イシヘンジン 弱点。 ポケモンカード 拡張パック「ソード」/「シールド」 考察・解説3

イシヘンジン (いしへんじん)とは【ピクシブ百科事典】

イシヘンジン 弱点

目次(Contents)• 雷タイプや無タイプ、悪タイプに対しては割と強く出ることが出来ます。 その後、そのポケモンのHPを「120」回復する。 ワザを使う必要があるものの、自前でエネ加速が出来るので、比較的早く殴りにいくことが出来ます。 スピードの遅い「闘タイプ」にはうれしい。 かなりシンプルなポケモンですが、それを生かして《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》や《シルヴァディGX》、化石ポケモン等といった多くのポケモンと組むことが出来そうです。 現在の構築 現在はこのような構築になっております。 《チラチーノ》と合わせて手札を充実させつつ戦うことが出来るようにしてみました。 また、2ターン目で殴りに行けるよう《ビート》を入れています。 と理想的なことを書いてみたものの、実際動かしてみると《チラチーノ》立たないわ《基本闘エネルギー》が手札にないわで中々うまく回りません。 《カプ・テテフGX》からの《ウツギ博士のレクチャー》って偉大だったんだなっていうのをものすごく実感しています・・・。 《しんかのおこう》がかなり弱く、進化可能なポケモンが居ないにも関わらず《マグノリア博士》と一緒に来てしまい、泣く泣く捨てるということが多発しました。 《ハイパーボール》は強かった。

次の

【種族統一】ワンル軸イシヘンジン統一

イシヘンジン 弱点

使用構築 コンセプト:折角の制限ルールなのでイシヘンジンを活躍させたい。 絶対ジュラルドンが強いのでジュラルドンを押し通したい。 3倍に上げる。 今大会において圧倒的な性能を誇ると考えたジュラルドンのサポート役として採用。 浮いてるポケモンがほとんどいないためじならしによるS操作がとにかく優秀だった。 横のジュラルドンの補助という役割を考えるとまもるの枠は岩石封じでもよかったかもしれない。 物理方面はそれなりに耐久があるが、特殊耐久は皆無なので持ち物はきあいのタスキ。 ジュラルドンミラーに関してはイシヘンジンのじならしを信頼してSはほとんど降ってない。 イシヘンジンとジュラルドンで暴れているだけで相手の特殊アタッカーが全滅してイージーウィンした試合が多々あった。 この大会において使わない理由は特にないと思う。 強力な詰め筋になるポケモンではあるが、自分がダブルに慣れていないのもあってうまく詰め切れないことが何戦かあった。 後述のパッチラゴンと合わせて追い風サポート+ダイアースによる耐久UPをしようと考えていたがジュラルドンが強すぎてダイマックスパッチラゴンを使う機会がほとんどなかった。 ダイマックスしないとなるとはりきりの命中不安が使いづらい。 おそらくこの枠はダイマックスなしで戦いやすい別のポケモンの方が良かった。 相手のオーロンゲのねこだましで脱出ボタンが発動してしまうことが多かったのでSをちゃんと振るべきだった。 ・通常のダブルと比べて個々の能力が低く、ダイマックスに依存しているように感じた。 そのため、初手で相手のダイマックスを倒せたら即勝ちにつながる。 いかにジュラルドンやオーロンゲで相手のダイマックスを潰すか、こちらのダイマックスをいかに通すかのゲームに思えた。 最高レート1756 最終レート 1711 392位 次回はもうちょいがんばる。 カテゴリー: 、.

次の

イシヘンジン (いしへんじん)とは【ピクシブ百科事典】

イシヘンジン 弱点

どうもリリーです。 前回の記事は非常に多くの方に購入していただいて、本当にありがとうございました。 今回は" 没デッキ"のローズイシヘンジンパッチルドンを紹介します。 無料記事、尚且つ没デッキなので軽い解説になりますがご了承ください。 おまもりでも良いかもしれません。 このデッキだけで言うならばフウとランより優秀な気がします。 没デッキの理由がそこにはありました。 後2で追加オルターのために手貼りするので20乗ります。 後1で後ろを引っ張れると有利になります。 これが成功すれば後攻の方が有利です。 ただしデスカウントGXに注意。 序盤からかんしゃくヘッドでイシヘンジンにダメカンを貯めてきます。 無理に2ターン目にローズを決めずに、ストーンギフトで回復しながら加速しても全然間に合います。 ムゲンダイナ側は330を出すのが簡単ではないので。 後1フルドライブされても先2ストーンギフトで復帰できます。 これもまた没デッキの理由の一つです。 ただし相手のエネの貼り方が上手いと勝てないです。 2体目はイシヘンジンで倒しましょう。 ご愛読ありがとうございました。

次の