セイント セイヤ 海王 覚醒 設定 示唆。 聖闘士星矢 海皇覚醒 設定判別・設定差解析まとめ【スロット・パチスロ】

聖闘士星矢 海皇覚醒

セイント セイヤ 海王 覚醒 設定 示唆

アイキャッチ実践データ募集中です。 データが膨大になるので 特殊なアイキャッチ、火時計黄以上、各種示唆ありのデータを主に募集。 頂いたデータはこの記事で随時まとめていく予定です。 欲しいデータはを参照してください。 データは部分的に欠けていても大丈夫です。 (VSキャラ名不明、%のメモし忘れなど。 ) お礼になるかはわかりませんが、データ提供してくれた方でブログなどやっていればそのURLも一緒にコメントしてください。 記事内にリンクを貼ります。 (ただし、ここは弱小ブログなので送れるアクセスは日に数アクセス程度) 以上、気軽にコメントして貰えると嬉しいです。 アイキャッチは、ほとんど星矢パンチ or ステンドグラスでした。 次に出やすいのが拳を掲げる2。 これはGBLV2以上濃厚 カノンなどプレミア系は・・・ほぼ出ません。 たぶん50台、100台ぐらいリセ狙いを消化すれば1回ぐらいは出るかな?というレベル。 出たら必ず次回GBまで回しましょう。 リセ・AT後 火時計色振り分け 火時計色 出現率 件数 白 5. 白、黄のみが出た台を打つというのは弱いと思われますが、ポセイドンの槍など他演出と複合した時は要注意。 その場合は スマホ画面を横向きで見ると端まで見えるようになります。 それ以外アサイチ台 火時計PUSH-色 出現数 白 青 24 黄 4 緑 赤 紫 星付き状態だと設定変更でもカットインはいらないかもしれません。 夕方にもいかず、内部状態は変わっているような感じでした。 今日気が付いたので次回からもう少しよく見てみます。 道中示唆無し。 3戦通して女神覚醒ではなかったので海底も否定。 通常モード低GBでも出るのを確認したので、デフォルトで良いかもしれません。 狙いから外した方が良さそうと判断することにしました。 3戦通して確認できたのが大きかったです。 教皇火時計青、また出たので追いかけました。 出現率の低さと音がどうしても気になります。 道中GB示唆無し不屈中まで確認。 首尾よく天井到達不屈開放せず50%2戦目負け、不撓不屈という展開でした。 このことから、もし示唆があるのなら、内部女神覚醒の可能性と不屈がある程度たまった状態の可能性がありそうです。 他のアイキャッチは、ポセイドンの槍(強)、ベルで強フラッシュ、不屈示唆などが出ない限りスルー。 ただ上記に乗っていないプレミアアイキャッチもあるかもしれないので見慣れないアイキャッチが出た要注意。 データ提供用テンプレ テンプレがあった方が良いという方のみ使いたい部分のみコピペしてお使いください。 「自分で独自にまとめたやつがあるよ!(excelなど)」という方はそのままコメント欄に貼り付けてもらってOKです。 設定6の当たり40回分です。 一応店バレ防止のため自分の総データよりも回数は減らして40回分順番とさせていただきました。 使える部分あれば使ってください。 その他アサイチ 前回からの続きです。 教皇は今のネット情報だと不屈高ポイントの可能性が高いみたいですね。 アサイチアイキャッチ教皇青で、MAX(続x3)天国当たりが今回設定6だったので、そういうこともあるんだなとびっくりしました。 度々のデータ提供ありがとうございます。 データはいつでも大歓迎ですよー。 ただ・・・記事更新の方は、スロ稼働に行ってない時にやっているので遅くなるかもしれません^^; とりあえず、火時計色振り分けと時計色別VSキャラにまちゃさんから頂いだデータを入れておきました。 その他は後日更新予定です。 >>教皇は今のネット情報だと不屈高ポイントの可能性が高いみたいですね。 白も何気に出現率低いですよねー・・・、GBLV2以上 or 海底モード示唆だったりするのかもしれません。 なるほど、教皇は不屈ですか。 今度からリセ後に出たら一応100Gまで回して不屈蓄積演出が出るかだけ見てみます。 記事も書き換えておきました。 コメントありがとうございます。 