ブラインド タッチ ソフト。 ブラインドタッチの練習は無料で!初心者におすすめのソフト3選

ブラインドタッチの練習は無料で!初心者におすすめのソフト3選

ブラインド タッチ ソフト

ブラインドタッチ習得のコツは? ブラインドタッチとは、 手元を見ないでタイピングすることを言います。 入力するたびに手元を見ていては、やはり作業時間が無駄にかかってしまうので、 ブラインドタッチは習得しといて損はない技術だと言えるでしょう。 特に、短い時間でどれだけ記事を書き上げることができるかが重要な僕らにとって、 絶対に手に入れておきたい技術ですよね。 ブラインドタッチができない!という人のために、 習得するためのコツについてお話していきたいと思います。 たまにかな入力でタイピングしている人がいますが、 ローマ字入力を使ってタイピングするようにした方が何かと便利です。 日本語オンリーのタイピングをするのであれば問題ありませんが、 ブログ記事を書く際は何かとローマ字を打ち込むことも多いですからね。 日本語オンリーのタイピングをする時を除いて、 ローマ字入力の方が基本的に早くタイピングできると思います。 かな入力でめちゃくちゃ入力が早い人も中にはいるのかもしれませんが、 今からブラインドタッチを身につけようとしている人には間違いなくおすすめできません。 習得の難易度もかなり高いですからね。 無難にローマ字入力で打ち込むようにしましょう。 それが、 ホームポジションです。 まずは、 ホームポジションを覚えましょう。 上の画像のように指を置くのがホームポジションです。 両親指はスペースキーの上です。 常に同じ場所に指を置くことによって、 どこにどのキーがあるのかを感覚で掴めるようになります。 そして、タイピングする時は、 ホームポジションに指を置いた時に各キーに近い指で押すようにします。 例えば、QやZは左手の小指、Eは左手の中指、R、T、G、Vは左手の人差し指、 Y、U、Nは右手の人差指、Oは右手の薬指・・・などですね。 そして、タイピングし終わったあとは、指を再度ホームポジションに戻します。 キーを打ったらホームポジションへ、キーを打ったらホームポジションへ・・・ を繰り返します。 そうすることによって、キーボードを見なくて もキーの位置を把握しやすくなりますし、 どのキーをどの指で押すのかをしっかりと 理解していればスムーズにタイピングすることができます。 ちなみに、BやYなど、利き手によっては左手・右手の人差し指で 打つ方がやりやすいとかあると思うので、どの指でどのキーを押す ようにするのかは、自分の感覚で判断していってください。 ただし、先程説明したホームポジションは守るようにしましょう。 人差し指だけでブラインドタッチする強者もいるにはいますが、 あれは完全にそのやり方に慣れてしまってるからこそできるだけなので、 絶対に真似しないようにしましょう(笑) それでもブラインドタッチを出来ないことはないですが、習得は遅くなりますし、 ホームポジションに指を置いてタイピングをしたほうが基本的には早いです。 もちろん現在人差し指オンリーでタイピングしてて、 かなりの速度でタイピングできるならそのままでもOKです。 結果的にタイピングが早ければ問題ありません。 タイピングする時、なるべくキーボードを見ないで打つようにします。 「あのキーどこだったかな・・・」と忘れてしまったら、 仕方がないので確認してみてもいいですが、 どんどん見ないように打つようにしましょう。 いちいち確認しながら打つのがクセになってしまうと、 中々ブラインドタッチはできるようになりません。 ブラインドタッチを習得したいのだったら、 どうしてもわからない時を除いて、 見ないでタイピングするようにしましょう。 ブラインドタッチを習得するまでの時間についてですが、 初心者の方でも1週間もあれば習得できるのではないでしょうか。 もちろん練習時間にもよりますが、 しっかりと紹介したコツを意識しながら取り組めば出来ないことはないはずです。 がんばってブラインドタッチを習得していきましょう。 おすすめの無料練習ソフトは? インターネット上にはタイピングを無料で練習するソフトもあります。 こういったソフトを利用してタイピング能力を磨くのも良いでしょう。 様々な題目で練習ができるので、 色々な文章を打つ練習になります。 スコアを競いながらゲーム感覚で練習することができます。 今回の記事のまとめ アフィリエイトをやる上でブラインドタッチは絶対に習得しておきたい技術の一つなので、 まだブラインドタッチできていないという人は、絶対身につけるようにしましょう。 無料ソフトを利用して練習する方法も紹介させていただきましたが、 アフィリエイターの場合、どっちみち記事の文章を打つことになるので、 実際に記事を書きながらブラインドタッチを練習していったほうが無駄な時間を使わないので、 練習ソフトというより、実践で習得していったほうが効率が良いかもしれません。 ブラインドタッチは自転車と同じで、 一度できるようになればずっと使える技術です。 早めにブラインドタッチを覚えていきましょう。

