ふきん 洗濯 機。 ふきんの洗い方は?洗濯機では?簡単清潔な方法は?|hanamaru

ふきんの洗濯・洗い方|洗濯機や手洗いは?干し方/洗剤/頻度も

ふきん 洗濯 機

ふきんの洗い方について教えてください。 我が家ではふきんを3種類に分けて使っています。 いつも水で軽く洗い、汚れが気になる時は食器用洗剤で軽くもみ洗いしてます。 時々ハイターに浸けたりもします。 ふきんはしっかり乾かしているので臭ったりすることはこれまでないのですが、洗濯物のようなスッキリ洗えてる感がありません。 洗濯機に他の洗濯物と一緒に入れるのは抵抗があります ハイターに浸ける場合、3つ一緒に入れていいのでしょうか? ハイターに浸ける以前にそれぞれの正しい洗い方があったら教えて下さい。 補足回答ありがとうございます。 食器用以外のふきんは毎日洗濯機で洗っていれば、これまでの洗い方より清潔な気がしてきました…。 ただ、洗濯はいつもお風呂の残り湯を利用してるんです。 もちろん仕上げすすぎは水道水です 残り湯洗濯自体に賛否両論あると思いますが、私は仕上げが水道水なら大丈夫かな!という考えです。 でもふきんを洗うとなると、やっぱりよくないですか…? そんなに神経質になることはないです。 台ふきんや台所用のふきんは先の人が書いておられる様に洗濯機で洗うのが一番清潔になります。 十分な濯ぎをするわけですから。 食器用のふきんは夜寝る前にキッチンハイターにつけておき、朝濯いで天日に干すのが一番清潔です。 台所用洗剤を泡一杯にして洗うのは決してしてはいけません。 手で濯いだくらいで完全にとれませんよ。 中性洗剤は少なめの泡で十分です。 環境破壊や配水管のつまりを早めます。 ………………… お風呂の残り湯の洗濯を色々言う方がいますが、濯ぎは水道水でしていれば何の問題もないです。 要は洗い流すという作業を確実にしていれば心配ありません。 気持ちの問題でふきんだって別にいいわけで、それが原因で病気になった人はいないでしょう。 気になるならふきんは手洗いして濯ぎの段階で他の洗濯物と一緒に濯ぐやり方でもいいんじゃない。 布巾は、使い終わったらその都度(毎食後)、台所用石鹸(食器用洗剤でも構いませんが)で、たっぷり泡立てながらしっかり手洗いしましょう。 目立つ汚れがなくても、水ですすぐだけなんて駄目です。 同じ布巾を一日中使い回すのも、好ましくありません。 濡れた物を水ですすぐ程度で長時間放置すると、置いている間に雑菌が繁殖してしまいますから、使ったらすぐ洗ってすぐ干すのが基本です。 その為に、洗い替えを何枚も用意しておくといいですね。 布巾を洗う時に、桶を使ってます?流水の下で流すだけだと、どうしてもすすぎ不足になりがちなので、桶にぬるま湯を張って、何度か水替えしながら、水が濁らなくなるまで、しっかりと溜めすすぎしましょう。 