トヨタ アクア 新型。 トヨタ 新型 アクア 一部改良 2020年8月3日発売

欠点はここ!トヨタアクアの口コミの評価・評判

トヨタ アクア 新型

アクア フルモデルチェンジ情報一覧 新型アクアの発売時期は2021年の可能性 新型アクアの発売時期として有力視されているのが2021年。 2020年デビューの 新型ヤリスとの競合を避けるために、新型アクアは1年後の2021年登場と思われます。 新型アクアのシャーシにGA-Bプラットフォーム 新型アクアのシャーシには、TNGA世代の小型車用として新開発された GA-Bプラットフォームが活用される見通しです。 新型アクアに4WDのE-Four採用 電気式4WDシステム「E-Four」が、フルモデルチェンジを機にアクアにも採用される可能性が取りざたされています。 E-Fourは、カローラやカムリにも採用され始めるなど、幅広い車種にて展開されており、新型アクアの登場でコンパクトカーにも適用されると思われます。 ハイブリッドと直列3気筒の新型エンジン 搭載エンジンには、新型ヤリス同様の 新開発の直列3気筒の1. 5リッターエンジンが採用される見通しです。 ハイブリッドシステムには THS2が引き続き採用される可能性が有力。 燃費性能は、ヤリスのWLTCモード燃費36. ここからは、 新型アクアに予想できる内容を見ていきましょう。 アクア フルモデルチェンジで予想できる内容 充実した先進装備 新型ヤリスに搭載されている 「交差点」右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者を検知可能とした第2世代トヨタセーフティセンスや 駐車支援機能アドバンストパーク、そしてターンチルトシートといった先進装備が新型アクアにも活用される可能性は高いと予想できます。 新型アクアはプレミアムコンパクト路線を進む可能性 スポーティなコンパクトカーへと仕上がる新型ヴィッツ(ヤリス)と差別化するためにも、新型アクアは コンフォート路線を取ると予想。 実際、2013年の東京モーターショーにて、 プレミアクア(PremiAQUA)という高級感を追求したコンセプトカーが出展されたことがありました。 プレミアクアの画像がこちら。 Mazda2(デミオ)のように、 新型アクアはプレミアムコンパクト路線でヴィッツとの差別化を図ることが考えらえます。 新型アクア プリウス後継の役割も 新型アクアのデビューが有力な2021年という時期は、プリウスのフルモデルチェンジが考えられる時期でもあります。

