ヘッドホン ワイヤレス おすすめ。 【高音質・ワイヤレスも】ヘッドホンのおすすめ人気ランキング15選【2019年最新版】

【2020最新】ワイヤレスヘッドホンのおすすめ28選。高音質でコスパ最強の人気モデル集

ヘッドホン ワイヤレス おすすめ

テレビ鑑賞に向いているワイヤレスヘッドホンとは? By: ワイヤレスヘッドホンをテレビ鑑賞に使用する場合は、声が聞き取りやすいクリアな音質で、長時間使用できる装着感のよいモノがおすすめです。 特に音楽番組などを視聴する場合は、AACなどの高品質なコーデックに対応しているモノを選ぶとノイズが抑えられるほか、高音質で楽しめます。 一方、テレビゲームをする場合は、立体的な音響で楽しめるサラウンド機能付きのモノが便利です。 また、ワイヤレスヘッドホンは、Bluetoothやそのほかの近距離無線通信などを利用してテレビと接続します。 なかでも、Bluetooth接続のワイヤレスヘッドホンを選ぶ場合、接続するテレビ側でも同じコーデックに対応していないと、高音質なワイヤレスイヤホンのスペックを発揮できない場合があるので注意が必要です。 一方で、別途送信機をテレビに接続するタイプであれば、Bluetooth非対応のテレビでもワイヤレスヘッドホンを利用できます。 ただし、テレビ周辺に送信機を置く場所を用意しなければならないため、テレビ周辺をスッキリとまとめたい方にはやや不向きです。 利用する場所や併用するテレビにあった接続方式のワイヤレスヘッドホンを選びましょう。 テレビ鑑賞向けワイヤレスヘッドホンの選び方 装着感で選ぶ By: ワイヤレスヘッドホンを長時間使用する場合は、装着感が重要です。 装着感のよいワイヤレスヘッドホンを見分けるためには、イヤーパッドに注目しましょう。 イヤーパッドの形状は、耳を覆うイヤーパッド部分が耳たぶを押すように接する「オンイヤー型」と、耳たぶの周囲をすっぽりと覆う「オーバーイヤー型」に分かれます。 オンイヤー型は、軽量・コンパクトで装着感があまりなく、付け心地に優れているのが特徴。 また、コンパクトにたためるモデルも販売されており、収納時に便利です。 一方オーバーイヤー型は、音漏れが少なく外部からの雑音も遮断できるのが特徴。 装着時に耳への接触がないため、長時間使用する方におすすめです。 加えて、イヤーパッドに使用されている素材も重要なポイント。 長時間使用する場合は、柔らかい素材や、通気性の高い素材を使用しているモノがおすすめです。 音質で選ぶ By: ワイヤレスヘッドホンの音質は、ハウジングが密閉型か開放型かで大きく左右します。 使用環境や音質の好みで選びましょう。 密閉型は、遮音性が高く、環境音を低減してテレビに集中したい時におすすめです。 一方、開放型は音質がよく、圧迫感も軽減されており、静かな室内での使用に向いています。 ただし、音漏れしやすいため、ボリュームには要注意です。 また、ワイヤレスヘッドホンの中でも音質がよく遅延の少ないモノを選ぶためには、コーデックに注目しましょう。 ワイヤレスヘッドホンの多くが標準で対応しているのはSBC。 より高品質なのはiPhoneに搭載されているAACやハイレゾ対応のLDAC、遅延の少ないaptXです。 機能で選ぶ By: テレビに集中したい方には、周囲の雑音を低減するノイズキャンセリング機能が付いたワイヤレスヘッドホンがおすすめです。 犬を飼っていたり、自宅が道路に面していたりと環境音が気になる場合にも、ノイズキャンセリング機能を使えば小さな音量でストレスなくテレビを楽しめます。 一方、音質を重視する方は、ハイレゾに対応したワイヤレスヘッドホンがおすすめ。 ハイレゾならより多くの情報量を伝達できるため、歌手のブレスや俳優が動く衣擦れの音なども鮮明に聞こえます。 ただし、テレビもハイレゾに対応している必要があります。 また、映画やテレビゲームなどを楽しみたい方は、サラウンド機能搭載ワイヤレスヘッドホンを選びましょう。 音の聞こえてくる方向が細かく設定されているため、まるでその場にいるかのような臨場感が味わえます。 連続使用時間で選ぶ By: ワイヤレスヘッドホンを選ぶ際はバッテリーの連続使用可能時間にも注目しましょう。 連続再生時間は製品によって異なり、5~30時間と幅があります。 例えば映画を2~3本続けて観たい方には、少なくとも7時間以上連続使用できるモノがおすすめです。 また、充電時間も製品によって異なります。 急速充電に対応したワイヤレスヘッドホンなら、バッテリーの連続駆動時間が多少短くてもすぐに充電が完了するため便利です。 