気になるなら、最後に流水ですすいでいいですけれど。 いきなり流水ですすぐのは、水の使用量ばかり多く、すすぎ効率は意外と悪いものです。 漂白剤に浸け置きを3枚一緒に浸けていいかは、貴方の気持ち次第です。 きちんと石鹸や洗剤で汚れを落としてから、漂白剤に浸け置きするのが基本ですから、別に3枚一緒に浸けたら汚れるから不衛生だとかってものじゃないですしね。 衛生上は、何にも問題ありませんよ。 だけど、人の衛生感には個人差があるので、気持ち的にどうも一緒だと気持ち悪いと思うなら分ければいいし、全然気にしないなら一緒に浸けていい。 主様がご心配の通り、洗濯機で1枚づつ、それも毎食後に洗うなんて、そんなもったいないことできませんでしょ?時間も光熱費も掛かってしょうがないじゃないですか。 そうなると、どうしても1日分溜めてから洗うとかになっちゃうから、置いている間に雑菌だらけ。 下手すりゃ、カビまで生えてしまいます。 菌の繁殖を予防するには、漂白剤に浸け置きして保管しなきゃいけないが、そうすると生地がすぐにボロボロになってしまう。 洗濯機で洗っちゃ駄目だとは言わないけれど、そうすると毎回漂白しなきゃいけないとお考えくださいね。 私はそんな面倒なことはしたくないから、菌が繁殖する前に、さっさと手洗いで洗った方が、散々菌を繁殖させてから漂白剤で殺菌するよりも楽だから、そうしているってことでね。 ちなみに、布巾に限った話じゃないですが、洗濯というのは洗濯機で洗うよりも、手洗いで丁寧に洗った方が、本来汚れ落ちはいいんですよ。 桶の中に洗剤と水と洗濯物を入れて、洗濯物に直に触れずに、水をかき混ぜて、洗濯物が水流でくるくる回るだけに任せるのと(洗濯機で洗うってことは、つまりそういうことです)、洗濯物を掴んでゴシゴシ揉み洗いするのと、どっちが汚れ落ちがいいか考えれば、それは当然のことだとご納得いただけると思います。 普通に洗濯機がいいですよ、、油物は手洗いしてから洗濯機で、、、それからハイターに浸ければ問題ないと思うのですが、、、1度洗ってみましょう、、、かなり綺麗になります、、、、抵抗あるかも知れませんが、他の物と一緒に、、、ちなみに、我が家は食器は自然乾燥です、、、ふきんは相当な衛生管理がいりますから、食器をふきんで拭くことに抵抗があります。 ワイドショーを見ていると、食器洗いスポンジが雑菌だらけ、フキンも雑菌、手拭きタオルにも、、、それで今まで暮らせたのですからあまり神経質にならない方がいいです、、、発展途上国なんかはまさに雑菌だらけ、、そこに日本人が行って食中毒になります、、無菌に近い所にちょっと菌が入っただけで体が反応、、、とにかく、仕上げにキッチンハイターに浸ければ除菌は完了します、、、.