次の

アクア(トヨタ アクア)の新車・新型情報|グーネット新車カタログ

トヨタ アクア 新型

2011年12月に発売されたのが「トヨタ・アクア」。 当時はハイブリッド車がまだまだ少なかったものの、アクアは非常に手頃な価格とサイズ感、燃費性能などコスパの高さで爆発的にヒット。 ただし、現行アクアが発売してから既に約8年目。 既に世の中にはさまざまなハイブリッド車が発売され、2020年初頭にはトヨタ新型ヤリスやが次々とフルモデルチェンジ。 車体が古いアクアの商品力が見劣りする感は否めない。 そこで今回カーギークでは トヨタ新型アクアのフルモデルチェンジ最新情報をまとめたいと思います。 既にプリウスもフルモデルチェンジして進化して久しいですが、新型アクアはどう進化するのか?次期デザインはどうなるのか? 発売日は2021年後半か? まずは「発売時期・発売日」の最新情報。 次期アクアはいつフルモデルチェンジするんでしょうか? 結論から書くと、 トヨタ新型アクアの発売日は2021年後半頃を予定してます。 前述のように2011年12月に発売されたアクアは、足掛け10年ほどでフルモデルチェンジする計算。 ちなみに同年3月には東日本大震災が発生しており、「復興」の意味合いも兼ねて東北で生産されていたアクアですが、フルモデルチェンジ後にどうなるかは不明。 新型アクアは当初に2019年12月に発売されると言われてたものの、と混同されていた模様。 つまり、トヨタ新型アクアは「先に発売済みの新型ヤリス」がベース車両になることは想像にかたくありません。 ただし、新型アクアの発売日は2021年夏頃と報じるメディアも存在するなど、具体的なフルモデルチェンジ時期までは不明と言えそう。 ちなみに2021年にはも予定されており、興味があれば今後の新型車のスケジュール一覧もご参照。 次期アクアは「室内」が拡大?新型ヤリスと統合? 続いては「車体やシャシー」に関する最新情報。 結論から書くと、トヨタ新型アクアの シャシーには「TNGA-Bプラットフォーム」が新たに採用されます。 既に新型ヤリスに先に投入されており、新型アクアはこれに続いて2例目。 ただし、新型アクアとヤリスには大きな違いも存在します。 それが「ホイールベース」の長さ。 どうやら 新型アクアのホイールベースはヤリスよりも50mmほど長く設計される模様。 そのためアクアといえば室内空間が狭いことで有名でしたが、今回のフルモデルチェンジで新型アクアの室内空間は広くなりそう。 とりわけ後席スペース改善に重点が置かれ、後方視界性も改善されるに違いない。 新型ヤリスの黒豆風のデザインが話題を呼びましたが、その分だけ室内空間は激狭。 WRCの実績を引っさげてきただけあって、新型ヤリスはドライバーズカーとしての側面が強くなった。 そこで差別化するために、新型アクアは「後席居住性や積載性」を高めてくる。 一方、ホイールベースはヤリスと同じ2500mmに留まり、全高は1500mmを更に上回ると予想するのがベストカーの最新情報。 相変わらず5ナンバーサイズは維持されそうですが、フルモデルチェンジ後はホイールベースの拡張に合わせて車体サイズも拡大されて新型アクアは日産ノートの車格に近付きそう。 もし興味があれば、日産次期ノートの最新情報もご参照ください。 ちなみに、新型ヤリスハイブリッドの登場で「アクアが販売終了する噂」もありましたが、お伝えしてるように次期アクアの開発が進んでることは確実。 少なくともアクアが販売終了する可能性は低そう。 ただし、 2025年以降を目処にアクアとヤリスが統合される?という情報もあります。 確かに似たようなコンパクトカーは複数必要ないため、ラインナップの整理を進めてるトヨタの方向性を考えるとさもありなん。 それでもアクアとヤリスが統合するのは相当先の話になりそう。 フルモデルチェンジ後の「次期デザイン」はキープコンセプト? 続いては新型アクアの「次期デザイン」に関する最新情報。 ホイールベースがヤリスよりも拡張されることがデザインにも影響を与えるのか? (トヨタ現行アクアクロスオーバー) 続いては「」の最新情報。 果たして、アクアのなんちゃってSUVグレードもフルモデルチェンジするのか? 結論から書くと、 トヨタ新型アクアクロスオーバーもフルモデルチェンジされるとカーギークでは予想。 何故なら、ホンダ新型フィット、新型ヤリスや新型カローラなどはフルモデルチェンジを機に次々とSUV風グレードを投入するから。 新型アクアクロスオーバーだけひっそり引退・販売終了とは考えにくい。 実際、の割合を見ても、アクアクロスオーバーは地味に人気。 一方、ヤリスクロスは「本格派SUV」として発売されるという情報。 本格的なGRモデルも投入される新型ヤリスと差別化する上でも、新型アクアクロスオーバーは「なんちゃってSUV」としての路線がフルモデルチェンジ後も相変わらず維持する可能性が高そう。 ただし、フルモデルチェンジ後は「三度目の改名」が施される可能性もありそう。 アクアクロスオーバーは元々はアクアアーバンと呼ばれる車名でした。 トヨタ車に限らず、これだけ各社で「クロスオーバー」を連呼してるとさすがに飽きられそう。 新型アクアの「搭載エンジン」はどうなる? 続いては「パワートレイン」の最新情報。 新型アクアは今回のフルモデルチェンジでどんなエンジンが搭載されるのか? 結論から書くと、新型アクアには 「1. 5L直3エンジン(M15A-FXS型)」が搭載されます。 当初ベストカーのフルモデルチェンジ最新情報では「1. 8L直4エンジンにアップサイジングされる」と予想してましたが、新型アクアの排気量は同じです。 ただし、現行アクアは「1. 5L直4エンジン(1NZ-FXE型)」が搭載されてるため、1気筒減は実質的なダウンサイジングとは言えそう。 この新型アクアに搭載される 「1. 5L直3エンジン(M15A-FXS型)」のスペックは105PS/13. 8kgmと予想されてる。 現行アクアよりも30馬力以上も改善されており、スペックそのものは普通にパワフル。 そもそも1NZ-FXE型は初代プリウスに搭載されていた旧世代選手ということを踏まえると、基本的にパワーダウンの心配はなさそう。 今後は新型アクアに限らず、他のコンパクトカーも「直3化」をトヨタは本格的に進めていく模様。 また新型アクアのホイールベースの拡大もあって、いよいよ 「4WDモデル(E-Four)」も投入されます。 また2020年3月にはため、トヨタ新型アクアは4WD化されてもホンダ新型フィットに匹敵する室内空間を保持しそう。 でも気になる点は「ハイブリッド機構」は刷新されるのか?ということ。 これはフルモデルチェンジ後も変わらず。 例えば、マツダ新型MAZDA2やホンダ新型フィットはガソリンエンジンで発電し、電気モーターで走行する「シリーズハイブリッド」に大胆に進化しますが、どうやら新型アクアは「基本的な仕組み」は現行モデルと同じ。 2021年という発売日のタイミングを考えると燃費モードはが主流になってますが、新型ヤリスも参考にするとフルモデルチェンジ後も「現状維持」は最低でも実現されそう。 新型アクアの価格は値上がり? 最後は「価格」の最新情報。 フルモデルチェンジでトヨタ新型アクアの値段はどうなるのか? 結論から書くと、 新型アクアの価格については不明です。 まだグレード展開なども判明しておらず、これから新型アクアの開発が進むようですので、価格情報も当然にして不透明。 ただし、新型アクアはプラットフォームやシャシーなどが一新されることを踏まえると、フルモデルチェンジ後は5~10万円ほど値上がりする可能性は高そう。 軽自動車でも一般化してるサイドカーテンエアバッグなど安全装備が充実される可能性もある。 ベストカー情報では日産・ノートe-POWERを意識して、新型アクアの価格帯は「据え置き」と予想しているようですが、さすがに多少の値上がりは避けられないはず。 とはいえハイブリッド機構そのものが大きく進化するわけでもなさそうなので、フルモデルチェンジ後に大きく値上がりする可能性も低そう。 現行アクアの価格帯が「約180万~210万円(GR系除く)」ですから、 新型アクアの価格帯も人気グレードは引き続き200万円以内を推移しそうです。

