよう、予備を常に用意しておくようにしましょう。 ここはケチらずに肌のことを第一に考えて、使用回数を把握し、自己処置をするべきです。 肌が乾燥した状態でカミソリを使用すると、ダメージを与えて炎症を引き起こします。 さらに、傷んだ肌を守ろうと、毛はますます濃くなります。 お風呂でボディソープをつけたまま、ムダ毛の処理をすることもおすすめできません。 綺麗には仕上がりますが、湿気も一緒に取り除いてしまいます。 お風呂で処置するのではなく、お風呂から出て、保湿クリームや暖かいタオルで毛を柔らかくしてから除毛しましょう! 脱毛後のアフターケアは必須。 顔用の化粧水でよいので、たっぷりと肌に含ませ、その後乳液やボディクリームを塗って、肌を保護しましょう。 そうでなくても、肌は季節によっては激しく乾燥します。 除毛した皮膚だからこそ、念入りなケアがマストになるのです。 しかし細部まで剃りきれないのがカミソリの難点でもあります。 どうしても毛が残ってしまい、歯がゆい思いする人も多いのではないでしょうか。 するとどうしても除毛をしたくて、無理やり逆剃りをしてしまう人がいます。 いろんな角度から残ったムダ毛を処理しようとすると、肌の表面が逆立ったり、毛の方向を無理やり変えるため、カミソリ負けしてしまうのです。 さらに何度も肌にカミソリを当てると、肌が硬くなったり、赤くなったりします。 黒いブツブツや、毛穴の開きが気になることもあるでしょう。 つまり、肌触りも見た目も決してよい状態とは言えなくなってしまうのです。 どうしてもうまく剃れない箇所は、除毛クリームを使うか、毛抜きで細かいところを処理するなどするといいですね。 部位に応じて、道具や手段を変えて対応しましょう。 除毛を終えて放置してしまっては、乾燥肌を促進してしまいます。 そうでなくてもカミソリによって刺激を受けた肌は、保湿とクールダウンを求めています。 クリームをしっかりたっぷり塗って、潤いをキープしましょう。 少し熱を持ってしまった場合は、冷たいタオルで優しく押さえることも効果的です。 クリームを塗る時もタオルで押さえる時も、決して強くこすらないことが重要です。 失った水分を補い、ビタミンやミネラルを含んだクリームで包み込みましょう。 翌朝、確実に効果を実感できますよ。 効果な保湿クリームを使う必要はありません。 剃った直後はすっきりしていた肌も、時間が経つと赤くなったり、ヒリヒリと痛みを帯びてくることもあるのです。 そんな時には、まず第一に行うこととして、肌のクールダウンがあります。 少し熱を持った部分には、冷たいタオルをあてましょう。 氷を直接つけてしまったり、熱を冷ます特別なジェルのついたシートを貼るのは、実はあまりおすすめできません。 冷えが強い刺激を受けて、かえってかゆくなることもあるのです。 肌に何も塗っていない状態で、水に濡れたタオルが一番いいでしょう。 変に冷やす必要はなく、水温でちょうどいいです。 赤くなっている患部にあてて、様子をみてください。 ヒリヒリした感覚が次第になくなってくれば、赤みも引いてきます。 それでも痛みを感じるようならば、迷わずに医師の診断を受けてくださいね。 ステロイドを含む市販の薬を、薬剤師に相談して求めることができるんです。 しかしできれば、専門の皮膚科医などに相談して、薬を出してもらう方が有効です。 一般的にはステロイドが処方されます。 ステロイドは炎症を抑える効果がありますが、強力な薬のため、長時間利用することはできません。 自身の体の免疫力が落ちてしまうからです。 即効性のあるものとしては、オロナインが挙げられます。 カミソリ負けを予防するのは当然、カミソリを一切使わないことです。 カミソリを使わないということは、ムダ毛を生えなくする必要がでてきます。 つまり、永久脱毛を検討することも一案なのです。 ただし、永久脱毛には専門医の力が必須であり、時間や費用もかかります。 よく調べて、医師に相談してから施術を受けるかを決めましょう。 また専門医が行う脱毛と、エステティシャンが行う脱毛は、似ているようで異なります。 どちらにすることが自分に良いのか、悩んでしまいますよね。 そんな時はどちらにも相談に行き、アドバイスを聞いて自己判断しましょう! 脱毛は女性の永遠のテーマです。 ムダ毛の自己処理が一般的ですが、適当な処置は長い目で見ても肌を傷つけてしまいます。 その場しのぎにせず、一生付き合うお肌のことを何よりも第一に考えて、ケアをしましょう。 脱・カミソリ負けを目指しませんか?.

次の