宮沢りえ 西遊記。 ドラマ版『西遊記』といえば、どの『西遊記』を思い出すだろうか

ドラマ「西遊記」には唐沢寿明版と宮沢りえ版があった

宮沢りえ 西遊記

概要 [編集 ] が製作したのの作品で、三蔵法師は同様に女優が演じている。 の破局会見後初のドラマ出演作としても話題になった が、製作元が国際放映からに変わり、撮影もフィルムからビデオに変更された。 は26. 9パーセント(瞬間最高33. 9パーセント)(関東地区・調べ) を獲得。 好評のため、翌年に連続ドラマとして・主演で『』が製作された。 ビデオはからメイキングを映像特典にしたものがに発売されていた。 旧シリーズが三蔵法師をあくまで美男子として描き通したのに対し、今作は女性の美しさを持つ男性でなおかつ、悟空の初恋の少女に似ているという設定にされている。 そのため、男性であるはずの三蔵(実際はが変身した姿)にが体を迫ろうとするシーンがある。 悟空、八戒、悟浄は元は人間だった者が落ちぶれて妖怪の姿になった設定に変更されている。 孫悟空は神通力を持ったが高慢なため猿に。 猪八戒は、村の村長が妖怪の誘惑によって村を没落させて豚に。 は、夢を見失った秀才が妖怪の誘惑により人殺しを重ねて河童にという設定である。 最強の敵は金角大王。 旧作では改心するみこみのある妖怪以外は殺していたが、本作では殺生はしてはならないという三蔵の信条により、金角大王とその息子の銀角大王は瓢箪に封印され、それ以外の妖怪は二人が封印された後、逃げ去ったので、敵も味方も誰1人死んでいない。 ただし、三蔵の所持品やお供の二人を殺した山賊は後に悟空によって殺害された。 登場人物・キャスト [編集 ] 孫悟空 - 三蔵の一番弟子。 本来は人間のガキ大将(原作と前作では石から生まれた石猿)で、子供の時から頭が良く、様々な術を体得して、混世魔王との戦いで如意棒を得る。 しかしながら、高慢さのために猿になる。 筋斗雲に乗って釈迦に勝負を挑むが、負けを認めなかったために五百年間、五行山に封印されてしまう。 三蔵に解放されて緊箍児を頭にはめられて以降、天竺までの旅のお供をすることになる。 高慢な性格で人を馬鹿にしたような態度を取るが、本来は観世音菩薩の言うように義侠心の強い持ち主でどのような状況に置かれても決して挫けず、師匠であり自分の初恋の少女の面影を持つ三蔵のことをいつも心配している。 玄奘三蔵法師 - 長安で人間に化けた銀角大王と白麗の正体を見破ったことから、太宗皇帝の信頼を得た旅の僧。 観世音菩薩のお告げにより、天竺まで取経の旅に出ることを決意し、皇帝から三蔵法師の法名を与えられる。 旅の途中で悟空、八戒、悟浄をお供にする。 