ウクレレ メーカー ランキング。 【2020年】ウクレレ歴8年の私が選んだ、初心者におすすめのウクレレランキング、トップ15!【安いコスパ最強ウクレレはコレだ!】

ウクレレのメーカーブランドや種類から初心者におすすめの選び方まで | 50代からのウクレレ

ウクレレ メーカー ランキング

ハワイ生まれの楽器・ウクレレ。 わずか4弦しかないのに、その奏でる音色のかわいらしさに癒されるという人も少なくないでしょう。 簡単な曲ならすぐに弾けるようになるので、誰でも気軽に始められるところがウクレレの最大のメリット。 しかし、難しい曲や演奏法など、突き詰めていくとその奥深さを実感することになることも、ウクレレならではの魅力といえます。 ウクレレを始めたいと思い立ったとき、最初の1本はどんなウクレレを選べばよいのでしょうか。 もともとサイズが小さい楽器なために、子供のおもちゃのように安価で粗悪な作りのウクレレもあります。 けれども、趣味として始める楽器なら、子供のおもちゃでは役不足。 選び方のポイントやコツを押さえて、長く使える確かなものを選びましょう。 ウクレレの選び方 ウクレレには、サイズや形、材質などにより、じつにさまざまな種類があります。 自分の目的、体格、求める音色などによって、最適な1本を見つけましょう。 選び方のコツには次のようなものがあります。 選ぶときの参考にしてください。 選び方ポイント1. サイズで選ぶ ウクレレは小さい楽器という先入観から、そのサイズは一通りしかないと思っていませんか。 しかし、ウクレレにはさまざまなサイズバリエーションがあります。 代表的なサイズは以下の4タイプ。 大きさによって奏でる音のキーや音の大きさが違います。 自分の体格に合った、しっかりホールドできるサイズを選ぶことが大切です。 ソプラノサイズ ウクレレとしてもっともコンパクトかつポピュラーなものが、ソプラノサイズです。 全長は520~540ミリほどが一般的。 音程を決めるフレットの間隔も狭いので、指の細い女性や子供にぴったりとフィットするでしょう。 もちろん、男性でも弾くことができます。 サイズが小さいため、弦の張り具合もゆるめです。 そのため、弦を押さえても指が痛くならないメリットがあります。 価格も安いものから高いものまで、もっとも豊富にそろっています。 最初の1本として、まずは最有力候補として考えてください。 コンサートサイズ ソプラノサイズより一回り大きいウクレレがコンサートサイズです。 全長は600ミリ程度のものが一般的です。 音が響くボディのサイズが大きくなるので、音色も大きく響くようになります。 将来的に大勢の人の前で演奏したいなどの目的があるのなら、最初の1本としてコンサートサイズを選んでもいいでしょう。 コンサートサイズのウクレレは、ボディサイズが大きくなるだけでなく、ネックの長さも長くなります。 フレットの間隔が広くなるので、女性よりも指の太い男性が弾きやすくなるメリットがあります。 また、ネックが長くなる分フレットの数も多くなり、音域が広くなりますし、ピッチの精度も上がります。 ソロウクレレの演奏を目指すのなら、ソプラノサイズよりコンサートサイズのほうが対応力があります。 テナーサイズ コンサートサイズよりもさらに一回り大きいウクレレがテナーサイズです。 全長は670ミリ程度になります。 体の大きな男性におすすめです。 手に取ってみると想像以上に大きさを感じるので、小柄な女性が最初の1本として選ぶのは避けたほうがいいでしょう。 ウクレレは基本的にはストラップを付けず、腕と胸で挟むようにして構えます。 したがって、サイズが大きくなるとそれだけ構えることに負担がかかるようになるのです。 女性や子供がテナーサイズを使うときは、首から下げるストラップを使うことをおすすめします。 バリトンサイズ テナーサイズよりさらに一回り大きなウクレレがバリトンサイズです。 しかし、ウクレレとしてはあまり一般的なサイズではなく、種類も限られています。 ボディサイズが大きくなるので、それに伴って音量も大きくなります。 音色もウクレレから想像するかわいらしい音色とは違い、ギターにも似たやや太くきれいな音になります。 ウクレレ初心者が最初の1本として選ぶのに適したサイズとはいえません。 演奏仲間と一緒にアンサンブルを行うときなどに、低音担当として弾くなどの使い方がおすすめです。 選び方ポイント2. 素材で選ぶ ウクレレの音色の大部分は、ボディの素材で決まります。 柔らかい音色、硬い音色、甘い音色など、使用している材料によって奏でる音が変わるのです。 