辻堂 たい へ いだい 耳鼻 咽喉 科。 こしの耳鼻いんこう科の口コミ・評判(4件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

藤沢市の耳鼻いんこう科/耳鼻科/耳鼻咽喉科(神奈川県) 日曜または休日/祝日に診療可能な病院・クリニック 2件 【病院なび】

辻堂 たい へ いだい 耳鼻 咽喉 科

これまで大学病院や地域中核病院で日々研鑽を積んできました。 そして、これからは今まで培ってきた経験・知識・技術を生かして、地域の皆様のお肌の健康 維持に少しでもお役に立てればと思います。 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医として、一般皮膚科から美容皮膚科まで一貫してお肌のケアをしていきますので、お肌のことなら何でもお気軽にご相談ください。 地域の皆様に愛されるクリニックになれるよう精一杯努力していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 2019年1月15日に新規オープン致しました。 皮ふ科、アレルギー科、美容診療を行っております。 皮ふ科では湿疹、じんましん、アトピー皮膚炎、水虫、かぶれ、イボ、やけど等の皮膚疾患全般を診療致します。 アレルギー科ではアレルギー性鼻炎、花粉症、薬物アレルギ ーなどアレルギー疾患に対応しています。 また当院ではお肌のトラブルでお悩みの患者さまへ美容皮膚科の診療を行っております。 お肌の乾燥やシミ、ニキビ、毛穴のお悩みなどお気軽にご相談ください。 ・花粉症の舌下免疫療法を行っております 毎年花粉症で悩まれている方や今までの治療では効果が上がらなかった方は、ぜひ一度当院迄ご相談下さい。 素肌へのダメージ及び施術時の痛みを最小限に抑えることが可能です。 ・プラセンタ注射 美肌作用に効果があります。 令和元年9月、辻堂太平台に耳鼻咽喉科クリニックを開院させていただくこととなりました。 私自身、育児をしながら仕事をしていますが、急に子供の具合が悪くなると本当に一苦労です。 仕事の調整、 病院探し、受診予約、受診、少なくとも半日はかかります。 家事、育児、介護、仕事を両立させながら病院を受診するのは本当に大変なことだと実感しています。 私自身の経験を活かし利用者目線に立った受診しやすい便利なクリニックを作りたいと思っています。 --------------------------------------------------------- 耳鼻咽喉科で扱う耳、鼻、のどの病気は目では見えないため、どんなに丁寧な説明を受けたとしても素人には病気の状態をなかなかイメージしにくいと思います。 当院では内視鏡を用いた耳、鼻、のどの病気の診断に力を入れています。 実際に撮影した画像をお見せしながら説明することで病気の状態がどうなっているのかを患者さんがイメージしやすくなるように心がけております。 特に中耳炎、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎の診断や経過観察には有用です。 その他、スギ花粉症やダニアレルギーに対する舌下免疫療法も扱っております。

