すぽあん。 スポーツ安全保険

ログイン りそなマイゲート

すぽあん

ノートパソコン買いたいけれどMacとWindowsってどっちがいいの? やっぱりMacがいいのかしら。 だってスタバに行ったらみんなMacじゃないのよーぅ! こんにちは。 このたびMacからWindowsに乗り換えたカトー( )です。 たぶん非常にめずらしいパターンだと思います。 ふつうはWindowsからMacに乗り換えですよね。 ぼくは2011年から6年間MacBook Airを使用していました。 とても気に入っていたし使い勝手もよかったので、買い替えるならMac以外ありえないとさえ思っていました。 そんなぼくが土壇場でWindowsを選んだのは、 べつにMacじゃなくてもよくね? と思えるほどWindows機のレベルが上がっていたからです。 操作性はMacの方に分がありますが、個人的にはインターフェイスや保存領域のデザイン、クラウドへのアクセスはWindowsのほうが便利だと感じています。 なので、MacとWindowsのどちらにしようか迷っている人はどちらを選んでも構わないというのが結論です。 しかし細かい違いは確実にありますので、 自分の好みや環境に合うかどうかが選択の決め手になるでしょう。 今日はMacBook Airを6年使い、現在Windows機をメイン機として使用しているぼくが感じた「MacとWindowsの違い」を解説します。 完全にいちユーザー目線の記事ですから、自分が使う時のことを想像しやすいと思いますよ。 ではいってみましょう。 あああ、、、Windows失敗した とさえ思いましたが、これは慣れの問題でした。 現在はそれほど気になりません。 しかしMacのほうがトラックパッドの操作性に優れているのはあきらかです。 拡張性 これは圧倒的にWindowsのほうがいいです。 Windows機ではUSB3. 1(いわゆるふつうのUSB)が使えます。 なにを当たり前のことを言っているんだ、と思われるかもしれません。 じつは現在のMacBook ProにはUSB3. 1を差せるところがありません。 あるのはUSB-Cポートのみです。 USB-Cには「USB3. 1より小さい」「上下関係なく差せる」「耐久性に優れている」といった長所があるもののUSB3. 1の需要はまだまだあります。 ぼくは記憶媒体だけでなく光学ドライブもUSB接続で使っているのでUSB3. 1のポートがなくなるのは困ります。 MacBook Proの場合、USB3. 1を使うには 専用のコネクターを別途購入しなければなりません。 スマートが売りのMacなのにコネクターが必要なのはスマートじゃないですね。 個人的には大いに不満なところでした。 MacBook AirにはUSB3. 1のポートだけでなくSDカードスロットが付いています。 価格 ずばり 同じスペックならWindows機のほうが安いです。 同じ値段ならWindows機のほうがハイスペックなものが買えるとも言えます。 Windowsのほうが33,000円安いですね。 でもこれだけではありません。 Windowsのほうは値引きがあるのでさらに安くなる可能性があります。 たとえばヤフーショッピングを見てみますと税込みで126,400円となっています。 しかも送料無料でポイントが6000ポイント以上つきます。 このように価格の安さはWindowsが圧倒的です。 じつは価格が安かったこともWindowsに乗り換えた要因の一つでした。 というのもメインとサブの2台持ちにしようと考えていたからです。 ちなみにサブ機にはこちらのWindowsタブレットを選びました。 タブレットとは言いつつもOSはWindows10です。 ちゃんとしたキーボードがついているだけでなくスタイラスペンまである優れものです。 