確定 申告 医療 費 控除。 医療費控除で住民税も安くなる|給与計算の基礎知識

確定申告【医療費控除の情報まとめ】やり方や提出期限など

確定 申告 医療 費 控除

医療費控除を受けるポイント6つ• 自分だけでなく、生計を一にする家族の分の支払いも該当• 病気やケガのための入院だけでなく、薬局で買った風邪薬などの医療費も対象• (医療費控除)自分と家族を合わせた医療費の合計から、保険等で補てんされた金額を引いたものが「10万円」を超えた場合に、その越えた部分の金額が控除の計算対象• (医療費控除)ただしその年の総所得金額が200万円未満の人は、10万円ではなく、総所得の5%を越えた部分の金額が控除の計算対象• 「セルフメディケーション税制」と、通常の「医療費控除」は両方は使えない。 どちらか一方のみ。 領収書の添付は不要となりました。 (ただし5年間の保存は必要) セルフメディケーション税制については、をご覧ください。 以下から、詳しくご説明します。 医療費控除の対象となる医療費• 医師、歯科医師による診療や治療の対価• 治療のためのあんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師などによる施術の対価• 助産師による分べんの介助の対価• 介護福祉士等による喀痰吸引等の対価• 治療や療養に必要な医薬品の購入の対価 【具体例】 ・かぜの治療のための一般的な医薬品の購入費用 ・医師等の処方や指示による医薬品の購入費用 ・通院費(通院費として認められるのは、交通機関などを利用したもの。 ) ・医師等の送迎費 ・入院時の部屋代や食事代 ・医療用器具の購入や賃借費用 ・義手、義足、松葉づえや義歯等の購入費用 ・6 か月以上寝たきりの人のおむつ代で、治療をしている医師が発行した証明書(おむつ使用証明書) 【 入院費用の具体例】 (対象)・入院中に病院で支給される食事。 ただし、他から出前を取ったり外食したものは非対象。 (対象)・付添人を頼んだときの付添料 【歯の治療の具体例】 (対象)・発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正 (対象)・金やポーセレンは歯の治療材料として一般的に使用されているので医療費控除の対象 (対象)治療のための通院費。 小さい子供の通院に付添が必要なときなどは付添人の交通費も対象。 通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額も記録しておくようにしてください。 医療費控除の対象とならないもの• 容姿を美化し、容ぼうを変えるなどの目的で行った整形手術の費用• 健康診断の費用• 疾病の予防や、健康増進のための予防接種などの費用• 人間ドックなどの健康診断や特定健康診査の費用は控除の対象となりませんが、健康診断の結果、重大な疾病が発見された場合で、引き続き治療を受けるときや、特定健康診査を行った医師の指示に基づき一定の特定保健指導を受けたときには、健康診断や特定健康診査の費用も医療費控除の対象となります。 タクシー代(電車やバスなどの公共交通機関が利用できない場合を除きます。 自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車料金• 治療を受けるために直接必要としない、近視や遠視のための眼鏡等の購入費用 確定申告時に必要な書類• 医療費の領収書 「医療費のお知らせ」の原本を添付する場合は、領収証の提出が不要となります(ただし医療費のお知らせには要件があるので注意が必要です。 詳しくは後述)。 医療費のお知らせを提出する場合は、個別の内訳を明細書に記載する必要はありません。 合計額のみ記載します。 医療費のお知らせに該当する領収書の原本を保管しておく必要もありません。 医療費のお知らせ以外の医療費がある場合には、領収書が必要となります。 その場合、提出は不要ですが、領収書は確定申告期限から5年間、自宅等で保管する必要があります。 以下から詳しく説明します。 4-1. 医療費のお知らせには要件があるので注意 「医療費のお知らせ」とは、健康保険証を使って医療機関で診療を受けたあと、領収書とは別に送られてくる医療費のまとめです。 健康保険組合によって違いますが、数ヶ月から1年単位で集計されています。 自分の診療内容だけではなく、扶養家族がいる場合は全員分の明細が記載されています。 医療費のお知らせにて確定申告をする場合の注意点は、(1)必要事項がきちんと記載されていないと使えない(2)1~12月分が記載されていない ということです。 