ライン アップデート 終わら ない。 iPhone版LINEがアップデートできないときの対処法

iPhoneのアップデートができない原因と対策!最新iOSのアップデートのやり方も解説

ライン アップデート 終わら ない

iOSのバージョンが古いままだと、アプリとの互換性がなくなり、アップデートが進まないことがあるのです。 まずは、最新版のiOSになっているのか確認してみましょう。 確認方法は以下の通りです。 iOSのバージョンが古い場合、アップデート関連の情報が表示されますので、その際はiOSをアップデートしてください。 対処法:最新版のiOSにアップデートする iOSをアップデートする際は、Wi-Fiに接続し、充電しながら行いましょう。 最新版のiOSにアップデートするための手順は以下の通りです。 利用規約の「同意する」をタップすると、「ダウンロード中」と表示される• 「今すぐインストール」をタップしてインストール開始• Appleのマークが表示され、iPhoneが再起動された後、iOSのアップデート完了 この方法で新しいiOSにアップデートすることができます。 ただし、アップデートできないこともあります。 その際はWi-Fiの接続状況が安定しているのか確認してみましょう。 また、サーバーが混み合っていてアップデートできない可能性もありますから、その時は時間を置いてから再度iOSのアップデートを試みましょう。 iOSのアップデートについてより詳しく知りたい場合は、こちらをご覧ください。 これを解決する方法は簡単で、アップデートに必要となるデータの容量を確保すればよいのです。 そのためには、不必要なデータを減らして、ストレージの空き容量を増やす必要があります。 対処法:必要のないアプリを削除してストレージの空き容量を確保する iPhoneのデータ容量を確保したい時は、まずどのアプリがどの程度の容量を消耗しているのか確認することをおすすめします。 そのうえで、データの使用量が多いアプリやいらないアプリを特定し、アプリ内の写真や動画、音楽など必要のないデータを削除すると、ストレージの空きを確保することができます。 各アプリのデータ使用状況を確認する方法は以下の通りです。 ストレージの使用状況を確認する画面へ移動したら、どのアプリがストレージを圧迫しているのかチェック その後、いらないアプリやデータをどんどん削除して、ストレージの空きを十分に確保すれば、アップデートがスムーズにできるはずです。 「待機中」から進展がない場合は、インターネットに接続されているのか通信環境を確認してみましょう。 また、アプリによってはWi-Fiに接続していないとアップデートできないこともあります。 Wi-Fiに接続したり、通信環境を変えたりすることで解決できることがありますので、まずは通信環境を見直してみましょう。 対処法:Wi-Fi・機内モードなどの通信機能を使う Wi-Fiに接続していないとアップデートできないアプリもあるため、以下の手順に従って、iPhoneがWi-Fiに接続されているかどうか確認し、Wi-Fiをオンにしておきましょう。 左上にWi-Fiのマークがあるので、OFFになっていたらタップ これでWi-Fiをオンにすることができます。 ただし、同じWi-Fiでも通信の安定していない回線もありますから、その場合は、別のWi-Fiに接続してアプリのアップデートを進めましょう。 機内モードのオン・オフを切り替えて、通信の状況をリセットすることで改善する場合もあります。 コントロールセンターの左上に表示されている「飛行機マーク」をタップし、機内モードをオンにした後、もう一度タップして、機内モードをオフにしましょう。 すると通信環境がリセットされ、アップデートが再開されることがあります。 この場合は、通信環境を改善したりiOSを新しくしたりしても、アプリをアップデートすることはできません。 アプリ自体に欠陥がある際は、新しくインストールし直す必要があります。 対処法:アプリをインストールし直す アプリに損傷やバグといった不具合が発生した際は、そのアプリをアンインストールし、再度インストールすることで、アップデートを完了させることができます。 しかし、通常の方法では削除できない場合もあります。 その時は、設定からアプリを削除する必要があります。 設定からアプリを削除する方法は以下の通りです。 アプリ一覧から削除したいアプリを選択• 「Appを削除」をタップして、アンインストール完了 アプリを削除する画面では、「Appを削除」以外に「Appを取り除く」を選ぶことができます。 