ポメラニアン 自宅トリミング。 自分でできる犬のトリミングのやり方・方法【動画で解説】出張トリマーMIYU

犬のトリミング、自宅でやる方法は?ブラッシングやポメラニアンカットは注意?

ポメラニアン 自宅トリミング

サマーカットの落とし穴 フサフサの被毛におおわれているポメラニアン。 柴犬カット、 たぬきカットや ライオンカットなどなど、夏に合わせおしゃれの一環として毛を短くしているポメラニアンも多く見られます。 確かに見た目は涼しそうではありますが、 サマーカットには思わぬ落とし穴が存在しています。 暑さ対策の一環として良かれと思ってやってあげたはずのサマーカットが、逆にワンちゃんを苦しめるなんてことにも。 ポメラニアンの長くてフサフサと密生した被毛には、 きちんとした役割が存在しているのです。 それらを十分理解し、それを踏まえた上で本当にサマーカットが必要かもう一度検討してみてください。 被毛の役割って? 断熱材としての効果 被毛には、地肌に熱を直接伝えない 断熱材としての効果があります。 被毛が長いことでその中に空気の層ができ、そのおかげで 地肌が外気の影響を受けにくくなっているのです。 たとえ直接日が当たったとしても、被毛の先が熱くなるだけで地肌が熱くはなりにくいのです。 そのため毛を短く刈り込んでしまっては、その断熱材を失うことになるので、 暑さ対策どころかむしろ逆効果。 毛を短くすることで外気に触れやすくなるため、長いよりかは涼しくなるだろうと感じますよね。 ところがそこが落とし穴。 人間は全身から汗をかき、それが外気に触れることで蒸発し、そのときの気化熱で体温を下げようとしています。 ところが犬の汗腺は肉球にしかないため体から汗は出ません。 そのため肌が外気に触れたところで涼しいかといわれると、答えはNOというわけです。 断熱材を失ったワンちゃんにとって 地肌が外気に触れることはデメリットでしかないのです。 外気の影響を受けやすくなるため、エアコン環境下における体の冷え過ぎも注意しなければなりません。 外的刺激からの保護 犬の皮膚は人間と比べて非常に薄く、外的刺激にとても弱いです。 そのため 被毛で全身を覆うことで体を守っています。 肌が見えるほどの短いカットは紫外線の影響を直に受けることになります。 またそれだけではなく、虫刺されや散歩中の草木による肌へのダメージなど、肌トラブルの原因になってしまう恐れがあるというわけです。 毛を短くするということは、ポメラニアンに備え付けられた 地肌を守る保護機能を失うということになるのです。 短くすることで毛質が変わる恐れも 毛を短く刈りこんでしまうことでポメラニアンの特徴の一つでもある 美しい被毛が台無しになる恐れもあります。 「毛質が変わってしまって本来の フサフサ感がなくなってしまった。 」 「毛がなかなか伸びず 見た目が貧相になってしまった。 」 こういったことに悩まされる飼い主さんも少なくありません。 ダブルコートと呼ばれる分類の被毛をもつポメラニアンは、季節に合わせ毛が生え変わります。 そのため冬にならないと毛が密生せず本来の姿を取り戻すには時間がかかってしまうというわけです。 また毛を短くしたことによるホルモンバランスの崩れから毛が元通りの長さに伸びたとしても毛質が変わってしまい本来のフサフサの姿からほど遠いなんてことにもなりかねません。 サマーカットはおすすめしない 毛を短くするサマーカットによって、一般的に考えられているような暑さ対策は期待できないことはお分かりいただけたでしょうか?• お手入れが楽になる• 見た目が可愛くなる 毛を短くすることで、確かにこういったメリットが存在するのは事実です。 ところが、ワンちゃんに及ぼす様々な影響を考慮すれば サマーカットはおすすめできないというのが結論です。 毛を短くするということはそれなりのリスクを伴うことを理解していただければと思います。

