うる星やつら 最終回 アニメ。 うる星やつら デジタルリマスター版

古川登志夫さんが演じた中で一番好きなキャラは?20年版 2位は「うる星やつら」あたる、1位は…

うる星やつら 最終回 アニメ

漫画の最終回『ネタバレ』【ひどい】『うる星やつら』鬼ごっこで幕引き amazon. jp 『うる星やつら』(高橋留美子)全34巻 最終回「ボーイ ミーツ ガール」 《あらすじ》 うる星から来た女の子ラム、地球を侵略しに来たつもりが諸星あたるに惚れてしまい地球に住むことに。 ラムと諸星あたるを中心に繰り広げられるSF学園コメディー。 現在の漫画やアニメに与えた影響は計り知れないほど大きい名作。 物語は最後に振り出しに戻る 地球の存亡をかけた壮大な痴話げんかがスタート。 曾祖父のいい加減な約束から許婚の存在が判明したラム。 許婚の名前はルパといい、唐突に友引高校にやってきた。 ラムも諸星あたるも訝しがるが、 ある日ルパは強引にラムをさらって闇の宇宙に連れて行ってしまった。 弁天やお雪とともにラムを追いかけた諸星あたるだが、 そこでは話はこじれにこじれ、ラムとは諸星あたるの痴話げんかに発展。 しかもそれは拡大の一途を辿る。 amazon. jp そのドタバタの最中地球では闇の宇宙キノコが大繁殖。 これを駆除できるのは闇の宇宙のブタだけ。 そのブタをルパから借りる条件として鬼ごっこでの勝利が提示された。 そうラムと諸星あたるの出会いのきっかけとなった鬼ごっこが。 こでまた行われることになったのだ。 スポンサーリンク ラムをとらえるには自分で捕まえるか 諸星あたるがラムに「好きだ」と告白するかのいずれかだ。 猶予は10日。 しかし諸星あたるはこんな状況での告白はホントか嘘かもわからなくなる、 と頑として「好きだ」と言わない。 そしてついに期限の10日目が訪れた。 amazon. jp 実はこの時ラムが勝負に勝ったら自分たちの記憶を地球人から消してしまおうと考えていた。 一向に態度を変えない諸星あたるに、ラムは思わず「本当にうちのことを忘れてもいいっちゃ!?」と叫ぶ。 それに応え「忘れるもんかー!」と力強く叫ぶ諸星あたる。 かくして2人は分かり合い、鬼ごっこは諸星あたるの勝利に。 街は平穏に戻った。 最終回「忘れるもんかー!」からの短いやり取りは長編完結にふさわしい幕引き、他のキャラも大活躍だった。