ウクレレに主に使われる素材には次の5つがあります。 個体差もあるので、必ず試奏してから購入することをおすすめします。 ハワイアンコア ウクレレはハワイ生まれの楽器です、そのため、ハワイでしかとれないこの素材を使ったものがスタンダードといえます。 色は薄褐色もしくはやや赤みのかかった褐色のものが多く、縞模様などの美しい杢目(もくめ)が現われるものもあります。 弾いてみると、いかにもウクレレらしいコロコロとした歯切れのいい音を奏でます。 しかし、近年はこのハワイアンコアの伐採が制限されて非常に不足しています。 これにより、材料自体の価格が高騰しており、ハワイアンコアを使ったウクレレの値段もとても高くなっています。 ハワイアンコアのウクレレを選ぶのなら、それなりの予算を用意する必要があります。 マホガニー ハワイアンコアに比べて、甘く、まったりとした音色を奏でるのがマホガニーです。 マホガニーは世界三大銘木の一つといわれ、家具などにもよく使われる材で、その美しい杢目も魅力です。 ウクレレに使われるのは、中南米や東南アジア産のものが多いようです。 ハワイアンコアよりもやさしい音色で、低音から高温まで、すべての音をバランスよく出すことができます。 音の伸びや倍音効果、音抜けも問題ありません。 ハワイアンコアで作ったウクレレのような底抜けの明るさはありませんが、落ち着いた、しっとりとした演奏に向いています。 マンゴー ハワイアンコアが不足している影響で、最近はマンゴー製のウクレレも増えています。 材質が柔らかいため、マホガニーよりもさらに柔らかく甘めの音色が魅力です。 よりしっとりとした演奏に向いているといえます。 色はマホガニーよりも明るめの淡黄色や薄茶色ですが、マンゴーは色むらなどが多く、ウクレレ用として使えるのは全体の1~2%ほどと言われています。 表面の杢目もあまりなく、クセのないルックスになります。 逆に杢目がはっきりと出ているものは貴重なウクレレとして扱われます。 メイプル メイプルは、カナダやアメリカの北東部でよくとれるカエデ材です。 非常に硬いので、エレキギターをはじめ、ボウリングのピンやレーンなどにも使われる木材です。 色は黄褐色や灰白色など、比較的明るい色です。 硬い素材なので、音も硬質となります。 反響もよく、コロコロと歯切れのいい音色が得られます。 メイプル製のウクレレはまだ数も少ないですが、北米産のカエデ科の材はその量も多いため、ハワイアンコアが手に入りにくい状況が続けば、今後は増えてくる可能性があります。 スプルース スプルースはマツ科の針葉樹です。 柔らかい素材で加工しやすく、それでいて強度があるため、楽器にはよく使われます。 音色はやや硬めのはっきりとした音を奏でます。 粒立ちのいい音が出るので、ソロウクレレにも向いているでしょう。 ボディのサイドや背面に、メイプルやコアなど、他の硬い素材と組み合わせて使用することもあります。 組み合わせることで全体的にバランスのいい音を実現させます。 選び方ポイント3. 価格や使いやすさで選ぶ 子供でも簡単に弾けそうなほどの手軽さが魅力のウクレレ。 しかし、楽器であるからには使いやすく、長く付き合っていけるものを選びたいものです。 価格や使いやすさなどの面からも検討してみましょう。 価格 ハワイの観光客向けのショップに行くと、2,000~3,000円で買えるウクレレをたくさん売っています。 しかし、そのようなものはウクレレの姿をしてはいるものの、やはり「おもちゃ」や「おみやげ品」の域を出ない品物です。 音のチューニングすらきちんとできず、楽器としての役割を果たすことは難しいと言わざるを得ません。 これまで「ウクレレを始めるのなら、最低でも20,000円以上のものを選びましょう」と言われてきました。 たしかに20,000円あれば、作りの確かな日本製のウクレレを手に入れることができます。 けれども、初めてウクレレを始めようという人にとって、20,000円は少しハードルが高い金額です。 ウクレレは気軽に演奏できるイメージの楽器なのに、その入り口の敷居が高いことは問題です。 近年のウクレレブームもあり、中国産や東南アジア産の低価格のウクレレがとてもたくさん流通するようになりました。 かつて中国産や東南アジア産のウクレレは「低価格=粗悪品」というイメージでしたが、最近では楽器としてのクオリティも格段に向上しています。 価格も10,000円前後とお手頃のものがあります。 入門機として購入する場合には、選択肢に加えて問題ないでしょう。 予算に余裕ある人なら、最初から高額なウクレレを購入することに越したことはありません。 