キュウソネコカミ チケット。 キュウソネコカミ、地元

キュウソネコカミ 10th ANNIVERSARY TOUR アルテマウスの襲来

キュウソネコカミ チケット

すでに延期とご案内させて頂いておりました キュウソネコカミ10th ANNIVERSARY TOUR-アルテマウスの襲来 4月29日 水,祝 静岡SOUND SHOWER ark 公演 4月30日 木 名古屋DIAMOND HALL 公演 に関しまして、チケット払い戻しの詳細が決定しましたので、ご案内致します。 詳しくは下記をご確認頂き、期日内にお手続きをお願い致します。 期日を過ぎての受付は致しかねます。 充分にご注意下さい 振替公演日程に関しましては、2021年開催予定にて調整させていただいております。 お持ちのチケットは振替公演でもご利用できますので、大切に保管してください。 まだチケットを発券されていないお客様はそのままでも大丈夫です。 8月以降の公演開催可否に関しましては、新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、政府や各自治体の定めるガイドラインに沿って協議してまいりますので、何卒ご理解とご協力いただきますよう宜しくお願いいたします。 必ず期日内にお手続きをお願い致します。 ご注意下さい。 払い戻し受付期間内にチケットをお持ちの上、ご来店ください。 チケットは発券せずにCloakサイト上で払戻が可能です。 払戻受付期間内にCloakサイト上からお手続きをお願いいたします。 なお、振替公演へご来場をご希望の場合、チケットは振替公演日まで発券が可能になりますので、振替公演ご来場時までに発券いただければ問題ありません。 一度店舗でチケットを発券いただき、発券された店舗にて払い戻しをお願いいたします。 セブン-イレブンでは、チケットを発券いただいた当日には払い戻しの受付ができません。 大変お手数ではございますが、発券翌日10:00AM以降に再度、発券店舗にご来店ください。 チケットの発券は払い戻し受付終了日の1日前までに行い、払い戻し受付期間内に払い戻しが完了するようお手続きください。 なお、uP!!! 先行でご購入のお客様のうちセブン-イレブン店舗にてチケットをお引取り予定の方は、本来の公演日から90日を過ぎますと、システムの都合により、セブン-イレブン店舗でのご発券ができなくなります。 払い戻しの場合にも、振替公演ご来場ご希望の場合にもチケットは必要になりますので、お客様にはお手数をおかけしますが、必ずご発券をお願い申し上げます。 チケットぴあメールセンターへチケットの返送をお願いいたします。 詳細は下記リンクよりご確認ください。 なお、チケットぴあにて購入された代表者様が必ずお手続きいただきますよう、お願いいたします。 メールが届かない場合があるため【】のドメインの受信許可を設定してください。 払い戻し方法詳細については下記の払い戻し方法チャートを確認してください。 下記URLより払い戻し方法についての詳細をご確認ください。

次の

キュウソネコカミ、地元

キュウソネコカミ チケット

ツアーの振替延期日程に関しましては、2021年開催予定にて調整させていただいております。 お持ちのチケットは延期公演でもご利用できますので、大切に保管してください。 まだチケットを発券されていないお客様はそのままでも大丈夫です。 8月以降の公演開催可否に関しましては、新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、政府や各自治体の定めるガイドラインに沿って協議してまいりますので、何卒ご理解とご協力いただきますよう宜しくお願いいたします。 現時点で払い戻しを希望される方は下記をご確認ください。 2020. 18 更新 ———————— キュウソネコカミ 全国ツアー ゲスト有り 4〜7月公演 延期のお知らせ 4月7日 火 より開催を予定しておりました「キュウソネコカミ 10th ANNIVERSARY TOUR-アルテマウスの襲来-」の4〜7月公演につきまして今回の新型コロナウィルス拡大の影響に伴い、開催を延期させていただきます。 払い戻しをご希望の方は、後日発表されます払い戻し受付期間中に、払い戻しを実施してください。 <振替公演に関して> 今回延期となるツアーに関して、振替公演を実施予定です。 ツアーの日程上、振替日は2021年中を予定しておりますが、公演の日程上、チケット購入方法等の詳細は後日お知らせいたします。 引き続き、みんなで予防頑張りましょう!! キュウソネコカミ一同 2020.

