ツイステッドワンダーランド 考察。 【ツイステッドワンダーランド攻略】ゴーストマリッジSRリドルの蝶ネクタイ必要数は?

【ツイステッドワンダーランド】グリムの元ネタを考察!ラストは闇堕ち?

ツイステッドワンダーランド 考察

こんばんは、加藤と申します。 古のオタクをやらせて頂いています。 最近 ツイステッドワンダーランドっていう 「魔力なんてないのに魔法があるに転生しちゃったよ〜」っていうほんわかたのしい内容のソシャゲにはまってて、 今日の16時にそのゲームのメンテがあって、新章に追加されたんですね。 それでやった〜!って思って無邪気にプレイしてたらなんか、 学園長が普通に大人の事情で追い詰めてて、笑ってはいけないんだけど笑ったし、ナイトレイブンの先生たちも普通に悪人なのかなと思ったら眠れなくなった。 4章を要約すると、• がオバブロ• 4章がオクタの女を巻き添えにドッカーーーーーン!!!!• グリムのCVがであった必然性• タイトル(ツイステッドワンダーランド)回収• ミッキーめっちゃ喋る なんですけど。 やばい。 まじか。 正直のオバブロよりも、それ以外がヤバすぎて何もかもに驚いてしまった。 がつけてたよだれかけみたいなジャラジャラめっちゃ絡まりそうじゃんってずっと考えてた。 あれなんて言うんだろう。 なんかオバブロ、ジャファーみたいに髭生えてるのかと思って心が数十回死んだ。 推しの闇堕ちは精神に負担がかかりやすいので何回でもプレイすべき。 ていうかカリムピックアップ結局回してしまって。 諦めて天井まで回したので、手元にカリムがいます。 だって寮服が要るならカリムが一緒じゃないとって使命感に駆られました、その時は。 で、とうとうピックアップかって思って。 今さっきとりあえず30連でピックアップ回したんですけど、まあやはりこの程度では到底こないっていう。 ていうか自分、石使い果たして相当数回してると思うんですけど、未だにが出たことない。 天井でしかを知らない。 5%ってマジなのか? ピックアップでラギー出したらしい。 確率って何?辞典引こうか? そういえば銃兎のために300回回した人がいた気がするけど、あれもすごい可哀想だった。 ガチャ運がない人って生まれつきなので仕方ないですね。 きっと足の長さに使い果たしたんでしょう。 じゃあ私は前世で人でも焼いたんですかね。 キレそう。 今ふとフレンド欄見たらもう80レベにしてる人いて笑った。 デュオ魔法結局カリムなんですね。 アタックタイプで3連撃とかめちゃ強いな。 わたしも早く欲しい。 コラかと思った。 そういえば4章、 の暴言は全世界に配信などされていないと思う。 なぜならエーデュースが何も知らないまま駆けつけてきたので。 NRC生がそんなスキャンダル見逃すわけがないと思う。 ここからは個人的な4章の感想というか、カリムとの関係性について書きます。 書きたくなってしまった。 すごく本当に個人的な意見なのですが、私は4章を読んでもこの2人についてのイメージは何も変わらなかったです。 予測通りとか内容のことを指しているのではなくて、なんというか、特に2人の関係性は変わっていないのでは?と思います。 初めに一旦、双方の自分の考え方について整理したいと思います。 4章で明らかになった個々の内面としては、 カリム: 明るい・陽。 しかし、物語の節々から感じられる出来事、いわゆる「身内から毒が盛られていた」「 だけは裏切らないよな」などの言動から、人の負の面に曝されることも多かったように感じられます。 正直これほど人の負の面を見て、それでもなお人を信じるというのは無理があると思う、し、実際カリムはリドルからの差し入れにも「要らない」と冷たい言葉を返しています。 カリムは人を信じているか信じていないかで言えば 信じていないと思う。 が、その上で彼は生来の天真爛漫さ(ジェイド談)を周囲に振りまいているわけですよ。 