限られた予算で始めたい場合には、1万円くらいの予算でも大丈夫。 まずは楽しくウクレレを始めることが大切です。 実物に触れてみてピピっときたものこそ、値段にかかわらずあなたに最適なウクレレです。 まずはウクレレに触れる楽しさを知り、さらに上を目指したいと考えるようになったところで2本目に上級機種を考えましょう。 ペグ 低価格のウクレレでも、使いやすさにはこだわりたいところです。 大切なのは弦を巻き取るペグの形状です。 ウクレレはチューニングしにくい楽器です。 音程を一度合わせても、すぐに狂います。 したがって、ペグはとても大切な部品なのです。 初めて買うウクレレは、ギアペグを搭載しているものがおすすめです。 ツマミと糸巻きの間にギアがあるために回転比率が異なり、ツマミをたくさん回しても糸巻きはわずかしか回転しません。 したがって、より細かくチューニングすることができるのです。 これに対して格安なウクレレに多く装着されているストレートペグは、いわゆる1本の棒のようなペグのため、ツマミと糸巻きが同じ比率で回転します。 ツマミを回しただけ弦も伸び縮みするため、音合わせが難しくなります。 ウクレレ初心者にとって、使いやすいのはギアペグです。 現在、ギアペグのほうが主流になってきているので、比較的安価なウクレレにも装着されるようになってきています。 ウクレレのボディだけでなく、ヘッド部分にも注目して選ぶようにしましょう。 フレット ウクレレのフレット数は、ソプラノサイズで12~14フレットが基本です。 これでは音域が狭く、コード弾きする程度であればいいでしょうが、ソロウクレレで少し音域の広い曲だと演奏できなくなることもあります。 ソロウクレレを考えているなら、最低でも14フレット以上あるウクレレがいいでしょう。 ソプラノサイズのボディに、コンサートサイズのネックを取り付けたロングネックというタイプのウクレレもあります。 これは17~18フレットもあるため、ソロウクレレで高音を弾くときも問題ありません。 また、金属のフレットの両端をきちんと滑らかに処理してあるものを選びましょう。 雑な作りをしているウクレレでは、フレットの端がささくれ立っていて、指をケガすることもあります。 試奏するときにしっかり確かめておきましょう。 国産ギターブランドとして名高いヤイリギター。 Yairiは、そのヤイリギター創業者の矢入儀一氏の弟・矢入貞夫氏がよって立ち上げた矢入楽器製造 株 のブランドで、2017年からウクレレにも参入しています。 ボディには高級感あふれるコア材を使用。 弦はAquilaナイルガット弦を装着しています。 もちろん、チューニングしやすいギアペグを採用したモデルです。 ギターブランドとして定評のある国産メーカーが作るウクレレですから、その品質は間違いのないところ。 一つ一つの部品が精巧に作られ、組み合わされています。 それだけこだわった仕様でありながら、この価格はお買い得。 最初の1本として購入しても、末永く付き合っていけるウクレレになることでしょう。 Aostinオースティン・UMI-1・ソプラノウクレレ・マホガニー材 ボディに上質なマホガニーを使っており、甘くて柔らかい音色が出るソプラノウクレレです。 ボディに弦の振動を伝えるブリッジも牛骨製で、天然素材ならではの美しい響きを奏でます。 サウンドホールの周りやヘッドには美しいインレー(装飾)が施され、高級感あるデザイン。 ソプラノサイズなので、体の小さな女性や子供でにもジャストフィットします。 とても安価ですが、おもちゃとは違ってギアペグを採用しているのでチューニングもしやすいことが特徴です。 「長く続くかどうかわからないけど、とりあえず始めてみよう」と考えている人に最適なモデルと言えます。 音合わせが簡単にできるチューナーや教則本、コードシートなどがセットされています。 VOX ヴォックス ハローキティ コラボレーション ウクレレ VU-33HK ナチュラル・イエロー ウクレレ市場のなかでも大きなシェアを誇るエルビスブランド。 ハワイアンコア材を使っているコンサートサイズのウクレレは見た目もかっこよく、チューニングも細かくできるスロテッドヘッドを採用しています。 ウクレレらしからぬクールな見た目で、「人とは違うウクレレが欲しい」という人には最適です。 付属品としてチューナーや教則本、コードチャート、エスニック風のケースなども付いています。 これだけの装備をしていながらこの価格ですから、最初の1本としては十分すぎるウクレレといえます。 コンサートサイズですから、指の太い男性でも楽しく弾くことができます。 