4-1-1. 必要事項がきちんと記載されていないと使えない 医療費のお知らせは、以下の内容がすべて記載されていないと使えません。 医療費のお知らせの必須6項目• 被保険者等の氏名• 療養を受けた年月• 療養を受けた者• 療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称• 被保険者等が支払った医療費の額• 保険者等の名称 医療費のお知らせは各機関が独自に作成しているものですので、必ずしも上記項目が記載されているとは限らないそうです。 もし要件を満たさない場合は、領収証にて申告をします。 4-1-2. 1~12月分が記載されていない 医療費のお知らせは、記載期間が1~12月になっていない場合がほとんどです。 例えば、台東区の国民健康保険であれば、前年11月から翌年10月受診分です。 前年11月、12月分は対象となりません。 そして、今年の11月、12月は領収書で対応することになりますので注意が必要です。 4-2. 医療費控除の明細書 医療費控除の適用を受けるためには、「医療費控除の明細書」に必要事項を記入し、確定申告書に添付する必要があります。 国税庁のHPからダウンロードすることができます。 記載の仕方は後述します。 4-3. セルフメディケーション税制の明細書 記載の仕方は後述します。 医療費控除の計算方法 医療費控除の計算方法には、合計所得金額(年収ではなく所得です)が200万円以上かどうかで違います。 サラリーマンの方など給与所得のみの場合、所得200万円未満の人とは、おおよそ年収310万円以下の人が該当します。 生命保険や損害保険からの医療保険金や入院費給付金、傷害費用保険金、損害賠償金など• 社会保険や共済からの給付金 (出産育児一時金、家族出産育児一時金、家族療養費、高額療養費、高額介護合算療養費など)• 医療費控除の明細書の記入の仕方 ・医療費通知(医療費のお知らせ)に関する事項 ここでの注意事項は、医療費のお知らせの合計金額だけではなく、今年に該当する分だけ(去年のは除いた金額)も記載するということです。 医療費のお知らせは、前年11月から今年10月までのように、一年の区切りが1~12月になっていない場合が多いからです。 その該当期間中に、生命保険などで補てんされた金額があれば、3に記入します。 ・医療費(上記1以外)の明細 8. 医療費控除の確定申告書記入の仕方 医療費控除がある確定申告書の記入の仕方です。 「レーシック手術(保険適用外。 本人10割負担)」を受けた場合の医療費控除です。 8-1. 領収書の内容を医療費控除の明細書に記入する 領収書の内容を、「医療費控除の明細書」に転記します。 家族全員分を記入できます。 その後、3の控除額の計算をします。 8-2. 医療費控除の明細書から確定申告書Aの1枚目に転記 医療費控除の明細書から、確定申告書Aの1枚目、(18)の欄に金額を記入します。 8-3. 医療費控除の明細書から確定申告書Aの2枚目に転記 医療費控除の明細書から、確定申告書Aの2枚目に転記します。 医療費の総合計と、保険から補填された金額を記入します。 8-4. 源泉徴収票から確定申告書Aの1枚目に転記 会社からもらった年末調整済の源泉徴収票から、確定申告書Aの1枚目に転記します。 今回は生命保険料控除と社会保険料控除のみが記載されていますが、他にも年末調整をしていたらそれも記載します。 基礎控除も忘れずに記載します。 8-5. 源泉徴収票から確定申告書Aの2枚目に転記 会社からもらった年末調整済の源泉徴収票から確定申告書Aの2枚目に転記します。 社会保険料の明細については、源泉徴収票からの転記であれば「源泉徴収票より」という記載にします。 8-6. 確定申告書Aの1枚目の右側で税額を計算 確定申告書Aの右側で所得税の税額を計算していきます。 基本的には上から順番に記入していきます。 (22)の「上の(21)に対する税額」は、を参考に、自身の所得額を当てはめて計算します。 そのあと、復興特別所得税を足して、所得税額及び復興特別所得税を確定します。 (38)は、年末調整時の源泉所得税ですので、今回確定した金額と比べて、年末調整時のほうが多ければ、還付になりますので、(40)の欄に記入します。 還付の場合は、銀行口座も記入します。 【参考】 確定申告関連リンク 最後に いかがでしたでしょうか。 医療費控除は、自分だけの医療費だけでなく、家族の分も対象になりますし、薬局で買った風邪薬も対象になります。 しっかりレシートをとっておいてくださいね。

