年金 繰り上げ 受給。 意外と知らない、年金繰上げ請求の仕組み。年金の受給方法の多様性を考える。

年金の繰上げ受給は損って本当? [年金] All About

年金 繰り上げ 受給

2020年2月28日 16:00 年金を受け取る時は、「繰り上げ受給」や「繰り下げ受給」を選択することができる。 「繰り上げ受給」は、早く受け取る代わりに受給額が減る。 具体的には、1か月早めるごとに0. 5%、1年で6%減額される。 5年早めて60才から受け取るようにすると、受給額は30%減る。 一方、「繰り下げ受給」は、1か月遅らせるごとに0. 7%、1年で8. 4%増えるので、70才から受け取ると42%増えることになる。 どちらを選ぶと得になるのかは、「何才まで生きるか」によっても左右されるが、迷うことなく、絶対に「繰り上げを選ぶべきタイプの夫婦」というのも存在する。 収入が年金のみの世帯の場合、夫婦の年金収入が「年211万円」を少しだけ超えそうならば、すぐにでも繰り上げ受給をした方がいい。 上限は自治体によって多少異なるが、たとえば東京23区などの大都市では、世帯の年金収入が年211万円(月額約17万6000円)を超えると、健康保険料や介護保険料などの社会保険料が上がり、医療費の自己負担分を減らす「高額療養費制度」の自己負担上限額も引き上がる。 ブレインコンサルティングオフィス代表の北村庄吾さんが指摘する。 「繰り上げ受給で年金額を211万円以下に減らしておけば、『住民税非課税世帯』となり、住民税の免除や、医療費の減額または免除など、さまざまなメリットがあります」 具体的には、こんな例もある。 都内に住む千佐子さん(68才)と幸恵さん(66才)姉妹は、1月に届いた源泉徴収票を見比べて驚いたという。 千佐子さん夫婦は、月々の年金が18万円だ。 一方、「夫が62才でリタイアした」という幸恵さん夫婦は、年金を「前倒し」で受け取ったので、少しだけ年金が減って、月々17万5000円。 計算上、姉の千佐子さん夫婦の方が月に5000円、年にして6万円多く受け取っているはずだった。

次の

年金の繰上げ・繰下げはいつが得?年齢別の受給率早見表と受給額累計表

年金 繰り上げ 受給

>年金60歳から繰り下げ受給して 年金を60歳から受給することを『繰上げ受給』と言います。 分かりにくいですよね。 60歳以降の働き方によって、社会保険 健康保険、厚生年金 に加入するか どうかが決まります。 正社員が週40時間なら30時間以上といった所です。 詳細条件は下記をご覧下さい。 >払った場合も受給金額は変わらないと思いますが いいえ。 そんなことはありません。 標準報酬月額に応じて、将来受給できる厚生年金は増えていきます。 増えるタイミングとしては、 退職時 厚生年金の加入条件から外れた場合も 、あるいは、 65歳、70歳になると改定されます。 勤務条件を満たす限り、払わないという選択肢はありません。 勤務時間を短くするなどして、社会保険から抜ける必要があるのです。 以上、いかがでしょうか?.

次の

年金の繰り上げ受給とは?仕組み&メリット・デメリットをFPがわかりやすく解説!

