森下 えみこ。 privilegios.euro6000.com: こういう写真てどう撮るの? eBook: 森下えみこ, 上田晃司, コムロミホ, 森下えみこ, 上田晃司, コムロミホ: Kindleストア

森下えみこ おすすめランキング (76作品)

森下 えみこ

これからの人生や身近な人間関係など、頭の悩ませるさまざまな「不安」。 でも、実はその不安、「あなたのものではない」かもしれません。 そんな「不安の仕組み」がわかる心理カウンセラー大嶋信頼さんの著書『マンガでわかる「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法』(画・森下えみこ/すばる舎)から一部抜粋して、不安の正体と心がスッキリするテクニックをお届けします。 人に相談してもまるで解決しない理由 30万部超のベストセラーがマンガ化!仕事、人間関係、恋愛の悩みをカリスマ心理カウンセラーが一発解決してくれます 森下えみこ(もりした・えみこ) 静岡県生まれ。 イラストレーター・マンガ家。 著書に『マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』(すばる舎)、『40歳になったことだし』(幻冬舎)、『今日も朝からたまご焼き』『独りでできるもん』シリーズ(共にKADOKAWA)など多数。 大嶋信頼(おおしま・のぶより) 心理カウンセラー。 株式会社インサイト・カウンセリング代表取締役。 米国・私立アズベリー大学心理学部心理学科卒業。 カウンセリング歴25年、臨床経験のべ9万件。 著書にシリーズ累計30万部突破の『「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』『「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法』(共にすばる舎)など多数。