2度目のGBはラッシュには入ったということで実は内部的に高GBLVだったということもあるのかもしれません。 ただ、火時計黄色狙いは自分もまだ検証中の立ち回りで狙えるかどうかは未知数なので、 慎重派の方は火時計黄や拳2などのGBLV示唆演出が出た場合、台番号をメモして放流。 その後、さらにハマっていれば打つというがベストかなと思います。 黄 50 ソレント 黄 50 ソレント 黄 60 アイザック 黄 60 アイザック 黄 60 ソレント 黄 70 クリシュナ 黄 70 イオ 黄 直撃 青 50 ソレント 青 50 アイザック 青 50 クリシュナ 青 50 クリシュナ 青 50 ソレント 青 50 ソレント 青 50 クリシュナ 青 60 青 70 バイアン 青 70 バイアン 青 - 青 フリーズ 青 直撃 青 直撃 青 直撃 青 直撃 赤 直撃 白 50 クリシュナ 白 70 バイアン 白 直撃 白 直撃 白 直撃 緑 60 ソレント 緑 70 緑 70 緑 - アイザック 緑 直撃 リンクでお世話になっています。 スロハイまちゃあきです。 設定5のデータですが、使える部分あればどうぞ。 高設定ですので除外対象にするなどご自由に判断ください。 途中でキャラもメモるようにしました。 表記無しは見忘れです。 色順A-Zにエクセル並べ替えました。 緑以上当たるまでは良いとして、黄色でも60%以上は期待できる数値のようですので、150位回してモード見るとかも今度から時間があるときにやってみようかと考えています。 設定が入る店ならワンチャン判別も一緒にできるかもしれません。 当たりゲーム数や、液晶演出のデータなどもありますが、取り急ぎここまでにしておきました。 有意義なブログ参考にさせていただきます。 それ以外アサイチ台 火時計PUSH-色 出現数 白 青 24 黄 4 緑 赤 紫 星付き状態だと設定変更でもカットインはいらないかもしれません。 夕方にもいかず、内部状態は変わっているような感じでした。 今日気が付いたので次回からもう少しよく見てみます。 自分も検証続けますし、データ増やせる環境が続けばまた送りたいと考えていますのでデータまとめ大変でしょうが今後もありがたく見させていただきます。 おぉ、大量データ提供ありがとうございます。 ものすごく直撃が多いデータですね。 さすがの高設定挙動。 データを記事に追加させて頂きました。 >緑以上当たるまでは良いとして、 黄色でも60%以上は期待できる数値のようですので、 >150位回してモード見るとかも今度から時間があるときにやってみようかと考えています。 データを追加した結果。 火時計黄色の出現率の低下が見られました。 朝一ほぼ青なのは変わらず。 黄色も中々に出ないので0~150G回して各種示唆が出るかどうかで進退を決める立ち回りも良さそうです。 自分も試してみたいと思います。 教皇もあまり見かけないアイキャッチのように思えます。 ただ、デフォのアイキャッチと考察しているブログも多いので自分だけかもしれません。 個人的には拳を掲げる2のアイキャッチが天国内当たり継続期待度99%、ポセイドンの槍が出たりとGBLVが高そうな印象でした。 >星付き状態だと設定変更でもカットインはいらないかもしれません。 星付き状態は、自地域ではまだ見かけてないのでこの情報はありがたいです。 自分も注意しておきたいと思います。 >自分も検証続けますし、データ増やせる環境が続けばまた送りたいと考えていますのでデータまとめ大変でしょうが今後もありがたく見させていただきます。 ありがとうございます。 データ大歓迎です。 大体、データ系の更新は朝にすることが多いので朝に見てもらえると記事が新しくなっていることが多いと思います。 データ提供ありがとうございます。 アイキャッチですがポセイドンではなくカノンとのこと。 ということでポセイドン あたらめ カノンのアイキャッチが出たんですね。 自分も実践上で一度だけカノンのアイキャッチが出ましたが火時計 赤だったのでカノンのアイキャッチはなかなか出にくい高GB示唆のものと思って良さそうですね。