次の

台拭き、ふきんが臭い!原因や防ぐ方法はこれ!

ふきん 洗濯 機

臭くなるのはなぜ? そもそも、使う度に洗っていても、臭うのはなぜでしょう。 ふきんの臭いの原因は、雑菌です。 ふきんの雑菌は、生乾きの時に繁殖します。 臭っているということは、ふきんが雑菌に侵されているということ。 また、洗い残しの汚れから雑菌が繁殖したり、汚れが酸化して臭いを発している可能性あるのです。 洗い方が悪いの? きれいに洗えていなければ、より雑菌が繁殖しやすくなり、臭いの原因に。 まずは、ふきんの洗い方から見直しましょう。 手洗い 使用後、もしくは1日の終わりに1~2枚洗うだけですから、手軽です。 水だけではなく、食器用洗剤、洗濯洗剤、固形石けんなどを使用して洗いましょう。 洗剤をふきんの繊維の奥まで行き渡らせるようにもみ込み、その後、洗剤が残らないように、水でよくすすぎます。 ふきんには、食品のタンパク質汚れなどがついているため、タンパク質を凝固させないよう、必ず水で洗いましょう。 外干しで日光に当ててよく乾かせば完了。 洗濯機 洗濯物と一緒に洗ってしまう方法。 他の洗濯物と混ざることが気にならないのであれば、とても楽です。 注意点としては、水を使うこと、柔軟剤を使わないこと、ふきんだけ水ですすぎなおすことが挙げられます。 手洗い同様、タンパク質汚れを落とすために、水を使いましょう。 柔軟剤は、強い香りが残り、吸水性も悪くなるので使ってはいけません。 また、洗濯機は、コースにもよりますが、洗剤が残っている可能性があるため、水でのすすぎなおしがすすめです。 臭いを防ぐ方法は? 雑菌の繁殖を押さえ、ふきんの臭いを予防しましょう。 簡単なものから、少し手間のかかるものまで、いくつかの方法を紹介します。 天日干し きれいに洗ってすすいだふきんを、日光に当てて乾かす方法。 風の通りが乾燥を促し、紫外線が殺菌してくれます。 漂白剤 水1リットルに5~10ミリリットルの漂白剤を溶かし、きれいに洗ってすすいだふきんを浸します。 30分漬け置きし、その後漂白剤が残らないようによくすすぎましょう。 日光に当ててよく乾かせば、完了。 白いふきんは塩素系、色物・柄物は酵素系の漂白剤を使用してください。 作業の際はゴム手袋の使用が必須です。 また、水と漂白剤の比率は、メーカーによって違います。 取扱説明をよく読みましょう。 煮洗い 熱に強い、綿・麻のふきんに限る方法です。 鍋に水を入れて、重曹や台所用洗剤、または漂白剤を少し入れ、弱火で煮ます。 沸騰したら火を止め、そのまま冷めるまで放置。 洗剤が残らないようよくすすぎ、日光に当てて乾かします。 安価な鍋を購入して、煮洗い専用にしてもよいでしょう。 アイロン 熱に強い、綿・麻のふきんに限る方法です。 天日干しできない時は、濡れたままの状態で、丁寧にゆっくり高温のアイロンをかけます。 これでほとんど乾きますが、風通しのよいところで、完全に乾燥させてください。 電子レンジ 熱に強い、綿・麻のふきんに限る方法です。 洗い立てで濡れたままのふきんを電子レンジで1~3分加熱。 その後、よく乾かします。 必ず、ふきん全体が濡れた状態で行いましょう。 また、電子レンジによって加熱の具合は変わります。 様子を見ながら、加熱してください。 やりすぎは禁物。 ヤケドにも注意が必要です。 頻繁に取り替える 安いものをどんどん取り替えたり、着なくなった綿の衣類などを切って適当に作ったふきんを、使い捨てする方法も。 「臭わないふきん」を使う 銀イオンの力で臭わないものや、抗菌タイプのものなど種類もいろいろ。 除菌スプレー 台所用のアルコールスプレーで、まな板などのほかにふきんも除菌できるものがあります。 中には、洗い流さなくてよいものも。 毎日の使い方で気をつけること 毎日、何度も使うふきん。 使い方を気をつけることで、清潔を保ちましょう。 たくさん用意する 1枚を洗っては使い、使っては洗う、と繰り返していると、乾く前に使うことになったり、早くいたんだりします。 使ったらすぐに洗濯へ回して、いつもきれいなふきんを使いましょう。 用途によって使い分ける 台拭き、食器拭き、シンク回り用など、用途によってふきんを使い分けることも大切。 台拭きは食べ物の汚れがつきやすく、洗った食器を拭くのとは汚れ方が違います。 とにかくよく乾かす 天日干し、乾燥機、換気扇、扇風機、浴室乾燥、ドライヤー、アイロンなど、どんな方法でもよいので、早く確実に乾燥させましょう。 l 太陽と熱と乾燥で、ふきんの臭いにさようなら! なんとか、お手軽にふきんをきれいにしたい。 めんどくさがりなのです、私。 洗った後、とりあえず外に出せばよい天日干しは、簡単で効果的。 なにしろ、雪が積もっている、冬の晴れた日に、白いふきんを雪の上へ広げておくと、紫外線で真っ白になると言われているくらい日光は強烈です。 とはいえ、外干しって毎日できるものでもありませんよね。 とくに、日中仕事や学校で出かけていたりすると天気が心配ですし、季節によっては花粉も気になります。 梅雨時なんて、ほとんど外干しできません。 そんな時こそ、今回紹介したいくつかの方法の中からお好みのものを選んで、試してみてください。 どんな方法でもよいので、早くしっかり乾すこと。 個人的には 「熱最強!」と思っているので、アイロンを押し当てながら、菌が死んでいくところを想像します。 その後、換気扇の近くで乾かします。 電子レンジも簡単で、頻繁に行うことができそうです。 清潔なふきんで、気分もすっきりさわやかになること間違いなし!.