次の

人気漫画家・瀧波ユカリ&森下えみこが考える30代、40代の生き方

森下 えみこ

スマートフォンやコンパクトデジタルカメラで写真を撮影したことはあるものの、うまく撮れない人、もっと写真がうまくなりたい人は数多い。 ただ、カメラの初心者向け書籍は、専門用語がむずかしく、なかなか読み進めることができず挫折……、というのがよくあるパターンだ。 本書では、その悩みを解決するために全編オールカラー&漫画で撮影テクニックやカメラの機能を解説。 コミックエッセイのジャンルで高い人気を誇る森下えみこさんを著者に迎え、軽妙かつユーモアのあるタッチで、自身が抱えている悩みを解決していく。 全体の監修は、これまでたくさんのアマチュア写真家を指導してきた、プロ写真家である上田晃司さんとコムロミホさんの夫妻に依頼。 ふたりの撮影メソッドをふんだんに交えながら森下さんの疑問に丁寧に答えてもらう。 本書はこんな方に超オススメです。 カメラの機能よりも撮り方を知りたい人、基本的な構図の効果を勉強したい人、ジタルカメラを購入したばかりの人。 また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。 森下えみこ 静岡県生まれ。 コミックエッセイのほか、書籍や広告、雑誌などのイラスト、マンガを手がけている。 』 ナツメ社 など多数。 最新刊は『あしたの、のぞみ』 日本文芸社 上田晃司 米国サンフランシスコに留学し、写真と映像の勉強をしながらテレビ番組、CM、ショートフィルムなどを制作。 帰国後、写真家塙真一氏のアシスタントを経て、フリーランスのフォトグラファーとして活動開始。 人物を中心に撮影し、ライフワークとして世界中の街や風景を撮影。 近年では、講演や執筆活動も積極的に行っている。 撮影現場でカメラに触れるうちにフォトグラファーを志すことを決意。 アシスタントを経て、現在は広告や雑誌等で撮影をする一方、 ライフワークでは海外、国内で街スナップを撮り歩いている。 また、カメラ誌等での執筆やカメラ講師も行っている。 --このテキストは、版に関連付けられています。 帰国後、写真家塙真一氏のアシスタントを経て、フリーランスのフォトグラファーとして活動開始。 人物を中心に撮影し、ライフワークとして世界中の街や風景を撮影。 撮影現場でカメラに触れるうちにフォトグラファーを志すことを決意。 アシスタントを経て、現在は広告や雑誌等で撮影をする一方、ライフワークでは海外、国内で街スナップを撮り歩いている。 また、カメラ誌等での執筆やカメラ講師も行っている 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです --このテキストは、版に関連付けられています。 緩めの絵柄の漫画ですが、内容は写真の基本を真面目に説明しています。 今時はスマホのカメラで済ませてしまうものですが、あえて一眼レフを推しています。 特に小型軽量なミラーレス一眼での撮影テクニックをわかりやすく簡潔にまとめてあります。 特にボケの生み方と使い方はしっかりと説明してあります。 そこそこの年数、撮っていてもアマチュアだとどうしたらボケるのかちゃんと理解していないことも多い。 それがわかりやすく、同時に実際のカメラでどう操作したら実現できるかがわかります。 スマホのカメラでなんでもとれる時代ですが、本当に大解像度の写真やレンズの明るさを生かしたボケは一眼レフでないとまだまだ難しい。 スマホはレンズを増やしたりブランドもののレンズを積んだり工夫していますが、同時に限界にも突き当たっている。 デジタル技術で加工を容易にしたりいろいろ盛り込んでいますが、レンズと素子の持つ限界を超えることはできない。 そういう意味でスマホの写真に飽きた層が増えている気配がある。 客を繋ぎ止めるために機能を増やすのは商品の寿命の末期によくある現象です。 一眼レフのよさと使いこなしさえわかりやすく広まれば人気が回復するチャンスでしょう。 その意味で一眼レフの復権を考えた本なのかもしれません。 スマホのカメラに飽きて一眼レフを手に取った人が一から学ぶのに良い内容です。 いっそ、量販店のカメラ売り場でこの本を一眼レフのおまけにしたら良いんじゃないか、そんなことを考えてしまう。 写真のお手本が沢山載っていて、どうやったらこういう写真を撮れるの?と思いますが、やっぱり交換レンズあっての撮影ですよね。 コンデジでもけっこう凝った写真が撮れるのは知っていましたが、今の時代、みんなスマホのカメラ使ってますが、どうなんだろう? 私は撮影のしかたに、けっこう自分流のこだわりがあって、それはなかなか譲りませんけれど、撮影モードとか知らないままで、スマホ写真撮ってる人もいるのでは。 なにせ億のつく画素数が話題になったりする世の中ですからねえ。 ズームレンズ、単焦点レンズ、絞り、シャッター速度?カメラ愛好家はこの本では満足できないだろうし、少し中途半端なのではないか、と思ってしまいました。 個人的には「漫画だからスラスラ読めない」本だったので、こういうノウハウ本は普通に見出しやテーマ、箇条書きをしっかりしてもらったほうがずっと使いやすいです。 カメラの機能よりも撮り方を知りたい人、デジタルカメラを購入したばかりの人向けの入門書ということですが、あくまでもデジタル一眼レフの解説書です。 コンデジやスマホ向けではありません。 しかし、コンデジやスマホを使っている人にも役立ちます。 カメラの基本的な仕組みはわかりますし、料理を撮るとき、風景を撮るとき、動く被写体を撮るときなどのちょっとしたコツが紹介されています。 背景をぼかす方法など、コンデジにも応用できます。 マンガなのでスイスイ読めます。 コンデジについても、最後まで読んで、確かに上達したと思いました。

次の

「人に相談しても悩みは解決しません」心理カウンセラーが教える不安の正体(毎日が発見ネット)これからの人生や身近な人間関係など、頭の…|dメニューニュース(NTTドコモ)

森下 えみこ

チャレンジ企画とは、読者参加型の短期集中連載企画です。 この企画にエントリーされている作品は、 いま注目の新人作家や、新しいテーマに挑戦している作品など、 まだ書籍化が決まっていない作品ばかり。 読者評価の高い作品は、編集部での検討を経て、「本連載」や「書籍化」が決まることも。 読んだあなたの評価が、それぞれの作品の運命を大きく左右します! 作品は週1回更新で、全5話まで掲載されます。 作品を読み終わったら、漫画の下にある投票ボタンから評価をお願いします。 1つの作品に対して、1話ごとに1回、5段階で評価することができます。 また、ツイッターやフェイスブックでの感想コメントも参考にさせていただきます。 同じく漫画ページ下にあるシェアボタンからご参加ください。 個人での複数投票はご遠慮ください。 組織票などの不正投票が判明した場合、投票を無効または作品を削除させていただく事があります。

次の