次の

口コミ・評判 8件: 辻堂たいへいだい耳鼻咽喉科

辻堂 たい へ いだい 耳鼻 咽喉 科

辻堂の耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科、耳鼻科専門医在籍・土日診療、駐車場15台完備、初診のweb予約OK 藤沢市辻堂太平台にある『辻堂たいへいだい耳鼻咽喉科』は、耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科を専門に、大人から子供まで幅広く診療しております。 お子さんの治療、大歓迎です 院長もスタッフも、子ども好き・子育て経験ありです。 お子さんの治療は大歓迎ですので、「耳そうじ」「鼻吸引」だけでもどうぞ遠慮せずにお越しください。 花粉症・アレルギー性鼻炎 アレルギーの検査・治療を行っています。 症状や生活スタイルに合わせて、最適なお薬を処方します。 当院ではゾレアは取り扱っておりません。 詳細は当院のHPに掲載しているコラム「手術や体質を改善するスギ花粉症の治療法」をご覧下さい。 ) 詳細は当院のHPに掲載しているコラム「手術や体質を改善するスギ花粉症の治療法」・「シダキュア(スギ花粉症の舌下免疫療法)の始め方」・「8割の効果!スギ花粉症の舌下免疫療法」をご覧下さい。 中耳炎・副鼻腔炎・上咽頭炎 当院では可能な限り、内視鏡を用いて中耳炎、副鼻腔炎(蓄膿)、上咽頭炎の診断を致します。 患者さん用のモニターに内視鏡画像を写しながら検査しますのでご自身の耳、鼻、のどの様子をご覧になることが出来ます。 実際の画像をご覧になることで病気の理解が進むだけでなく、過去の画像と比較することで本当に良くなっているのかどうかご自身の目で確認することが可能です。 当院ではこの慢性上咽頭炎に対してBスポット療法(EAT)を実施しております。 詳細は当院のHPに掲載しているコラム「長引く不調の原因は慢性上咽頭炎?」をご覧下さい。 隔離室完備 一部屋だけですが隔離室(個室)を用意しています。 インフルエンザなどの感染性の高い疾患が疑われる方は待合室ではなくて隔離室でお待ちになってもらいます。 そのほか、耳掃除だけできたので待合室で風邪をうつされたくない、妊娠中なので風邪をうつされたくない、授乳室として使いたい(調乳器具はありません)方も隔離室を使用可能です。 使用希望の方は受付スタッフへ声をかけて下さい。 オンライン診療を始めました 初診の方でもご利用いただけますが条件があります。 条件やご利用方法などは、当院のHPに掲載しているコラム「オンライン診療のご案内」でご確認下さい。 診療案内• 院長紹介 橋本大門(はしもと だいもん) 院長 辻堂たいへいだい耳鼻咽喉科 院長の橋本大門です。 これまで父親が経営する藤沢駅南口の耳鼻咽喉科はしもとクリニックで勤務していました。 このたびは辻堂太平台に耳鼻咽喉科クリニックを開院させていただくこととなりました。 私自身、育児をしながら仕事をしていますが、急に子供の具合が悪くなると本当に一苦労です。 仕事の調整、病院探し、受診予約、受診、少なくとも半日はかかります。 家事、育児、介護、仕事を両立させながら病院を受診するのは本当に大変なことです。 自身の経験を活かし、利用者目線に立った受診しやすい便利なクリニックを作っていきたいと思っています。 また具合が悪い時ほど他人からのちょっとした優しさ気配りが心の支えとなります。 自分や子供が病気だった時の気持ちを忘れず、日々診療を行ってまいります。 略歴 獨協医科大学 卒業 北里大学耳鼻咽喉科教室へ入局 横須賀市民病院、独立行政法人国立病院機構相模原病院で勤務。 都内の耳鼻咽喉科クリニックや藤沢市内の耳鼻咽喉科はしもとクリニックで勤務。 院長が診察をします。 そこで当院では内視鏡を用いた耳、鼻、のどの病気の診断に力を入れています。 詳しくは当院HPの以下のコラムをご覧下さい。 「急性中耳炎と滲出性中耳炎」 「急性上咽頭炎」 「風邪をひいてから鼻の調子が悪いんですが」 「風邪の鼻汁か?それともアレルギーの鼻汁か?」 実際に撮影した画像をお見せしながら説明することで病気の状態がどうなっているのかを患者さんがイメージしやすくなるように心がけております。 過去の画像と比較することでどの程度良くなっているのかを目で見て理解することが出来ます。 特に副鼻腔炎(蓄膿)、上咽頭炎、アレルギー性鼻炎、小児の滲出性中耳炎、などの診断や経過観察には有用です。 しかし当院では簡易睡眠検査(PG検査)だけではなく精密睡眠検査(PSG検査)も在宅で検査することが可能です。 当院と契約する睡眠検査の専門業者が患者さんのご自宅へ検査機器を宅配することで在宅での検査が実現しました。 入院が必要ないため精密検査の費用は他施設と比べると大分安価になっています。 簡易検査(PSG検査)は3割負担で約3000円、精密検査(PSG検査)は3割負担で約11000円です。 詳しくは当院HPの以下のコラムをご覧下さい。 「眠りのトラブル」 「自宅で出来るいびき・無呼吸の検査」 【鼻吸いファスト パス】 子どもの鼻風邪や急性副鼻腔炎を良くするには、薬を使うよりもまずは鼻汁をこまめに吸ってあげる事が大切だと考えております。 もし自宅で上手に吸えないようでしたら遠慮せず鼻吸いだけしに来て下さい。 「でも、鼻吸いしに行きたいけど予約がとれなかった」とか「でも、鼻汁を吸ってもらいたいけど何十分も待つのは。。。 」と二の足を踏まれる方もいらっしゃると思います。 そこで当院では医師が診察をして「毎日でも鼻吸いに来た方がいい」と判断した方には鼻吸いファスト パスというものをお渡ししています。 鼻吸いファスト パスを持っている方はweb予約を無しにして、尚且つ混雑時には優先的に診察室へお呼びすることにしています。 他の施設だと看護師が鼻吸いをすることもありますが当院では鼻吸いをするのは医師です。 その期間内、時間帯であればweb予約をしなくても受付で鼻吸いファスト パスを提示すれば混雑時にお待たせせず優先的にご案内致します。 従って「大分前にこの鼻吸いファスト パス貰ったんだけど、また鼻汁が出てきたので予約無しで鼻吸いだけしに来ました」みたいな使い方はN Gです。 提携病院.