次の

古川登志夫さんが演じた中で一番好きなキャラは?20年版 2位は「うる星やつら」あたる、1位は…

うる星やつら 最終回 アニメ

内容(「Oricon」データベースより) 高橋留美子原作による大人気SFラブコメディアニメの劇場公開版DVD。 地球の運命を賭け究極の鬼ごっこが展開される感動の完結編。 声の出演には平野文、古川登志夫ほか。 レビュー 人気漫画家・高橋留美子の代表作『うる星やつら』の劇場版シリーズ完結篇。 空飛ぶ豚に乗った男・ルパにさらわれてしまったラム。 あたるたちは救出に向かうが…。 ラムの性格も原作寄りです。 アニメのラムは誰からも好かれるヒロイン的なキャラに性格が若干変えられており、妙にかわいこぶったり、いい子ぶるところがありますが、原作のラムはもっとチャキチャキで、意地悪なところもあったり、自己中心的なところもあったり、より生身の女性に近いような気がして私は原作のラムのほうがより好きです。 でも、アニメのラムもかわいくて好きです。 特に声がラムの顔にピッタリ!(うる星やつらのラムの性格の変更は成功していると思いますが、めぞん一刻の音無響子さんは性格が変わり過ぎで、アニメの響子さんは大失敗と言えると思います)。 アニメのあたるは、ラムの事を「好きだよ」と言ったり「今日もきれいよ」など気軽にラムに対して言うシーンがありますが、原作ではそういったセリフはほぼ皆無。 この完結編では、ラムは「一度だって好きと言ってくれた事はなかった」と言っていますので、やはり原作の最終回なのだと思います。 最後のシーンは感動です。 最後のシーンは映画の方がより感動的だと思います。 ラムが「うちのこと、本当に忘れてもいいっちゃ?」と訴えると、あたるはラムとの思い出をいくつも思い出し、感極まってラムに向かって「忘れるもんかー」と叫ぶ、感動しました。 その後二人が抱き合った事もファンとしてはうれしい限りです。 ただあえて言えば、原作のほうでは、あたるはラムをしっかりと抱きしめているのに、映画の方は、抱きしめ方が甘いような気がするので、もっと強くラムを抱いてあげてほしかったなあと思っています。 逆にアニメの最終回はラムザフォーエバーになっていると思います。 こちらはストーリーが難解でしたが、こちらでも二人が愛し合っている事はわかる内容となっています。 原作34巻の最終エピソードをほぼ忠実に映画化した作品です。 友引高校の校舎、ラム親衛隊などのアニメオリジナル要素は引き継がれ、 細かい部分の違いはありながらも、特に大きな違いというものはありません。 最後の舞台は友引高校の校舎の屋根の上でした。 ラムは、あたるが自分のことをどれだけ真剣に愛していたかを、あたるの態度から 感じ取りました。 あたるは最後まで面と向かってラムに「好きだ」とは言いませんでした。 「言わなければ、(愛しているって)わからないのか?」、「ここで言ったら、地球を救うためのウソだと思われるだろ!」 という葛藤から、口に出せなかったあたる。 本当に意地っ張りで不器用な少年だということがわかります。 だけど、それでよかったと思います。 言葉はなくても、思いはしっかりと伝わったのですから。 ラムにもそれがわかったのですから。 最後は、原作よりもドタバタ感の強い終わり方です。 第1作「オンリー・ユー」でも、あたるが 逃げて、一同に追い掛け回されるというエンディングで幕を閉じましたが、これも同じで、 あたるとラムは勝敗の行方を固唾をのんで見守っていた面堂やラム親衛隊、温泉先生たち一同に 追い掛け回される形で幕を閉じます。 緊張感に満ちたクライマックスと、思わず笑ってしまうエピローグ、こういう 緩急を自在に効かせた作品は時代に関係なく面白いものです。 星5つを付けたいと思います。

次の

うる星やつら (アニメ)