「Appを取り除く」を選ぶと、アプリを削除しながら、データを保持することもできます。 データを保存しておきたい人はこちらをタップしましょう。 ただし、「Appを取り除く」でもデータが復元できないことはあります。 その点は、考慮したうえで上記の操作を行いましょう。 再起動後に、App Storeでアプリをインストールしてみましょう。 様々あるトラブルの中に、アプリのアップデートができないという問題も含まれています。 iOSのアップデート直後にサーバーが混雑しすぎることで、アプリのアップデートに支障が出てしまうケースがあるのです。 同じように、App Storeにおいても何らかのサーバー障害が発生し、アプリのアップデートがスムーズに進まないことがあります。 対処法:時間を置く・再度アクセスする iOSやApp Storeに問題がある場合は、こちら側で対処する方法はほぼないと考えてください。 iOSやApp Storeが正常に機能するまで時間を置くしかありません。 アップデートがうまくいかない時にSNSをのぞいてみると、同じようにアップデートで困っている人のつぶやきが見られるかもしれません。 その際は、iOSやApp Storeのサーバーに問題が発生していると考えられます。 基本的には時間を置くしかありませんが、App Storeを一度閉じて再起動することで、アップデートの状況が改善する可能性はあります。 念のために試してみるとよいでしょう。 それでもアップデートできない時は? 上に紹介した5つの対処法を試してみても改善しない、そもそも原因不明でアップデートできないという場合に役立つ対処法について以下に解説します。 ダウンロードを一時停止してから再開する iPhone 6s以降の端末であれば、まずホーム画面を強く押し込んでください。 すると「ダウンロードを再開」、「ダウンロードを一時停止」、「ダウンロードをキャンセル」などのオプションが画面上に現れます。 アップデートが一時停止している場合は、この「ダウンロードを再開」をタップしましょう。 一方で、アップデートが一向に進まない場合は、「ダウンロードを一時停止」をタップし、一旦アップデートを中断させましょう。 その後、「ダウンロードを再開」をタップし、アップデートの状況が改善するか様子を見てください。 アプリのアップデートがスムーズに進むかもしれません。 バックグラウンドで起動しているアプリを閉じる バックグラウンドで複数のアプリを起動している場合、アプリのアップデートがスムーズに進まないことがあります。 ホームボタンをダブルクリックすると、いま使用中のアプリが表示されますので、バックグラウンドで開いているそれらのアプリを一旦すべて閉じましょう。 任意のアプリを選んで上方向にフリップすれば、アプリを閉じることができます。 Apple IDのサインイン・サインアウトを試してみる アプリのアップデートやインストールの際に不可欠なApple IDの認証に、何らかの問題が発生している可能性もあります。 その場合は、一旦Apple IDからサインアウトして、再度サインインしてみましょう。 Apple IDからサインアウトし、再びサインインする手順は以下の通りです。 Apple IDが表示されていた位置に「サインイン」と表示されるので、それをタップ• Apple IDとパスワードを入力し、「サインイン」をタップすればサインイン完了 ここまで操作したら、もう一度アプリのアップデートを試みましょう。 iPhoneを再起動する 再起動はiPhoneに起こる様々な問題を解決する時に有効な対処法です。 これまで紹介してきたどの方法でもアプリのアップデートが改善されない場合は、一度再起動した後に、再びアップデートを行ってみましょう。 iPhoneを再起動する際は、まずサイドボタン(電源ボタン)を長押しします。 スライダが表示されたら、スライダをドラッグして電源をオフにします。 電源が切れたことを確認したら、Appleのマークが表示されるまで、もう一度サイドボタンを長押しします。 これで再起動は完了です。 再起動の方法についてさらに詳しく知りたい場合は、こちらをご覧ください。 アプリをアップデートできない時、まず確認したい点は以下の2点です。 iOSのバージョンが最新版になっているか• ストレージの空き容量が十分に確保されているか この2点を見直せば、たいていの場合、アップデートの不具合は改善されるはずです。 そのうえで、ほかの対処法も試してみましょう。 どうしても改善されない時は、Appleにお問い合わせするか、直接来店するかして、どのように対処すればよいのか店員さんに尋ねてみましょう。