年金 繰り上げ 受給

「繰り上げ受給」は、早く受け取る代わりに受給額が減る。 具体的には、1か月早めるごとに0. 5%、1年で6%減額される。 5年早めて60才から受け取るようにすると、受給額は30%減る。 一方、「繰り下げ受給」は、1か月遅らせるごとに0. 7%、1年で8. 4%増えるので、70才から受け取ると42%増えることになる。 どちらを選ぶと得になるのかは、「何才まで生きるか」によっても左右されるが、迷うことなく、絶対に「繰り上げを選ぶべきタイプの夫婦」というのも存在する。 収入が年金のみの世帯の場合、夫婦の年金収入が「年211万円」を少しだけ超えそうならば、すぐにでも繰り上げ受給をした方がいい。 上限は自治体によって多少異なるが、たとえば東京23区などの大都市では、世帯の年金収入が年211万円(月額約17万6000円)を超えると、健康保険料や介護保険料などの社会保険料が上がり、医療費の自己負担分を減らす「高額療養費制度」の自己負担上限額も引き上がる。 ブレインコンサルティングオフィス代表の北村庄吾さんが指摘する。 「繰り上げ受給で年金額を211万円以下に減らしておけば、『住民税非課税世帯』となり、住民税の免除や、医療費の減額または免除など、さまざまなメリットがあります」 具体的には、こんな例もある。 都内に住む千佐子さん(68才)と幸恵さん(66才)姉妹は、1月に届いた源泉徴収票を見比べて驚いたという。 千佐子さん夫婦は、月々の年金が18万円だ。 一方、「夫が62才でリタイアした」という幸恵さん夫婦は、年金を「前倒し」で受け取ったので、少しだけ年金が減って、月々17万5000円。 計算上、姉の千佐子さん夫婦の方が月に5000円、年にして6万円多く受け取っているはずだった。 平均的な高齢夫婦の受給額は月20万円ちょっとで、年額で240万円ぐらいになる。 もしそれぐらいの額ならば、税金や医療費、介護費のことを考えれば、前倒しして「211万円以下」に抑えることも検討したい。 老後に向けた蓄えも、どう繰り上げるかの目安となる。 「60才でリタイアした夫婦が一般的な水準で老後を過ごすには、月26万~27万円必要だとされます。 ただ、介護や金銭のサポートをしてくれる子供がいたり、持ち家で家賃がかからなかったりする人は、夫婦で月20万円くらいの受給額でも充分生活できるはず。 その場合、男性の平均寿命である81才までの21年間を夫婦で過ごすと、必要な費用は計5040万円。 そこから女性の平均寿命の88才まで含めると6216万円が必要になります。 これに対し、60才からの受給に繰り上げた時に受け取れる年金額(モデル世帯)は約16. 7万円が相場。 月々3万円くらい不足するので、それをまかなえる1000万円ほどの貯蓄があれば、安心して繰り上げていい。 さらに、再雇用やパートなどで年金以外の収入があればなお安心です」(北村さん・以下同) 60代からもらった方が有意義に使える? 重要なポイントとなるのが、老後のQOL(生活の質)だ。 定年後、もっともお金がかかるのは60代。 夫婦ともにまだまだ元気で時間もあるため、趣味や旅行などの出費が多くなりがちだ。 生命保険文化センターの2019年の調査によれば、60%以上の高齢者が、最低限の生活を維持するための出費に上乗せして、「旅行やレジャー」のためにお金を使うと回答した。 70代に入り、体の自由がきかなくなる後期高齢者になると、少しずつ出費は減る。 「年金額を増やそうとして繰り下げしても、その頃にはせっかくの年金を満足に使えない可能性が高い。 60代のうちに前倒しでもらった方が有意義といえるでしょう」 実際に繰り上げ受給の申請をするには注意が必要だ。 まずは、通常どおり65才から受給した場合の金額を把握し、その上で、老後の暮らしにいくら必要で、いくらもらえるかを計算しておく。 老後のライフプランも含めて金額を確認してほしい。 繰り上げ受給は、自分で請求しないと受け取れないことがポイント。 受給開始を希望する年齢になったら、自宅に届いているはずの「年金請求書」を持って年金事務所に出向いて「老齢厚生年金・老齢基礎年金支給繰上げ請求書」に必要事項を記入し、ほかの必要書類とともに提出しなければならない。 「『繰上げ請求書』が受理されると、翌月から自動的に支給開始となるので、繰り上げを希望する1か月前までに申請する必要があります。 必要書類の準備まで含め、3か月くらい余裕を見るといいでしょう」 年金は豊かなセカンドライフの命綱だ。

次の