次の

【2020年確定申告】医療費控除|書き方や必要書類、明細書を解説

確定 申告 医療 費 控除

妊娠・出産で何かとお金がかかってしまった・・・でも、その費用は医療費控除の対象になる場合があるのです。 妊娠・出産でかかった費用で、医療費控除として税制上の優遇措置が得られるなら大変助かりますよね。 しかし、妊娠・出産に関係した費用が全て医療費控除に該当するわけではありません。 そのため、どんな費用が医療費控除の対象となるか迷われるか気になりますよね。 そこで、この記事では 「妊娠出産費用の医療費控除」について、• 妊娠出産費用のどんな出費が対象なのか• 医療費控除の具体的な計算方法• 医療費控除の還付金を受け取るための確定申告について 以上のことを中心に解説していきます。 この記事を読んでいただければ、医療費控除の基本的知識と、医療費控除の対象となる妊娠・出に関係する費用・申告方法を知ることに役立つかと思います。 医師や助産師、看護師が治療目的で行ったものであれば、医療費控除の対象になります。 こちらでは、医療費控除の対象と認められる費用、認められない費用を説明します。 医療費控除の対象と認められる費用• 不妊治療• 人工授精• 妊婦定期健診(妊婦健診)• 妊娠悪阻(おそ)や切迫早産等の入院費• 出生前診断:検査の結果、異常が見つかり医療的処置をした場合のみ対象です。 羊水検査:検査の結果、異常が見つかり医療的処置をした場合のみ対象です。 妊娠検査• 正常分娩• 異常分娩(帝王切開等)• 分娩費用• 一ヶ月健診• 産後健診• 乳児健診• 乳腺炎等を治療するための母乳マッサージ• 交通費 申告の際はこれら健診費・治療費・分娩費の領収書等が必要になります。 交通費に関して、バスや電車で医療機関へ通う場合、必ずしも領収書は取得しなくても構いませんが、家計簿等に記録するというように工夫して、実際にかかった費用を説明できるよう備えておきましょう。 医療費控除の対象と認められない費用• 妊娠検査薬• 差額ベッド代:ご自分で希望した場合は医療費控除の対象となりません。 里帰り出産のためにかかった交通費:医療機関ではなく実家に戻るための交通費は対象外です。 出産準備品の購入代:パジャマ・洗面具等も控除対象外です。 紙おむつ代• 予防接種代 医療費控除の金額は、次の式で計算した金額 最高で200万円 となります。 年間所得:600万円• 医療費:150万円• 出産育児一時金:42万円 医療費150万円-出産育児一時金42万円-10万円=医療費控除98万円 医療費控除額が98万円となります。 年間所得:160万円• まず申告手続きの際にはいろいろな書類を準備する必要があります。 サラリーマンやパート・アルバイト等の給与所得者であれば、医療費控除を受ける場合には、自営業者・自由業者の提出書類の他、収集すべき書類が追加で必要となります。 医療費控除の必要書類について 医療費控除のための申告は、給与所得者の場合、追加の書類も必要となります。 確定申告書A:国税庁のホームページや各税務署で取得します。 医療費等の領収書・レシート:医療費控除の対象となる費用の領収書・レシートを用意します。 申告の際に必ずしも提示しなくてよいですが、医療費控除の明細書へ転記する場合に必要となります。 領収書・レシートもご家庭で5年間大切に保管しましょう。 医療費控除の明細書:1年間にかかった医療費の明細をまとめる書類です。 