次の

ふきんの洗濯・洗い方|洗濯機や手洗いは?干し方/洗剤/頻度も

ふきん 洗濯 機

この記事の目次• 食器やテーブルを拭くふきんは洗い替え用に何枚も持っているものだと思いますが、どんな方法で洗っていますか? ふきんの洗い方は各家庭でだいぶ違うようなんです。 正しい洗い方を知っておきましょう。 ふきんをどんな風に洗いますか テーブルやシンク周りを拭く台ふきんや、洗ったあとの食器を拭くふきん、何種類かを何枚もお持ちだと思いますが、どのように洗っていますか?クックパッドにこんな質問が投稿され、かなりの反響を呼んでいました。 「台ふきんを洗濯機で洗いますか?」 この質問へのリアクションの発言が240件。 「洗濯機で他の衣類と一緒に洗う」という人や、「下着と一緒はきもちが悪い」という人、「塩素系漂白剤でつけ置きする」という人や「煮沸消毒している」という人までさまざまです。 参照: 洗濯機で洗う人が多いみたい 2014年3月に行われたWebアンケートでは、以下のような回答が集まっています。 第1位 「洗濯機で洗う」49. 3% 第2位 「手洗いのみ」22. 3% 出典: この結果を見ると洗濯機で洗う人が多いようですね。 簡単だし、きれいになるし、まとめて洗ってしまえてラクちんです。 その一方、手洗いのみ、そしてきちんと除菌もしている人も2割ずついます。 ふきんから嫌なニオイがしてくる原因 毎日綺麗に水ですすいでいても、なんとなくふきんから嫌なニオイがしてきた……という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。 一体なぜ、きれいにすすいでいるふきんから嫌なニオイがするのでしょう。 原因は雑菌です。 常に湿っていたり濡れている状態にあるふきんは、細菌が繁殖する絶好の条件を兼ね備えています。 食事をする場所や料理をする場所をぬぐう台ふきんや、食器を拭くふきんは、いつもきれいな状態を保っていたいですよね。 ふきんを洗おう ふきんの正しい洗い方をみていきましょう。 食器だけ拭いていればそれほど汚れていないと思うふきんですが、実は雑菌が繁殖しやすい場所です。 また、台を拭くふきんは、食べこぼしや肉、魚の汁などで汚れやすく、食べ物の汚れは洗濯機だけでは落ちないこともあります。 ふきんの洗い方、汚れの落とし方をマスターしましょう。 ふきんの洗い方 汚れがひどいと感じた台ふきんは、キッチン用の漂白剤を使えば汚れが落とせて除菌もできます。 桶に水を張り、台所用漂白剤を溶かします(水1リットルに対し漂白剤10ml)• 台所用洗剤をふきんにつけて手洗いする• ふきんを水で綺麗にすすいでから、桶に浸します。 除菌だけしたいときは2分。 汚れが気になる時は30分浸します。 水でしっかりすすいで乾燥させましょう。 台所用漂白剤は塩素系の漂白剤です。 塩素系漂白剤は漂白作用が強く、色物のふきんや柄もののふきんは色や柄が落ちたり変色する恐れがあります。 柄ものや色がついたふきんは、酸素系漂白剤を使うことをおすすめします(衣類用の漂白剤は酸素系であることが多いです)。 酸素系は布に与えるダメージが少ない分漂白作用は弱くなります。 ふきんは必ず完全に乾燥させる 洗い終えたふきんは、しっかりと乾燥させないとふたたび雑菌の温床になってしまいます。 天気がよければ天日干しをすれば日光のパワーでより除菌効果が見込めます。 しかし花粉やホコリの付着が心配な人は、乾燥機を使う、室内の風通しのよいところに干すなどして、濡れたまま放置しないように心がけましょう。 