次の

聖闘士星矢 海皇覚醒 設定判別ツール・終了画面・設定差まとめ

セイント セイヤ 海王 覚醒 設定 示唆

話題を呼んだ『 』がAT機に進化し『』として登場。 そのシステムには明かされていない部分も多く、少ない情報しか知らないプレイヤーも多いことだろう。 今回は、そんな謎に包まれている『 』の秘密に迫っていこう。 全12万ゲームを超える実戦で得た情報を使って、公開されていない中間設定の細かい挙動を徹底解明。 高設定と低設定の違いもこれを読めば丸わかりだ。 設定判別に有用な要素など、盛りだくさんな内容となっているため、是非参考にしてほしい。 上記の全設定のスランプグラフをみると、その挙動に大きな違いがあることがわかる。 細かく初当りを重ね、徐々に出玉を伸ばしていく挙動が高設定の特徴といえよう。 1000枚以上など、まとまった出玉を一撃で獲得しているグラフが少ないことも注目ポイントだ。 大きなハマリを経たあとに大量出玉を獲得するといった傾向が目につく。 高設定に比べて、ハマリが頻出することを覚えておこう。 高設定の特筆すべき特徴のひとつが初当りの軽さだ。 200ゲーム以内の初当り頻度に注目。 実戦上では高設定ほどSRの直撃が多いことを確認している。 設定1、2ではほとんど確認できなかったことも重要なポイントであり、今回の実戦においてはとくに設定差のある要素となった。 設定ごとの天馬覚醒中のデータで、とくに注目したいのが7揃いの確率。 7が全然揃わないのは残念だが、高設定かもしれないということを考慮して実戦にのぞんでほしい。 今までの要素に比べると、アイキャッチ出現時の火時計の色に極端にわかりやすい傾向はみられず。 注目したいのは緑が設定5、6で多く出現したこと。 今回の実戦に限って言うならば、高設定ほど出現しやすかった。 とくに注目すべきは直撃SRの頻度! 設定1〜3:ハマりやすいが、連チャン率は高め。 設定4〜6:ハマリにくいが、連チャン率は低め。 要注目ポイントは初当りの早さとSRの直撃確率。 とくにSR直撃の確率には非常に大きな差があることが判明した。 体感でわかるほどの差があったため、初当りゲーム数とあわせて実戦時は要チェックだ。 上乗せの少なさは高設定の証! 高設定ほど上乗せが発生しないのは大きな特徴。 設定2において千日戦争といったイレギュラーはあったものの、低設定の方が平均セット数が多いという結果も出ている。 要注目ポイントとして設定6で上乗せが発生していないことが挙げられ、上乗せ確定である強チェリーとチャンス目が出現していないことは他の設定ではみられなかった要素だ。 高設定濃厚画面は高頻度で出現! とくに設定6に関していえることだが、今回の実戦では、高設定濃厚演出の出現を多数確認している。 GB終了後の画面や小宇宙ビジョンにサメ座出現などを複数回確認しているため、ホールでも目にすることは多いだろう。 出現した際は見逃し厳禁だ。 連チャン数が少ない傾向にあった設定4と5も同様なので、ハマってからのSR当選は大量出玉に期待できるのではないだろうか。 501G〜600Gに関しても、400G以内での当選より獲得枚数が多い(サンプル数次第では、こちらも1000枚を超える可能性あり)。 実戦上は、ハマった後は大量出玉を獲得というデータに設定差はみられず、ある程度ハマっている台であれば設定を問わずに狙い目といった結果となった。 まさに、天井狙いが一石二鳥と言えるだろう。 C 車田正美・東映アニメーション この記事の関連情報 関連する機種•