次の

キュウソネコカミ チケット完売の地元西宮での結成10周年記念ワンマン公演をニコ生で独占生中継

キュウソネコカミ チケット

キュウソネコカミの結成10周年記念イヤーとなる今年2020年(ねずみ年)1月9日に、地元 西宮にて実施したワンマン・ライヴ"キュウソネコカミ 10th ANNIVERSARY LIVE Welcome to 西宮!! "のドキュメントならぬ"ドチュメント"とライヴ・ダイジェスト映像が公開された。 初の地元 西宮ワンマン当日の舞台裏がたっぷりと堪能できるので、ぜひチェックしてほしい。 そして、全国47都道府県62公演を実施する"キュウソネコカミ 10th ANNIVERSARY TOUR -アルテマウスの襲来-"のチケット1次先行もスタートした。 全公演完売必至となっているので、こちらもお見逃しなく。 9 V1 7月5日(日)長崎 DRUM Be-7 7月10日(金)北海道 小樽 GOLD STONE 7月13日(月)北海道 帯広MEGA STONE 7月14日(火)北海道 根室 HYWATTHALL 7月16日(木)北海道 旭川CASINO DRIVE 7月26日(日)東京 Zepp Haneda 7月28日(火)山梨 甲府conviction 7月29日(水)長野 松本Sound Hall a. C 7月31日(金)富山 MAIRO 8月1日(土)福井 AOSSA 福井県民ホール 8月5日(水)三重 松坂M'AXA 8月6日(木)岐阜 club-G 8月25日(火)神奈川 F. D YOKOHAMA 8月26日(水)埼玉 HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3 9月2日(水)岩手 大船渡KESEN ROCK FREAKS 9月3日(木)岩手 盛岡CLUB CHANGE WAVE 9月5日(土)秋田 Club SWINDLE 9月6日(日)山形 ミュージック昭和Session 9月16日(水)高知 X-pt. Welcome to 西宮 2. あいつホンマ 3. 華麗なる飯 4. 戯我浪費 ヨミ:ギガロウヒ 5. 役立たず 2020 ver. 適当には生きていけない 2020 ver. 冷めない夢 [DVD] "DMCC REAL ONEMAN TOUR 2019 EXTRA!! 今作には新曲に加え、現在は手に入らない1stデモ収録のレアな2曲の再録版も収録。 "10年経っても世界は継続"(「適当には生きていけない」)という言葉の重みが増しているものの、スピリットは当時のままであることを示している。 そしてリード曲「冷めない夢」からは、彼らにとっての冷めない夢が"キュウソネコカミ"なのだろうと実感。 この曲をラストに置くことは、どうしても周囲と比べてしまいがちなSNS世代の心を震わせることに奏功するだろう。 今年は"SXSW"出演も発表されているが、ジャケットのハリネズミのように、バチバチと火花を散らし、アメリカでの刺激と戦う姿が目に浮かぶ。 (稲垣 遥) 愚直に自らを振り返り、キュウソというバンドの生き様を曝け出した前シングルの2曲や、"クボタ LOVE米プロジェクト"への書き下ろし曲「米米米米」を含む新アルバム。 その流れを汲むと「推しのいる生活」も"推される"側のバンドマンからのメッセージにも聴こえてくる。 リアリティの路線が少しずつ変わってきている過渡期の作品ではないだろうか。 (稲垣 遥) 新曲発表のたびに、今回は世の中のどこに焦点を当てて噛みつくのだろう、と思うのもキュウソの魅力のひとつだが、この新作はこれまでとはひと味違う一面が窺えるものだった。 アニメ"メジャーセカンド"OP曲の「越えていけ」は、世の中に噛みつくのではなく、自分自身と戦い今の自分を"越えていこう"という、かつてないほどにシンプルな応援歌。 そして「The band」では、"楽しさだけ"を求められることが多いキュウソというロック・バンドの生き様をその鋭い目線から描いている。 過去最高にストレートにバンドの苦悩や本当にやりたいことを曝け出すからこそ、真に迫る凄まじさがそこにある。 