人間に化けた妖怪の正体をばらす法力を持ち、銀角大王、白麗、金角大王の正体を見破った。 また醜い妖怪の姿と化した悟空、八戒、悟浄の姿を出来る限り人間に近い姿に戻す力も持つ。 釈迦に対する信仰心は強く、見たこともない釈迦の顔を実物に近い形で想像出来る程である。 「殺されても殺すな」という無殺生の精神が信条。 男性であるにもかかわらず、女性のような美しさと色気を持つ。 悟空の初恋の少女に似ている。 猪八戒 - 三蔵の二番目の弟子。 元々は豊かな村の村長であったが、銀角大王と白麗の誘惑に乗って、村を没落させてしまった。 その代償として、自身も醜い豚の妖怪になってしまう。 観世音菩薩のお告げにより、三蔵の弟子となり、人間に近い姿に戻ると同時に猪八戒の名前も与えられた。 しかし、女好きな部分だけは直らず、きっかけ一つですぐに醜い姿に戻ってしまう。 江戸っ子口調で調子の良い性格で前作同様、熊手を武器に戦う。 沙悟浄 - 三蔵の三番目の弟子。 元は沙水浄という名の長安のエリート学生だったが、銀角大王と白麗の誘惑に乗って、人殺しを重ねて醜い河童の妖怪になってしまった。 観世音菩薩のお告げにより、三蔵の弟子となり、頭の皿以外が人間に近い姿に戻ると同時に沙悟浄の名前も与えられた。 前作よりも控えめで大人しい性格で女性に弱い。 前作同様、宝杖を武器に戦う。 観世音菩薩 -• 金角大王 -• 銀角大王 -• 白麗 -• 太宗皇帝 -• 釈迦の声 -• ナレーター -• 、、、、、、松岡稜士 ほか スタッフ [編集 ]• 監督:• 脚本:柴英三郎• 音楽:• 主題歌:「」• 撮影:東原三郎• 照明:淡路俊之• 美術:部谷京子• 録音:瀬川徹夫• VE:入山達彦• 編集:福田憲二• 記録:桧垣久恵• 助監督:井上文雄、城本俊治、張加貝、• 選曲:• 音響効果:()• 特殊メイク:• 殺陣:• ラインプロデューサー:• 特撮ユニット• 特撮スーパーバイザー:服部光則• 撮影:木所寛• 照明:林方谷、保坂芳美• 視覚効果:• 助監督:、勝賀瀬重憲、清水信宜、加来千秋• 操演:亀甲船(根岸泉)• CG:• CG協力:、ニューテック、• 中国ユニット• 協力:上海市廣播電視局、東方明珠国際交流公司、• プロデュース:陳雙慶(CHAN, SHEUNG HING)• 技術協力:、• 装飾:• スタジオ:、• 企画:小杉義夫• プロデューサー:、鍋島寿夫、坂美佐子• 制作協力:、、ライトヴィジョン・エンタテイメント• 製作著作: 脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ].

