ミズノ アイアン 520。 新・貧打爆裂レポート『ミズノプロ520 アイアン』

[AD] 「フォージド」はまだこんなに進化できたのか! “ミズノプロ”が踏み出した鍛造アイアンの新世界

ミズノ アイアン 520

カスタム対応で一人一人にやさしい名器を 最高品質を追求した『ミズノプロ』はカスタム専用販売になっているが、実は2016年まで発売していた『MP』も養老でカスタムオーダーを行っていた。 しかし、決定的に違うのが『9シリーズ』だとゴルフ事業部の竹生は語る。 「MPの時代は最もヘッドが大きいタイプでも、現状の『520』くらいがマックスでしたので、今の『920』はミズノプロの軟鉄鍛造アイアンとしては考えられない大きさのヘッドサイズです」 では、なぜ『920』が誕生したのか? 「ミズノでは長年フィッティングをやっていて、シャフトフィッティング用に開発した『シャフトオプティマイザー3D』という装置があります。 これがすごく高性能でヘッドスピードやライ角だけでなく、アタックアングルやインパクトのフェースの向きまで、ゴルファーのD・N・Aのように診断できます。 それならシャフト用だけでなく、ヘッドも含めたカスタムフィッティングができるのではないかとなりました。 そうなったときに現状のラインナップでは中・上級者には対応できても、初心者やアベレージゴルファーまで対応するヘッドがなかった。 「ポケットキャビティ部分が深く削られているのがわかると思いますが、今回は約45グラムを削っていて、前作『918』の約2倍の重量を削ることで、フェース周辺にその重量を配置した。 それによって重心も深くなって、高い慣性モーメントでやさしく飛ばせるアイアンになっていると思います」 ただし、それはやさしいだけのアイアンではない。 プロダクト担当の青木に話を聞くと、 「一般的にやさしいアイアンは、ヘッドとボディを2ピースにして溶接したり、鋳造で大型ヘッドにすることで作られます。 しかし、それではお客様が期待する『ミズノならではの打感』を提供するのは難しい。 やさしさの指標の一つである慣性モーメントを大きくするには、ポケットを広く・深くする必要があります。 しかし、従来の手法ではポケットがソールを貫通してしまうなどの限界がありました。 それから試行錯誤の末に、2段加工にすることで、フェース側とソール側をギリギリまで削るダブルポケットキャビティの『920』が完成しました」 『ミズノプロ』という名称からも、カスタム専用という販売方式からも玄人向けの上級者モデルという印象を受けるかもしれない。 しかし、カスタム専用にしたのは、すべてのゴルファーに『ミズノプロ』の良さを体感してもらうためであり、そのための『920』でもある。 フィッティングによって選ばれた『ミズノプロ』は、一人一人にとって最もやさしい最高品質の名器になっているはずだ。 「数年前のMPでは5シリーズの顔が最大でした」.

次の

ギア : ミズノの『Mizuno Pro 520 アイアン』ってどんなクラブ?