5人と"リアルタイムで出会えた"からこそ、彼らの音楽に笑った人は今こそ共に"楽しい"の先へ行くときだ。 (稲垣 遥) すっかり邦ロック・シーンに欠かせない存在となったキュウソの新作。 これまで数々のエッジーでダンサブルな楽曲に不平不満を乗せてボヤき散らしてきた彼らだが、まだまだ言いたいことは収まらず、今作では"詐欺写真"、"メンヘラ"、"おじさん好き女子"などに現実を突きつける。 そんななか、ぽつりと収録されていた「TOSHI-LOWさん」には笑ってしまった(もちろんあの"鬼"への愛が込められた楽曲)。 だが、ただ現代を俯瞰的に面白おかしく皮肉るだけではなく、「5RATS」、「わかってんだよ」では彼らの中に今沸々と湧く闘争心や野心をむき出しにする。 結成から8年、"バズらせ系バンド"先駆者として邦ロック界における確固たる地位を築いてきたと言えるキュウソ。 5人が目指す、さらなる高みに期待。 (稲垣 遥) "2ndフル・アルバム『大事なお知らせ』をブラッシュアップさせたもの"というコンセプトで作られた今作は、この3年でバンドがスキル・アップし、許容範囲が拡大したことを感じさせる。 エッジーなギターとシンセが疾走する"THEキュウソ"な楽曲はもちろん、キュートで人懐っこいリフも印象的な「NEKOSAMA」、ピアノの音色とエフェクティヴなギターが和メロを引き立てる「春になっても」など、フル・アルバムだからこそ収録できる楽曲の存在は作中で大きなアクセントだ。 歌詞も単なるディスではなく、成長や味わいを感じさせるものが多いが、「ヤブ医者」は"うるせぇバーカ!!"と初期のように全力で不平不満をまき散らす。 今も過去も全部詰めこんだエネルギッシュな作品、非常に痛快だ。 (沖 さやこ) 今年1月24日のライヴを早くも映像化。 成長期真っ盛りなバンドの記録をリアルタイムなものにするために極短スパンでリリースする必要があったのだろう。 この作品は言うなれば成長痛の記録だ。 フロアの人波に揉まれるスタッフ目線やクレーン・カメラによるカットなど、20台超のカメラによる映像は会場の熱狂をダイナミックに映し出すと同時に、葛藤の最中でもがくバンドの姿をも浮き彫りにした。 どんなエンターテインメントを描いていくのか。 泣き笑いに満ちた過程の熱さがヒシヒシと伝わってくる。 (蜂須賀 ちなみ) 前作『10代で出したかった』が一部のインディー・ロック好きの間で話題になり、最近ではライヴの動員も急上昇中。 共感できるような気もするし、そんなこともないような、知らんがなとツッコミたくなるような歌詞とやたらとキャッチーなダンス・ロック、衝撃的なライヴ・パフォーマンスで今やネクスト・ブレイカーの一角に挙げられることも多い彼らの2ndアルバム。 前作から曲の構成力は格段に増し、各パートの輪郭が顕著になり、メリハリのついたサウンドに悔しいけど体が揺れる。 ツイン・ヴォーカルの必然性も一段と増し、しっかりとキャラクター分けができており、お互いが曲のアクセントとなっている。 もっと、見るからにストイックに魂を削ってます感溢れるバンドが売れるシーンが望ましいのかもしれないが仕方ない、彼らは面白い。 (伊藤 啓太) 約束しよう、この音源を聴き終え、特に予定も無く街を歩いている時にふと"ヤーンキーこーわいー"と口ずさんでしまう事を。 日本のインディー・ロック・シーンにありがちなダンス・ロック・サウンドと彼らは全く違う、彼らは段違いに"面白い"。 コミカルな詞の世界観、凄まじい熱量でそれを体現するライヴ・パフォーマンス、そしてMC、全てが1つのエンターテイメントとなって笑えるのは間違いないのだが、彼らは決してコミック・バンドに収まらない音楽的IQの高さを持っている。 全てが計算なのか偶然の産物なのかは正直わからない。 しかし多様な音楽を吸収するというよりは貪り食っているかの如く超展開していく彼らの音が非凡であるという事は、このアルバムを聴いていただければ伝わるはずだ。 ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg.

次の