ただいま 電話 に 出る こと が できません しばらく たって から。 「ただ今電話に出られません」英語の電話でどう伝える?【49】

iPhoneの非通知設定を解除しよう!ケース別非通知設定の解除法3つ

ただいま 電話 に 出る こと が できません しばらく たって から

相手は留守番電話サービスを使っている。 相手は着信に気付かず、留守番電話につながってしまった。 相手は 留守番電話に気付いたが、留守電につながるまで着信を放置した。 相手は「拒否」ボタンを押すなどして 意図的に着信を拒否した。 相手のスマホに着信履歴は残る。 パターン2:呼び出し音の後に、相手が出ないガイダンスが聞こえた場合• 相手は留守番電話サービスを使っている。 相手は「拒否」ボタンを押すなどして 意図的に着信を拒否した。 相手がauの場合は「おかけになった電話をお呼びしましたが、お出になりません」というガイダンスが流れる。 相手のスマホに着信履歴は残る。 パターン3:呼び出し音が聞こえた後、話し中になったり、電話が切れた場合• 相手は留守番電話サービスを使っていない。 相手は留守番電話サービスを使っているが、留守電につながる前に「拒否」ボタンを押すなどして 意図的に着信を拒否した。 相手のスマホに着信履歴は残る。 パターン4:呼び出し音が聞こえず、いきなり留守番電話につながった場合• 相手は留守番電話サービスを利用している。 さらに以下のいずれかになっている。 相手が 話し中である。 相手の電話の 電源がオフになっている。 相手が 圏外にいる。 相手が電話を 機内モードにしている。 相手が SIMカードを入れていない。 相手が 留守番電話につながるまでの時間を0秒に設定している。 相手はこちらの電話番号を事前に着信拒否リストに登録し、 着信を拒否している。 相手のスマホに着信履歴は残る。 パターン5:呼び出し音が聞こえず、いきなり話し中になったり、電話が切れた場合• 相手は 話し中で、しかも留守番電話サービスを使っていない。 相手はこちらの電話番号を事前に 着信拒否リストに登録し、着信を拒否している。 相手のスマホに着信履歴は残らない。 着信拒否の判断は意外と難しい 明らかな着信拒否のケース 上記の中で、相手が「明らかに着信を拒否した」と判断できるのはどれでしょうか?• パターン2:呼び出し音の後に、相手が出ないガイダンスが聞こえた場合• パターン3:呼び出し音が聞こえた後、話し中になったり、電話が切れた場合 の2つです。 つまり、呼び出し音が鳴ったのに「相手が電話に出ません」という音声案内が聞こえたり、「ツーツー」と話し中になったり、電話が切れた場合は、意図的に着信を拒否られた可能性が高いと理解していいでしょう。 限りなく着信拒否に近いケース 明らかな着信拒否ではないけれど、限りなく着信拒否に近いのは、パターン1の「呼び出し音が聞こえた後、留守番電話につながった場合」です。 この場合は相手がこちらをムシしている可能性が高めです。 が、もしかしたら料理中やシャワー中、トイレ中で単に着信に気付かなかっただけかもしれません。 しばらく経ってからかけ直し、それでも留守電につながるようなら、着信を拒否られている可能性が濃厚です。 単に電話に出られないだけのケース 逆に、パターン4の「呼び出し音が聞こえず、いきなり留守番電話につながった場合」は、相手は今スグ電話に出られる状況じゃないと判断できます。 こういうときはイライラするだけムダです。 しばらく経ってからかけ直しましょう。