うる星やつら 最終回 アニメ

この項目では、 漫画作品について説明しています。 アニメ化作品については「」をご覧ください。 うる星やつら ジャンル ・・・ 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル 少年サンデーコミックス SSC 少年サンデーコミックスワイド版 SSCW 小学館文庫 SB 発表期間 39号 - 8号 巻数 全34巻 SSC 全15巻 SSCW 全18巻 SB 話数 全366話 アニメシリーズ一覧• TVシリーズ• 劇場版• OVA• 了子の9月のお茶会• アイム THE 終ちゃん• 夢の仕掛人、因幡くん登場! 怒れシャーベット• 渚のフィアンセ• 電気仕掛けの御庭番• 月に吠える• ヤギさんとチーズ• ハートをつかめ• 乙女ばしかの恐怖• 霊魂とデート• - プロジェクト ポータル うる星やつら(うるせいやつら、ラテン文字表記: Urusei Yatsura )は、の。 第26回(1980年度)少年少女部門受賞作。 「うる星」とも。 本項では原作である漫画作品と、これに関連する作品全般について述べる。 浮気者の高校生・と、彼を愛する一途な宇宙人美少女・を中心に架空の町、友引町や宇宙や異次元などを舞台にしたドタバタラブコメディ。 その内容の斬新さと魅力的なキャラクターは代のみならず以降の界と界に衝撃を与え、当時の若者たちの圧倒的支持を受けて一大ブームを引き起こし、若者文化にも影響を与えた。 高橋留美子の初期代表作であり、後年、本作と『』について、(作者自身の)「20代の漫画で自分の青春」と語っている。 作品解説 短期集中連載から週刊連載へ に短期集中連載作品として『』に初掲載され、好評であったために月刊連載化・不定期連載化された。 当時高橋はまだであったため、約20 - 30Pの作品を数カ月おきに連載していたが、大学を卒業すると同時に週刊連載に移行。 そして、に『少年サンデー』にて本格的週刊連載となり(第1回の本格連載は登場話である原作第23話「トラブルは舞い降りた!! 」)、一週およそ16Pの連載が続けられた。 定期連載以降、最終話まで作者都合による休載はない。 の『』と共に、当時の『少年サンデー』を支える二本柱となるほどの人気作品となったことから化・アニメ映画化もされ、単行本34巻(全366話)に及ぶ長期連載作品となった。 時点では『』を上回り、『少年サンデー』史上最長巻数だった。 作品の特徴 不定期連載時は恋愛要素が皆無で、ドタバタやSFをメインにしたギャグ要素が非常に強かったが、週刊連載になり話が進むにつれて恋愛をメインに、ギャグをサブにした雰囲気、いわゆるの作風に変化させてゆく。 後半にゆくに従って、笑いの要素を抑えた、非常にシリアスなストーリーも盛り込まれていく。 そこに高橋留美子の持ち味の奇想天外なキャラクターなどを絡ませつつ、恋愛、学園モノからSF、妖怪、幽霊、伝奇、スポーツ、冒険、格闘、歴史など、ある意味「なんでもあり」の世界観を打ち出し、長期連載作品となっていった。 定期連載時や、読み切り作品(たとえば『』)のようなギャグ要素の強い作風は、一部がのちの『』に引き継がれていった。 当初は諸星あたるを中心として話が展開することが多かった。 高橋は当初、いろんな災いを呼び寄せる受身のキャラクターであるあたるでは、毎回の話を作るのに行き詰まってきたため、短期連載の後半から週連載への移行を境に、あたるをもっと楽観的で積極的な浮気性のキャラクターに変化させていく。 すると、今度はラムがあたるを追いかけるストーリーばかりになり、後半はラムの扱いに苦労したという。 したがって、藤波親子の登場前後の週連載の前期までは、様々なキャラクターが登場してはあたるとラムの関係に絡みつつ話を展開していくパターンが多かった。 藤波親子の登場あたりの中期 - 後期にかけては、次第にそれまで登場したキャラクターたちの再登場や、竜之介と弁天、レイとクラマ姫等のサブキャラ同士を絡めたり、それまで登場したキャラの近親者や関係者などを登場させて話を展開させるなど、群像劇に近いものとなる。 回によってはあたるやラム以外のキャラクターを中心として話が進み、そこにあたるやラムが登場はするものの傍観者に留まり重要な役割を果たさないエピソードも多くなる。 物語のほとんどが一話完結型。 登場人物は基本的に進学、卒業などがなく、週刊連載開始後は、あたるやラムたちは友引高校2年生(開始当初・短期連載時は1年生)のままである。 ただし、、、などのいわゆるは、連載の掲載時期にあわせて毎年行われ、最終回までこの設定は貫かれた。 ただし、あたるの浮気性の改善や面堂の暗所恐怖症の原因究明のため過去に行く話や、「系図」や因幡くんのシリーズ連作などで未来に行くエピソードでは、登場人物は相応に若かったり大人になっている。 タイトル 「うる星やつら」というタイトルは、高橋のデビュー作のタイトル『』の名残を残し、かつ作品の宇宙的なイメージから当時の編集長田中が名付けた。 