次の

iPhone版LINEがよく落ちる場合の6つの対処法

ライン アップデート 終わら ない

LINEをアップデートする必要性 まずは、LINEのアップデートについて基本的な知識を確認しておきましょう。 なぜアップデートが行われるの? LINEは今や国民的な通信アプリといっていいでしょう。 特に30代以下の若い世代の間では、LINEをビジネスの場でも使用するなど活躍の場が広がっています。 それだけにLINEのアップデートはユーザーにとっても大切な問題なのです。 アップデートが行われる理由はいくつかあります。 LINEは使用する人数が多いだけに、ユーザーの要望に従って便利な新機能の追加や使いやすくするための仕様変更などが頻繁に行われています。 名前を入れて使える「カスタムスタンプ」や、日常の1シーンをシェアできる「ストーリー」機能など、LINEが登場した当初は存在しなかった機能が次々付け加えられています。 更新される頻度が早い分使いこなすのが大変ですが、一方で今までできなかったこと、やりたかったことができるようになります。 LINEの公式ホームページを見れば、新機能について確認できますよ! 機能の追加だけでなく、バグの修正やセキュリティ保護の強化も同時にアップデートによって行われます。 特にセキュリティの面は完璧な対策というものはなく、日々運営側が更新することでようやく一定の安全性を保てているのです。 こうした変更に対応するために、LINEユーザーは頻繁なアップデートに対応していく必要があります。 アップデートした方が良い理由 アップデートについて、人によっては「アップデートした後ですぐに修正版が出るかもしれないから、アップデートをいったん見送る」という人もいるようです。 また、アップデートをしたほうがよいとは分かっているけれど、すぐにWi-Fiにつなげることができずについ先送りにしてしまうという方もいると聞きます アップデートは大容量のデータを通信する場合もあるため、そのような判断をすることも間違いではないかもしれません。 しかしアップデートしない場合、サーバーと端末の間のやり取りがうまくいかずにLINEが停止してしまったり、機能がうまく使えなってしまったりすることが考えられます。 こうした不具合であわてないためにも、アプリが更新された場合速やかにアップデートすることが必要です。 デバイス別LINEアップデートのやり方 それでは、実際にLINEのアップデートをする手順をみていきましょう。 アップデートのやり方 iPhone編 LINEをはじめとしたスマートフォンアプリの更新はOSによってことなります。 iPhone OSではApp Store、Android OSではGoogle Playストアからアプリの更新を確認し、アップデートできます。 iPhoneの場合、App Storeを開き「アップデート」をタップします。 アプリ一覧から「アップデート」、または画面右上の「すべてをアップデート」をタップしてください。 すると、アップデートが始まります。 「アップデート」アイコンが、「開く」アイコンに変わればアップデート完了です。 「開く」を押せばLINEが再起動します。 その後、「アップデート」欄でアプリのアイコンをタップすると、「新機能」の下にアップデート内容が記されています。 どのような変更があったのか、なくなった機能や増えた機能は何か、などを確認できます。 ただ、ここの内容だけでは分かりにくいという場合もありますので、そんなときはLINEの公式ページを見て使い方などを確認してみてください。 アップデートのやり方 Android編 Androidの場合は、スマートフォン端末のホーム画面に「利用可能なアップデートがあります」という通知が来ます。 「アップデート」欄から「更新」または「すべて更新」をタップすればアップデートが始まります。 「アップデート」欄にあるLINEのアイコンをタップすると、アップデートの内容を確認できます。 基本的な使い方だけならほとんど変更はありませんが、アップデートごとに細かい仕様などが変更になっているので、できるだけ確認してみてください。 面白い発見があるかもしれません。 自動更新の設定 LINEのアップデートは比較的頻繁に行われます。 その都度手動でアップデートをするのは面倒と思われる方も多いのではないでしょうか。 そんな方のために自動更新設定というものがあります。 ぜひ活用してみてください。 アップデートは必要容量が多いことがあるので、Wi-Fiとつながっている時だけ行う設定にするのが一般的です。 この設定を忘れた場合、スマートフォンの残り通信量を圧迫してしまい、その月の残りはネットにつなぐのが遅くなってしまうことも考えられます。 iPhoneの場合、「設定」の「一般」タブから「Appのバックグラウンド更新」をタップします。 「Appのバックグラウンド更新」が表示されるので、Wi-Fiにつながっている時だけアップデートを行うよう、「Wi-Fi」にチェックを入れます。 その後自動でアップデートさせたいアプリをすべてオンにして設定完了です。 Androidの場合は、Google Playストアの左上にあるメニューアイコンから「設定」をタップしてください。 「全般」タブに「アプリのダウンロード設定」がありますのでそれをタップし、「Wi-Fi経由のみ」にチェックを入れます。 その後同じ「全般」タブにある「アプリの自動更新」を「Wi-Fi経由のみ」にチェックが入っていることを確認し、「Wi-Fi接続時のみアプリを自動更新します」に設定されていることを確認してください。 「完了」をタップすれば設定完了です。 アップデートのまつわるトラブル さいごに、LINEのアップデートでよくあるトラブルについてまとめたので、うまくいかない方は参考にしてくださいね。 アップデートが終わらない! アップデートに関するトラブルとしてありがちなのが、アップデートをはじめたものの何分たっても終わらないというケースでしょう。 これは、インターネット接続がうまくいっていない可能性が高いです。 Wi-Fi接続のみと設定していても、そのWi-Fi接続に問題がある場合や、端末の接続がうまくいっていない場合などが考えられます。 こうした場合はまず、インターネット接続の状態を確認しましょう。 接続に問題があるとわかったら、Wi-Fiや機内モードのオンオフを切り替えてみてください。 接続自体に問題がなさそうな場合は、端末を一度再起動してみてください。 連続使用によって端末の処理能力が落ちているというケースも考えられます。 この場合は再起動することで問題を解決できます。 アップデートができない! アップデートが始まるという話を聞いたのに、なぜか自分のスマートフォンにはその通知が来ていない、専用のダウンロードアプリを開いてもアップロードの一覧に載っていないというケースがあります。 これらはGoogleやAppleのアカウントの更新がうまくいっていないことが原因と考えられます。 設定画面から一度アカウントをログアウトし、再度ログインしてみてください。 それでもアップデートができない場合は、情報に誤りがないか確認し、アプリの運営に連絡をとってみてください。