しかもOffice Mobileが使えます。 こちらは外出先でのブログ編集、デザインワークを目的としています。 違いがはっきりしない、つまり好みでわかれるところ 見た目 Windowsでも最上位モデルになるとメタルな感じで高級感もあります。 Mac=スタイリッシュ、Windows=ダサいと思っていましたが、最近のWindows機はこれに当てはまりません。 いろいろと見比べてみることをおすすめしますが、できれば実機を見たいところです。 公式サイトの写真は 実物よりかなりかっこよくなっていますので注意してください。 どうしても実機が見られない場合はブロガーのレビュー記事を参考にされるのがよいでしょう。 ブロガー自身が撮った写真なのでかなり実機に近いイメージで見ることができます。 画面のきれいさ MacのノートパソコンにはRetinaディスプレイが採用されています。 なにも知らない人が見ても「Macは画面がきれいだな」と思えるのはRetinaディスプレイだからです。 Windowsでは4kディスプレイがこれにあたります。 こちらもRetinaに負けず劣らずきれいです。 画面がきれいだとバッテリーを消費やすくなりますが、 どちらもバッテリー駆動時間は10時間で変わりがありません。 ぼくはバッテリーを優先してこちらを選択しました。 タッチジェスチャー 二本指を下から上に動かして「スクロール」、左から右へ動かすと「戻る」などといった操作方法を「タッチジェスチャー」といいます。 タッチジェスチャーはもともとMacにしかなかった機能でしたが、 Windows10でもほぼ同じことができるようになりました。 おかげでWindowsでもMacと同じように操作ができます。 Windowsに乗り換えてもいいかなと思えたのはタッチジェスチャの強化が非常に大きかったです。 バッテリー 一般的にWindowsのほうがバッテリーの持ちが悪いと言われているようですが、いまのところそのような印象は受けません。 買って2カ月経とうとしていますが、まだケーブルにつないで使ったことはありません。 ただしそれなりに節電対策はしてあります。 まあMacでも同じですけどね。 キーボード キーを押したときの深さをキーストロークといいます。 MacBook Proはキーストロークがほとんどないんじゃないかというくらい浅いです。 でもちゃんと打てます。 打鍵感が心地よいとさえ感じます。 キーを打つ音さえ心地よく感じてしまう人もいるほどです。 けっして深くはありませんがMacBook Proに比べると深いです。 といいますか MacBook Proのキーストロークが変態的に浅いと思ったほうがいいです。 キーストロークは浅ければよいというわけではありません。 ある程度あったほうが打ちやすいという人もいます。 こればっかりは自分で打ってみてよさを判断するしかありません。 MacBook Proのキーボードで検索してみると「疲れやすい」「壊れやすい」といった記事が上がってきます。 知り合いのユーザーに聞いてみたところ、「疲れやすい」はたしかにあるようです。 壊れた人はいませんでした。 みなさんキーボードカバーで対策してました。 クラウド Windowsには「 OneDrive」、Macには「 iCloud」というクラウドストレージがあります。 クラウドストレージとはオンライン上にあるストレージサービスのことです。 これに関してはWindowsでもMacでも機能に違いはありません。 個人的にはWindowsの「OneDrive」のほうが使いやすいです。 ガイドに従ってPCの初期設定をやっていたらいつの間にか使えるようになっていましたし、アクセスも内部ストレージと同じ感覚でできており重宝しています。