連載開始当初のタイトルロゴはおどろおどろしい感じのデザインであった。 また、サブタイトルには「」()「酒と泪と男と女」()「かけめぐる青春」()、「」()、「」等のヒットソング名を度々用いているほか、本作と同時期に『少年サンデー』で連載されていた作品のタイトルから語句を拾ってサブタイトルにしたこともある(宮本武蔵編)。 刊行形式 『』(以下『少年サンデー』)で、1978年から1987年にかけ連載。 単行本は少年サンデーコミックス版が全34巻、1989年から1990年にワイド版が全15巻、1998年から1999年にかけ文庫版が全18巻で刊行した。 他に版が度々出されている。 原作者が語る『うる星やつら』 高橋は「『うる星-』はやろうと思えば、いつまでも連載を続けられる安全パイなんだけど(いわばこれは20代の漫画であり)、勢いがあるうちに終わらせたかった」と、少年サンデーグラフィック誌 でのインタビューで語っている。 また、自身がお気に入りの作品は原作第3話の「石油が町に降る話」(原題「悲しき雨音」)と、水乃小路飛麿が最初に出てきた話(原題「白球に賭けた青春」)とあたるが幽霊少女・望の願いを叶えてやる「最後のデート」。 一番気に入っているコマは、「最後のデート」で、あたると幽霊の望がデート中に花火を見上げているシーンだという。 中盤あたりで、マンネリになってきたため「もう終わらせよう」という意識もあったらしいが、「と父」というキャラが登場して、女らしくなりたい竜之介とそれを邪魔する父親という両者の行動原理が明確だった彼らが、かなり動かしやすかったため、その後藤波親子が絡んだエピソードが数多く作られた。 高橋本人も「竜之介親子にはかなり助けられた。 あの二人がいなかったら『うる星』はもっと早く終わっていたかもしれない」と語っている(詳細はのリンクを参照)。 従って、二人は高橋がもっとも気に入っている部類のキャラクターであり(なお、一番好きなキャラクターは「サクラ」)、次作主役の「」の乱馬と父のモチーフにもなった。 また、この物話の主役については、「私はあたるが主役であると思っています」と語っている。 登場人物 「」を参照 あらすじ 宇宙人である鬼族が、地球侵略を仕掛ける。 鬼族は圧倒的な技術力と軍事力を保有しており、武力で容易に地球を手に入れるのでは簡単過ぎて面白くない。 そこで、鬼族代表と地球代表とがで戦い、地球代表が勝った場合、おとなしく帰り、地球代表が敗れた場合、地球を占領すると宣言した。 その一騎討ちは、鬼族の伝統に従い『鬼ごっこ』で行われ、期限内に地球代表が鬼族代表の角を掴むと地球の勝ち、鬼族代表が逃げ切ると鬼族の勝ちというものである。 の命運を賭けた「」の地球代表に選ばれてしまった高校生の は、当初やる気がなかったものの、恋人で幼なじみであるの色恋仕掛け 勝ったら、結婚してあげる により、彼女と結ばれたいがために鬼族代表の を追いかけ始める。 あたるがラムを追いかけつつ発した「勝って結婚じゃぁ〜」の一言は、あたるが恋人で幼なじみのしのぶを想っての発言であったが、ラムは自分に求婚しているのだと勘違いし、それを受け入れてしまう。 そのため、鬼ごっこには勝利、地球は侵略を免れるが、ラムは諸星家に住み着いてしまう。 かくして、恋多き男・あたると宇宙から来た押しかけ女房・ラムの果てしなき鬼ごっこが始まる。 そして、友引町はさまざまな災いや奇妙な出来事に巻き込まれていく。 舞台 友引高校 正式名称は「区立友引高校」。 主人公のあたるやしのぶが通い、ラムや面堂、ランが転校してきた高校である。 高校名はあたるの「類希なる凶相の持ち主」という設定から派生したものである。 高校名の初出は原作では第13話「系図」。 あたるらのせいで騒動が起こり最悪校舎が破壊されたり、宇宙人などが来訪したりする。 少なくとも2年は7クラスあり、あたるのクラスである2年4組は生徒数は面堂の転校時点で46人である。 なお、2年4組は生徒指導部にとっては要注意クラスである。 その中でも特にあたるとその友人の白井コースケは危険人物とされている。 なお直接劇中の舞台になっていないが、となりに別の女子高がある。 あたるらがしばしば問題を起こし、時には校舎が半壊する事態になっても退学させることはなかったが、友引高校の6組の生徒がとなりの女子高の生徒を妊娠させた時にはその生徒を退学処分としている。 「海が好き」の崩壊以降、購買部には竜之介の父が勤務している。 友引町 舞台となる友引町は原作ではのにある設定となっている。 これは原作第5話の「絶体絶命」において、ラムによるあたるとしのぶの逢引電話妨害を起因とした2度に渡る機消滅事件のニュースにおいて判明する。 また、アニメではにあるとされ、劇中 でメガネが叫んだセリフから判明している。 これは当時、アニメを製作していたが小金井市にあったことによる。 なお、友引町の名は友引高校より後になって登場する。 