サンフレ 選手。 サンフレユース卒団生によるガクト、ハヤオのインタビュー動画!(LISEM(リゼム)というユニット名です)

サンフレ選手層底上げ目指す 城福監督「どの選手が出ても、常に高いレベルを」/サッカー/デイリースポーツ online

サンフレ 選手

[1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]• JFA. [日本代表]• [日本女子代表]• [フットサル日本代表]• [ビーチサッカー日本代表]• [サッカーe日本代表]• [1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]•

次の

サンフレッチェ・トラム 数量限定配布、選手クリアファイルも

サンフレ 選手

ユース育成にかける想い サンフレッチェ広島F. C管理強化本部アカデミー部長 山出久男 日本一の「育成・普及型」クラブ サンフレッチェ広島ユース サンフレッチェ広島F. C がユースで全寮制を敷いたのは、Jリーグクラブの先駆けでした。 サッカーを大事にするためにサッカーをやってない時間を充実させることで、ピッチ上でもいいパフォーマンスができると我々は考えています。 プロ選手を目指していても、サッカーをする時間は毎日1時間半から2時間程度で、それ以外の時間が長い。 一日の中でサッカーだけ一生懸命やっておけばプロになれる、社会人として自立した人間になれる、ということはありません。 サンフレッチェ広島ではこの「サッカー以外の部分」を重視しています。 ユース選手が通う吉田高校では、他の生徒と同じようにしっかり勉強してもらいます。 サッカー優先ではありません。 寮という集団生活の中での規律と仲間意識 寮生活では、規律の中で生活して、仲間とのコミュニケーションを育くみ、学んでいきます。 練習が終わると、監督やコーチも寮で一緒に食事をし、風呂に入り、選手たちと信頼関係を築いています。 練習や試合だけを見たら、熱く厳しいコーチ陣ですが、ONとOFFはハッキリしています。 厳しい指導も信頼関係があるからこそ。 選手にとって、コーチ達はいい兄貴分です。 ユースを卒業してすぐプロになれる選手は限られています。 そのため、選手の進路指導もしっかりと行います。 大学を経由して、クラブに戻ってくる選手もいます。 我々はサッカーのプロ組織です。 1人でも多くのプロを育てるというミッションがありますが、まずは1人の社会人として自立でき、豊かな人間性をもった人材に育てるというアプローチで育成活動を行っているのです。 選手を15、16歳の頃からお預かりしているということは、ご両親にとっては大決断だと思います。 ユースで寮をもっているクラブは増えてきており、他クラブと比べて環境に差があるのは仕方がないですが、サンフレッチェ広島の環境や取り組みは、責任を持ってお預かりした選手が大手を振って巣立っていけるものであると自負しています。 2013年 第37回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 準優勝 2013Jユースカップ 第21回Jリーグユース選手権大会 準優勝 2012年 高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 プレミアリーグWEST 優勝 高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 チャンピオンシップ 優勝 2012Jユースカップ 第20回Jリーグユース選手権大会 3位 2011年 高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグWEST 優勝 高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 チャンピオンシップ 優勝 2011Jユースカップ 第19回Jリーグユース選手権大会 3位 2010年 高円宮杯第21回全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会 優勝 2009年 高円宮杯第20回全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会 3位 第17回Jリーグユース選手権大会(2009Jユースサンスタートニックカップ) 準優勝 2007年 高円宮杯第18回全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会 準優勝 2006年 第14回Jユースカップ2006Jユース選手権大会 優勝 2005年 高円宮杯第16回全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会 第3位 2004年 第28回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 優勝 高円宮杯第15回全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会 優勝 第12回Jユースカップ2004Jユース選手権大会 準優勝 2003年 第27回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 優勝 高円宮杯第14回全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会 3位 第83回天皇杯全日本サッカー選手権大会 出場 第11回Jユースカップ2003Jユース選手権大会 優勝 2002年 第82回天皇杯全日本サッカー選手権大会 出場 第10回Jユースカップ2002Jユース選手権大会 準優勝 2001年 高円宮杯全日本ユース選手権大会 第3位 第25回日本クラブユース選手権(U-18)大会 第3位 1997年 第5回Jユースカップ 準優勝 1996年 第4回Jユースカップ 3位 1995年 第3回Jユースカップ 優勝 現役プレーヤーとして活躍するアカデミー出身選手• 駒野友一 今治• 田坂祐介 千葉)• 高萩洋次郎 FC東京 、高柳一誠 沖縄SV 、森脇良太 京都 、佐藤昭大 山形)、大屋翼 鳥取)、冨成慎司 鹿児島• 槙野智章 浦和 、柏木陽介 浦和 、森重真人 FC東京• 遊佐克美 インド・ネロカFC 、金山隼樹 岡山 、藤澤典隆 鹿児島• 横竹 高知 、内田健太 甲府)、 井林章、川森有真 沼津• 原裕太郎 愛媛 、岡本知剛 熊本• 茶島雄介、中山雄登 熊本 、大崎淳矢 栃木• 増谷幸祐 FC琉球 、塚川孝輝 松本山雅• 大野哲煥 千葉 、宗近慧 YS横浜 、藤井貴之 奈良• 脇本晃成 富山 、石坂元気 富山 、前川黛也 神戸• 野津田岳人、浜下瑛 栃木• 川辺駿、宮原和也 名古屋 、大谷尚輝 町田 、高橋壮也 スウェーデン・ウメオFC• 荒木隼人• 長沼洋一 愛媛• イヨハ・理・ヘンリー 岐阜 、山根永遠 金沢• 大迫敬介、川村拓夢 愛媛 、川井歩 山口• 東俊希、 松本大弥、大堀亮之介 ポルトガル・ボルティモネンセ• 土肥航大、 鮎川峻.