こちらも国税庁のホームページや各税務署で取得します。 医療費通知:健康保険または国民健康保険の保険者から送付された「医療費のおしらせ」です。 こちらの書類があれば簡単に明細書を作成できます。 ただし、必ずしも準備しなければならない書類ではありません。 (給与所得者の場合)源泉徴収票• 本人確認書類:マイナンバー(個人番号カード)の両面の写しを添付した添付台紙が必要です。 印鑑:認印で構いません。 医療費控除の申告の流れ 申告の流れは次の通りです。 提出不要な書類はありますが、税務署から後日、領収書の提出等が求められる場合もあります。 費用の証明に必要な書類は必ず大切に保管しておきましょう。 費用に関する証明書類の準備:医療費の領収書・レシートを大切に保管します。 その他、医療費通知があれば明細書に転記しやすくなります。 医療費の明細書へ記載:税務署等で取得した医療費控除の明細書を作成します。 領収書・レシート・医療費通知を参考に作成します。 源泉徴収票を取得• 確定申告書へ記載:確定申告書Aを事前に税務署等で取得し、給与所得者の場合、源泉徴収票を参考に作成します。 税務署へ提出:確定申告にかかわらずいつでも提出可能です。 ただし、期間が定められており、5年間の猶予期間となります。 還付金を受け取る:指定口座にお金が振込まれます。 書類に不備が無ければ、申告から振込まれるまで3週間程度かかります。 セルフメディケーション税制とは、健康の維持増進・疾病の予防のため、予防接種、健康診査、がん検診等の取り組みを行う個人が、医薬品を購入し対価を支払った場合、所得控除が受けられる特例制度です。 つまり、きちんと健康診断などを受けている人を対象として、一部の市販薬を購入すれば所得控除が受けられるようになったということです。 医療費控除よりも必要書類は少なく申告しやすいことが特徴です。 ただし、医療費控除を申告する場合、こちらの特例制度は申告できません。 [1]セルフメディケーション税制の対象者 本税制の対象者は所得税・住民税を納めている方で、次に該当する方となります。 特定健康診査(メタボ健診)を行った人• 予防接種を受けた人• 定期健康診断(事業主健診)を受けた人• 健康診査を行った人• がん検診を行った人 [2]対象となる医薬品と所得控除額 控除の対象となる医薬品は1,600品目以上になります。 薬局で探す際は「セルフメディケーション税控除対象」と、薬品のパッケージに明記されていますので、それを参考に選びましょう。 要指導医薬品・一般用医薬品として販売されている市販薬の内、医療用から転用された特定成分を含む医薬品を年間1万2000円を超えて購入した場合、1万2000円を超えた部分の金額(上限8万8000円まで)について所得控除を受けることができます。 [3]提出方法と必要書類 確定申告で提出することになります。 確定申告書の他、次の書類が必要です。 領収書(原本):特定健康診査と明記または保険者名の記載がある場合• 結果通知表(コピー可):特定健康診査と明記または保険者名の記載がある場合• 領収書(原本)• 結果通知表(コピー可):特定健康診査と明記または保険者名の記載がある場合• 領収書(原本):特定健康診査と明記または保険者名の記載がある場合• 結果通知表(コピー可):特定健康診査と明記または保険者名の記載がある場合• 領収書(原本)• 結果通知表(コピー可).