テレビ鑑賞向けワイヤレスヘッドホンのおすすめモデル ソニー SONY オープン型コードレスステレオヘッドホンシステム MDR-IF245RK トランスミッターをテレビに接続すれば、コードいらずで臨場感のあるサウンドを楽しめるワイヤレスヘッドホン。 フル充電で約28時間使用可能という電池持ちのよさが特徴です。 また、ヘッドバンドの長さをいちいち調整する必要がないフリーアジャスト機構を採用。 価格設定が控えめなので、安いワイヤレスヘッドホンを探している方におすすめです。 ソニー SONY 9. 1chデジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-HW700DS ハイクオリティーなワイヤレスヘッドホンです。 4GHz帯と5GHz帯の両方を使用したデュアルバンド無線伝送方式を採用することで、環境に左右されにくい安定したワイヤレス伝送を実現。 非圧縮デジタル伝送によって、音源の劣化を抑えられるのも魅力です。 また、世界初の9. 1chヘッドホンサラウンドにも対応しているため、広大な空間表現力をヘッドホンだけで楽しめます。 ワイヤレスヘッドホンとしては珍しく、HDMI入力に対応しているのもポイント。 これにより、ブルーレイなどのHD音声規格にも対応するハイスペックを実現しています。 4Kパススルーにも対応しているため、4K映像機器との組み合わせにもおすすめです。 イヤー部は、大口径50mmドーム型ドライバーユニットによるオーバーイヤー密閉型を採用。 スケール感と緻密さを両立したワイドレンジサウンドを存分に堪能できます。 音質重視の方におすすめしたいモデルです。 ゼンハイザー SENNHEISER 密閉型デジタルワイヤレスヘッドホン RS 175 100mもの通信距離が特徴の無線サラウンドヘッドホンです。 40~2. 48GHzの帯域を使用した独自のワイヤレス伝送を採用し、長距離伝送を実現しています。 広いリビングにもぴったりです。 非圧縮によるデジタル方式を採用しているので、音源のクオリティーを損なわないのもポイント。 光デジタル入力にも対応するため、幅広い機器と接続して、劣化を抑えた高音質を楽しめます。 大型ハウジングによる密閉型ダイナミック方式を採用しているのもポイント。 映画はもちろん、音楽、ゲーム、いずれにおいてもバランスの取れたサウンドを体験できます。 低音を強化するBass Boost機能により、重低音のみ増大することも可能。 好みの音を追求できるワイヤレスヘッドホンとしておすすめです。 オーディオテクニカ audio-technica ハイレゾ対応デジタルワイヤレスヘッドホンシステム ATH-DWL770 電波干渉や障害物に強い2. 4GHz帯デジタルワイヤレス方式を採用したワイヤレスヘッドホン。 ベストチャンネルサーチ機能が搭載されているため、電波状況をチェックしながら自動で最適なチャンネルを選択可能です。 常に安定した伝送が行えるので、音の途切れを防ぎます。 また、低遅延なaptX Low Latencyコーデックに対応したBluetooth受信機能を搭載しているのもポイント。 送信対応機と組み合わせることで、動画やゲームといったBluetooth伝送で遅延が気になりやすいコンテンツも楽しめます。 有線接続時には40kHz再生が可能な「ハイレゾ対応」仕様なので、高音質な音源を高品位なプレーヤーやヘッドホンアンプで聴く用途にも兼用可能です。 ヘッドホンを折りたたんで充電できるコンパクト設計を採用。 テレビの周辺の限られたスペースでも収納しやすいのもおすすめポイントです。 OneAudio オーバーイヤー密閉型Bluetoothヘッドホン A3-High 低遅延なBluetoothコーデックであるaptX Low Latencyに対応したワイヤレスヘッドホン。 aptX Low Latency送信対応トランスミッターとの組み合わせによって、テレビ映像とのズレを軽減させたワイヤレスリスニングが楽しめます。 また、耳に入る周囲の騒音を低減してくれる「アクティブノイズキャンセリング」機能を搭載しているのもポイント。 部屋の騒音に気を取られず、テレビ鑑賞やゲームプレイに集中できます。 ワイヤレスとノイズキャンセリングを併用しても最大15時間使用できるロングバッテリーも魅力です。 人間工学に基づいたヘッドバンドを採用しているので、フィット感を高めるとともに、耳や頭部への圧迫感を軽減させています。 長時間着用しても耳が痛くなりにくいので、映画鑑賞に適したヘッドホンです。