次の

選手(2019年招集)・スタッフ|SAMURAI BLUE|JFA|公益財団法人日本サッカー協会

サンフレ 選手

中島 浩司 名前 愛称 コージ、ナカジ、国王 カタカナ ナカジマ コウジ ラテン文字 NAKAJIMA Koji 基本情報 国籍 生年月日 1977-08-20 (42歳) 出身地 赤坂台 身長 182cm 体重 68kg 選手情報 ポジション 利き足 右足 ユース 赤坂台JSC() 1990-1992 1993-1995 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 1996-2002 83 4 2003-2008 96 2 2009-2013 99 5 1. 国内リーグ戦に限る。 2014年1月22日現在。 ( ) 中島 浩司(なかじま こうじ、 - )は、の実業家、元。 赤坂台出身。。 株式会社ベアフット代表取締役。 来歴 [ ] 実兄の影響で小学5年生から地元赤坂台JSCでサッカーを始め、赤坂台中学時代は一学年下のらとプレーした。 高校時代は仙台育英高校へ越境入学、高校3年時に東北代表として出場。 1996年、当時のブランメル仙台(現)に入団。 同期になどがいる。 チームは1999年から始まったに加盟、中島は背番号10番を背負った時期もあったが、その後出場機会が激減。 2002年限りで戦力外通告を受けた。 を経て 、2003年からジェフユナイテッド市原(現)へ完全移籍した。 監督に評価され 、本職はの他などとして起用され 、中盤やのバックアッパーとして多くの出場機会を得た。 および連覇に貢献する。 2008年途中にが新監督に就任すると出場機会が激減、同年オフに戦力外通告を受ける。 リベロおよび中盤ができる器用さを評価され、2009年よりへ完全移籍。 再びチームメイトとなったストヤノフの招集による欠場と怪我およびの長期離脱に伴いレギュラーに定着、チームに負傷者が続出する中でチームを支え続けた中島を監督は「ゴールドマン」と評した。 2010年にはキャリア最多となるリーグ30試合出場、翌2010年も含めた過密日程の中でも試合出場を重ね、チームを支えた。 監督以降は貴重なバックアッパーとして・連覇に貢献、2013年限りで現役を引退。 連覇を決めた最終節の戦では後半48分に途中出場し、引退に華を添えた。 2014年、(株)ベアフットを設立。 現役時代からのでの活動も続ける。 エピソード [ ]• サッカー部の同級生には、所属のお笑いトリオ・のがいた。 中島の現役引退発表に際し、尾形は上で「高校からすげーいい選手で悔しくてコウジには練習でバチーンと激しくディフェンスしてたの思い出す!! すげーよな!この年まで現役で!! お疲れ様だ!! かっこいいな!コウジ!!!」とコメントを寄せた。 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 期間通算 27 0 0 - 0 0 0 0 17 1 0 0 1 0 18 1 10 21 1 4 0 4 1 29 2 26 2 2 1 2 1 30 4 8 19 0 1 0 0 0 20 0 0 0 0 0 0 0 0 0 15 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3 1 3 0 9 1 16 0 5 0 1 0 22 0 11 1 5 1 2 0 18 2 26 1 4 0 1 0 31 1 27 0 2 0 1 0 30 0 13 0 3 1 1 0 17 1 35 30 0 6 1 2 0 38 1 32 2 4 0 2 0 38 2 33 2 1 0 2 0 36 2 2 1 5 0 0 0 7 1 2 0 0 0 0 0 2 0 通算 日本 J1 195 7 38 4 15 0 248 11 日本 J2 45 2 3 1 2 1 50 4 日本 旧JFL 38 2 4 0 5 1 47 3 総通算 278 11 45 5 22 2 345 18 国際大会個人成績 年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点 35 6 0 - - 0 0 4 0 - 通算 AFC 10 0 0 0 その他の国際公式戦• 2006年• 2試合1得点• - デビュー J2リーグ・戦• 1999年3月14日 - J2 初ゴール• 2005年10月22日 - J1 初ゴール 戦 タイトル [ ] クラブ [ ] ジェフユナイテッド市原・千葉• :2回(、) サンフレッチェ広島• :2回(、)• :1回(2013年) 脚注 [ ] []• サンフレッチェ広島公式 2010年9月25日. 2014年1月29日閲覧。 サンフレッチェ広島公式 2010年9月25日. 2011年7月20日時点のよりアーカイブ。 2014年1月29日閲覧。 ゲキサカ 2013年12月7日. 2014年1月29日閲覧。 2009年1月28日. 2009年8月9日閲覧。 「Jリーグプレーヤーズガイド2011」108頁• 中国新聞 2010年10月29日. 2014年1月29日閲覧。 2013年11月26日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 DoKoji12 -.

次の