ここで大事なのは人の負の面に 触れてきたのと、触れてきていないのとでは大きく違うということです。 たぶんここで解釈違いが生まれていると思う。 私個人としては他人からの負の感情について、自覚できてはいないが、経験値として彼の無意識に残っており、言動には現れている、説を推します。 なので人の負の面についてついて聞かれても、意識上は自覚できていないため語ることも感じることもできない。 けれども無意識下では存在している感情だと思います。 ただ今後も出てくることはないと思う。 一方で : カリムのことは生来嫌いではなかったが、 後々の理由(4章)によりカリムを嫌いになってしまった。 ので「俺だって一番になれるのに!」となったのは元々はカリムの責任ではないわけです (拍車をかけたのはカリムのせいだとしても) その理由としては「生まれによって自分自身を抑圧せねばならなかった」「出自のせいで自分が一番になれない」などですね。 つまり自身も 「カリムという人間自体が悪いわけではない」ということは多分に理解しているわけです。 頭良いしよくわかっていると思う。 だからこそカリムに懐かれても直接的に「うざい消えろ」とはなれないという(許す許さないという問題ではないが) そしてそこに拍車をかけているのが17年という月日です。 2人の関係性について 正直もうカリムがに抱いているのは 「親」に近い感情にも思えるんですね(ディズニー的立ち位置ではニーだが)。 自分に対してご飯を作ってくれて、朝起こしてくれて、お願いしたら多少嫌そうな顔をしても叶えてくれる。 半分依存ですよね。 そして幼子が親に抱く感情のごとく、絶対に自分のことを見捨てないと思っている。 対しては 「俺はお前のママ(召使い)じゃない、ひとりの17歳だ」という感情をリアルに抱いていて。 ここにすれ違いが生まれているわけです。 カリムにそういうレベルの感情を向けられていることに気づいていて、はいつかそれを裏切るための準備を着々と進めてきていたと。 ただ、の側もそういうクソデカ感情を向けられていることについては半分呆れつつも、もはや17年という長い間一緒にいたことで愛着が湧いている(ように見える、式典服パソスト参照) ここで大事なのは、先に述べた「カリムは人の負の感情を無意識レベルでは感じ取っている」ということです。 カリムの中では、人からの裏切りっていうもののレベルがすごく低いと思うんです。 説明が難しいんですが、人の負の感情を理解しているがゆえに他者に期待しないということを学習していると言うんでしょうか。 だから正直カリムはに裏切られたとしてもそこまで大ダメージにはならないというか、あの、そうなんですよたぶん。 ぶっちゃけ裏切られ慣れていると言うんですか?その中でも17年間という長い間自分を裏切らずにいてくれたからこそ、に対してクソデカ感情を抱えているわけじゃないですか。 けど、もう何度も裏切られてきたとなれば、そこに対して何の感情も抱かないんじゃないですかね?は裏切ればカリムは大ダメージを受けるだろうと思っていますが(その思考がもうなんだよな) ヒーローとズという対比で描かれた4章でしたが、正直この二極はどこまで行っても平行線にしかなりません。 たぶん。 ヒーローは悪役から見たら傲慢だし、悪役はヒーローから見たら他者を蹴落とす悪だし。 それは変わらない。 でも物語の性質上「ロイヤルソードアカデミー」という光属性(と思われる)学校が存在する限り、カリムも完全な陽ではないと思うんですよね。 おそらくどこかに陰があるというか。 この2人の関係性については• カリムがの負の面も飲み込んだ• カリムの中では皆と同じレベルの友達に落ちた• そういうの関係ない、カリムこそ光であった という落とし所に落ち着くかと思います。 1がハッピーエンド?2は完全なバッドエンド。 3はゲームを文字通りに受け取った結果です。 すべてはオタクの幻想なので。 以上を踏まえるとはかわいいという結論に落ち着きます。 kato-mugitya.