次の

【高音質・ワイヤレスも】ヘッドホンのおすすめ人気ランキング15選【2019年最新版】

ヘッドホン ワイヤレス おすすめ

オープンエアーにこだわり、広がりのあるサウンドを再現できる「オーディオテクニカ」のヘッドホン。 商品ラインナップが豊富で、一般ユーザーからプロまで多くの人が利用している人気メーカーです。 しかし、エアーダイナミック・アートモニター・ソリッドベースなどシリーズも豊富で、スペックや搭載されている機能も異なるため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、 オーディオテクニカのヘッドホンを選ぶうえで重要なポイントを、いくつかピックアップ。 さらに 通販レビューでも評価の高いおすすめ商品を人気ランキング形式で紹介していきます。 ワイヤレス・上位コーディング・重低音対応のモデルもランクイン。 早速、気になるモデルを手に入れて、オーディオテクニカならではのこだわりのサウンドを楽しみましょう! オーディオテクニカ 商品名 プロフェッショナルモニターヘッドホン プロフェッショナルモニターヘッドホン エアーダイナミックヘッドホン ワイヤレスヘッドホン DJヘッドホン ダイナミックヘッドホン ポータブルヘッドホン ダイナミックヘッドホン ワイヤレス ヘッドホン 特徴 オーディオテクニカの技術が集結した、コスパ最強の人気モデル DJプレイにおすすめ!片耳で使用可能な90度反転モニタ... 付けていることを感じさせない開放感に優れたモデル 大口径ドライバーで、ワイヤレスでも臨場感のあるサウンド... 2種類のコードを標準装備!DJプレイからリスニングまで... コストを抑えて快適なサウンド環境を手に入れたい人に 繊細なサウンドを正確に再現。 バンドサウンドにおすすめ サウンドとの一体感が味わえる高音質ウッドハウジングシリーズ 軽いつけ心地と迫力ある重低音サウンドが楽しめる 最安値.