次の

トヨタ 新型 アクア 一部改良 2020年8月3日発売

トヨタ アクア 新型

新型 アクア エンジン仕様について ハイブリッドシステムはアクアやカローラハイブリッドに採用する1. エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させることで、パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上。 これにより、燃費を劇的に向上させることが可能だ!! 燃費面では現行プリウスとではベースモデルでJC08モード燃費32. 新型アクアも同じシステム、同じハイブリッドシステムで行くなら同じ燃費向上が見込める。 現行アクアはJC08モード燃費全グレード37. これは、のJC08モード燃費40. 先進の予防安全技術、第2世代「 Toyota Safety Sense 」を搭載する。 Toyota Safety Sense の主な特長 昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」を搭載。 プリクラッシュセーフティに昼間の自転車の運転者や夜間の歩行者の検知機能を追加した。 ミリ波レーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保。 衝突回避支援型PCS、LDA、AHBの3種類の予防安全機能に加え、PCSに歩行者検知機能を付加。 対歩行者の衝突回避支援/被害軽減を可能にするとともに、レーダークルーズコントロールも装備する。 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。 ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。 ロードサインアシスト RSA 検知対象を拡大し、ほか、また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する。 レーンディパーチャーアラート(LDA) カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。 オートマチックハイビーム(AHB) カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。 レーダークルーズコントロール 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。 前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。 トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。 レーントレーシングアシスト(LTA) レクサス 新型LSシリーズに搭載されたレーントレーシングアシスト[LTA]を次世代 Toyota Safety Sense Pに初採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。 現行 アクア Toyota Safety Sense 比較 現行モデルは「Toyota Safety Sense C」を搭載しているが「第二世代 Toyota Safety Sense」を搭載するこで格段に安全技術のレベルアップを果たす。 アドバンスドセーフティ インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ静止) アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。 車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。 ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。 先行車発進告知機能 信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。 緊急ブレーキシグナル(ハザードランプ点滅式) 急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。 デジタルインナーミラー 車両後部に取り付けたカメラの映像をルームミラーに表示する。 ライバル車種について ライバルとなる車種は日産が2016年11月2日発売したノート e-POWERやホンダ フィット ハイブリッドやマツダの今後発売される可能性のある新型デミオ ディーゼルハイブリッドとなるだろう。 アクアについて 現行アクアは当時の3代目プリウスのデザイン「トライアングル・シルエット」と称されるデザインを採用。 しかし、ハイブリッドシステム(THS)はZVW30型3代目プリウスと同様の「リダクション機構付THS-II」であるが、それと同型のシステムだとボディサイズの小さいアクアに搭載するには全体の質量が大きすぎるため、それよりもコンパクトなNHW20型2代目プリウスに採用されていたTHS-IIを基本として、より小型・軽量に新規開発されたものを搭載した。 2011年1月デトロイト・モーターショーにおいて、FT-CH」の流れを汲む新型のコンセプトカーである「PRIUS C concept」を発表した。 2011年11月15日 第42回東京モーターショーへ出展。 市販予定車両をワールドプレミアし、同時に「AQUA(アクア)」の車名を公表。 2011年12月26日 日本国内で発売開始。 2013年11月26日 2度目の一部改良を実施。 2014年12月8日 初のマイナーチェンジを実施。 2017年6月19日 2度目のマイナーチェンジを実施。 2018年4月3日 4度目の一部改良が発表され、同日より販売が開始された。 2019年11月 初代の販売終了となる。

次の