伊井野ミコ ネタバレ。 『かぐや様は告らせたい』第178話 伊井野ミコは聞き出せない 感想 : 後輩たちの恋愛頭脳戦,始まる

『かぐや様は告らせたい』 第146話 伊井野ミコは愛せない② 感想

伊井野ミコ ネタバレ

間違ったことをしていないのに、後ろ指をさされてしまう。 自分を奮い立たせながらも中等部は辛い学園生活を送ります。 そんな時、 「君の努力はいつか報われる」 という差出人不明の手紙を受け取るのです。 添えられていた花はステラ ステラの花言葉 『小さな強さ』 『燃える思い』 『見守る心』 『知恵』 『家族愛』 『愛らしい』 『忘れられた恋人』 伊井野ミコはこの手紙を読んで『名前も告げずに励ましの言葉をくれた。 見返りを求めないピュアな想い、それこそが本当の愛の形』と言います。 伊井野ミコの手紙は石上優から? 結論から言うと、 伊井野ミコに手紙を出したのは石上優で確定といってもいいでしょう。 石上優は子安つばめのことが好きです。 学園祭で寒緋桜を見ていた際に詳しく花のことを話すシーンがあります。 その時も寒緋桜の花言葉を伝えており、花好きであり花言葉に詳しいのは確定 しています。 伊井野ミコは 「石上優の書いた文字」を入手することになるので、のちのちこれが 手紙の差出人だったことがわかる伏線になるのではないかと考察しています。 白銀御行や四宮かぐや、藤原千花の生徒会メンバーによって真実が明かされるのですがこれを今まで公表してきませんでした。 石上優には自分がなんと言われようとも、守りたい笑顔があったのです。 見返りを求めない行動を多くとる石上優は、頑張る伊井野ミコに対しても同じように優しさを見せていたに違いありません。 伊井野ミコと石上優が付き合う可能性はあるのか 現段階では、石上優は子安つばめのことが好きなので付き合う可能性は低いと思います。 ですが 今後の展開によっては付き合う可能性が出てくるのは確かです。 伊井野ミコの片思い 4. ふたりは顔を見合わせるとつっけんどんな態度を取ってしまいがちですが、素直に向き合う姿はとても相性がいいように見えますよね。 伊井野ミコも石上優の優しさに気づきつつあるので、 手紙の差出人が石上優であると知った後は伊井野ミコの片思いに発展するのではないかなと予想しています。 泥沼展開が期待できそうですね!できるなら二人とも幸せになってもらいたいものです。 伊井野ミコの手紙は石上優からだった?伏線考察まとめ 伊井野ミコの手紙は石上優であるのはまちがいないでしょう。 石上優は伊井野ミコに対してはどうしても放っておけない様子を見せており、子安つばめからも「ミコちゃんのことばかりね」と言われているほどです。 伊井野ミコの頑張りによっては二人が付き合う可能性は高まりそうです。 これからの展開に期待しつつ、情報が入り次第随時更新します!.

次の

かぐや様はネタバレ最新話178話速報!伊井野ミコが聞きたいこととは?

