コストコ 豚 バラ。 コストコの豚小間はいつでも安い!濃いめの味付けで冷凍保存がオススメ

【コストコ】国産豚肉バラうすぎり

コストコ 豚 バラ

見たいところにジャンプできます• 100円切るのは安いですよね、スーパーの特売クラスです。 しかも安定した安さです。 毎日見ているわけではないですが、ここ数か月は ギリギリ100円いかない値段を死守しているように思います。 いつでもお値打ちってうれしいですよねぇ。 厚みや大きさはまちまち 豚コマだけあって、厚みや大きさは揃っていません。 スーパーで買う豚コマと比べると1枚1枚がしっかりしています。 たまに 切れ端とかクズ肉とか表現できるサイズも混ざっていますが、ほとんどは生姜焼き用の豚ロースくらいのサイズです。 今回はありませんでしたが、ごくまれに 牛タンみたいな塊肉が入っていることもあります。 宝探し風で楽しいです 調理前にサイズを確認 パッケージだと適当に入っているように見えますが、実は約12の塊が詰められています。 お肉が花のようにぐるぐるまとめられて、押し込められている感じです。 調理や保存の際は、面倒ですが1枚ずつはがしたほうが良いですね。 結構しっかり固まっているので 焼きながらほぐすのは逆に面倒です。 はがすと言っても凍ってはいないので、そう難しくはありません。 むしろなんだか楽しいと思える作業です。 臭みが気になるThe肉の味 気になる味については初めにも書きましたが、私にはちょっと「肉すぎる」感じです。 豚肉特有のニオイと味がちょっと強いかなと。 娘と夫はまったく気にしていないので、人それぞれなのかなとは思います。 私はソーセージもたまに「肉くさい」って感じてしまうタイプなので、少し敏感なのかもしれません。 もちろん食べられる範囲なので残したり捨てたりすることはありませんでしたよ。 保存は冷凍!味付けがおすすめ 私が購入したのは2. 5kgで 消費期限は3日後。 さすがに食べきることはできないので、冷凍保存します。 冷凍すると、解凍するときにさらに臭みが出やすくなります。 私は臭みが気になっていたので、 すべて濃いめに味付けしてジッパーバッグに入れて冷凍しました。 「味噌&みりん」とか「にんにく醤油」とかで漬け込んでみましたが、一番おいしく食べられたのは「生姜焼き」です。 これでもかというぐらいの すりおろし生姜とにんにく醤油とみりんで漬け込みました。 たまねぎもついでに入れといたので、あとはそのまま焼くだけという状態。 これ、まとめて作っておくと後が楽なんです。 生姜やニンニクのおかげで臭みや味も気になりません。 調理も楽だし言うことなし。 味付けを濃くしておけば丼にしてもOKです。 安定価格でもリピは少なめ 豚コマなので使い勝手はバッチリです。 味つけて焼けばとりあえずおいしいし煮物や豚汁にも使えてホントに便利。 価格もお手頃で言うことなし! ではありますが、 やっぱりニオイと味がちょっと気になってしまいます。 焼くだけでひたすらおいしい豚バラなんかと比べると、う~ん。 リピート率はそこまで高くはありません。 他の豚肉が高いときやお財布が厳しいときにはお世話になりますが、結局年に1回ぐらいです。 安くてありがたいので、 まず1度食べて判断してみるのが良いかなと思います!.

次の

89円/100g!三元豚バラ焼肉で今夜は手抜きサムギョプサル【コストコ】

コストコ 豚 バラ

カナダ産三元豚バラ焼肉用 三元豚バラ 焼肉用2003g 購入時100g108円 2003gで2163円 普通のスーパーではありえない2キロ越えのバラ肉です。 両手で持たないとしんどい位の重量感があります。 コスパの凄さにビックリ! 豚肉の中でもバラ肉って少しお高いですよね。 スーパーでも100g100円程で売ってたりしますが安いものだとペラペラで薄かったりしますよね。 コストコだと厚さまでコストコサイズです 笑 5㎜以上の厚みがあり激安肉には見えません! これで100g108円ってコスパ最強です。 長さだってまな板からはみ出るビックサイズです。 我が家はこれを4回分ぐらいに小分けして冷凍しちゃいます。 料理がワンランクアップします スーパーではあまり見かけない分厚いバラ肉。 まとめ 我が家のオススメカナダ産三元豚シリーズ。 値段も100g100円前後の物が多くお試ししやすい値段設定です。 甘みがあって柔らかいので是非試してみてくださいね。

次の

コストコ”中の人”が自腹でリピ買い!「おすすめ食材BEST7&お得な裏ワザ」をマニアがガチ取材

コストコ 豚 バラ

賞味期限:約6日 このカナダ産豚肉『三元豚ロース真空パック』の特徴は、驚きの価格の安さ!にあります。 100gあたり65円……それも税込みで!正味量が4. 18㎏ありますので、価格は2,717円 税込み でした。 なかなかこのような価格の精肉は、スーパーなどでは見かけないような気がします。 また、真空パック包装になっていますので、賞味期限も他の生鮮食品に比べると、日持ちする期間が長めになっています。 カナダ産豚肉『三元豚ロース真空パック』は横に長く、正味量が4㎏以上ありますのですごい重量感と、量が多いですので、使用しやすい大きさにカットをすることにしました。 透明包装をはがすとこんな感じです。 そして、カットした肉の断面がこちらになります。 脂身が少なく、きれいな赤身です。 使用する分だけを残し、あとは冷凍保存に……。 同じ大きさにカットをしていき、冷凍をするためにコストコの『KS カークランドシグネチャー ストレッチタイトフードラップ』を使用して、1枚ずつラップ包装していきました。 フードラップで1つ1つ包み、ジップロップに入れ冷凍庫に保存です。 コストコのフードラップは、しっかりと密閉しますので品質管理も安心します。 4㎏以上の豚ロースから、かなりの量の豚ステーキ用のお肉ができました。 カナダ産豚肉『三元豚ロース真空パック』の味は…… さっそく、先ほどカットして残していた豚ロースを、塩とこしょうのみを使いシンプルに焼き上げました。 単純な焼き上がりの豚ステーキは、お肉のジューシーさが漂ってきて、とても美味しそうです。 さっそくひとくち食べてみると、ジューシーで肉汁が口のなかにジュワッと広がりすごく美味しいです。 シンプルな味付けですが、お肉の旨みがしっかりと出ていて、さらりとクセのない旨みと、お箸できれるほどのやわらかさです。 コストコで販売している三元豚は他にも、「三元豚バラ肉」や「三元豚肩ロース」などありますが、どれもやわらかく肉汁がたっぷりでコストパフォーマンスにも優れ、とても美味しいです。 三元豚バラ肉.

次の