次の

西遊記の登場人物一覧とは

宮沢りえ 西遊記

連載コラム「邦画特撮大全」第19章 今回取り上げる作品は今年放送から40周年をむかえるテレビドラマ『西遊記』(1978)。 NHK大河ドラマの裏番組でありながら、高視聴率を記録した作品です。 翌年1979年にはパート2が制作・放映されました。 またイギリスやオーストラリアなどでも放映され、国外での人気も高い作品でもあります。 本作は日本テレビ開局25周年記念番組であり、破格の予算と豪華キャストで製作されました。 堺正章の孫悟空、夏目雅子の三蔵法師、岸部四朗の沙悟浄、西田敏行(パート1)・左とん平(パート2)の猪八戒、藤村俊二の玉竜(パート2のみ)は正にハマリ役です。 また1978年は日中平和友好条約が調印された年でもあり、中国国内でのロケーション撮影も敢行されました。 CONTENTS• 日本版『西遊記』・映像化の略史 『西遊記』の原作は同名の中国古典小説です。 『三国志演義』『水滸伝』『金瓶梅』と併せて中国四大奇書の1つに数えられます。 本作の他にもアニメや漫画、ゲームなどの題材に数多く選ばれているため、日本でもなじみ深い物語となっています。 日本での『西遊記』の映像化はまず戦中に製作された『エノケンの孫悟空』(1940)、三木のり平主演のミュージカル映画『孫悟空』(1959)の2作があります。 両作とも、監督・山本嘉次郎、特撮監督・円谷英二という布陣で制作されました。 後者の『孫悟空』で衣裳考証を担当した真木小太郎は、本作でもコスチューム・デザインを担当しています。 大映では坂東好太郎主演で『西遊記』(1952)、『大あばれ孫悟空』(1952)、『殴り込み孫悟空』(1954)の3作が制作されています。 また本作以前にも『孫悟空西へ行く』(1964)など、TVドラマ版が既に製作されていました。 その他に手塚治虫のマンガ『ぼくのそんごくう』をベースにしたアニメ映画『西遊記』(1960)やTVアニメ『悟空の大冒険』(1967)などもあります。 1960年代の段階で様々な『西遊記』の映像作品が、日本国内で製作されていたことが判ります。 本作が放送される前年にザ・ドリフターズの人形劇『飛べ! 孫悟空』(1978)、本作と同年にフジテレビ系列でアニメ『SF西遊記 スタージンガー』(1978)が放送されていました。 本作はこうした一連の流れで製作されたのです。 また本作の5年前に放送された日本テレビ開局20周年記念作品が『水滸伝』(1973)でした。 さらに日本テレビはSPアニメ『三国志』(1985)を製作・放送しているため、「金瓶梅」以外の中国四大奇書を映像化していることになります。 彼女はこのドラマをきっかけに人気女優となりました。 しかし、実在の玄奘三蔵は男性です。 夏目雅子が演じていますが、役の性別は男性なのです。 三蔵法師役は当初、五代目坂東玉三郎に依頼されました。 三蔵法師に高貴で中性的なイメージを持たせるため、歌舞伎の女形である坂東を起用しようとしたのです。 しかし坂東に断られてしまったため、思い切って女性をキャスティングすることになり夏目雅子が選ばれました。 本作の影響からその後の製作された『西遊記』のドラマ版でも、宮沢りえ、牧瀬里穂、深津絵里と三蔵法師役に女優が起用されています。 また本作の釈迦如来役には女優の高峰三枝子、観世音菩薩役には俳優の勝呂誉がキャスティングされています。 世間的なイメージですと釈迦如来=男性、観世音菩薩=女性というイメージがあると思います。 本作以降に日本で製作された『西遊記』での配役は、このイメージでキャスティングされています。 本木雅弘主演のSPドラマ『西遊記』(1993)では釈迦の声を常田富士男、観世音菩薩を八千草薫が演じており、唐沢寿明主演の『新・西遊記』(1994)では観世音菩薩は鳳蘭が演じています。 香取慎吾主演の『西遊記』(2006)では本作へのオマージュから釈迦如来を堺正章が演じました。 仏教的には釈迦如来も観世音菩薩も男女の性別を超越した存在であるため、男性と女性どちらが演じても特段問題はありません。 本作で釈迦如来を高峰三枝子が演じた理由は夏目雅子の三蔵法師同様に高貴さを印象づけるためだと考えられます。 『西遊記』の特撮 『西遊記』の特撮を担当したのは円谷プロダクション(パート1のみ)と東宝映像の2社が担当しました。 特撮監督を務めたのは高野宏一(パート1のみ)、鈴木清、佐川和夫といった円谷特撮の主力メンバー、『日本沈没』(1973)の中野昭慶、後に平成ゴジラシリーズの特撮監督を歴任する川北紘一(パート2のみ)といった面々です。 各回に登場する妖怪は衣装やメイクで表現されています。 妖怪に扮しているのは内田良平や中尾彬、天津敏、花沢徳衛、緑魔子と言った名優たちです。 パート1の第2話に登場する白竜は30メートルの原寸大モデルが制作され、迫力あるものとなっています。 悟空の使う伸縮自在の如意棒は、シーンによってサイズの違い物が使用されています。 如意棒の伸び縮みする描写には作画合成も用いられました。 また悟空が乗る筋斗雲の飛行シーンにはミニチュア撮影が行われました。 まだCGのない時代に妖術や妖怪のいるファンタジックな世界を映像化したため、ふんだんに特撮を使用した迫力のある映像作品になっています。 次回の邦画特撮大全は… 次回の邦画特撮大全は、円谷プロ制作の特撮ドラマ『怪奇大作戦』を特集します。 お楽しみに。