テレビアニメ 詳細は「」を参照 本作はアニメ化されたことにより、4年半に渡るTVシリーズ、6作の劇場版、12作のが製作され、商品化においても100億円以上売り上げる大きな成功を収めた。 は7作がLPチャートで10位以内にランクインしている。 アニメ版ではチーフディレクターのが放映分(第106回)をもってチーフディレクターを降板したため前半と後半で作風が大きく異なる。 押井守による劇場映画第2作『』は押井作品の原点であり出世作でもある。 本作は原作の「」のアンチテーゼともとれる内容となっており、原作者であるは「 『ビューティフル・ドリーマー』は押井さんの『うる星やつら』です。 」と語っている。 押井は本作完成後『うる星やつら』から降板し同時にを退社。 その後、2度と高橋留美子作品を担当することはなかった。 アニメ作品は原作の人気に加えて、スタッフの暴走と揶揄される押井守やの先鋭的な演出や、当時若手の実力派アニメーターによる作画からアニメファンからも注目されるようになった。 本作はアニメ界の異才をあまた輩出した伝説的な存在となっている。 また、の国産アニメで盛んに行われていたアニメーターの「お遊び」的な作画により、騒動や人ごみ(モブシーン)の中に『』を始めとするさまざまな高橋キャラがしばしば「」的に登場しているほか、本作と全く関係のない他の漫画・映画・アニメのキャラクターもしばしば登場している。 ゲーム コンピュータゲーム パソコンゲーム うる星やつら ラブリーチェイサー 、(小学館)より発売。 、シリーズ他。。 第2回ポプコムコンテスト最優秀賞受賞作。 ポプコムというパソコン雑誌の読者投稿によるゲームで、うる星キャラが駒に使われているという代物。 内容はラムの駒を動かし、他の女性キャラの駒にくっつくあたるの駒を電撃で引き離し、最終的にラムとくっつけるのが目的。 試験に出るうる星やつら 、キティエンタープライズより発売。 PC-8801シリーズ。。 問題はうる星に関するものを1,200問収録。 クイズ内容はかなりマニアックであり、難易度は高い。 問題を進めるたびにグラフィックやBGMが変わって行く。 うる星やつら 〜恋のサバイバル・バースディ〜 、より発売。 PC-8801シリーズ、シリーズ、他。。 ゲームオリジナルストーリー。 面堂了子から誕生会の招待状を受け取ったあたる。 了子の許へ早く着いた優勝者には、了子から(女性参加者には終太郎から)のキスがもらえるというので、早速あたるは奮起する。 しかし、面堂家の敷地内は迷路のようになっており、さまざまな罠が待ち受けていた。 グラフィックが当時の原作のタッチに良く似せてある。 テレビゲーム うる星やつら ラムのウェディングベル 1986年、より発売。 用ソフト。。 同社の『』の移植作。 キャラクターをラムに置き換えたもの。 オリジナルも本作もBGMに『』が使われている。 、より発売。 用ソフト。。 オリジナルストーリーのコマンド形式のアドベンチャーゲーム。 プレイヤーはあたるに扮し、失踪したしのぶやその他女性キャラを巡る。 メディア供給がのためグラフィックが豊富で、メインキャラクターがアニメ同様の声優陣でしゃべるのが特徴。 、より発売。 用ソフト。 アドベンチャーゲーム。 諸星家に突然降り立った謎の少女。 少女はラムを気に入り自分の世界へ引きずり込んでしまい、あたるはラムを探しに行く。 「STAY〜」同様、CD-ROMによるメディア供給のため、グラフィックはほぼ全編アニメーションで、かつフルボイスでしゃべる。 作画はアニメ版に関わっていた、によるものだが、顔付きが「」のタッチに近い。 内容は「STAY〜」同様オリジナルだが、原作の最終話以降の成り行きを引き継いでいるようなエピソードになっている。 携帯ゲーム うる星やつら 、より発売。。 あたるを左右に操作しガールハントをするという内容。 ラムにやられるとミス。 用ソフト。。 あたるが校内ダンジョンの中を巡り、ライバルを蹴散らしながら、校内の美女(しのぶ、サクラ、ラムなど)の写真を収め、その写真の中から学校一の美女を決める。 に類似した3Dマップを採用しており、としての完成度は決して低くない。 また、アイテム「こたつ」を使うと強敵「こたつねこ」の動きを止められるなど、原作ファンの興味を引く仕掛けも多い。 うる星やつら エンドレスサマー 、より発売。 用ソフト。 アドベンチャーゲーム。 ラムが通販で「大恋愛シミュレーションマシン」を購入し、あたるを自分になびかせようとする。 しかし、あたるはそんな事も知らず、相変わらずガールハントに勤しむ。 プレイヤーはあたるを操作して街中を練り歩き、夏休みの1ヶ月の間にさまざまなキャラクター達と出会い、時に臨海学校などのイベントが進められてゆく。 ボードゲーム 3作共により発売。 うる星やつら 恋は移り気 キャラのうち1人を受け持ちガールハントをくりひろげるカードゲーム。 キャラクターも多数登場する。 簡単なミニゲームもある。 