会計士 税務 転職。 【リクナビNEXT】公認会計士、税理士の積極採用中求人・転職情報50選

【REX】公認会計士・税理士・経理財務求人に特化した転職エージェント|株式会社レックスアドバイザーズ

会計士 税務 転職

「近い将来、税理士という仕事はなくなる」という話を耳にしたことはないでしょうか?これは、税理士が請け負う仕事は難度が高い反面、会計ソフトへの入力や計算といった作業をAI(人工知能)やRPA(ロボットによる業務自動化)が代替するようになるといわれているからです。 2014年に英国オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が、カール・ベネディクト・フライ研究員との共著で論文「未来の雇用ーいかに仕事はコンピューター化されていくのか?」を発表しました。 その中で、702の職業を項目ごとに分析した結果、米国の雇用者の約47%が10年後には職を失うと結論付けました。 この論文を基にした「10年後に消える職業・なくなる仕事」といったニュースが、世間で話題となっています。 そして、その中には「税務申告書代行者」「簿記、会計、監査の事務員」が含まれていたことから、税理士や会計士の仕事がなくなるという噂が飛び交っているのです。 そうした背景があってか、近年は税理士試験の受験者数も減少傾向にあり、税理士業界の先行きに不安を感じて公認会計士への転職を考える税理士も増えています。 そこで、なぜ税理士から公認会計士への転職なのか、2つの職種の違い、そして実際のキャリアチェンジにおけるポイントなどについて、税理士業界の現状を交えながら紹介していきます。 税理士を取り巻く不安要素 現在、税理士業界を取り巻いている将来への不安要素には、次のようなものがあります。 ・IT化の進行 AIやRPAの台頭を待つまでもなく、現在はITの進化によって、企業が税理士に依頼する業務が減少しています。 従来は税理士事務所が行っていた仕訳処理の入力業務や税務申告業務を、今は会社員がクラウド会計ソフトを使って自社で行えるようになってきているからです。 そうなると必然的に、また仮に業務依頼をするクライアントがあったとしても、その業務報酬は今よりかなり低単価になっていく可能性が高いといえます。 また、インターネットの普及によって税務に関する知識が手軽にわかり、簡単な納税対策であれば誰でもできるようになってきているという現状もあります。 ・中小企業の衰退 小規模な税理士事務所は、その多くが個人商店や中小・零細企業を顧客にして成り立っています。 しかし、地方を中心にシャッター商店街が増え、中小企業のオーナー経営者が引退して廃業となるケースも出てきています。 また、経済のグローバル化によって製造拠点を海外へ移転する企業などもあり、税理士業界では顧客の争奪戦が激化することが懸念されています。 税理士業界は二極分化する傾向にある 現在、税理士業界は大手税理士法人と中小規模の税理士事務所に二極分化しているといわれます。 大手税理士法人は大手企業などを顧客に持ち、その規模や数、収益で、中小規模の税理士事務所を圧倒しています。 一方、中規模の税理士事務所は、これまで顧客だった個人商店や中小企業などが減少傾向にある上に、一定の人件費や事務所の維持経費がかかるため、採算が取れなくなっています。 個人の税理士事務所の場合は、人件費などがかからず、場合によっては事務所経費もかからず、低コストで収益性を高めることもできます。 税理士業界には中規模の税理士事務所が多く、こうした現状も税理士業界の先行きに不安を感じる税理士が増えている原因のひとつとなっています。 選ばれる税理士になるためには戦略が必要な時代に 以前は、開業すれば勝手に顧客がつくとまでいわれていた税理士業界でしたが、これからは選ばれる税理士になるための戦略が必要です。 これからの税理士に求められるものは、次のような要素です。 ・AIやRPAを駆使できるスキル 将来的にAIが記帳代行業務などをこなすようになったとしても、機械はエンジニアがメンテナンスをしなければ動きません。 AIやRPAが「税務申告書代行者」「簿記、会計、監査の事務員」の仕事をこなしてくれるとしても、それを操作して管理する人材が必要です。 税理士がそうしたスキルを持っていれば、AIの監視役となれます。 そうすれば、仕事の直接の担当が変わるだけで、仕事を奪われる心配はなくなります。 ・人間にしかできない業務のスキルを磨く AIやRPAの能力には、まだまだ限界があります。 着実にコミュニケーションをとってクライアントとの良好な関係を築きながら、経営に関してケース・バイ・ケースでアドバイスをするといった業務は、まだAIにはできません。 その技術に磨きをかければ、AIやRPAも恐れるに足りません。 ・突き抜けた専門分野を持つ 特定の分野について高い専門性を身に付けることも、これからの税理士には必要な要素です。 特に「国際税務」と「相続」は、今後需要が伸びていくと予想される分野です。 英語力を身に付けたり、不動産鑑定士とのダブルライセンスを狙ったりするなど、今からクライアントの信頼を獲得する努力が必要です。 公認会計士と税理士の比較 それでは、会計士と税理士について、いくつかのポイントを整理して比較してみましょう。 試験 税理士 会計士 受験資格がある 誰でも受験可能 科目合格制度がある 全科目同時合格が必要 合格しても会計士資格は取れない 合格すれば税理士資格も自動付与 おもなクライアント 税理士 会計士 中小企業、個人事業主、個人 上場会社や大会社、学校法人 業務 税理士 会計士 会計士業務の中心である監査業務はできない 税理士業務の中心である税務もできる こうして比較してみると、会計士は税理士の業務をカバーできるものの、反対は難しいことがわかります。 税理士と会計士とのダブルライセンスを持つ魅力は、こうしたポイントからも理解できるでしょう。 公認会計士試験の受験科目 会計士試験の受験科目は、次のような内容となっています。 ・必修科目 財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法 ・選択科目 経営学、経済学、民法・統計学から1科目 試験は、短答式(マークシート方式)試験と論文式試験に分かれています。 短答式試験は年2回、論文式試験は年1回実施されます。 税理士試験のように科目合格制度はなく、短答式では一括合格を、論文式でも原則として一括合格を求められるため、広範囲の科目を一度に学ぶ必要があります。 税理士であっても会計士であっても顧客に選ばれる存在になろう! 古くから税理士業界では、2001年の税理士法改正によって生まれた税理士法人制度によって「個人事務所は淘汰される」「不況だから独立開業しても顧客がつかない」と、将来を悲観する声がありました。 現在はその不安の対象が、「AIに置き換わっているだけ」といった話も聞こえてきます。 しかし、公認会計士の資格取得を目指すならば、「もう税理士には将来性がない」といったネガティブな理由からではなく、「資格を取得することでよりクライアントの発展に寄与できるようになる」といったポジティブな理由が大切です。 税理士でいても、会計士でいても、顧客から選ばれる存在であり続けることを目指しましょう。