次の

犬のバリカンは自宅でできる!素人がトリミングするときの注意点|雑記ブログ『リベログ』

ポメラニアン 自宅トリミング

ポメラニアンはトリミングをしない 一番最初はこの話題から。 『ポメラニアンはトリミングしません!』 「えっ?」という感じじゃないですか? まぁ未だに「トリミングに行ってくる」とか言っちゃうのですが、言葉の違いという感じですね。 というのも トリミングって 『毛をカットしてキレイに整えること』なんですよ。 でもね…。 あずきは別に毛をカットするためにトリミングに行っていません。 (なんかごちゃごちゃになってきたww) 結論から言っちゃうと、ポメラニアンはダブルコートという毛を持っています。 というかわんちゃんはだいたいダブルコートなんですがね。 室内でわんちゃんを飼うようになってからは、だいぶシングルコートのわんちゃんも増えてきてはいるようですね。 というのもダブルコートって上側のオーバーコートの下にあるアンダーコートという部分は防寒などの役割を担っているんです。 だからそこまで気温の変化が大きくない室内という環境で育ったわんちゃんはアンダーコートが要らないように変化していったというわけですね。 防寒の役割なので、アンダーコートは春から夏にかけての換毛期でこれでもかってくらい抜けます。 前にトリミングに出した時はトリマーのお姉さんに 「えげつないくらい毛が抜けましたよww」 って笑われて帰ってきましたww なのでこういうダブルコートのわんちゃんというのは、毛が伸びていくというよりも生え変わるというイメージなのでカットで毛を整えるということは基本やらないんです。 でっ、最初に戻るんですがポメラニアンはダブルコートです。 なので基本的にはトリミングはしないということになります。 ちなみにダブルコートとシングルコートのわんちゃんをざっとあげておきました。 そういえば僕的に意外だったのがマルチーズなんですよね。 なんか毛の具合からするとダブルコートのような感じがするんですが、マルチーズはシングルコートなんですね。 じゃあポメラニアンは何するの? でもトリミングに行ってるポメラニアンはたくさんいるけど、あれは何? なんて質問が飛んで来そうですね。 事実僕もあずきを「トリミングに連れて行く」と言っています。 でっ、これなんですが正確に言うと 『シャンプーと爪切りと校門絞りとお尻の毛と足の毛のカットに連れて行く』 という感じですね。 なんともまぁめんどくさいww こうやって全身をお手入れして、清潔にすることを『グルーミング』というんですよ。 なんですがトリミングもグルーミングの1つです。 なのですが全身の毛をカットするわけではないのでトリミングと少し違うんです。 とは言ってもトリマーさんのところでシャンプーやら爪切りやらをやってもらうことを『トリミング』というふうに言うので正直どっちでもいいですね。 まぁきっと業界内では区別があるのであろう。 ちょっと話がそれるんですが僕は病院で働いていて、よく患者さんに「注射は痛くて嫌なのよ」ということを言われます。 でっ、ふと思うのが「今やっているのは採血で注射じゃないんだけどなー」ってことなんですよ。 