次の

アラサー男ツイステにはまる―ツイステッド・ワンダーランド4章「熱砂の策謀家」妄想・感想・考察

ツイステッドワンダーランド 考察

グリムの元ネタは? グリムの見た目は 狸のような猫のようなモンスター。 しかし本人いわく狸でも猫でもないそうです。 魔法石の首輪は学園長が与えたものですが、 白と黒のボーダーのリボンは 最初から身に着けていました。 第一印象ではそのリボンから、 『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』の ジャックが元ネタかと思いましたが…… ナイトレイブンカレッジの制服のネクタイも 同じく白と黒のボーダーなので、 ナイトレイブンカレッジに憧れて グリムが身に着けていただけという可能性が高そうです。 グリムいわくチャームポイントは耳の炎。 グリムの耳にある青い炎は イデアの元ネタになっているハデスと同じです。 しかしすでにイデアとオルトがいるのに グリムまでハデスが元ネタとは考えづらく、 他に『ヘラクレス』で該当しそうなキャラクターもいません。 ツイステッドワンダーランドでは 動物が元ネタになっているキャラクターもいます。 スカーが元ネタのレオナや チェシャ猫が元ネタのチェーニャなど、 魔法が使える設定のキャラクターは擬人化されてます。 動物のままで出てくるキャラクターは トレイン先生が飼っている猫のルチウスで 今のところルチウスが魔法を使えるという描写は見当たりません。 しかしグリムは魔法が使えるにもかかわらずモンスターの姿です。 ということは他のキャラクターの元ネタとは 何か異なる点があるはず。 別記事で私は監督生の元ネタは アリスではないかと考察しています。 動物が元ネタになっている他のキャラクターとの違いは 「ヴィランズサイドのキャラクターではない」という点。 魔法は使えるけれど迎えの馬車が来なかったのは 単純に魔力が足りていない可能性もありますが、 ヴィランズ側ではないので入学資格がないとの判断かもしれません。 まぁグリムの言動は どちらかと言うとヴィランズ寄りですが……。 また、ナイトレイブンカレッジの生徒は 死者ではないかと考えています。 ダイナは死者ではないので やはりナイトレイブンカレッジの入学資格はありません。 見た目はダイナよりも 『ピノキオ』のフィガロの方が近いかと思いましたが、 実はダイナはフィガロを下書きにしたと言われています。 監督生=アリスが当たっていれば 監督生とセット扱いになるのも 元ネタがダイナなら頷けます。 他に元ネタの可能性がありそうなのは 『アナと雪の女王』のオラフ。 4章でグリムは親のことは覚えておらず、 寒いところで誰かが迎えに来るのを待っていたと話しています。 エルサの魔法で作られたオラフには親がおらず、 寒い雪山で抱きしめてくれる人を待っていました。 他のキャラクターとの違いは 「ヴィランズサイドではない」 「死者ではない」という点に加えて 「魔力で生み出された存在」だという点。 また、オラフは劇中で 「真実の愛」について語っていました。 マレウスの元ネタとなったマレフィセントは 実写映画『マレフィセント』で 「真実の愛のキス」によってオーロラ姫を目覚めさせています。 ツイステッドワンダーランドでも 重要なキャラクターとなりそうなマレウス(マレフィセント)と 「真実の愛」という共通項を持つオラフが グリムの元ネタという可能性もあるのではないでしょうか。 グリムは闇堕ちする? ツイステッドワンダーランドでは 寮長たちが次々とオーバーブロットしています。 その際に残されているのが黒い石。 グリムはその黒い石を美味しいと言って 毎回食べてしまいます。 オーバーブロットによって 生み出されたと思われる黒い石を 食べ続けるとどうなってしまうのか…… その結果がチュートリアルで登場した 倒せない黒い獣の姿ではないでしょうか。 チュートリアルでは グリムとよく似た獣と戦うシーンがありました。 黒い石=オーバーブロットした者の負の感情で、 それを食べ続けていたグリムの中には いろいろな人の負の感情が蓄積していき 最後にはオーバーブロットしてしまうのではないでしょうか。 ツイステッドワンダーランド関連記事一覧 アイテム関連• ストーリー関連• カード・育成・バトル関連• 授業・試験関連• イベント関連• 世界観・キャラクターなど• グッズ関連•