次の

MacかWindowsか? 選ぶときに考えたい6つのこと

すぽあん

対象となる主な例• ・バランスボールを使用中に転倒。 ・ジムに設置されているランニングマシン、ウェイトマシン等を使用中に壊してしまった場合• ・法律上の賠償責任がない場合。 例えば格闘技教室でお互い打ち合う練習中に相手にケガを負わせた場合などは、活動中のプレーヤーはこのような危険を受忍しているため、双方に法律上の賠償責任が発生しないことが一般的です。 万が一事故が起きてしまったら スポーツクラブエンターテインメントA1保険部が保険会社への事故の連絡、手続きのお手伝い等を行います。 事故が発生した際には速やかにフロントまでお申し出ください。 なお、事故が発生してからの保険加入では補償を受けることができません。 なお、補償範囲の対象はスポーツクラブエンターテインメントA1での団体活動中となります。 スポーツクラブエンターテインメントA1以外でのスポーツ活動については保障されません。

次の

インターネット予約(つくば市公共施設予約システム)|つくば市公式ウェブサイト

すぽあん

だいぶ近くなったけど、やっぱり違う。 ほとんどの人にとっては、いまや WindowsもmacOSもあまり変わりません。 家のパソコンで日々やることはたいていWebブラウザ上でできてしまうし、SpotifyとかSlackとかPhotoshopといったポピュラーなアプリも、プラットフォーム横断です。 でも OSによる違いはまだしっかりあって、それは「乗り換えが面倒」とかだけじゃありません。 以下に6つ、まとめます。 プリインストールソフトウェアの豊富さ Image: Gizmodo US macOSのほうが最初から入ってるソフトウェアが多いです。 OSに最初から入ってるソフトウェアという意味では、 macOSのほうが有利です。 メールやSafari、マップやメッセージ、FaceTime、iTunesなどなどに加え、Microsoft Officeに相当するPages、Numbers、KeyNoteももれなく付いてきます。 といってもビジネス系アプリに関してはMicrosoft Officeの機能やパワーにはやっぱりかなわないんですが、ほとんどの人が個人で使う分には十分だと思います。 そしてMicrosoft Officeと違って、これらのソフトウェアは 完全に無料です。 macOSにはさらに、動画制作のiMovieや音楽制作のGarageBandといったアプリも付いてきますが、Windows純正だとそもそも同等のものがありません。 macOSの場合、 他のアプリを入れる必要がほとんどないかもしれません。 Image: Gizmodo US Windowsの方がサードパーティのソフトウェアは幅広いです。 Windowsにもいろいろ(多すぎるくらい)プリインストールされてきますけど…と思われるかもしれませんが、その中で実際ある程度使われてそうなのはメールとカレンダー、People(連絡先)、あとはSkypeにもしかしたらEdge、くらいでしょうか。 それから写真や音楽、動画を管理するシンプルなツールも入ってますが、僕らが気に入っていたWindows Movie Makerはいまは入ってないし、Windows Media Playerも悲しいくらい放置されてます。 その代わりWindowsには サードパーティソフトウェアがたくさんあり、無料のものも多いです。 ただOS自体に入っているもので比較すると、WindowsはmacOSよりだいぶ見劣りします。 Microsoftは、WordとかExcelがAppleのPagesとかNumbersよりよくできてて、WindowsでもmacOSでも使えるってことで自分を慰めてるかもしれません。 が、Microsoft Officeは一番安い1年ライセンスでもと、安めのパソコンくらいの値段になります。 まとめ:macOSの方がハイクオリティなソフトウェアを内蔵しているので、その分コストを圧縮できるかもしれません。 ゲームとVRへの対応 Image: Gizmodo US SteamはWindows向けタイトルだらけです。 Windowsが圧倒的に強いのは、 ゲームとかバーチャルリアリティへの対応です。 HTC ViveはmacOS Mojaveで使えるようになりましたが、Oculus Riftはまだ対応していませんし、Windows Mixed Realityも当然のようにWindowsオンリーです。 Xboxを持っている人なら、Windows 10と連携してプレイできます。 macOSでもゲームができないわけじゃないんですが、Windowsでできることに比べたらかなり遅れています。 Windowsのほうが一番人気のタイトルがあり、Steamで入手できるゲームもはるかに多いです。 