藤森 サウナ。 最強おうちサウナ!?テレビでも紹介されたナチュラルスパのその性能とは

藤森慎吾おすすめサウナはここ!原田龍二が弟子入り!?サウナが10倍気持ち良くなる入り方!【シューイチ】

藤森 サウナ

加藤容崇 かとう・ひろたか [慶應義塾大学医学部特任助教・日本サウナ学会代表理事] 群馬県富岡市出身。 北海道大学医学部医学科を経て、同大学院 病理学分野専攻 で医学博士号取得 テーマは脳腫瘍。 北海道大学医学部特任助教として勤務したのち渡米。 ハーバード大学医学部附属病院腫瘍センターにて膵臓癌研究に従事。 帰国後、慶應義塾大学医学部腫瘍センターや北斗病院など複数の病院に勤務。 専門はすい臓がんを中心にした癌全般と神経変性疾患の病理診断。 また、病理学、生理学にも詳しく、人間が健康で幸せに生きるためには、健康習慣による「予防」が最高の手段だと言うことに気づき、サウナをはじめとする世界中の健康習慣を最新の科学で解析することを第二の専門としている。 サウナを科学し発信していく団体「日本サウナ学会」を友人医師、サウナ仲間と作り、代表理事として活動中。 本書が初めての著書となる。 医者が教えるサウナの教科書 「サウナでととのう」のには科学的根拠があった! なぜ、ビジネスエリートはみんなサウナ好きなのか? 著者は、「ビジネスエリートだからサウナが好き」なのではなく、「サウナが好きだからビジネスエリートになれる」のではないかという。 なぜなら、サウナがビジネスのパフォーマンスを上げる医学的根拠が次々と明らかになってきているからだ。 本連載では、サウナーでもあり、医師でもある著者が、最新の医学的エビデンスをもとに、サウナが脳と体に与える効果とそれを最大化する入り方を、著書から、抜粋してご紹介する。 「熱くなったら出よう」と自分の感覚を頼りにしたり、「サウナ室のTVがCMになったら出よう」とサウナ室の状況に委ねたりしていると、身体的に危険なうえ、上手くととのわないため、パフォーマンスを上げることができません。 サウナでパフォーマンスを上げられるかどうかは、サウナの入り方にかかっています。 とはいえ、サウナで一番大切なのは「自分自身が気持ちがいいこと」です。 気持ちがいいという感覚が大事なことは、なんとなくわかると思うのですが、実はこれには、れっきとした医学的根拠があります。 「気持ちがいいこと」を追求すると、自律神経が活性化するので、心身がサウナの極限状態に対応しやすくなる。 つまり、しんどくなくなるのです。 だから、難しく考えなくても、気持ちがいい入り方をしていれば、ほぼ正解だと言えます。 これから紹介するものを基本にして、自分にとって一番気持ちがいい入り方を見つけてください。