次の

アラサー男ツイステにはまる―ツイステッド・ワンダーランド4章「熱砂の策謀家」妄想・感想・考察

ツイステッドワンダーランド 考察

おはこんばんにちは、はね子です。 今回はツイステッドワンダーランド 以下ツイステ のネタバレ感想 +考察 を書きたいと思います。 紹介記事ではありませんので悪しからず。 ネタバレを好まない方は以前に書いた記事を読んでもらうか、公式ホームページにレッツゴー。 本記事は全編通してネタバレ有りなので、『続きを読む』を設定させていただきます。 こちらを開いた時点で『ネタバレ上等!!』であることを了承していると判断しますので、宜しくお願い致します。 はじめに 私はツイステをプレイする際、 Not恋愛 的に楽しんでいます。 なので、当然の如く主人公の顔グラを作成したため、女主人公の『ユウ』が存在します。 こちらの感想まとめでも以前Charatにて制作した主人公のイラストが登場しますのでご注意下さい。 Prologue : Welcome to the Villains' world. 追い剥ぎ狸 目が覚めると不思議な棺の浮いた鏡の間にいた主人公。 なお、後にこの場所がプレイヤーにとってはガチャ爆死の間に変わるわけです。 悲しいですね。 初手、追い剥ぎにあいます。 しかも制服を渡さなければ丸焼きにすると脅す狸…もといグリム。 ここで彼のおバカっぷりが炸裂。 彼は服を奪って一体どうするつもりだったのでしょうか。 その後、学園長によって鏡の間に連行され、的感覚で寮の組み分けをされました。 まぁ、どこにも属してませんけどね。 鏡による鑑定によって魔法が使えないこと、帰る場所が存在しないことが分かり、主人公がに来てしまったことが判明します。 元の世界へ帰る方法を探す、それが主人公の目的となるわけでした。 ちなみに暴れたグリムはリドルの魔法で。 叩き出されました。 呼ばれないディアソムニア寮長 初めて読んだとき、私は「マレウスさん、嫌われてるんかな…」とアホな感想を抱いた訳ですが、後ににて入学式に呼ばれなかったのは原典『眠れる森の美女』のが呼ばれなかったことをモチーフにしていると聞き、マジか…となりました。 拗ねるらしいマレウスの代わりに、色々と悟ったリリアが新寮生を迎えに来てくれる形で落ち着きます。 ところで、この時の寮長の反応は見ものです。 特にアズール。 お前絶対にわざとだろ。 居候先のオンボロ寮 お優しい 学園長の気遣いで、雨漏りしまくりのオンボロ寮に滞在することになった主人公。 優しさをアピールするなら、「もっと配慮しやがれ…」と内心抱きながらも不屈の精神で忍び込み直したグリムと再会します。 そして襲いかかるゴースト達。 彼らは何度見ても『ミッキーのお化け退治』を彷彿させますね。 ここのグリムと主人公のやりとりは必見もの。 特に「絶対こっち選んでまうわ…」という吸引力のある選択肢。 なお、こんなこと言ってるが、主人公は身一つでツイステ世界に来たためツナ缶など当然持ってない。 ツナ缶で釣れてしまう自称未来の大魔導士… その後、見事ゴーストに勝利したことで学園長に『猛獣使い』の素質を認められます。 ひとまずグリムと2人一組で『雑用係』を担うことになりました。 グレート・セブン エースと初対面の瞬間。 気さくな彼はとても丁寧にナイトレレッジの『グレート・セブン』について教えてくれます。 まぁ、ものはいいよう…、悪役をちょっとばかし良い風に捉えてます。 間違ってはないよ、ほんとにな。 特にハデスは割といい奴だと思ってた端もある。 ゼウスのがひどい。 でも、こいつらズだからなぁ…! エース曰く規律違反は即打ち首の自寮クイーンオブハートは「クールじゃん! 俺は好き」らしいです。 カッコいい。 めっちゃ好き。 まぁ、この後罵られるし煽られるんだけどね! そういうところもズらしくて私は好感を持ちました。 これくらいガンガン言ってくれる方が良き。 