次の

【2020年版】聴き比べてわかった今こそ選ぶ最強ワイヤレスヘッドホン10選

ヘッドホン ワイヤレス おすすめ

By: ワイヤレスヘッドホンは、オーディオ機器とヘッドホンをBluetoothで接続するコードレスタイプ。 ケーブルを使用しないため、オーディオ機器と離れた場所でも音楽を楽しめるのが特徴です。 また、モノにひっかかって外れたり、ケーブルが断線して使えなくなったりなど、ケーブルゆえのデメリットを受けにくいのもポイント。 より自由に動けるので、通勤や通学など屋外で使用する方におすすめです。 ただし、無線で接続するため、充電が必要な点に注意が必要。 長時間使用したい方は再生可能時間もチェックしましょう。 なかには、無線接続と有線接続の切り替えができるモデルも存在します。 より高音質で音楽を楽しみたい方や遅延を減らしたい方は、両方に対応したモデルがおすすめです。 By: ヘッドホンを選ぶ際、音の特性を重視するのも重要なポイント。 ヘッドホンの音の特性は「モニターヘッドホン」と「リスニング向けヘッドホン」の2つに大きく分類できます。 モニターヘッドホンとは、原音に忠実な再生を可能にするタイプで、主に音楽制作を目的にしたシーンで活用されることが多いのが特徴。 全体的に音のバランスがよく聞こえるため、ボーカルの声をリアルに聴きたい方やミキシング・マスタリング用として使用する方におすすめです。 リスニング向けヘッドホンとは、その名の通り音楽を聴くのに適したタイプで、迫力ある低音を楽しめる「重低音ヘッドホン」や、繊細な中高音を楽しめるヘッドホンなどさまざまなラインナップがあるのが特徴。 メーカーやモデルによって音の傾向が異なるので、自分の好みに合ったヘッドホンを見つけやすいのも魅力です。 ノイズキャンセリング機能をチェック By: ノイズキャンセリング機能とは、周囲の環境音を内部へ取り込み、逆位相の音を発することで音を打ち消し、ノイズを低減する機能のこと。 賑やかな場所で使用しても音楽に集中できるので、通勤通学で使用する方や飛行機などを利用する機会が多い方におすすめです。 一方で、有線モデルの場合でも、ノイズキャンセル使用時に内部バッテリーを使用するので、充電が必要なことに留意しましょう。 そのほか、周囲の音が聞こえにくくなるので、人と会話がしにくくなってしまったり、車などの音が聞き取れなかったりする点に注意が必要。 なかには、周りの音を聞き取りやすくする「外音取り込み機能」が搭載されているモデルもあるので、安全面に配慮したい方はチェックしましょう。 ハイレゾに対応しているかチェック By: ソニーは常に新しいオーディオの楽しみ方を提供し続けている世界でもトップレベルのメーカー。 高性能なオーディオ機器「ウォークマン」を発売し、携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立しました。 ヘッドホンに関しては、初心者からプロまで使える幅広いラインナップがあるのが特徴。 原音の再生に忠実な「モニターヘッドホン」や、ファッションに馴染む「重低音ヘッドホン」など使用用途に合わせて選べます。 また、ワイヤレスヘッドホンにおいても、ハイレゾ相当の高音質を楽しめる高音質コーデック「LDAC」に対応しているモデルや、ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルなど多機能なモデルが多いのも魅力です。 ボーズ Bose By: ビーツは洗練されたスタイリッシュなデザインが魅力の人気オーディオメーカー。 豊富なカラーバリエーションを展開しており、ファッション性に優れているのも魅力です。 特に重低音ヘッドホンのクオリティが高く、DJやアスリートなどに愛用されています。 また、2014年にAppleに買収され同メーカーの傘下になったことで、Apple製品にも搭載されている「W1チップ」を採用したモデルが多いのもポイント。 W1チップはiPhoneやiPadなどiOS端末との相性がよく、デバイス間をシームレスに切り替えられます。 iOS端末を使用している方やおしゃれなヘッドホンを探している方におすすめのメーカーです。 オーディオテクニカ audio-technica ワイヤレスながらハイレゾ相当の高音質が楽しめる「LDAC」のコーデックに対応した密閉型のオーバーイヤーヘッドホンです。 LDACのほかに、CDやMP3などの音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載しているのも特徴。 音楽だけでなく、動画なども高音質で楽しめます。 本体には最大35時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを内蔵。 加えて、10分の充電で最大2. 5時間の再生が可能な「クイック充電」に対応しているので、よく充電を忘れてしまう方にもピッタリです。 さらに、周囲のノイズを低減する「ノイズキャンセリング機能」を搭載しているのもポイント。 飛行機や街なかなど周りが騒がしい環境でも、音楽に没入できます。 イヤーパッドには「低反撥ウレタン素材」を採用しており、快適な装着性を実現。 長時間着用しても疲れにくいヘッドホンを探している方にもおすすめです。 パワフルなノイズキャンセリング機能を搭載した密閉型のオーバーイヤーヘッドホンです。 高性能なノイズキャンセリングテクノロジーを採用しており、ノイズキャンセリングレベルを11段階で調節可能。 ノイズを自在にコントロールすることで、周囲の音が聞こえるまでレベルを下げられます。 音質に関しても、再生中の音楽の低音や高音などを自動で調節して美しいサウンドを楽しめる「アクティブEQ」を搭載。 小さい音、大きい音関係なく、臨場感あるサウンドを体感できます。 また、4マイクシステムを搭載しており、優れた音声認識機能に対応。 「Googleアシスタント」と「Alexa」の両方を使用でき、ハンズフリーで手軽に操作できます。 使い勝手がよい高性能なヘッドホンを探している方におすすめです。 高性能な「アクティブノイズキャンセリング機能」を搭載した密閉型のオーバーイヤーヘッドホン。 