次の

【確定申告】「医療費控除」の対象になる介護サービス費用を詳しく解説 対象外のサービスにも注意 | マネーの達人

確定 申告 医療 費 控除

医療費控除を受けるポイント6つ• 自分だけでなく、生計を一にする家族の分の支払いも該当• 病気やケガのための入院だけでなく、薬局で買った風邪薬などの医療費も対象• (医療費控除)自分と家族を合わせた医療費の合計から、保険等で補てんされた金額を引いたものが「10万円」を超えた場合に、その越えた部分の金額が控除の計算対象• (医療費控除)ただしその年の総所得金額が200万円未満の人は、10万円ではなく、総所得の5%を越えた部分の金額が控除の計算対象• 「セルフメディケーション税制」と、通常の「医療費控除」は両方は使えない。 どちらか一方のみ。 領収書の添付は不要となりました。 (ただし5年間の保存は必要) セルフメディケーション税制については、をご覧ください。 以下から、詳しくご説明します。 医療費控除の対象となる医療費• 医師、歯科医師による診療や治療の対価• 治療のためのあんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師などによる施術の対価• 助産師による分べんの介助の対価• 介護福祉士等による喀痰吸引等の対価• 治療や療養に必要な医薬品の購入の対価 【具体例】 ・かぜの治療のための一般的な医薬品の購入費用 ・医師等の処方や指示による医薬品の購入費用 ・通院費(通院費として認められるのは、交通機関などを利用したもの。 ) ・医師等の送迎費 ・入院時の部屋代や食事代 ・医療用器具の購入や賃借費用 ・義手、義足、松葉づえや義歯等の購入費用 ・6 か月以上寝たきりの人のおむつ代で、治療をしている医師が発行した証明書(おむつ使用証明書) 【 入院費用の具体例】 (対象)・入院中に病院で支給される食事。 ただし、他から出前を取ったり外食したものは非対象。 (対象)・付添人を頼んだときの付添料 【歯の治療の具体例】 (対象)・発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正 (対象)・金やポーセレンは歯の治療材料として一般的に使用されているので医療費控除の対象 (対象)治療のための通院費。 小さい子供の通院に付添が必要なときなどは付添人の交通費も対象。 通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額も記録しておくようにしてください。 医療費控除の対象とならないもの• 容姿を美化し、容ぼうを変えるなどの目的で行った整形手術の費用• 健康診断の費用• 疾病の予防や、健康増進のための予防接種などの費用• 人間ドックなどの健康診断や特定健康診査の費用は控除の対象となりませんが、健康診断の結果、重大な疾病が発見された場合で、引き続き治療を受けるときや、特定健康診査を行った医師の指示に基づき一定の特定保健指導を受けたときには、健康診断や特定健康診査の費用も医療費控除の対象となります。 タクシー代(電車やバスなどの公共交通機関が利用できない場合を除きます。 自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車料金• 治療を受けるために直接必要としない、近視や遠視のための眼鏡等の購入費用 確定申告時に必要な書類• 医療費の領収書 「医療費のお知らせ」の原本を添付する場合は、領収証の提出が不要となります(ただし医療費のお知らせには要件があるので注意が必要です。 詳しくは後述)。 医療費のお知らせを提出する場合は、個別の内訳を明細書に記載する必要はありません。 合計額のみ記載します。 医療費のお知らせに該当する領収書の原本を保管しておく必要もありません。 医療費のお知らせ以外の医療費がある場合には、領収書が必要となります。 その場合、提出は不要ですが、領収書は確定申告期限から5年間、自宅等で保管する必要があります。 以下から詳しく説明します。 4-1. 医療費のお知らせには要件があるので注意 「医療費のお知らせ」とは、健康保険証を使って医療機関で診療を受けたあと、領収書とは別に送られてくる医療費のまとめです。 健康保険組合によって違いますが、数ヶ月から1年単位で集計されています。 自分の診療内容だけではなく、扶養家族がいる場合は全員分の明細が記載されています。 医療費のお知らせにて確定申告をする場合の注意点は、(1)必要事項がきちんと記載されていないと使えない(2)1~12月分が記載されていない ということです。 