しかし、この後に彼は狸の挑発を受け流せず、ハートの女王の石像をともに破壊するのであった。 おまぬけさんだね。 大釜職人、 石像破壊の罪で放課後に窓拭き100枚を命じられた主人公、グリム、エースの3人。 エース、早速トンズラをます。 いや、絶対素直に罰則受けるとは思ってなかったけどさぁ!!! 逃げるエースもエースだけど、追いかけるグリムもやっぱりグリム。 「オレ様もサボりたいんだぞ!!」と言って追いかけます。 いや、そゃんとやれ。 エースを追いかける中、デュースと遭遇。 掃除をサボる悪い人を捕まえるように頼むと、デュースはエースに大釜を落として足止めをしてくれるのでした。 咄嗟に足止め頼まれて、重たいもので押しつぶそう!という発想もさることながら、出てくる物も大釜というチョイス…。 本人も予想外そうだったけど、デュースの深層心理はどうなってんだ。 ちなみに味をしめた大釜職人 デュース はこの後も事あるごとに大釜を召喚するようになります。 その結果、称号はこれ。 はじめて見た時二度見した。 ところで、デュースがガチャで全然出てこないのはのせいなの?? センサー探知機有能すぎて草。 鉱山で魔法石探し エースを捕まえたのも束の間、今度はグリムが逃亡。 主人公、を問われる案件多発してますね。 エーデュースによる捕獲作戦後、食堂のシャンデリアに登ったグリムを捕まえようとした結果はシャンデリア破壊という大惨事を起こしてしまいました。 そりゃそうなるわな。 どれだけ優しい 学園長でもそうなりますわ。 とはいえ慈悲もあり、鉱山でシャンデリアを輝かせる源の魔法石をとってくれば退学免除してくれることに。 慈悲といえば…ここにアズールいたら秒で解決してくれそうだけど対価は酷そうだよね、と読み返して思った。 こいつにだけは頼みたく無い。 荒廃した鉱山 そして、この鉱山。 まず間違いなく舞台は『白雪姫』ですね。 の小屋も出てきますが、中の様子からかなり荒れ果て人が住んでいない様子が伺えます。 7人分の家具があることがエースから語られることからも、あの小人たちであると分かります。 ツイステの時代背景は実際にどのくらいの時期なのかが気になるところですね。 グレートセブンが伝説のように語られているところからも随分と時間が経過していることは伺えますが、ディズニーキャターが回想以外でなかなか出てこないこともあって詳細は不明です。 ただ鉱山の名残から、少なくともディズニー作品が『過去』として存在していることは確定していると思って良いでしょう。 後々に実際に原典キャラの血を引く子孫が登場してきても面白いですが、ちょっとディセンダントみたいになってしまいますかね? ちなみに、ゴーストの台詞から少なくとも鉱山は10年は使われていないことは分かります。 ただこれだけでは鉱山が廃坑になったのが10年前であると確定するには弱い情報ですね。 今回の3バカ達のように、たまたま用があって来た人間もいるかもしれませんから。 鉱山の怪物 鉱山で出会った怪物。 原典『白雪姫』の7人の小人のおこりんぼ に1番デザインが似ています。 怪物が着ている服の色と被っている帽子の色、どちらもおこりんぼと同じです。 手に持っているものはツルハシとランタン。 これも小人達が宝石採掘する時の道具になります。 また、顔はインク瓶が割れてしまったような無機物です。 そのため、名前も『顔のない怪物』。 一章以降では、オーロット こちらの説明は一章のネタバレ感想にて行います する前にインクを落としたような染みが広がる演出が必ず入るわけですが、この怪物はオーロットした成れの果てなのでしょうか? 溢れ出るインクは戦闘演出でも漏れまくっています。 そもそも瓶自体が割れてますからね。 オーロットとインクの関係は未だ分かりませんが、ディズニーは手描きアニメーションにこだわりを持っている 最近はCG作品も多いですが、どの作品でも手描き技術を用いた工夫があります。 