W1チップを搭載しており、最大40時間の連続再生が可能で、バッテリー容量を気にせず使えるのが特徴です。 加えて、わずか10分程度の充電で最大3時間の再生が可能な「Fast Fuel機能」を搭載。 充電が面倒な方にもおすすめのモデルです。 また、安定した接続が可能なClass 1のBluetoothを採用しているのもポイント。 オーディオ機器と離れていても音が途切れることなく、安定した再生が可能です。 豊富なカラーバリエーションも魅力のひとつ。 自分好みのデザインを選べるので、おしゃれなヘッドホンを探している方にもピッタリです。 5時間の充電で最大30時間の連続再生が可能な密閉型のオーバーイヤーヘッドホンです。 大容量のバッテリーを内蔵しているため、通勤通学や旅行のときもバッテリー残量を気にせず使えるのが特徴。 充電ケーブルには急速充電が可能な「USB Type-C」を採用しており、充電をよく忘れてしまう方にもピッタリです。 音質に関しても、ダイナミックな低音と再現性が高くバランスの取れたサウンドを実現。 音楽ジャンルを問わず、高音質で楽しめるのもポイントです。 また、Bluetooth5. 0を採用し、コーデックもaptX・aptX-LL・AACに対応。 iOS端末とAndroid端末のどちらでも高音質・低遅延の再生が可能で、音楽再生だけでなく快適な動画視聴も可能です。 耐久性に優れた素材を使用し、コンパクトに折りたためるのも魅力のひとつ。 屋外へ持ち運ぶ機会が多い方にもおすすめです。 おしゃれなデザインと高い機能性を備えた密閉型のオーバーイヤーヘッドホンです。 友人と会話したり、大切な仕事の電話をしたりと、さまざまなシチュエーションに対応できます。 また、同社独自のアクティブノイズキャンセリング ANC に対応しているのも魅力のひとつ。 外音を最も遮断する「最大モード」、移動時に効果的な「風切り音低減モード」、ノイズキャンセリングの圧迫から少し解放されたいときに便利な「圧迫感低減モード」の3モードを搭載しており、状況に応じて切り替えられるのも便利です。 最大17時間の連続再生に対応しているのもポイント。 外出時などで長時間使用したい方にもおすすめです。 高域再生を実現する40mmドライバーユニットを採用した、密閉型のオーバーイヤーヘッドホン。 再生周波数帯域が3〜100kHzと幅広く、ハイレゾ音源の高音質再生に対応しているのが特徴です。 また、軽量CCAWボイスコイルを採用することで、高域での高いレスポンスを実現しているのもポイント。 ハウジング状に通気孔が設けられているので、通気抵抗をコントロールし、重低音のリズムも正確に再現できます。 イヤーパッドは人間工学に基づいた設計により、頭部の凹凸に優しくフィット。 ウレタンフォームの柔らかさを最大限に引き出すことで快適な装着性を実現しています。 ハイレゾの高音質を長時間楽しみたい方におすすめのヘッドホンです。 ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同開発したハイレゾ対応のスタジオモニターヘッドホンです。 独自開発のドライバーユニットを採用しており、可聴帯域を超えるハイレゾ音域をダイレクトかつ正確に再現できるのが特徴。 ジョイント部にシリコンリングを採用しており、体を動かす際に生じるノイズを低減できるので、原音に忠実でクリアなサウンドを聴けます。 人間工学に基づいて作られたイヤーパッドを搭載しており、長時間のリスニングも快適。 可動部の耐久性や耐落下強度も優れているので、長期的な使用にも耐えられる品質を実現しています。 プロのレコーディング現場でも使われるほど高品質なため、自宅で音楽制作をする方におすすめです。 大口径70mmドライバーユニットを搭載し、高音質を実現した密閉型のオーバーイヤーヘッドホン。 LCPとアルミニウムの相互作用により全帯域で高くフラットな内部損失特性を実現し、色付けのないクリアな中高音を楽しめるのが特徴です。 大サイズのネオジウムマグネットを使用しており、ハイレゾ音源の入力信号にも素早くレスポンス。 解像度の高いクリアなサウンドを楽しめるのもうれしいポイントです。 また、ハウジングに設けられた通気孔により、空気の流れを調節することでリズムを再現。 量感ある重低音サウンドもしっかり体感できるのが強みです。 イヤーパッドには高いフィット感を実現する「低反撥ウレタンフォーム」を使用。 長時間のリスニングでも疲れにくいので、ハイレゾの高音質を快適に楽しみたい方におすすめです。 5〜40kHzの幅広い再生周波数帯域に対応した密閉型のオーバーイヤーヘッドホンです。 大口径50mmドライバーユニットを採用しており、低域の量感と中高域の抜けのよさを両立。 高精細なハイレゾの高音質を楽しめるのが特徴です。 密閉型ながら音がこもりにくく、開放的で豊かなサウンドを実現します。 ハンガー部には軽量かつ堅牢な「アルミダイキャスト」を採用。 音響的なパフォーマンスをサポートするだけでなく、洗練された美しいデザインも満足感を高めます。 付属のケーブルはアウトドアの使用に丁度よい1. 3m仕様。 iOSに対応したリモコンも搭載されているので、スマートフォンを取り出さずに音楽の操作ができます。 高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視する方にもおすすめです。 原音の再現性を追求した、独自のハウジング構造を採用した開放型のオーバーイヤーヘッドホンです。 目の前で演奏を聴いているかのように音場が広く、音の定位置や奥行きを正確に再現。 開放型で空気の流れを妨げないため、ドライバーの再生能力を最大限に引き出し、より自然なサウンドを楽しめるのが特徴です。 高性能ドライバーユニットを搭載しており、再現が難しい低域も鮮明かつ量感豊かに出力可能。 イヤーパッドには耳の形状にフィットする低反発素材を使用しており、ドライバーの音を余すことなく聴けるのもポイントです。 高い装着感を実現し、長時間の着用でも疲れにくいのも魅力のひとつ。 原音に忠実なサウンドを聴けるので、音楽制作をする方におすすめです。

次の