シェルトン ベンジャミン。 鈴木軍の“X”はシェルトン・ベンジャミンだった!! 5.3「レスリングどんたく」で中邑真輔のIC王座に挑戦!! | 新日本プロレスリング

シェルトン・ベンジャミン を ノルウェー語(ブークモール)

シェルトン ベンジャミン

WWEに復帰した シェルトン・ベンジャミン選手のインタビューをご紹介。 WWE・SmackDown LIVEに復帰したシェルトン・ベンジャミン選手のインタビューが更新されました! How does it feel for to back in for the first time in 7 years? — WWE WWE 2010年にWWEを離れてから再びWWEに戻ってくるまでの日々や現在のWWEスーパースターに関する質問に回答。 そのなかで新日本プロレス参戦時代に抗争をしていた中邑真輔選手についてコメント。 最後の4年半は主に日本にいた。 彼が俺を日本のスタイルに溶け込ませてくれた。 またそこで初めてフィン・ベイラーについて耳にした。 ベルト獲得はならなかったものの、シェルトン・ベンジャミン選手の実力を新日本プロレスファンに一気に知らしめた。 俺たちの腰にベルトがない限り、彼らがターゲット。 ニューデイも。 (中略) シングルプレイヤーとしては、正直に言うと、中邑真輔ともう一度闘いたい。 あの素晴らしい試合をもう一度したい。 これまでAJスタイルズと対戦する機会がなかった。 スタイルズはスポーツエンターテイメントで最もフェノメナルな選手の一人だ、疑問の余地もない。 彼と対戦してみたい。 そして、始めたばかりの頃に多くの試合をしてきたが、信じないかもしれないが、またランディ・オートンと闘いたい。 」 シェルトン・ベンジャミン選手と中邑真輔選手がSmackDown LIVE所属の間に再戦が見れることを願っています! スポンサーリンク.

次の

【WWE】シェルトン・ベンジャミンが複数年契約で残留

シェルトン ベンジャミン

先日、WWEと新たに複数年契約を結んだと語ったシェルトン・ベンジャミン。 現在44歳のベテランにとって、この契約が大手団体と結ぶ最後の大型契約になるかもしれません。 1999年にWWEの下部団体OVWでデビューし、そのままWWEスーパースターの一員になったベンジャミンは、2010年にWWEを退団し、活動の場を一旦インディシーンに移しました。 この時、彼は何を考えていたのでしょうか。 リリアン・ガルシアのPodcast番組に出演した際に次のように語っています。 私とWWEは意見が違っていたんだよね。 私は仕事を続けたかった。 WWEは別のアイデアを持っていた。 退団した時はとてもフラストレーションを抱えていたんだ。 だから、スーパースターとして、パフォーマーとしての自分を常に証明し続けようと考えた。 私の心は砕けてしまったようなものだった。 何かが自分のためになるたびに、何かが奪われてしまうような気がしてね。 自分が優れたレスラーであることを証明するために故郷を飛び出したベンジャミンは、2011年から2016年までの間、日本とアメリカを中心に様々な団体に参戦しました。 2017年にWWEに復帰してからも扱いが良くなったわけではありませんが、最王手団体とキャリアの晩年まで続く契約を結ぶことができたという点では良いレスラー人生を歩むことができたといえるかもしれません。 あわせて読みたい.