注射は注射針を使って体の中に薬などを入れること。 採血は血液を採取すること。 だから正確に言ってしまうとちょっと違うんです。 だけど正直… 『どうでもいいww』 だから今回のグルーミングとトリミングも正直… 『どうでもいいww』 ということでわかった上で言います! 「本日あずきはトリミングに行って来ましたww」 ポメラニアンのトリミングの頻度 なんて感じで前置きがかなり長くなってしまったので、本題の『頻度』の話に移っていきますね。 調べてみるとだいたいポメラニアンのトリミングの頻度は 1ヶ月に1回という感じのことが多いみたいです。 うちのポメラニアンのあずきの場合はだいたい1〜2ヶ月に1回くらいの頻度で行っていますね。 ただ季節の変わり目の時期は1ヶ月に1回は行くようにしています。 だってめちゃくちゃ毛が抜けるからね。 換毛期というやつですね。 掃除機をかけた3分後にはあずきの毛が床に落ちていますねww まぁそれも可愛いやつだなと思えるんですがね(親バカですね) でっ、一般的には1ヶ月に1回ということなんですが個人的には自宅でしっかりケアをしてあげれば2ヶ月くらいでもいいんじゃないかなーと思っているんですよね。 まぁ換毛期にはそうもいかないんですが、そうじゃない時は特に行く必要もないかなと。 というか元々肌の弱いのがポメラニアンなので逆に行き過ぎてもなーなんて思うんですよね。 ただしっかり自宅でケアをするというのが重要ですがね。 自宅のケアについて どんなケアが必要かというと、なんてことはない2つのことですね。 爪切りとブラッシング。 犬の爪って伸びるとクルンって足の方に回って来ますよね。 そうするとどうなるってフローリングで滑る。 下手したら足の方に悪さすることも。 だから定期的に足の爪は切ってあげることが重要ですよね。 なんですがやってみたら意外とこれが難しい…。 これを使ってやってみたのですが、うまくいかない。 血管の伸びていない部分ということで、一応見るとわかるのですがうまく切れない。 しかも実は1回切り過ぎて血が出てしまった。 ただうんともすんとも言わないので自分の服に血がつくまで全く気づかなかったんですよね。 痛みがあるのかどうか謎です。 まぁ買ったはいいのですが、今は半月に1回は動物病院に行って爪だけ切ってもらっています。 やっぱりそっちの方が安心だしね! しかもだいたい500円くらいでできるので、3日くらい僕がジュースを買うのを我慢すればいいので、それくらい我慢して連れて行きます! 調べて見るとこうやって自分で爪切りやってみたけどダメだったという人も多いので、もし近くに動物病院があって爪切りだけでも対応してくれるならそれもいいかもしれないです。 もう一つはブラッシングですね。 とは言ってもこっちは特に話すこともないですねww しっかりブラッシングをしてあげることで、抜け毛をそのままにしておくことがないので皮膚病の予防なんかになります。 あとは毛玉を作らないようにしたりとかですね。 だいたい抱っこしながらなのでコミュニケーションの1つとしての役割もありますね。