伊井野ミコ ネタバレ

あくまで中立を保っていたい彼だが、もしかぐやにそれを言えば、価値観の違いで別れ話に発展するかもしれない。 彼女が誰かと対決した時は、無条件で彼女側に付く。 それは男の9割がやっていることだろうと言い、彼は四宮側に付こうと考えていた。 生徒会室へと戻ると、かぐや達はそこにはおらず、伊井野一人だった。 白銀は、彼女が石上のことをどう思っているのか、直接聞くことにする。 ストレートに言うと感付かれるので、遠回しに聞く白銀。 学校の外ではオシャレをしないのかという話から、好きな人や好きな男のタイプを尋ねる。 伊井野は、ひょっとして口説かれているのかという疑念を持つ。 真面目で規律を守り、勉強が出来る人がタイプだと答える彼女。 それを聞いた白銀は、逆に自分が口説かれているのではと疑問を抱いたのだった。 般若心経 伊井野は自ら自分のタイプは白銀かもと言いからかった。 彼女はすぐに冗談だと言うと、白銀とかぐやが付き合っているのに気づいていたと言う。 そんななか、彼女が熱心に何かを書いていることが気になり、尋ねる白銀。 なんと伊井野は、般若心経を写経していた。 写経にはリラックス作用があるといい、白銀にも進める伊井野。 ポエム仲間である白銀と、趣味を分かち合えることを喜んでいた。 一方藤原は、白銀の意見を聞いて白黒付けようと思い、生徒会の扉を開く。 そこには般若心経を読む白銀と伊井野がおり、藤原は恐怖を抱いた。 肝心の意見を聞くも、白銀は「羯諦羯諦波羅羯諦」という真言 マントラ の答えが返ってくる始末で、藤原は逃げるように生徒会室を出るのだった。 白銀に助けを求めた伊井野 般若心経も意外と悪くないものだと感じ、ふと伊井野をみると彼女は窓の外から何かを見ていた。 視線の先には、石上とつばめが仲良さそうに話していた。 石上が好きなのか直接尋ねる白銀。 全然真面目ではなくルールも守らない、頭も悪いで嫌いだと答える彼女。 それでも、つばめとのデートした話を聞いていたら、苦しくなったと言う。 伊井野は白銀に、どうすればいいのかと尋ねるのだった。

次の

【かぐや様は告らせたい】伊井野ミコは愛せないネタバレ 声優は?【かぐや様は告らせたい】

伊井野ミコ ネタバレ

あくまで中立を保っていたい彼だが、もしかぐやにそれを言えば、価値観の違いで別れ話に発展するかもしれない。 彼女が誰かと対決した時は、無条件で彼女側に付く。 それは男の9割がやっていることだろうと言い、彼は四宮側に付こうと考えていた。 生徒会室へと戻ると、かぐや達はそこにはおらず、伊井野一人だった。 白銀は、彼女が石上のことをどう思っているのか、直接聞くことにする。 ストレートに言うと感付かれるので、遠回しに聞く白銀。 学校の外ではオシャレをしないのかという話から、好きな人や好きな男のタイプを尋ねる。 伊井野は、ひょっとして口説かれているのかという疑念を持つ。 真面目で規律を守り、勉強が出来る人がタイプだと答える彼女。 それを聞いた白銀は、逆に自分が口説かれているのではと疑問を抱いたのだった。 般若心経 伊井野は自ら自分のタイプは白銀かもと言いからかった。 彼女はすぐに冗談だと言うと、白銀とかぐやが付き合っているのに気づいていたと言う。 そんななか、彼女が熱心に何かを書いていることが気になり、尋ねる白銀。 なんと伊井野は、般若心経を写経していた。 写経にはリラックス作用があるといい、白銀にも進める伊井野。 ポエム仲間である白銀と、趣味を分かち合えることを喜んでいた。 一方藤原は、白銀の意見を聞いて白黒付けようと思い、生徒会の扉を開く。 そこには般若心経を読む白銀と伊井野がおり、藤原は恐怖を抱いた。 肝心の意見を聞くも、白銀は「羯諦羯諦波羅羯諦」という真言 マントラ の答えが返ってくる始末で、藤原は逃げるように生徒会室を出るのだった。 白銀に助けを求めた伊井野 般若心経も意外と悪くないものだと感じ、ふと伊井野をみると彼女は窓の外から何かを見ていた。 視線の先には、石上とつばめが仲良さそうに話していた。 石上が好きなのか直接尋ねる白銀。 全然真面目ではなくルールも守らない、頭も悪いで嫌いだと答える彼女。 それでも、つばめとのデートした話を聞いていたら、苦しくなったと言う。 伊井野は白銀に、どうすればいいのかと尋ねるのだった。

次の