うる星やつら スクランブル ラムを奪回せよ! 〜あたるVS面堂軍団〜 うる星やつら 友引町買い食いウォーズ 買い食い取締り週間の攻防をゲーム化したものである。 キャラクターの特性を出すため、キャラクターカード化し、格闘力や体力などがデータ化されている。 生徒側はいかに買い食いし、教師、生活指導部はいかに阻止するかを競うものである。 パチンコ・パチスロ パチンコ• シリーズ()• CRうる星やつら()• CRうる星やつら2()• CRうる星やつら Forever Love()• CRうる星やつら 電撃LOVE ATTACK(5月)• パチスロ• (、)• パチスロうる星やつら3(、) 国内外のファン 芸能人ではが熱狂的なファンの一人として知られている。 西村は芸能界デビュー前、アニメ版のシナリオ公募に応募したこともあり、選考では残り20作品程度までの中に残っていたという。 西村が芸能界デビュー後のに出版した『夢幻童子』にはそのシナリオが収録され、SF翻訳家のは、「意外に面白い」との感想を述べている。 西村は高橋の短編集など他の作品も全て鑑賞している。 にテレビシリーズ全話を収録したの50枚組のセットが33万円という高額で発売された際、作家の、、漫画家のが購入した。 国外では、本作の作品名を自分たちのバンド名にしたロックバンドもいる。 それがでに結成され、にメジャーデビューしたロックバンド ()である。 メンバーが日本好きで、本作にちなんで命名したものだが、高橋から「うる星やつら Urusei Yatsura 」という名称の使用許可が下りなかったため、日本やアメリカでは「Yatsura(奴ら)」と名乗っていた。 なお、Urusei Yatsura はに、メンバーの一部は新たにProjekt A-ko(元ネタは同じく日本のアニメ『』)を結成している。 アメリカ合衆国のミュージシャンがにアニメうる星やつらの映像を使用し、肩にラムのタトゥーを彫ったことも知られている。 エピソード• にまだ本作が不定期連載だった頃にとが本作を実写化させる企画もあったが、製作には至らなかった。 が自身の漫画作品『』ので最後の1ページ丸々使ってのスタッフロールを行った際、当時『うる星-』を連載していた高橋は「私が『うる星-』の最終回でやりたいと思っていたのに、先を越された」と言い、悔しがったという(ガイナックスのCD-ROM『新谷かおる Art Collection』での新谷へのインタビューより)。 結局「うる星やつら」でも、最終ページで半ページの大コマにスタッフが書き込まれる形になっている。 の児童文学『たぬき親父』に「うる星やつらのまんがを読んで涙する父親」が登場する。 なお、『たぬき親父』はの教科書『中学国語I』にも取り上げられている。 『』では、作中で、この漫画の1エピソード(「GS美神'78!! 」)のときの事件を基に高橋が『うる星やつら』を書いたことになっている。 このネタは、が高橋から特別に許可をもらって作られた。 椎名高志が結婚した女性は元・で高橋留美子の下でアシスタントをした経験がある。 で著『小説うる星やつら』全5巻、ワイドカラー版で『英訳うる星やつら』全4巻(斎藤宏とブルース・M. ウィルカースン共訳)、『うる星やつらソングbook』が - に刊行された。 に『』のテレビCM「3、4時間」篇で、女優のがラムので実写出演。 「」をアレンジした曲をが歌い、「3、4時間戦えますか? 」をキャッチコピーにした。 、北口に直結する歩行者道路「」に練馬区にゆかりのある漫画作品のブロンズ像を設置。 高橋作品からは『うる星やつら」が選ばれ、トラ柄ビキニを身に着けてキュートに微笑むラムのブロンズ像が展示されている。 CMソングとして「」の替え歌が使われた。 脚注 []• 2020年7月17日閲覧。 めぞん一刻文庫版第1巻巻末あとがき• 2018年現在ではこの記録が塗り替えられ、『』(、2017年12月時点で94巻、現在も連載中)が保持している。 『劇場版 うる星やつら完結篇 ボーイミーツガール』(大判で刊、1988年)に収録• なお、原作第一話では勝利後にあたるがラムの母星に連れて帰られることになっていたが、一話完結型のために第2話においてなかったことになっている。 原作での同居は3話以降から• 第29話「この子はだあれ」序盤• 第110回放送分の第133話。 MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 、21ページ• 大森望『現代SF1500冊 乱闘編 1975-1995』、、p. 198• 『』8月号。 マイナビウーマン 2014年7月1日• 練馬アニメーションサイト 2015年4月4日. 2015年7月7日閲覧。 、コミックナタリー、2019年7月8日 21:45。 、ねとらぼエンタ、2019年07月08日 14時56分 公開 関連項目• () のオルタナティブロックバンド 外部リンク• (日本語).

次の