4-1-1. 必要事項がきちんと記載されていないと使えない 医療費のお知らせは、以下の内容がすべて記載されていないと使えません。 医療費のお知らせの必須6項目• 被保険者等の氏名• 療養を受けた年月• 療養を受けた者• 療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称• 被保険者等が支払った医療費の額• 保険者等の名称 医療費のお知らせは各機関が独自に作成しているものですので、必ずしも上記項目が記載されているとは限らないそうです。 もし要件を満たさない場合は、領収証にて申告をします。 4-1-2. 1~12月分が記載されていない 医療費のお知らせは、記載期間が1~12月になっていない場合がほとんどです。 例えば、台東区の国民健康保険であれば、前年11月から翌年10月受診分です。 前年11月、12月分は対象となりません。 そして、今年の11月、12月は領収書で対応することになりますので注意が必要です。 4-2. 医療費控除の明細書 医療費控除の適用を受けるためには、「医療費控除の明細書」に必要事項を記入し、確定申告書に添付する必要があります。 国税庁のHPからダウンロードすることができます。 記載の仕方は後述します。 4-3. セルフメディケーション税制の明細書 記載の仕方は後述します。 医療費控除の計算方法 医療費控除の計算方法には、合計所得金額(年収ではなく所得です)が200万円以上かどうかで違います。 サラリーマンの方など給与所得のみの場合、所得200万円未満の人とは、おおよそ年収310万円以下の人が該当します。 生命保険や損害保険からの医療保険金や入院費給付金、傷害費用保険金、損害賠償金など• 社会保険や共済からの給付金 (出産育児一時金、家族出産育児一時金、家族療養費、高額療養費、高額介護合算療養費など)• 医療費控除の明細書の記入の仕方 ・医療費通知(医療費のお知らせ)に関する事項 ここでの注意事項は、医療費のお知らせの合計金額だけではなく、今年に該当する分だけ(去年のは除いた金額)も記載するということです。 医療費のお知らせは、前年11月から今年10月までのように、一年の区切りが1~12月になっていない場合が多いからです。 その該当期間中に、生命保険などで補てんされた金額があれば、3に記入します。 ・医療費(上記1以外)の明細 8. 医療費控除の確定申告書記入の仕方 医療費控除がある確定申告書の記入の仕方です。 「レーシック手術(保険適用外。 本人10割負担)」を受けた場合の医療費控除です。 8-1. 領収書の内容を医療費控除の明細書に記入する 領収書の内容を、「医療費控除の明細書」に転記します。 家族全員分を記入できます。 その後、3の控除額の計算をします。 8-2. 医療費控除の明細書から確定申告書Aの1枚目に転記 医療費控除の明細書から、確定申告書Aの1枚目、(18)の欄に金額を記入します。 8-3. 医療費控除の明細書から確定申告書Aの2枚目に転記 医療費控除の明細書から、確定申告書Aの2枚目に転記します。 医療費の総合計と、保険から補填された金額を記入します。 8-4. 源泉徴収票から確定申告書Aの1枚目に転記 会社からもらった年末調整済の源泉徴収票から、確定申告書Aの1枚目に転記します。 今回は生命保険料控除と社会保険料控除のみが記載されていますが、他にも年末調整をしていたらそれも記載します。 基礎控除も忘れずに記載します。 8-5. 源泉徴収票から確定申告書Aの2枚目に転記 会社からもらった年末調整済の源泉徴収票から確定申告書Aの2枚目に転記します。 社会保険料の明細については、源泉徴収票からの転記であれば「源泉徴収票より」という記載にします。 8-6. 確定申告書Aの1枚目の右側で税額を計算 確定申告書Aの右側で所得税の税額を計算していきます。 基本的には上から順番に記入していきます。 (22)の「上の(21)に対する税額」は、を参考に、自身の所得額を当てはめて計算します。 そのあと、復興特別所得税を足して、所得税額及び復興特別所得税を確定します。 (38)は、年末調整時の源泉所得税ですので、今回確定した金額と比べて、年末調整時のほうが多ければ、還付になりますので、(40)の欄に記入します。 還付の場合は、銀行口座も記入します。 【参考】 確定申告関連リンク 最後に いかがでしたでしょうか。 医療費控除は、自分だけの医療費だけでなく、家族の分も対象になりますし、薬局で買った風邪薬も対象になります。 しっかりレシートをとっておいてくださいね。

次の