次の

パチスロ『聖闘士星矢 海皇覚醒』不屈ポイントまとめ

セイント セイヤ 海王 覚醒 設定 示唆

話題を呼んだ『 』がAT機に進化し『』として登場。 そのシステムには明かされていない部分も多く、少ない情報しか知らないプレイヤーも多いことだろう。 今回は、そんな謎に包まれている『 』の秘密に迫っていこう。 全12万ゲームを超える実戦で得た情報を使って、公開されていない中間設定の細かい挙動を徹底解明。 高設定と低設定の違いもこれを読めば丸わかりだ。 設定判別に有用な要素など、盛りだくさんな内容となっているため、是非参考にしてほしい。 上記の全設定のスランプグラフをみると、その挙動に大きな違いがあることがわかる。 細かく初当りを重ね、徐々に出玉を伸ばしていく挙動が高設定の特徴といえよう。 1000枚以上など、まとまった出玉を一撃で獲得しているグラフが少ないことも注目ポイントだ。 大きなハマリを経たあとに大量出玉を獲得するといった傾向が目につく。 高設定に比べて、ハマリが頻出することを覚えておこう。 高設定の特筆すべき特徴のひとつが初当りの軽さだ。 200ゲーム以内の初当り頻度に注目。 実戦上では高設定ほどSRの直撃が多いことを確認している。 設定1、2ではほとんど確認できなかったことも重要なポイントであり、今回の実戦においてはとくに設定差のある要素となった。 設定ごとの天馬覚醒中のデータで、とくに注目したいのが7揃いの確率。 7が全然揃わないのは残念だが、高設定かもしれないということを考慮して実戦にのぞんでほしい。 今までの要素に比べると、アイキャッチ出現時の火時計の色に極端にわかりやすい傾向はみられず。 注目したいのは緑が設定5、6で多く出現したこと。 今回の実戦に限って言うならば、高設定ほど出現しやすかった。 とくに注目すべきは直撃SRの頻度! 設定1〜3:ハマりやすいが、連チャン率は高め。 設定4〜6:ハマリにくいが、連チャン率は低め。 要注目ポイントは初当りの早さとSRの直撃確率。 とくにSR直撃の確率には非常に大きな差があることが判明した。 体感でわかるほどの差があったため、初当りゲーム数とあわせて実戦時は要チェックだ。 上乗せの少なさは高設定の証! 高設定ほど上乗せが発生しないのは大きな特徴。 設定2において千日戦争といったイレギュラーはあったものの、低設定の方が平均セット数が多いという結果も出ている。 要注目ポイントとして設定6で上乗せが発生していないことが挙げられ、上乗せ確定である強チェリーとチャンス目が出現していないことは他の設定ではみられなかった要素だ。 高設定濃厚画面は高頻度で出現! とくに設定6に関していえることだが、今回の実戦では、高設定濃厚演出の出現を多数確認している。 GB終了後の画面や小宇宙ビジョンにサメ座出現などを複数回確認しているため、ホールでも目にすることは多いだろう。 出現した際は見逃し厳禁だ。 連チャン数が少ない傾向にあった設定4と5も同様なので、ハマってからのSR当選は大量出玉に期待できるのではないだろうか。 501G〜600Gに関しても、400G以内での当選より獲得枚数が多い(サンプル数次第では、こちらも1000枚を超える可能性あり)。 実戦上は、ハマった後は大量出玉を獲得というデータに設定差はみられず、ある程度ハマっている台であれば設定を問わずに狙い目といった結果となった。 まさに、天井狙いが一石二鳥と言えるだろう。 C 車田正美・東映アニメーション この記事の関連情報 関連する機種•

次の