Famous ソプラノウクレレ FS-5G 国産 ハワイアンコア材) ピエゾピックアップを内蔵したサイレントウクレレです。 ヘッドフォンアンプなどを直接つなげることができるので、時間や場所を気にせずに練習できます。 アパートやマンション住まいの人が、深夜に弾いても近所迷惑にはならないので安心です。 その一方で、アンプをつなげば、ステージで大音量の演奏も可能になります。 メープル材を使ったボディはとてもシンプルかつコンパクト。 ソフトケースも付属されているので、持ち運びが楽で旅先などにも連れていきたくなります。 もちろん、サイレントウクレレなので、どこで弾いても他人の迷惑になりません。 1本目でスタンダードなウクレレに慣れたら、このような変化球のウクレレ選ぶのもいいでしょう。 KIWAYA ソプラノウクレレ ロングネック カッタウェイ K-201C ソプラノサイズのウクレレでありながら、コンサートサイズのネックを装着しているロングネックタイプのウクレレです。 しかもボディのネック寄りの下部をえぐったカッタウェイタイプ。 これにより、高音域のフレットにも指が届きやすく、弾きやすいデザインとなっています。 14フレットジョイントで、17フレットまであります。 ボディにはアカシアコア材、指板にはローズウッド、サドルには牛骨を使用しています。 サウンドホールやボディの縁取りに美しい装飾がなされ、高級感も漂わせています。 音色はソプラノならではのコロコロとしたかわいらしい音。 それでいて操作性も高く、人前での演奏にも適したウクレレです。 Martin S1 Uke ソプラノウクレレ マーチン アコースティックギターの世界的ブランド「Martin」製のソプラノウクレレです。 Martin社がウクレレを作り始めたのは1916年のこと。 それをきっかけに1920年代にはアメリカでウクレレブームが起こりました。 ハワイで生まれたウクレレが、アメリカ本土で大人気を博したのです。 当時のMartinウクレレは、ヴィンテージウクレレとして現在も高値で取引されています。 このモデルは単版マホガニーを使用したモデルで、バランスの取れた美しい音色が特徴です。 まろやかで澄んだ音色とともに、その端正なルックスも大きな魅力。 まさに100年以上の歴史を感じさせる1本といえるでしょう。 2本目として、正統派の1本を選びたいなら、Martin社のウクレレが最適でしょう。 Famous ソプラノウクレレ パイナップル型 FS-4PG ハワイのウクレレ3大ブランドといえば、「KAMAKA」「Gストリングス」「KoAloha」。 なかでも、おにぎり型の独特なサウンドホールが特徴のウクレレを作っているのがKoAlohaです。 1995年創業という比較的新しいメーカーながら、ハワイのアイルランドミュージシャンたちの大きな支持を集め、いまではハワイを代表するウクレレブランドに成長しています。 日系ハワイアンのファミリー企業ということもあり、日本にも多くのファンがいます。 このモデルは、ボディにハワイアンコア単版、指板とブリッジにローズウッドを使ったテナーウクレレです。 KoAlohaのなかでは最も大きなボディサイズです。 有名ミュージシャンにも愛用者は多く、ソロウクレレでもコードプレーにも適したモデルです。 前バージョンからのモデルチェンジにより、ヘッドロゴや指板上のポジションマークにはパウア貝の装飾を採用し、より高級感を漂わせるデザインに進化しています。 サウンド、ルックスともに、2本目に選ぶにふさわしいモデルといえます。 KAMAKA UKULELE HF-2D 100周年モデル ハワイ産 コンサートウクレレ ハワイでは、ウクレレのことを「カマカ」と呼ぶ人も多いといいます。 それほどウクレレブランドとして定着しているメーカーです。 ウクレレの王様とも称され、2016年には創業100周年を迎えました。 この100周年モデルは、それを記念して限定生産されたもので、ヘッドのロゴデザインなどが特徴的。 生産数も少ないため、手に入れるのはなかなか至難の業です。 ボディは杢目の美しいカーリーハワイアンを使用。 ネックはマホガニー製で、指板にはローズウッドを採用しています。 サウンドホールやボディの縁取りに美しい装飾もなされ、まさにウクレレの中のウクレレともいえるモデルに仕上がっています。 音色はカマカならではのコロコロとしたハワイらしい音。 ウクレレを趣味とするなら、ぜひともこの特別な1本を自分のコレクションに加えたいものです。 高価なウクレレは購入前にレンタルで試してみることがおすすめです。 についてはこちらの記事で解説しています。 ぜひ利用してみて下さい。