ミズノ アイアン 520

フィッティングの内容も店舗によって違ったり、自分の調子によって 変わってしまいますので最低でも2回〜3回は試して、そのデーターを参考に してからの購入をおすすめします。 このアイアンは中級者〜上級者の方、または上達したい初心者に向いています。 私はMP53(DG S200)からの買い替えでした。 特にMP53が悪かったわけではありませんが、久しぶりに大タタキしてしまった ラウンドの後に、気分転換にというのと、以前から気になっていたので思い切って購入しました。 520アイアンは非常に打感が良く構えやすい顔がとても気に入っています。 今回のフィッティングを受けてからのアイアンのスペックはDG105 R300でバランスはD1、ライ角は1度アップライトでオーダーしました。 このスペックはいろんなゴルフショップでフィッティングをしたときに一番合っていると言われたことと、自分で振っていて一番気持ちがいいということでこれに決めました。 まだラウンドでアイアンを使用できていませんが、練習場で打った感想としては、打感が良く左右のブレがないので気持ちよく振り切れるといったところです。 シャフトもDG105のR300になったので、適度に軽く振りやすさに貢献していると思います。 デザインもシンプルなので飽きずに長く使えるアイアンだと思っています。 まだミズノのアイアンを一度も試打したことのない方は一度試していただきたいです。 DGが重く感じるようになったため、ミズノのフィッティングでフィーリングの良かったKBS cテーパー120でオーダーしました。 716ap2との比較になりますが弾道は少し低くなり飛距離は5ヤード程伸びているようです。 弾道の高さはシャフトの影響が大きいと思います。 このシャフトは低弾道なのが売りのようですが、5. 4番になるともう少し高さが欲しい気がしています。 シャフトの重さは丁度良く疲労感が軽減して正解でした。 打感に関しては良いコメントが多いですが、ap2の方が好感触です。 ピシッとやや硬く弾く感じです。 意外だったのは易しさに関してで、正直言うともう少し易しいと思っていました。 ap2の方が気楽に打てます。 ヘッドは少し大きいですが真を外した時の飛距離のばらつきが大きい気がします。 特に5. 4番は結構気合い入れて打たないと厳しいようです。 操作性はあまり変わらず、ある程度は操作できます。 ap2を長く使っていたので慣れない部分があるので、これから練習をして特性を掴んでいきたいと思います ap2よりレベルブローにインパクトした方が合うような…。 ここまでだとap2の方が良いと思われますが、スイングのレベルアップを考えると520をしっかり打てるようになるべきだと思います。 今まではap2で誤魔化せていたんだと感じています。 製品精度が高く美しい長く使える素晴らしいアイアンだとおもいます。 ただ、傷つきやすいので要注意です。 先輩が520のDG120仕様を購入したので打たせてもらったら、悪い病気が再発してしまいました。 気に入ったものがあると物欲が湧いてきてしまい、我慢できなくなってしまうのです。 やはり、ミズノの打感は最高です。 Zフォージドは材質がS20Cなので、素材としては柔らかいはずなのですが、520の方が柔らかく感じます。 これはミズノの鍛造技術ですね。 脱帽としか言えません。 若干、ストロングロフトなので飛距離も出るし、ボールも高いし、スピン性能も良いし。 フィッティング専用となってしまったので、購入価格帯は上がってしまいましたが、満足できるものに仕上がっています。 外観も芸術的なので傷を付けたくないのですが、それは無理なので大事に使いたいと思います。 女子プロに人気の520ですが、この出来栄えですから理解できます。 これから良いアイアンを長く使いたい方にお勧めします。 シャフト硬度はDG120のSです。 それと自分の書き込みを見直して何を勘違いしていたのか汗顔の至りですがAP3と飛距離が変わらないなんてデタラメを記載してしまっており訂正させて頂きます。 1番手半は飛びません。 もちろん打感は圧倒的に上ですが。 初ラウンドが余りに酷かったのと練習場での慣らし運転の状態でさほど変わらない印象だったのでしょうが。 あれから数Rプレーしてアイアンの重量変化と練習でのフォーム変更が祟り満足なスコアになりませんでした。 ここに来てようやく慣れた感はありますがナイスショットをしても全然飛んでません(笑)初打ちが1月4日なのでそれまで素振りを中心にフォーム固めを続けますが、この飛距離でゲームを組み立てられるよう基本を大事にしたいですね。 ラウンドの一日前だったので急ぎ練習場で80球ほど打ちラウンドへ。 MCIBLACKのAP3からの買い替えで平均で30数グラム重くなりましたが(因みにMODUS3の105Sだと10g程度重くなります)手打ちが出来ないのでゆっくりテイクバックしてクラブ全体の重みでスウィングすると軟鉄+チタンマッスルの構造でAP3と飛距離は変わりません。 軽いものを早く振るより重いものをゆっくり振ってしっかりミートすると 最高の打感を味わうことが出来ます。 初ミズノでしたがこれは長く使います。 ラウンドでは買い替え後の初ラウンドが山岳コースで左足下がり上がり前下がり上がりとまともなライで打てなかったからなかなか満足行くショットはありませんでしたが初めて試打、フィッティングまでして購入してるのでこれでキチンと打てないのは全て自分の責任なのでしっかり練習してクラブに恥じないよう努力しようと思います。 と言うかアイアンは顔で決めてきたので試打は初めてです。 今のAP3も一目惚れで購入、ライ角こそ調整しましたがシャフトも流行りのMODUS3のSからMCIBLACKの80Sにリシャフトして今日まで使ってますがびっくりするほど飛びもしないし打感はシャフトの軽さに比例して軽いし芯を喰っても気分が良いわけじゃ無いんですね。 ま、スコアは纏まっては居ますがやはり軟鉄鍛造に原点回帰したいなと思ってるところに各社が軟鉄モデルをあれこれと(笑)タイトリストフリークの自分ですが今回のTシリーズはバックフェイスがゴチャゴチャでパス。 キャロのXフォージドスターかミズノの520,920の三種がターゲット。 今日、時間が出来たのでミズノフィッティングへ。 フィッターの方に520か920でと申し出て3球フィッティングの前に汗だくになるまでヘッド、シャフトを替えて打ち込んでましたがデータ取るまでもなくフィッターの方は520を勧めてこられました。 920はちょっとオーバーサイズですね。 納期は一ヶ月とのことでしばし剣道して決めます。

次の

カッコいいのに、やさしい。ミズノプロ920/520/120アイアン|ゴルフサプリ

ミズノ アイアン 520

軟鉄鍛造でこの形状 軟鉄鍛造。 プロが使うアイアンといえば、ほとんどがこの製法で作られ、誰もが憧れるアイアンと言っても過言ではないだろう。 打感がよくて、一度でも芯を食った当たりが出せれば、 軟らかい感覚が手に耳に残り、ゴルファーを虜にしてしまう。 しかしながら、鉄がぎっしりと詰まったアイアンヘッドは自然とコンパクトな形状となり、操作性は高いものの、難しくなってしまう……。 さらにはアイアンにもやってきた飛距離ブームにもより、複雑なヘッド形状を作りにくい鍛造製法は、重心位置の自由設計度が低く、ストロングロフト化に合わない……。 そんな軟鉄鍛造アイアンのイメージを払拭し、新しい時代のフォージドとして誕生したのが「ミズノプロ920」だ。 素材には強度が高い「軟鉄ボロン鋼」を採用。 「デュアルT-スロット加工」と呼ばれる最新の鍛造製法でキャビティの内部を極限まで広くし、なんと前モデルの「ミズノプロ918」の2倍近い余剰重量を生み出した。 写真上からミズノプロ920、520、120 さて、新しい時代の鍛造アイアンの実力はどんなものなのか? 「920」に加え、キャビティ部分にチタンが複合されたチタンマッスルの「520」と、手嶋多一をはじめとした契約男子プロが好成績を収めている当たり前「120」を藤原慶昌プロにテストしてもらった。 【試打/藤原慶昌プロ】シンプルで明快な理論でジュニアを中心にレッスン活動。 クラブにも造詣が深い。 パーフェクトゴルフアカデミー所属 「『920』はやさしくて飛びます。 ヘッドの作り方はさすがミズノで、つかまりやすいのにつかまりすぎず、ストレートに構えやすい形状 をしています。 『120』は美しい仕上げで、ドロー、フェードが打ち分けやすいですね」(藤原プロ) 920のここがいい!

次の