次の

通話料金着信者払いサービス「フリーコールスーパー」アナウンス一覧

ただいま 電話 に 出る こと が できません しばらく たって から

アナウンスによる違い 「ただいま電話に出ることができません」の後に続くアナウンスも以下のとおり2種類あります。 「ただいま電話に出ることができません。 しばらくたってからおかけ直しください。 ご利用ありがとうございました。 「ただいま電話に出ることができません。 ピーと言う発信音の後に、お名前ご用件等を、お話しください。 」 上記のアナウンスの違いは、相手が留守番電話サービスを利用しているかどうかです。 留守番電話サービスが設定されている場合は、相手のスマホが電源OFFになっていたり圏外であっても留守番電話が流れます。 逆にアナウンスが留守番サービスに繋がらないからといって、着信拒されているわけではありません。 相手が拒否ボタンを押しているケースも iPhone・Androidで留守番電話サービスを設定している場合、着信時に拒否ボタンをタップすると留守番電話のアナウンスを流すことができます。 そのため、「ただいま電話に出ることができません」というアナウンスが流れた場合は、相手が着信には気づいたが留守番電話に切り替えたケースも考えられます。 この場合、着信拒否されているわけではありませんが、電車内や病院など、電話に出られない場所に相手がいることが考えられます。 着信拒否されている時のアナウンス 着信拒否された時のアナウンスは、スマホ・固定電話の機種、相手が使用しているサービスによって異なります。 結論から言うと、どの着信拒否設定でも「ただいま電話に出ることができません」というアナウンスは流れません。 スマホの着信拒否機能や着信拒否サービスを使った場合のアナウンスは次の通りです。 スマホで着信拒否設定している時のアナウンス 相手がiPhone・Android本体で着信拒否を設定している場合、 アナウンスが流れることはなく「プープープー」という話し中の音が鳴ります。 そのため、相手に電話をして話し中の音が聞こえなければ、着信拒否されているわけではありません。 キャリア別「着信拒否サービス」のアナウンス 本体設定以外でもキャリア(docomo、au、Softbank)の着信拒否サービスを使って着信拒否を設定することができます。 着信拒否サービスで着信拒否を設定した場合は、相手にキャリア別の専用アナウンスが流れます。 キャリアの着信拒否サービスであっても、今回の「ただいま電話に出ることができません」とは別のアナウンスになります。 キャリア別でどのような着信拒否メッセージが流れるのか具体的に見ていきましょう。 docomoの場合… docomoでは無料で着信拒否サービスを提供しています。 「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」というメッセージが流れます。 こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。 この電話はお受けできません。 この電話はお繋ぎすることができません。 この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。 せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。 電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 This is SoftBank. いずれのアナウンスも「ただいま電話に出ることができません。 」で始まるメッセージはありません。 相手に着信履歴は残る? 「ただいま電話に出ることができません」とアナウンスが流れた場合でも、 相手のiPhone・Androidの電源が入っている状態であれば着信履歴は残ります。 また、圏外だったり電源が入っていない場合は、相手がキャリアで設定できる「着信お知らせ機能」を利用していれば、SMSで着信履歴が相手に届いています。 ただし、 相手が「着信お知らせ機能」を使っていない場合は、着信履歴が相手に残らないケースも考えられます。 そのため、大事な用件であればメールやLINE、SMSを送っておくことをおすすめします。 まとめ iPhone・Androidの相手に電話して「ただいま電話に出ることができません」のアナウンスが流れる場合は、相手が通話できない状況か、スマホ自体が通話に出れない状態です。 着信拒否されているわけではないので、時間をおいてから相手に電話を掛けるようにしましょう。

次の

ソフトバンクの留守電(不在音声)について

ただいま 電話 に 出る こと が できません しばらく たって から

アナウンスによる違い 「ただいま電話に出ることができません」の後に続くアナウンスも以下のとおり2種類あります。 「ただいま電話に出ることができません。 しばらくたってからおかけ直しください。 ご利用ありがとうございました。 「ただいま電話に出ることができません。 ピーと言う発信音の後に、お名前ご用件等を、お話しください。 」 上記のアナウンスの違いは、相手が留守番電話サービスを利用しているかどうかです。 留守番電話サービスが設定されている場合は、相手のスマホが電源OFFになっていたり圏外であっても留守番電話が流れます。 逆にアナウンスが留守番サービスに繋がらないからといって、着信拒されているわけではありません。 相手が拒否ボタンを押しているケースも iPhone・Androidで留守番電話サービスを設定している場合、着信時に拒否ボタンをタップすると留守番電話のアナウンスを流すことができます。 そのため、「ただいま電話に出ることができません」というアナウンスが流れた場合は、相手が着信には気づいたが留守番電話に切り替えたケースも考えられます。 この場合、着信拒否されているわけではありませんが、電車内や病院など、電話に出られない場所に相手がいることが考えられます。 着信拒否されている時のアナウンス 着信拒否された時のアナウンスは、スマホ・固定電話の機種、相手が使用しているサービスによって異なります。 結論から言うと、どの着信拒否設定でも「ただいま電話に出ることができません」というアナウンスは流れません。 スマホの着信拒否機能や着信拒否サービスを使った場合のアナウンスは次の通りです。 スマホで着信拒否設定している時のアナウンス 相手がiPhone・Android本体で着信拒否を設定している場合、 アナウンスが流れることはなく「プープープー」という話し中の音が鳴ります。 そのため、相手に電話をして話し中の音が聞こえなければ、着信拒否されているわけではありません。 キャリア別「着信拒否サービス」のアナウンス 本体設定以外でもキャリア(docomo、au、Softbank)の着信拒否サービスを使って着信拒否を設定することができます。 着信拒否サービスで着信拒否を設定した場合は、相手にキャリア別の専用アナウンスが流れます。 キャリアの着信拒否サービスであっても、今回の「ただいま電話に出ることができません」とは別のアナウンスになります。 キャリア別でどのような着信拒否メッセージが流れるのか具体的に見ていきましょう。 docomoの場合… docomoでは無料で着信拒否サービスを提供しています。 「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」というメッセージが流れます。 こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。 この電話はお受けできません。 この電話はお繋ぎすることができません。 この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。 せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。 電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 This is SoftBank. いずれのアナウンスも「ただいま電話に出ることができません。 」で始まるメッセージはありません。 相手に着信履歴は残る? 「ただいま電話に出ることができません」とアナウンスが流れた場合でも、 相手のiPhone・Androidの電源が入っている状態であれば着信履歴は残ります。 また、圏外だったり電源が入っていない場合は、相手がキャリアで設定できる「着信お知らせ機能」を利用していれば、SMSで着信履歴が相手に届いています。 ただし、 相手が「着信お知らせ機能」を使っていない場合は、着信履歴が相手に残らないケースも考えられます。 そのため、大事な用件であればメールやLINE、SMSを送っておくことをおすすめします。 まとめ iPhone・Androidの相手に電話して「ただいま電話に出ることができません」のアナウンスが流れる場合は、相手が通話できない状況か、スマホ自体が通話に出れない状態です。 着信拒否されているわけではないので、時間をおいてから相手に電話を掛けるようにしましょう。

次の