白いふきんがピンク色に…? 白いふきんやまな板を使っていて、なんとなくピンク色になってきたような……と感じたことはありませんか?これは霊菌という細菌の仕業なのです。 霊菌自体は私たちの身体に害を与えることはありませんが、霊菌がそれだけ繁殖しているということは、ふきんやまな板には他の菌も繁殖している可能性が高いです。 また、それだけ菌が繁殖しやすい状況になっているといえます。 しっかり洗って殺菌をするか、新しいものに取り替えましょう。 ふきんの世界事情 前述のクックパッドの「ふきんを洗濯機で洗いますか」という質問への回答を読んでいて気付いたのですが、日本では一般的な「ふきん」は海外の人からは嫌がられる傾向にあるようです。 「ふきんを使っているのは日本だけ?」「海外ではどうしてるの?」気になるふきんの海外事情を調べてみました! フランスにはふきんが無い?! 日本ではほとんどの家庭で使っているふきんですが、フランスの家庭には「ふきん」というものは存在しないようです。 その代わりにフランスのキッチンで使われるのはセルロースのスポンジ。 食器はお湯で洗うとすぐに乾くし、台やテーブルはスポンジで拭いてしまえば、乾かす手間が無いという理由からのようです。 このセルロースは日本でよく見かけるポリウレタン製のスポンジとは異なり、薄くて吸水力に優れた布のようなスポンジです。 確かにスポンジならお湯で洗って絞れば、洗うのも簡単で、場所も取りません。 そしてセルロースのスポンジは洗剤をつけなくても汚れを落とすことができますね。 ここまで書いて気づいたのですが、筆者がかつて北欧のアパートタイプのホテルに宿泊した際も、キッチンにふきんもスポンジもありませんでした。 当時はそれが何だかわからなかったのですが、セルロースのスポンジだけがあったのです。 合理的でエコなので、まさにEU諸国の人々が好みそうな商品で納得できます。 何よりセルロースのスポンジは「臭わない」ということでファンが多いようですよ。 ちなみに日本では、セルロースのスポンジは洗車用として売られていることが多いようです。 ハサミで切ることができるので、使いやすい大きさにカットして使いましょう。 セルロースのふきんの洗い方 セルロースのふきんは水で濡らしてしぼって拭くだけという単純な使い方ですが、汚れたら布のふきんと同じですぐに洗いましょう。 セルロースふきんの洗い方は、台所用洗剤を付けてごしごし洗い、硬く絞るだけです。 セルロースという素材の性質上、絞った後広げて置くとすぐに乾いてしまいます。 セルロースは塩素に弱いため、布のように塩素系の漂白剤は使いません。 消毒をしたい時には煮沸消毒をしましょう。 次第にけば立って繊維がぼろぼろになってきたら、窓ふきやお風呂、洗面台などの掃除に使い、可燃ごみに出します。 こんなに可愛い、セルロースのふきん 通販で買う事ができる可愛い北欧のセルロースのふきんです。 こんな可愛いふきんがキッチンにあったら家事もはかどりそうです!• 毎日洗剤をつけ、できれば漂白もするというふきんの 正しい洗い方で、清潔に保ちましょう。 また、ふきんからどうしてもニオイがして気になるという人は、ヨーロッパでは主流になっているセルロースのスポンジ(スポンジワイプと呼ぶこともあるようです)に切り替えてみてはいかがでしょうか。 ただし、セルロースのふきんも清潔に保つためには、煮沸消毒をしたり、洗剤で洗う必要があります。 いずれにせよ、キッチンを清潔に保つためにはふきんの丁寧なケアが必要です。

次の