次の

LINEアップデートはするべき!アップデートのやり方と不具合の解消法

ライン アップデート 終わら ない

コンピューターのセキュリティを最大限確保するためには、ESET Endpoint Securityを定期的にアップデートするのが最善の方法です。 アップデート機能により、プログラムは検出エンジンのアップデートとシステムコンポーネントのアップデートという2つの方法で、常に最新の状態に保たれます。 メインプログラムウィンドウの[ アップデート]をクリックすると、前回成功したアップデートの日時、アップデートが必要かどうかなど、現在のアップデートの状態を確認できます。 すべてのモジュールを表示リンクをクリックして、インストールされたモジュールのリストを開き、モジュールのバージョンと最後のアップデートを確認します。 さらに、アップデートプロセスを手動で開始する[ アップデートを確認する]も使用できます。 検出エンジンとプログラムコンポーネントのアップデートは、悪意のあるコードからの完全な保護を維持するための重要な部分です。 この部分の設定や操作には注意してください。 インストール中にライセンスの詳細を入力しなかった場合は、更新時に [製品のアクティベート]をクリックして、ライセンスキーを入力すると、ESETのアップデートサーバーにアクセスすることができます。 ユーザー名とパスワードを使用せずにオフラインライセンスファイルでESET Endpoint Securityをアクティベートし、アップデートを試みる場合、赤色の情報 「検出エンジンアップデートがエラー終了しました」は、ミラーからのみアップデートをダウンロードできることを示します。 注意 ESET Endpoint Securityの購入後、ライセンスキーがESETから提供されます。 現在のバージョン - ESET Endpoint Securityのビルド番号。 最終アップデート - 最終更新日時です。 検出エンジンが最新、つまり最近の日付になっていることを確認します。 アップデートの最終チェック - モジュールのアップデートを最後に試行した日時。 すべてのモジュールを表示 — クリックすると、インストールされたモジュールのリストを開き、モジュールのバージョンと最後のアップデートを確認します。 アップデートプロセス [ アップデートの確認]をクリックすると、ダウンロードが始まります。 ダウンロードの進行状況バーとダウンロードにかかる残り時間が表示されます。 アップデートを中断するには、[ アップデートのキャンセル]をクリックします。 重要 通常は、検出エンジンは1日に数回アップデートされます。 表示されないということは、プログラムが古くなっており、感染しやすくなっているということです。 検出エンジンはできるだけ早くアップデートしてください。 検出エンジンは最新ではありません - このエラーは、検出エンジンをアップデートしようとして何回か失敗すると表示されます。 アップデートの設定をチェックすることをお勧めします。 このエラーが起こる原因として最も多いのは、認証データが正しく入力されていない、または が適切ではないことです。 上記の通知は、アップデートの失敗に関する次の2つのメッセージ 検出エンジンのアップデートが失敗しました に関連します。 無効なライセンス - アップデート設定でライセンスキーが正しく入力されていません。 認証データを確認することをお勧めします。 [詳細設定]ウィンドウ メインメニューで[ 設定]をクリックして、[ 詳細設定]をクリックするか、またはキーボードのF5キーを押す に、追加のアップデートオプションが示されています。 アップデートファイルのダウンロード中にエラーが発生しました - このエラーはが正しくないことが原因のことがあります。 インターネット接続を確認することをお勧めします Webブラウザーで任意のWebサイトを開いてみます。 Webサイトが開かない場合、インターネット接続が確立されていないか、コンピューターの接続に問題がある可能性があります。 ご利用のインターネットサービスプロバイダ ISP に、有効なインターネット接続があるかどうか確認してください。

次の