次の

タイピングソフトおすすめ10選|タイピングオブザデッドやアニメのコナン特打が人気

ブラインド タッチ ソフト

パソコンでタイピングを速くするためには、ホームポジションとブラインドタッチを覚えて地道な練習が必要です。 しかし、無料のソフトを使うと楽しく練習することができて、タイピングを速く習得する近道になるでしょう。 今回は、タイピングを速くするためのコツと、無料のタイピングソフトを紹介してきます。 タイピングを速くするためのコツ まずは指をホームポジションにおきます。 ホームポジションとは、左手の人差し指をキーボードのFに、右手の人差し指をJにおくことです。 FとJのキーには小さな突起がついているので、人差し指で確認してください。 そして、キーボードを打つときにはブランドタッチを行います。 キーボードは見ないで、画面を見てください。 入力のキーを間違っても手元のキーボードは見ずに、画面を見て入力を行い、指でキーの位置を覚えることが大切です。 おすすめ無料ソフト タイピング練習には初心者用から中級者、上級者用まであります。 初心者用は決められた指で打つこと、中級者以上用はとにかく速く打つことに主眼がおかれています。 とはいっても、どちらからはじめてもかまいません。 楽しみながら繰り返し練習して身体で覚えましょう。 ホームポジションやブラインドタッチをこれから覚えたい方におすすめなのが、MIKATYPEです。 作者は学校教育用に作成しており、初めてキーボードにさわる方から上級者の方までタイピングの練習ができます。 ソフトはダウンロード後インストールが必要で、最新のWindowsにも対応しています。 詳しくはサイトを確認してください。 myTypingは25000を超えるいろいろなテーマで、タイピングの練習ができるサイトです。 そして、そのテーマの数はどんどん増えており、全くの初心者から上級者まで対応しています。 初めに60秒でできるタイピング診断をやってみてください。 そうするとあなたのレベルと苦手キーを判定してくれます。 最初の診断結果は厳しい結果かもしれませんが、地道に練習あるのみです。 タイピングのテーマとしては哲学者タイピングや戦国武将タイピングなど、いろいろありますので楽しみながら練習できます。 こちらもいろいろなテーマに沿ってタイピングの練習ができるサイトです。 上司に対する尊敬語や、医療介護に関する単語まで、さまざまなテーマが用意されています。 腕ためしのレベルチェックがありますので、初めに実力を確認してみてください。 なおmyTyingの診断は単語ですが、こちらの腕試しは文章でレベルチェックができます。 タイピングを少し覚え始めた方におススメなのが寿司打です。 回転寿司のように言葉が流れてきて、指定の文字をタイピングし点数を上げていく、ゲーム形式のタイピング練習ソフトです。 難易度は3段階ありますが、言葉がどんどん流れてくるので、まずはお手軽コースから試してみるとよいでしょう。 ICTプロフィシエンシー検定強化(P検)が作成したタイピング練習用ソフトで、ブラウザ版とダインロード版があります。 もちろん最新のWindowsにも対応しています。 P検はソフトやコンピュータを使いこなすための検定試験を行っているので、タイピングのみの検定はありませんが、タイピングは大切なスキルと考えらているので、ぜひ試してみましょう。 世紀末覇者ケンシロウがタイピングソフトとして帰ってきました。 Yahooのブラウザゲームで遊ぶことができます。 難易度は徐々に高くなってくるので、初心者から上級者まで楽しめます。 ストーリー性も高く、映像は大人向きになっています。 画面中央にある食べ物を狙ってくる小人から料理を守る、タイピングゲームです。 速く打たないと小人に食べ物を持っていかれてしまいますので、ハラハラドキドキします。 ある程度速い入力が必要なので、ブラインドタッチに少し慣れた方におススメです。 ストーリーに応じて入力する文字が指示され、タイピングを失敗すると自分もダメージを受けるゲームです。 遅くタイピングしてもゲームオーバーにならないので正確なタイピングが大切なゲームですが、入力指示される文字は初心者向けではないものが多いです。 タイピングに少し慣れた方におススメです。 まとめ タイピングを速くするためのコツとタイピング練習にオススメな無料ソフトの紹介をしました。 ホームポジション、ブラインドタッチ、地道な練習が速いタイピングへの近道ですが、今回ご紹介したソフトを使うことで地道な練習が楽しくなることを期待します。

次の

【おすすめタイピングソフト7選!】超速ブラインドタッチで仕事を効率化しよう!|ウィリスの宇宙交信記

ブラインド タッチ ソフト

Mac用タイピング学習ソフト「タイピスト」とは? もともとは欧米で著名なタイピング練習ソフトを、OSXのプログラミングに関する著書などで有名なコンピューター理工学の荻原剛志教授が、MacOSX用に移植されたフリーソフトです。 豊富な学習コースと問題量があって、毎日少しづつ学習できます。 ホームポジション(ブラインドタッチをするための基礎となる指の置く場所)を基本としたアルファベット入力から学習が始まります。 ブラインドタッチや正しいタイピングの理論についても説明があって、タイピングの基礎から学べるので初心者にもおすすめです。 ちょっと今どきのソフトと比べると、お固いUIに感じるかもしれませんがその分学習内容はしっかりとしています。 少し上級になってきた頃の練習問題。 長年ブラインドタッチしている方にはそんなに難しい問題ではないですかね。 Macでタイピングを練習するなら、本当におすすめです。 ネットに繋がなくてもいつでも練習できるので、1日1問5分で学習できて、僕はだいたい1ヶ月くらいでそこそこのブラインドタッチが出来るようになりました。 ブログガーや日常でPCでの入力操作をする方は、作業効率化はもちろんタイピングがサクサクできるようになると本当に気持ち良いので、これからの長いタイピング人生にぜひとも取り入れてみて下さい!.

次の