次の

最強おうちサウナ!?テレビでも紹介されたナチュラルスパのその性能とは

藤森 サウナ

私は学生の頃スポーツジムに通っていました。 スポーツジムには大概お風呂とサウナが併設されています。 私はそこでサウナのよさに目覚め、いつしかスポーツジムに通う第一の目的が運動ではなく、運動後のサウナになっていきました。 さて、私のようなサウナーにとってはチェックせずにはいられない動画を見つけました。 の藤森慎吾さんによる「サウナ学」講義です。 とてもおもしろく、とてもためになるものでしたので、備忘録を兼ねて、感想を書いておこうと思います。 サウナは流行っている。 藤森さんによれば、サウナは今流行っているようです。 さらに、サウナというと男性、それも「おっさん」のイメージですが、今や男性だけでなく女性の利用者も増えているとのことです。 私個人としては、サウナに行っても特に人が増えてきたような印象は受けません。 また、私の家にはテレビがなく私は世間の流行を知りません。 サウナが流行っているというのは初耳で、藤森さんにそう教えられて割とびっくりしました。 サウナとは水風呂である。 藤森さんはこのようにサウナを定義しています。 要するに、サウナはサウナで終わりにしてはいけない、そのあとの水風呂もセットで楽しもう、ということです。 もしサウナにいっているのに水風呂に入っていないかたがいるなら、私も藤森さん同様、水風呂に入ることを勧めます。 私も当初は水風呂が怖くて入れませんでした。 ですが意を決して水風呂に飛び込んだ時、新しい世界の扉が開きました。 水風呂でしか味わえない快感があることを請け合います。 水風呂を躊躇している方には、勇気を持って飛び込んで欲しいと思います。 水風呂に入る前には、熱いお湯で汗を流せ! 藤森さんはこのように言います。 これはでした。 水風呂に入る前にはサウナで出た汗を流さなければなりません。 私はそのとき水風呂の水を桶ですくい、その水で汗を流していました。 このやり方だと水風呂に入る前に身体の熱が奪われてしまいます。 出来るだけアツアツの状態のまま水風呂に入りたい、なのにその手前で熱を奪う行為をしなければならない。 藤森さんのやり方はこの葛藤を解消してくれます。 熱いお湯で身体を流せばアツアツ状態が維持されます。 このやり方にこれまで気づきませんでした。 早速真似させてもらおうと思います。 サウナ12分 サウナに行くとわかりますが、サウナ内には12分時計が設置されているところが多くあります。 12分で一周する時計です。 ですので藤森さんに限らず12分を区切りとするサウナーは多いのではないかと思います。 水風呂3〜4分 サウナでアツアツになった身体を水風呂にひたすと直後は冷たい。 ですが5秒もすると身体の熱で身体の表面の水が温かくなってきます。 藤森さんはこれを「天使の羽衣」をまとった状態と言っています。 その後、水風呂の冷たさによって、身体の熱が天使の羽衣とともに消えていく。 ここまで3〜4分です。 ベンチ15分 水風呂を出た後、腰掛けます。 黙って静かに座り続けます。 すると徐々に身体に熱が戻ってきます。 通常の体温に戻るまで約15分。 ととのう サウナにより身体の熱をあげ、水風呂で下げ、ベンチであげて通常に戻す。 この戻った状態を「ととのう」というようです。 すると身体が覚醒し、快楽の極みに達します。 「サウナ道」を極めた藤森さんのここら辺の解説はとても勉強になりました。 藤森さんはそうした感覚的なことを、目安となる時間を示しつつ体温変化のダイナミズムとして分析、解説し、あるいは「天使の羽衣」「ととのう」といった記憶に残りやすい言葉を使って噛み砕き、理解可能なものとしてくれています。 理解可能となったことで、私はこれまでのサウナの入り方を見つめ直すことができます。 サウナをより深く楽しめるきっかけをもらえた気がします。 サウナの聖地「しきじ」 サウナに聖地があるようです。 知りませんでした。 しきじが聖地とされる理由は水風呂にあるようです。 水風呂の水が天然水のため他では味わえない心地よさがあると藤森さんは言っています。 私もいずれ一度は行ってみたいものです。 私のおすすめサウナ「小山温泉思川」 最後に私のおすすめサウナを紹介させてください。 しきじが聖地認定されるに際し、サウナ施設の優劣を決める基準として水風呂が用いられました。 私も近辺のサウナ施設の優劣を考える際には水風呂を基準としています。 私のおすすめサウナは小山温泉思川です。 お風呂が温泉というのも魅力ですが、おすすめする第一の理由は水風呂です。 水風呂が思川を見渡せる屋外にあり爽快感があります。 水風呂の浴槽が大きな木の桶で深さがあります(下の画像)。 そのため寝そべるようになることなく、身体全体をゆったりと水につけることができます。 水温は他の施設の水風呂に比べやや低めで、常にその水温で安定しています。 水温は低ければいいというわけではないのですが、場所によってはぬるまったいところがあるのです。 そういう水風呂には入っても気持ちよくありません。 ここの水風呂はいつも冷たく、安心して身を任せられます。 藤森さんの動画の内容はここで紹介したことに尽きるものではありません。 サウナに関心のある方はぜひご覧になってください。 suiyoujuku.

次の

藤森慎吾の身長・体重は!田中みな実との復縁はある?