次の

ウクレレ 一覧

ウクレレ メーカー ランキング

国内産ならキワヤ商会が有名で且つ安心。 本場ハワイなら、カマカ、コアロハ、マウイミュージックなんかが有名です。 あのジェイク シマブクロさんの愛機はカマカ製ですね。 ちなみに、国内のもので 個人的におすすめなのが、ディバイザーという メーカーのロコというシリーズ。 あとラナイというメーカーの物も結構おすすめです。 海外産のものでしたら、ハワイのカマカやコアロハもいいのですが、 以外とエアーズというメーカーもの物がおすすめです。 ベトナムに工場を持っているので 「メイド イン ベトナムではね〜」とタカをくくっていたのですが、これがまた なかなかどうしてすばらしい出来です。 思えば、ベトナムって雑貨や衣装も手が込んでいて 結構器用な国民性なのかなと思いました。 一番有名なのはFAMOUS(フェイマス=有名)です。 日本で最初にウクレレをつくったメーカーで、値段も安くしっかりとしたウクレレを作っている真面目なメーカーです。 最初のウクレレとして最適なメーカーです。 大きな楽器店ならどこでも手に入ります。 ハワイで最初に量産のウクレレをつくったのは、KAMAKA(カマカ)です。 「ウクレレはKAMAKAにはじまりKAMAKAに終わる」という格言もあり、ウクレレの中のウクレレといえるでしょう。 また、今ハワイで勢いのあるのは、KoALOHA(コアロハ)とG-String(Gストリング)です。 有名なプロ演奏家も愛用しています。 これらのウクレレも大手の楽器店に置いてあることが多いですが、ウクレレ専門のコーナーを持っているところなら手に入ります。 そして、今、アメリカ本土製で最も注目されているのは、Leilani(レイラニ)です。 音の良さと抜群の弾きやすさと美しい仕上げが、多くのウクレレ弾きから支持されています。 でも高いです。 それから、忘れてはいけないのは、アメリカ本土で作られた、Martin(マーチン)です。 今はウクレレはオーダー、あるいはメキシコ製になってしまいましたが、ふくよかで甘い音色が魅力です。 ビンテージものが多く出回っていますが高いです。

次の

ウクレレ 一覧

ウクレレ メーカー ランキング

国産自社ブランドからハワイ産まで、多くのウクレレを取り扱っております。 1のブランドです。 ネックの太さや丸み、ボディのラウンド加工、力加減や基本動作がまだわからない初心者の方が始めに覚える「ストラミング(ストローク)」が心地よく出せるようセットアップされた弦高など、入門者に最適なバランスを意識した「弾きやすさ」にこだわっています。 ボディは、単板に負けない「薄さ」と合板の特徴である「強度」を追求した3層構造(トリプルレイヤード)となっており、音色の豊かさや丈夫さも人気のポイントです。 また、モデルごとに芯材を変えているので、材による音色の違いを楽しんでいただくことができます。 ご利用ガイド• お支払い方法について 下記のお支払い方法がお選びいただけます。 配送について 一律880円(税込)とさせて頂いております。 時間指定については、下記よりお選びいただけます。 返品について 運送上の破損に関しては、新品交換致しますので、ショップへ破損状況をご連絡の上着払いでご返送下さい。 不良品以外の返品(色、杢目等のイメージの違い、弦高やピッチ等の個人差によるもの)は、ご容赦願います。 不良につきましては、商品到着後3日以内にご連絡下さい。 株式会社キワヤ商会(東部楽器卸商組合員) 古物商許可証(東京都公安委員会) 第306630306501号.

次の