次の

鈴木軍の“X”はシェルトン・ベンジャミンだった!! 5.3「レスリングどんたく」で中邑真輔のIC王座に挑戦!! | 新日本プロレスリング

シェルトン ベンジャミン

来歴 [ ] 大学ではレスリング部の主将を務め、レスリングの全米代表に選出されたこともある。 一方、学業ではとの学位を取得している。 にプロレスラーとしてデビュー。 弟のとの「 」で活動し、など数々の団体でタッグ王座を獲得した。 に兄弟ともにと契約し、下部組織に所属。 にラスがで死去してからは、 ラス・チャーリー・ハースのを用いた。 12月26日、WWEのにデビュー。 リングネームを本名に戻し、と共にが率いる「 チーム・アングル」の一員として登場。 主にロス・ゲレロス、タジリ&エディ・ゲレロとの抗争で名勝負を連発し、順調に名を上げていった。 チーム・アングルでの活動後、ベビーターンしたカート・アングルと袂を分かちベンジャミンと ザ・ワールド・グレイテスト・タッグチーム(The Self-Proclaimed World's Greatest Tag Team) (頭文字を取って WGT、 WGTT等と呼ばれる。 よく頭に「Self-Proclaimed(自称)」の文字が入った)を結成。 を獲得し、防衛を重ねタッグ王座戦線の主力として活躍した。 ドラフトによるシェルトン・ベンジャミンの移籍決定によりWGTTは解散。 その後はシングル路線を歩むと思われたが、とチームを組むこととなる。 当初、色仕掛けを繰り返すゲイ・ギミックであったリコを露骨に避けていたが、試合を重ねるごとに信頼を築く。 リコとのコンビではWWEタッグ王座を再び獲得している。 にリコが解雇されてからは、ミス・ジャッキー、にアプローチをされるキャラクターでストーリーが展開された。 6月10日、ジャッキーと実生活においてするが、同年7月6日、彼女と共にWWEを解雇された。 解雇後はのに参戦し、の団体へも度々登場。 同年10月8日には、の大会にとのタッグで出場。 WWE興行での来日経験はあるが、日本のプロレス団体のリングへはこれが初登場であった。 1月、WWEと再契約、RAWのや下部番組のヒートに登場後、同年4月17日のRAWにおいて旧友シェルトン・ベンジャミンとの対戦に勝利し、番組復帰を果たした。 2006年5月、との試合で勢いよくリングインした後、ロープワークの際にリングサイド(エプロン)上にいた()をロープで押し出す形となり、リリアンは床に転落。 救急班に連れられ退場した。 これが本当の事故か上のものなのかは不明だが、この出来事は次週のRAWにおいてストーリー化される。 リリアンはハースの謝罪を受け入れたもの、アングル上彼女の元恋人であるは激怒しハースを暴行、以降2人の抗争が続いていたが、結局尻切れとんぼに終わっている。 WGTT後期 2006年後期、シェルトン・ベンジャミンとWGTTを再結成。 クライム・タイムやハーディ・ボーイズとの抗争を開始する。 この時期に二人で入場する際の演出を増やし、ハースがノースリーブのパーカーを被って入場、ベンジャミンは胸をはだけたジャケットにサングラス姿で入場と、別々の格好ながらも同色のもので揃えることでチームとしても個人としてもアピールを強め、過去のWGTTと異なった印象を与えた。 11月にベンジャミンがに移籍したため、またもタッグチームは解消。 その後十分な役割も与えられずストーリーラインから外れたが、8月からギミックとなり、、、、、らの変装と物真似(主に形態模写)でファンを大いに沸かせた。 JBLやジム・ロス、ミスター・パーフェクトなどに変装した時には大歓声を浴びたが、シナに扮した際には逆にを浴びた(シナはにおける負傷で欠場中だったのでファンが復帰したのかと思ったため)。 また、グレート・カリの物真似をした際には本人に襲撃されるという一幕があった。 これによりスラミー賞の物真似賞を獲得している。 の追加ドラフトにより、スマックダウンへ移籍。 移籍後はヒールターンし、かつてのパートナーのシェルトン・ベンジャミンと組み、ジョン・モリソンと抗争を開始するが、またもベンジャミンのECW移籍が決まり、ストーリーラインから外れる。 その後はとしての役回りが多くなり、2月28日にWWEを解雇された。 2010年、に参戦。 のメンバーの一員として活動。 また、にスポット参戦し、後にROHと契約し所属となる。 盟友ベンジャミンとWGTTを再結成してを獲得し、1年間防衛する活躍を見せた。 以降、ROHで活動する傍ら(Jersey All Pro Wrestling)や加盟団体、のアメリカ興行などに参戦。 5月14日にはニューヨーク州バスケットボールシティ・ニューヨークでが保持するIWGPヘビー級ベルトに挑戦し、18分50秒、ハイフライフローからの片エビ固めで敗れる。 5月12日にはベンジャミンとのタッグでROH世界タッグ王座を再び戴冠。 王座陥落後はタッグを解消してシングルで活動していたが、3月30日、ROH WARにてと対戦し、勝利するが直後のマイクパフォーマンスで突然の引退発表を行った。 しかし、8月17日に加盟団体であるBOW(Branded Outlaw Wrestling)にて復帰を果たし、と対戦して復帰後の第一戦目を勝利で飾った。 得意技 [ ] 左側• HWAヘビー級王座 : 1回 JAPW• PCWタッグ王座 入場曲 [ ]• Heroes• Medal•

次の