藤森 サウナ

系ドラマ「サ道」の影響もあり、2019年は空前のサウナブームが到来。 「ととのう」というワードにも注目が集まった。 そこで、小学生のころからサウナに通いつめているお笑いコンビ「」のに真の「ととのえ方」を思う存分語ってもらった。 最近のブームでサウナが新しくできたり、設備が改良されたりとうれしい限りです。 ただ、初心者の方にとっては、やっぱりサウナはただただ「暑いだけ」というイメージがあると思います。 確かに室温100度にもなるサウナに恐怖心を覚えてしまうのは分かります。 でも大丈夫。 僕は一緒にサウナに行った人を何人も「抜け出せない体」にしてますから。 初心者の方には、特に「入り口」を大切にしていただきたいんです。 体がフワーッと浮き上がる感覚がタマラない (1)1セット目はシンドくても「10分」入室 ありがちなのは、サウナに入って3分くらいで「暑い」と言って出ちゃう。 それで水風呂に入ると「うわ、冷たい。 もう無理」というケース。 確かに暑いんです。 僕も1セット目は7~8分も入っているとキツイですから。 でも、10分ほどじっくり入ると血管が開き、血液もしっかり温まる。 その後の水風呂も心地よく感じられます。 (2)水風呂は手足の指先が冷え切るまでつかる サウナに10分ほど入ると、だいたい誰でも水風呂に2~3分はつかれるようになるんです。 すると、開いた血管が少しずつ収縮していく感じが分かる。 頭の先からスーッと冷えていく感じがいいんです。 ただ、気持ちよすぎてズーッとつかっていると、起き上がれなくなることもあるので要注意。 上がる目安は、手足の指先まで冷えてきたなあというタイミングですね。 (3)ベンチで休憩してようやく「ととのう」 水風呂から上がったら、浴場内にあるベンチに座って10~15分、休憩を取ってください。 休憩中はただボーッと一点を眺め、考え事もしない。 すると、体がフワーッと浮き上がるような感覚になってくるんです。 これがどういう状況かというと、サウナで温められて開いた血管が水風呂で収縮。 細くなった血管を体が無意識のうちに「平常時」に戻そうとする。 この瞬間に自律神経が刺激され、心地よい感覚が得られるんです。 これが「ととのう」という状態。 1セットではととのわないこともあるので、2~3セット繰り返してみてください。 重要なのは、こまめに水分補給して体内の水分量を一定に保つこと。 健康な状態で無理なくサウナを楽しんでもらいたいですね。 全国のサウナの中で、オススメ8店舗をピックアップしてもらった。 日刊ゲンダイ特選サウナを含め、計50店舗を紹介する〈別表〉。 地下深層部からくみ上げられた天然水を利用した水風呂を求め、全国から客が集まる。 天然水はペットボトルなどでくみ上げて、持ち帰り可。 「ここにかなうサウナはなかなかないですね」(藤森)と絶賛だ。 「湿度が高めで汗がドッと出ますよ」(藤森)という。 プロ熱波師によるロウリュも不定期で開催。 HPでイベントをチェックすべし。 雑音のない静寂の中で、ただただ「暑さ」と向き合うことができる。 韓国人スタッフが作る料理もウマい。 「僕のオススメは、見たこともないくらいデカい器に盛られる『海鮮ちゃんぽん』と『骨付きカルビ定食』ですね。 小型の「森のサウナ」では、客がサウナストーンに水をかける「セルフロウリュ」を体験できる。 圧巻は氷点下25度のアイスサウナ。 室内に設置された水風呂も超低温で、「入って一瞬で出るレベル。 でも毛穴が締まっていいんですよね」(藤森)というから一度はつかってみたい。 系列店が名古屋市内に2店舗、福岡・博多にも1店舗ある。 毎日、午後4時から7時まで、1時間ごとにロウリュを行っている。 注目は水温10度の「ホワイトイオンバス」。 ロウリュで熱くなった体を一気に冷やすことで、究極の「ととのい」を体感できる。 「2種の水風呂はどちらも冷たい。 特に夜景はオススメだ。 目を引くのは、サウナ室風の会議室が設置されていること。 「スカイスパには、モニターが付いた会議スペースが設置されていて、ちょっとしたプレゼンもできる。 これは新しい! サウナで汗を流して語り合った後に商談すると、スムーズに進むと思うんです。 午前8時から深夜1時まで、1時間ごとに実施していて、熱波好きにはたまらない施設だ。 さらに、朝食バイキングにランチや宴会プランと、食事も超充実している。 「北海道の本格的な海鮮も食べられる。 おいしいですよ」(藤森) 「サウナ新年会」も一興だ。 24時間体制だというからウレシイ。 中でも、午前6時半、午後3時、6時、9時、深夜0時に実施される「ダイナミックロウリュ」はスタッフ2人がかりで熱波を送る。 藤森も「どのスタッフがロウリュをやっても、いい熱波を感じられる。 ロウリュを受けるなら神戸サウナで決まりです」と太鼓判だ。 12月初旬に塩サウナをリニューアルしたばかりで、清潔感もバッチリ。 (聞き手=小幡元太/日刊ゲンダイ)•

次の