次の

ポメラニアンのカットの種類と仕方!失敗しないやり方を紹介!

ポメラニアン 自宅トリミング

ポメラニアンはトリミングをしない 一番最初はこの話題から。 『ポメラニアンはトリミングしません!』 「えっ?」という感じじゃないですか? まぁ未だに「トリミングに行ってくる」とか言っちゃうのですが、言葉の違いという感じですね。 というのも トリミングって 『毛をカットしてキレイに整えること』なんですよ。 でもね…。 あずきは別に毛をカットするためにトリミングに行っていません。 (なんかごちゃごちゃになってきたww) 結論から言っちゃうと、ポメラニアンはダブルコートという毛を持っています。 というかわんちゃんはだいたいダブルコートなんですがね。 室内でわんちゃんを飼うようになってからは、だいぶシングルコートのわんちゃんも増えてきてはいるようですね。 というのもダブルコートって上側のオーバーコートの下にあるアンダーコートという部分は防寒などの役割を担っているんです。 だからそこまで気温の変化が大きくない室内という環境で育ったわんちゃんはアンダーコートが要らないように変化していったというわけですね。 防寒の役割なので、アンダーコートは春から夏にかけての換毛期でこれでもかってくらい抜けます。 前にトリミングに出した時はトリマーのお姉さんに 「えげつないくらい毛が抜けましたよww」 って笑われて帰ってきましたww なのでこういうダブルコートのわんちゃんというのは、毛が伸びていくというよりも生え変わるというイメージなのでカットで毛を整えるということは基本やらないんです。 でっ、最初に戻るんですがポメラニアンはダブルコートです。 なので基本的にはトリミングはしないということになります。 ちなみにダブルコートとシングルコートのわんちゃんをざっとあげておきました。 そういえば僕的に意外だったのがマルチーズなんですよね。 なんか毛の具合からするとダブルコートのような感じがするんですが、マルチーズはシングルコートなんですね。 じゃあポメラニアンは何するの? でもトリミングに行ってるポメラニアンはたくさんいるけど、あれは何? なんて質問が飛んで来そうですね。 事実僕もあずきを「トリミングに連れて行く」と言っています。 でっ、これなんですが正確に言うと 『シャンプーと爪切りと校門絞りとお尻の毛と足の毛のカットに連れて行く』 という感じですね。 なんともまぁめんどくさいww こうやって全身をお手入れして、清潔にすることを『グルーミング』というんですよ。 なんですがトリミングもグルーミングの1つです。 なのですが全身の毛をカットするわけではないのでトリミングと少し違うんです。 とは言ってもトリマーさんのところでシャンプーやら爪切りやらをやってもらうことを『トリミング』というふうに言うので正直どっちでもいいですね。 まぁきっと業界内では区別があるのであろう。 ちょっと話がそれるんですが僕は病院で働いていて、よく患者さんに「注射は痛くて嫌なのよ」ということを言われます。 でっ、ふと思うのが「今やっているのは採血で注射じゃないんだけどなー」ってことなんですよ。 注射は注射針を使って体の中に薬などを入れること。 採血は血液を採取すること。 だから正確に言ってしまうとちょっと違うんです。 だけど正直… 『どうでもいいww』 だから今回のグルーミングとトリミングも正直… 『どうでもいいww』 ということでわかった上で言います! 「本日あずきはトリミングに行って来ましたww」 ポメラニアンのトリミングの頻度 なんて感じで前置きがかなり長くなってしまったので、本題の『頻度』の話に移っていきますね。 調べてみるとだいたいポメラニアンのトリミングの頻度は 1ヶ月に1回という感じのことが多いみたいです。 うちのポメラニアンのあずきの場合はだいたい1〜2ヶ月に1回くらいの頻度で行っていますね。 ただ季節の変わり目の時期は1ヶ月に1回は行くようにしています。 だってめちゃくちゃ毛が抜けるからね。 換毛期というやつですね。 掃除機をかけた3分後にはあずきの毛が床に落ちていますねww まぁそれも可愛いやつだなと思えるんですがね(親バカですね) でっ、一般的には1ヶ月に1回ということなんですが個人的には自宅でしっかりケアをしてあげれば2ヶ月くらいでもいいんじゃないかなーと思っているんですよね。 まぁ換毛期にはそうもいかないんですが、そうじゃない時は特に行く必要もないかなと。 というか元々肌の弱いのがポメラニアンなので逆に行き過ぎてもなーなんて思うんですよね。 ただしっかり自宅でケアをするというのが重要ですがね。 自宅のケアについて どんなケアが必要かというと、なんてことはない2つのことですね。 爪切りとブラッシング。 犬の爪って伸びるとクルンって足の方に回って来ますよね。 そうするとどうなるってフローリングで滑る。 下手したら足の方に悪さすることも。 だから定期的に足の爪は切ってあげることが重要ですよね。 なんですがやってみたら意外とこれが難しい…。 これを使ってやってみたのですが、うまくいかない。 血管の伸びていない部分ということで、一応見るとわかるのですがうまく切れない。 しかも実は1回切り過ぎて血が出てしまった。 ただうんともすんとも言わないので自分の服に血がつくまで全く気づかなかったんですよね。 痛みがあるのかどうか謎です。 まぁ買ったはいいのですが、今は半月に1回は動物病院に行って爪だけ切ってもらっています。 やっぱりそっちの方が安心だしね! しかもだいたい500円くらいでできるので、3日くらい僕がジュースを買うのを我慢すればいいので、それくらい我慢して連れて行きます! 調べて見るとこうやって自分で爪切りやってみたけどダメだったという人も多いので、もし近くに動物病院があって爪切りだけでも対応してくれるならそれもいいかもしれないです。 もう一つはブラッシングですね。 とは言ってもこっちは特に話すこともないですねww しっかりブラッシングをしてあげることで、抜け毛をそのままにしておくことがないので皮膚病の予防なんかになります。 あとは毛玉を作らないようにしたりとかですね。 だいたい抱っこしながらなのでコミュニケーションの1つとしての役割もありますね。

次の