絵コンテやスケッチなどの作品に出てこない部分では伝統的な手描き技法を使っている場合もあるくらいです ので、このことが何か関係しているのではないかなと予想しています。 インクが零れると紙が真っ黒に染まって、せっかく描いたものが黒く塗りつぶされるわけですよね。 汚れてしまった作品の末路は描き直すか廃棄されるかの2択。 オーロットは廃棄される作品を表しているのかな…なんて思ったり。 分かんないですけどね!! 妄想!! 個人的には怪物が魔法石を必死で渡そうとしない姿を見ていると悲しく感じました。 また、この怪物に限っていえば魔法石を必死に守っていたようにも見え、退学回避のためとはいえ奪うのが少し可哀想でした。 なんの理由で魔法石にこだわっていたのかは分かりませんが、魔法石を持つことで最後の存在証明をしているように思ったので。 怪物にとって、主人公達は立派にズでしたでしょうね。 雨降って地固まる 協力出来なさそうな3人が、主人公の作戦通りに協力した結果、怪物から魔法石を奪うことに成功。 この息のぴったり具合が最高でした。 ズが協力し合うことはなかなか無い ハウスオブマウスの話とか見てると仲良しやな…なんて思ったこともあるけど ため、3人の息を合わせた勝利は見事の一言です。 特に大釜職人は大活躍です。 めっちゃ笑った。 その後、怪物が落とした謎の石を拾い食いする狸。 見事なグルメレポート。 こいつの語彙力どうなってんだ。 エピローグ 魔法石を取って帰って来たこと、生徒同士を協力させて怪物に勝利したこと、グリム自身も魔法の腕を認められたことなどから主人公とグリムは2人で一人前としてナイトレレッジの正式入学が認められました。 また、魔法が使えない主人公だから監視役兼記録者として『ゴーストカメラ』が与えられます。 このカメラを使ってナイトレレッジの『記憶の断片 メ 』を遺すことになります。 さて、このカメラの元ネタって何かあるんでしょうかね? 今のところ私は『ゴーストカメラ』の元ネタは検討がつきません。 というかディズニーでカメラといえば、マルチプレーン・カメラしか思い浮かばなかったわ。 もしくはパークのDオタ標準装備の一眼レフ。 未だ本編中でカメラ撮っている描写はないので、単純にカードのイラストのことを指しているのかな…メとはパーソナルストーリーのことかな…などと思ってもいます。 ともあれ、めっちゃ笑顔のグリムを見ていると嬉しくなるエンディング。 一緒に鉱山を攻略したエースとデュースも主人公達を認めていることが会話の節々から感じ取ることも出来ます。 危機をみんなで乗り越えて仲良くなるって展開は王道ですが良いものです。 まとめ 分かりやすいディズニー要素は少なめながらも、ディズニー好きを恐ろしい勢いで吸引できるプロローグだと感じました。 主人公が何故ツイステッドワンダーランドに呼ばれてしまったのかやが存在する訳、グリムが食べてしまった謎の石についてなど気になるところも盛り沢山で、その世界観に引き込まれる作品だと思います。 ディズニーズは確かに悪役ではあるけれど、ただの悪役とは言えない魅力を持ったキャターであることが良さだと思います。 ツイステでもディズニーらしい悪役さを、非常に上手にキャター達の性格に反映しています。 序章のエースとデュースを見ていれば、彼らは決して善人では無いと分かりますからね。 また、この後は各寮にまつわるエピソードが展開されていくわけですが、エースとデュースに限っていえば序章で初めに仲良くなった生徒である故か主人公とグリムとの強い絆ができています。 ハーツラビュル寮生ではありますが、さながら主人公のオンボロ寮生ともいえる域です。 私はひっくるめて主人公組と呼んでます。 個人的な意見ではありますが、各寮のエピソードが終わって終章になったらまた主人公組のお話が展開されれば嬉しいですね。 はじめと終わりを彼らで締めくくってくれるとなんとなく滾ります。 では、大変長くなりましたがお付き合いしていただきありがとうございました! haneko873.

次の