次の

こしの耳鼻いんこう科の口コミ・評判(4件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

辻堂 たい へ いだい 耳鼻 咽喉 科

湘南地区の中心都市である藤沢市は近年の人口増加が目覚ましい地域です。 子育てに対する福祉や事業が充実していることから子育て世代に人気の高いことが人口増の要因と考えられています。 特に辻堂エリアは駅周辺の再開発をきっかけに若い夫婦共働きの子育て世代が増えており、耳鼻咽喉科や小児科の需要が高まっているエリアです。 しかし福祉や事業が充実しているとは言え、実際に子育てをしてみると「子供を受診させたい時に病院がやっていない」とか「幼稚園や小学校の父兄会や行事が片働き家庭を前提に考えられている」など、まだまだ子育てと仕事を両立しやすい医療環境や社会環境とは言えません。 当院は「自分の子供や親へ受けさせたいと思える医療を提供する」ことを行動指針とし、地域社会へ貢献するとともに、真に仕事と子育てや介護との両立が可能な社会を実現することを目標にしています。 そのため医療スタッフの採用におきましては、子育て中の方や、週に1回しか勤務出来ない方でも、当院の行動指針や目標に共感した方であれば、積極的に採用をしております。 産休明け、子育て中、親の介護中、などで時短勤務を希望される先生からの募集をお待ちしております。 「夫婦共働きで平日に子供を受診させられない」、「平日の仕事が忙しくて土日しか受診できない」といった方のために、当院では土曜日と日曜日の午前中に診療をしております。 その反面、院長自身が子育て中ということもあるのですが、火曜日と金曜日が丸一日、水曜日の午前が休診となっており、平日に受診したい患者さんの立場からすると使い勝手が悪いのは否めません。 街のクリニックというのは何をおいても患者さんにとって使いやすい、通いやすいものであるべきだと思っています。 そこで、当院の行動指針や目標に少しでも共感してくれた先生の力をお借りして、一週間を通して休診日がないように出来ればと考えています。 特に火曜日と水曜日と金曜日の午前診療をして下さる先生がいらっしゃると助かります。 それと、ゆくゆくは、お昼休みの時間をなくして、どの時間帯でも患者さんの都合に合わせて受診が出来るように、月曜日と火曜日と木曜日の昼診療(12時半から15時まで)も考えています。 他のページへ•

次の