多くのMacではグラフィックスカードが別立てじゃないので(外付けGPUはサポートされていますが)、少なくとも 初期状態では本格的なゲームがプレイできません。 Image: Gizmodo US macOSはゲームに関してWindowsよりかなり遅れてます。 一方Windowsのゲーミング環境はますます勢いがあって、プレイヤーが集まり、ゲーミングアクセサリーやユーティリティ、アドオンなども充実するばかりです。 ゲーミングPCを自作する場合も、Windowsを使うことになります。 AppleはmacOSでゲームとVRのサポートを強化する動きを見せていますが、 もはやタイミングを逃しすぎていて、サードパーティのデベロッパーやメーカーもほとんど興味を示していません。 Appleはモバイルゲームのプラットフォームを担っていることで自分を慰めるしかありません。 まとめ:ゲームとVRに関してはWindowsが圧倒的に強く、 ゲーム機代わりにもなるので、そのぶんお金が浮くかもしれません。 もしパソコンを使うメインの目的がゲームなのにMacを買う、としたら、それはお金を捨てているようなものです。 UI・使い勝手 Image: Gizmodo US Windowsのファイルエクスプローラー。 この点は一番主観が入るところだと思います。 Windowsは今macOSと同じくらい洗練されてきたので、どちらがいいかは個人の好みになってきます。 多分、 これまで一番たくさん使ってきたものが一番好き、ということになるんじゃないでしょうか。 僕はmacOSもWindowsも両方毎日使っていますが、Windowsの方が使いやすいと思います。 でもそれは、僕がWindowsのほうを長く使ってきたせいでしょう。 WindowsのファイルエクスプローラーはmacOSのファインダーより直感的で機能的な感じがしますが、それは長く使ってきたことでショートカットとか必要なテクニックを学んできたからかもしれません。 macOSのファインダー。 (Image: Gizmodo US) ウィンドウ管理に関しても、 Windowsのほうがきっちり、macOSのほうが自由でゆるい感じがしますが、何にせよ慣れているほうが好き、となる人が多いことでしょう。 SiriかCortanaか、ドックかスタートメニューか、いろいろ違いがあるにはありますが、 生産性に与える影響は本質的には大したことないです。 AppleもMicrosoftもここ5年、10年、ダークモードとかなんとかさんざんお互いのやってることを吸収してきたので、 それほど大きなギャップはもうありません。 個人的には、Windowsだとウィンドウを画面の端にスナップできるのとか、macOSだとデスクトップのアイコンを自動で整理できるのとかが良いと思っていますが、それらはみんなマイナーな違いです。 まとめ:UIはもう、比べてもあんまり意味ないかもしれません。 AppleもMicrosoftも、魅力的で使いやすいシステムを作り出してきました。 でもとにかく 慣れている方を使うのが楽なはずです。 最近のテック製品の多くがですが、パソコンを買うときは「MacかWindowsか」というより、「 家にある他のものと連携できるかどうか」が重要な視点になっています。 それはハードウェアだけじゃなく、iCloudやOneDrive、Google Driveといったサービスに関しても言えます。 もちろん、iPhoneをWindowsにつないだり、macOSをAndroidスマホにつないだりも可能ですが、全部Appleとか全部それ以外とかに 統一したほうがいろいろと楽です。 リビングでApple TVを使っている場合、Windowsからはデフォルトでは音だけしか飛ばせず、動画は対象外になります。 Macを使っていればAirPlayで音も動画も飛ばせて、画面のミラーリングも可能です。 iPhoneを使っている人なら、カレンダーも連絡先もメモも全部、いつの間にかmacOSと同期されているはずです。 Windowsとも同期できますが、やり方がすごく複雑で、クリアしなきゃいけないことがたくさんあります。 AppleとかMicrosoftとかの間でプラットフォームをまたぐなら、一番良いのはMicrosoftとかAppleのサービスをメインで使わず、全部Googleのクラウド上でやることです。 WindowsでもmacOSでもGmailやらGoogle Calendar、Google Photosやらは全部使えるし、Windows 10ならAndroidスマホにきたテキストメッセージにパソコンから返信することもできます。 Appleのエコシステムは、Apple(または限られたパートナー)の高価なハードウェアに縛られている感じがします。 