次の

西遊記 (1993年のテレビドラマ)とは

宮沢りえ 西遊記

概要 [編集 ] が製作したのの作品で、三蔵法師は同様に女優が演じている。 の破局会見後初のドラマ出演作としても話題になった が、製作元が国際放映からに変わり、撮影もフィルムからビデオに変更された。 は26. 9パーセント(瞬間最高33. 9パーセント)(関東地区・調べ) を獲得。 好評のため、翌年に連続ドラマとして・主演で『』が製作された。 ビデオはからメイキングを映像特典にしたものがに発売されていた。 旧シリーズが三蔵法師をあくまで美男子として描き通したのに対し、今作は女性の美しさを持つ男性でなおかつ、悟空の初恋の少女に似ているという設定にされている。 そのため、男性であるはずの三蔵(実際はが変身した姿)にが体を迫ろうとするシーンがある。 悟空、八戒、悟浄は元は人間だった者が落ちぶれて妖怪の姿になった設定に変更されている。 孫悟空は神通力を持ったが高慢なため猿に。 猪八戒は、村の村長が妖怪の誘惑によって村を没落させて豚に。 は、夢を見失った秀才が妖怪の誘惑により人殺しを重ねて河童にという設定である。 最強の敵は金角大王。 旧作では改心するみこみのある妖怪以外は殺していたが、本作では殺生はしてはならないという三蔵の信条により、金角大王とその息子の銀角大王は瓢箪に封印され、それ以外の妖怪は二人が封印された後、逃げ去ったので、敵も味方も誰1人死んでいない。 ただし、三蔵の所持品やお供の二人を殺した山賊は後に悟空によって殺害された。 登場人物・キャスト [編集 ] 孫悟空 - 三蔵の一番弟子。 本来は人間のガキ大将(原作と前作では石から生まれた石猿)で、子供の時から頭が良く、様々な術を体得して、混世魔王との戦いで如意棒を得る。 しかしながら、高慢さのために猿になる。 筋斗雲に乗って釈迦に勝負を挑むが、負けを認めなかったために五百年間、五行山に封印されてしまう。 三蔵に解放されて緊箍児を頭にはめられて以降、天竺までの旅のお供をすることになる。 高慢な性格で人を馬鹿にしたような態度を取るが、本来は観世音菩薩の言うように義侠心の強い持ち主でどのような状況に置かれても決して挫けず、師匠であり自分の初恋の少女の面影を持つ三蔵のことをいつも心配している。 玄奘三蔵法師 - 長安で人間に化けた銀角大王と白麗の正体を見破ったことから、太宗皇帝の信頼を得た旅の僧。 観世音菩薩のお告げにより、天竺まで取経の旅に出ることを決意し、皇帝から三蔵法師の法名を与えられる。 旅の途中で悟空、八戒、悟浄をお供にする。 人間に化けた妖怪の正体をばらす法力を持ち、銀角大王、白麗、金角大王の正体を見破った。 また醜い妖怪の姿と化した悟空、八戒、悟浄の姿を出来る限り人間に近い姿に戻す力も持つ。 釈迦に対する信仰心は強く、見たこともない釈迦の顔を実物に近い形で想像出来る程である。 「殺されても殺すな」という無殺生の精神が信条。 男性であるにもかかわらず、女性のような美しさと色気を持つ。 悟空の初恋の少女に似ている。 猪八戒 - 三蔵の二番目の弟子。 元々は豊かな村の村長であったが、銀角大王と白麗の誘惑に乗って、村を没落させてしまった。 その代償として、自身も醜い豚の妖怪になってしまう。 観世音菩薩のお告げにより、三蔵の弟子となり、人間に近い姿に戻ると同時に猪八戒の名前も与えられた。 しかし、女好きな部分だけは直らず、きっかけ一つですぐに醜い姿に戻ってしまう。 江戸っ子口調で調子の良い性格で前作同様、熊手を武器に戦う。 沙悟浄 - 三蔵の三番目の弟子。 元は沙水浄という名の長安のエリート学生だったが、銀角大王と白麗の誘惑に乗って、人殺しを重ねて醜い河童の妖怪になってしまった。 観世音菩薩のお告げにより、三蔵の弟子となり、頭の皿以外が人間に近い姿に戻ると同時に沙悟浄の名前も与えられた。 前作よりも控えめで大人しい性格で女性に弱い。 前作同様、宝杖を武器に戦う。 観世音菩薩 -• 金角大王 -• 銀角大王 -• 白麗 -• 太宗皇帝 -• 釈迦の声 -• ナレーター -• 、、、、、、松岡稜士 ほか スタッフ [編集 ]• 監督:• 脚本:柴英三郎• 音楽:• 主題歌:「」• 撮影:東原三郎• 照明:淡路俊之• 美術:部谷京子• 録音:瀬川徹夫• VE:入山達彦• 編集:福田憲二• 記録:桧垣久恵• 助監督:井上文雄、城本俊治、張加貝、• 選曲:• 音響効果:()• 特殊メイク:• 殺陣:• ラインプロデューサー:• 特撮ユニット• 特撮スーパーバイザー:服部光則• 撮影:木所寛• 照明:林方谷、保坂芳美• 視覚効果:• 助監督:、勝賀瀬重憲、清水信宜、加来千秋• 操演:亀甲船(根岸泉)• CG:• CG協力:、ニューテック、• 中国ユニット• 協力:上海市廣播電視局、東方明珠国際交流公司、• プロデュース:陳雙慶(CHAN, SHEUNG HING)• 技術協力:、• 装飾:• スタジオ:、• 企画:小杉義夫• プロデューサー:、鍋島寿夫、坂美佐子• 制作協力:、、ライトヴィジョン・エンタテイメント• 製作著作: 脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ].

次の