料理 白 ワイン 代用。 白ワインを料理で使う効果は何?味だけなの?わかりやすく解説!

白ワインは他のお酒で代用できる?代用おすすめレシピまとめ!

料理 白 ワイン 代用

白ワインを料理に使う効果とは? 白ワインには酸味・糖分が入っています。 渋味もありますが、赤ワインほどではありません。 白ワインの 酸味には、 ・肉や魚介のくさみを消す ・うまみやコク ・香りつけ などの効果があります。 肉や魚介の下準備として白ワインを振りかけておくと、くさみが消えます。 また、白ワインの酸にはタンパク質を凝固する性質があります。 そのため、白ワインに肉や魚を漬け込んでおくと、身がしまります。 ただ、白ワインのアルコール(13%)や糖分には肉や魚を柔らかくする作用がありますし、白ワインの酸は赤ワインに比べると弱いので、 酸による凝固 <アルコールや糖分により柔らかくなる効果の方が強いですね。 白ワインと赤ワイン、使い分けは? 白ワインと赤ワインの使い分けの基本は、 ・白い食材には白ワイン ・赤い食材には赤ワイン 魚介は白ワインが基本ですが、マグロやブリなど脂身が強く味の濃い魚には赤ワインを使うこともあります。 ただ、白ワインを使った方が失敗はありません。 肉では、 鶏肉は白ワイン、豚肉はケースバイケース、牛肉は赤ワインが基本です。 鶏肉を茹でたり蒸したり、鶏ハムを作るときには白ワインを使います。 豚肉では焼いたり茹でたりは白ワイン、カレーやシチューなどには赤ワインを使うこともあります。 ポークカレーには赤ワインがよいですね。 ビーフカレーやビーフシチューには赤ワインを使います。 赤ワインは着色性が強く、料理に入れると鍋の中身は赤くなります。 なので、赤い色がついてもよい料理には赤ワイン、ポトフやスープなど透明な料理には白ワインを使ってください。 白ワインが手元にないときには、 料理酒(日本酒)で代用できます。 酸味をプラスしたいときにはお酢を入れてください。 赤ワインは他のお酒や調味料では代用できません。 特にビーフシチューなど赤ワインが味の決め手になっている料理では赤ワインは絶対に必要! ないときには、コンビニやスーパーに走るか、もしくは違う料理に変更してください。 肉の臭み消しだけが目的の場合は、料理酒や焼酎などで代用することができます。

次の

白ワインの料理特集!ワインに合う絶品料理&料理用のワインまでご紹介

料理 白 ワイン 代用

【スポンサードリンク】 料理用のワインの特徴 料理ワインには、赤ワインと白ワインがあります。 赤ワインは、一般の赤ワインよりアルコール度数が高く葡萄果皮成分が多く含んでいてお肉料理に。 白ワインは、一般の白ワインより糖分や酸を少なくしているので魚料理に向いています。 料理用ワインを使うことで、 お肉をしっとりと柔らかくしたり、お魚の生臭さを消してくれるという効果が。 また、 コクの旨味や甘さに深みを与えてまろやかにしてくれます。 例:クリームシチュー煮、ワイン蒸しなど 料理用のワインの賞味期限は? 料理で使ったワインが残ったけどいつまでに使い切らないといけないのか気になりますね。 実は、 ワインのボトルには賞味期限が書かれていません。 しかし、開封した場合は、ワインが空気に触れる状態となり酸化が一気に進みます。 ワインの酸化が進めば、味に酸味が出てきて風味が落ちてしまいます。 そのため、 開封した料理用ワインは1週間以内に使い切るようにしましょう。 料理用ワインは赤と白があり作る料理によって使い分けると美味に!• 開封後の料理用ワインは、1週間以内!開封前は2~3年以内に使い切ること• 開封後は冷蔵保存、開封前は湿気が少なく日光の当たらない場所へ保存すること• 料理用ワインは、冷凍保存も可能 今回は、 残ってしまった料理用ワインの保存方法や賞味期限について調べてみました。 料理用のワインには、どんな特徴があるのか、開封前と後では、賞味期限や保存方法の違いがあることをわかっていただけたのではないでしょうか。 これで料理用のワインが残ってしまっても安心してお料理できますね。 是非、料理用ワインを使ってお家でレストランのような味の料理を作ってみてはいかかでしょうか。 またせっかく赤ワインを使う料理をしてる時に赤ワインがなくなってしまった!なんて時がありましたら、 の記事で紹介してますので参考にしてみてくださいね! それでは最後までお読みいただきありがとうございました。 少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

次の

料理酒がないときの代用のおすすめは?みりん・白ワインは使えるかを解説(暮らしニスタ)

料理 白 ワイン 代用

【スポンサードリンク】 料理用のワインの特徴 料理ワインには、赤ワインと白ワインがあります。 赤ワインは、一般の赤ワインよりアルコール度数が高く葡萄果皮成分が多く含んでいてお肉料理に。 白ワインは、一般の白ワインより糖分や酸を少なくしているので魚料理に向いています。 料理用ワインを使うことで、 お肉をしっとりと柔らかくしたり、お魚の生臭さを消してくれるという効果が。 また、 コクの旨味や甘さに深みを与えてまろやかにしてくれます。 例:クリームシチュー煮、ワイン蒸しなど 料理用のワインの賞味期限は? 料理で使ったワインが残ったけどいつまでに使い切らないといけないのか気になりますね。 実は、 ワインのボトルには賞味期限が書かれていません。 しかし、開封した場合は、ワインが空気に触れる状態となり酸化が一気に進みます。 ワインの酸化が進めば、味に酸味が出てきて風味が落ちてしまいます。 そのため、 開封した料理用ワインは1週間以内に使い切るようにしましょう。 料理用ワインは赤と白があり作る料理によって使い分けると美味に!• 開封後の料理用ワインは、1週間以内!開封前は2~3年以内に使い切ること• 開封後は冷蔵保存、開封前は湿気が少なく日光の当たらない場所へ保存すること• 料理用ワインは、冷凍保存も可能 今回は、 残ってしまった料理用ワインの保存方法や賞味期限について調べてみました。 料理用のワインには、どんな特徴があるのか、開封前と後では、賞味期限や保存方法の違いがあることをわかっていただけたのではないでしょうか。 これで料理用のワインが残ってしまっても安心してお料理できますね。 是非、料理用ワインを使ってお家でレストランのような味の料理を作ってみてはいかかでしょうか。 またせっかく赤ワインを使う料理をしてる時に赤ワインがなくなってしまった!なんて時がありましたら、 の記事で紹介してますので参考にしてみてくださいね! それでは最後までお読みいただきありがとうございました。 少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

次の