でも近頃、とかでもAirPlayが使えるようになり、Appleがその箱庭の壁を多少下げて前進しようとしているように見えます。 とはいえ、 Windowsの方がいろんなサービスと協調できるのは間違いありません。 家にあるすべてのガジェットがひとつのメーカーのもの、という状態に違和感がある人には、Windowsのほうが向いています。 まとめ:Appleの閉じたエコシステムでも別に問題はなく、その連携ぶりは美しいですが、使えるハードウェアが価格高めのものに限定されます。 WindowsはApple製品の連携はApple製品同士に比べればうまくできませんが、それ以外の製品とは比較的うまくつなげられます。 セキュリティとプライバシー Image: Gizmodo US Windowsでのアプリのパーミッション画面。 セキュリティやプライバシーに関しては、 Appleの勝利です。 Appleはユーザーのプライバシーに関して非常に積極的なアプローチをとっているし、世界中のマルウェアのほとんどがWindowsを標的にしているのもAppleにはとっては好都合です。 Windowsが狙われるのは、市場シェアが大きいからだと思われます。 なのでmacOSのほうが確率的に安全ですが、脆弱性が皆無というわけではありません。 ただ、その差はそんなに大きくありません。 Windowsがアンチウイルスソフトなしではウイルスだらけだったのは、もう過去のことになりました。 今のWindows 10にはアンチマルウェアソフトの Windows Defenderが内蔵されていて、主要な脅威への対策はできています。 最近起きているセキュリティ問題はたいてい、古いバージョンのWindowsを使っているか、OSとは関係ないかのどちらかです。 Image: Gizmodo US macOSでのアプリのパーミッション画面。 WindowsでもmacOSでも、どのプログラムがマイクやカメラ、位置情報などにアクセスできるかをユーザー自身で管理できるようにはしています。 が、 Windowsのほうがユーザーにもデベロッパーにも比較的自由度が高く、その分リスクも大きくなっています。 WindowsユーザーのほうがMacユーザーよりセキュリティに詳しくなる必要がある、とは言ってもいいと思います。 またプライバシーに関しては、 Appleが超重視するってことを一生懸命訴えているので、そういう思いがあるらしいことはお伝えしておきます。 でも実際とのプライバシーポリシーを比べてみると、データの使われ方はそんなに変わらないんです。 たしかにAppleはクラウドよりローカルのストレージを使う度合いが大きいから相対的に安全だみたいな話はあるかもしれませんが、その点でAppleとMicrosoftの差を気にするくらいだったら、 GoogleとかFacebookを使っていて大丈夫なのかを考えたほうがいいです。 まとめ:Appleはプライバシー重視の姿勢を強く打ち出しているので、可能性としては、Macのほうが写真とかデータが流出しにくいです。 Windowsもこの点では劇的に改善しましたが、それでもMacを使うときよりは、プライバシーとかセキュリティのことを理解しておいたほうが安全です。 コスパに関しては、 昔も今もWindowsのほうがずっと有利です。 macOSでは、3万円のマシンとか買えません。 学生とかカジュアルな使い方の人、とにかく価格重視の人にとっては、Windowsマシンを買うのが合理的です。 特にいまはほとんどのことがWebブラウザがあれば可能で、パソコンに表計算ソフトが入ってなくてもGoogleスプレッドシートがあればなんとかなったりするからです。 それでも、Appleのプレミアム価格を喜んで払う人が少なくないのも事実です。 それに統計をとったわけじゃないんですが、「Macの方が長く使える」「何年も使ってるけど動作もそんなに遅くならない」って意見をよく聞きます。 この点はWindowsそのものというよりWindowsマシンを作ってるハードウェアメーカーの問題なんですが、とにかく 長く使えるから多少高くてもいいっていう考え方もあるにはあります。 ハードウェアメーカーといえば、Windowsにはラップトップとかデスクトップ、2-in-1マシンなどそれぞれいろんな形態があります。 Surface ProでもでもLenovoのオールインワンでも選べて、AppleがデザインするMacの形態に制限されないという利点はあります。 この点にはデメリットもありますが、選択肢が多いのはたしかです。 まとめ:Windowsのほうがハードウェアの選択肢が広く、価格もいろいろ選べます。 単純に安いマシンを買おうと思うなら、Appleのデザインがどうこうとか関係なく、Windows一択になることでしょう。 Tags :•

次の