次の

2019年版 監査法人を辞めてわかった公認会計士転職の実態

会計士 税務 転職

2018. 06 「公認会計士」とは、経理や会計の業務を行う会計士のなかでも国家資格を取得した人のことを言います。 この国家資格は「三大国家資格」の1つに数えられ、経済界最高峰の資格と呼ばれるもの。 持っていれば転職に有利で、独立開業も可能です。 公認会計士の代表的な業務は、企業などの監査を行うこと。 財務書類を調べ、「書類に間違いがないか」「会計が適正に行われているか」などをチェックし、公開されている財務情報の信頼性を保証します。 それにより、投資家は安心して企業に投資ができ、債権者も正しく現状把握することができるのです。 このように「公共の利益を守る」公認会計士の仕事は、日本経済全体の健全さや透明性の実現、経済のさらなる発展の重要な役割を担っていると言えます。 この記事では、そんな公認会計士の仕事内容や働き方、向いている人の特徴や必要な資格とその資格取得までの流れを解説。 ぜひ参考にしてください。 公認会計士の資格を取れば、試験を受けなくても税理士資格がもらえるんですよ。 さらに行政書士の資格も得られます。 公認会計士は、経営コンサルタントとしても活躍しています。 経営戦略の立案や組織の改編、コストの削減など、企業のさらなる発展や問題解決のためのアドバイスを行っているのです。 クライアントには企業だけでなく地方公共団体、学校法人や医療法人などがあります。 公認会計士の働き方を紹介 公認会計士と一口に言ってもいくつかの働き方があり、ほとんどの人は次の4つのどれかに当てはまります。 監査法人で働く• 企業や地方公共団体の経営企画部門や財務・経理部門で働く• コンサルティング会社で働く• 独立開業する 所属する監査法人や企業、地方公共団体などによって、公認会計士の業務内容は異なります。 監査のみを行うこともあれば、税務やコンサルティングなどすべてをこなすこともあるのです。 試験科目は一部免除されるケースもあります。 免除の対象となるのは、大学教授や博士学位を取得した人、司法試験に合格した人のほか、税理士や企業での実務経験がある人など。 所定の審査が必要です。 2年以上の実務経験を積む 公認会計士になるには、筆記試験に合格するだけではなく「2年以上の業務補助または実務の経験」が必要。 この実務経験は、公認会計士試験合格の前でも後でも、通算して2年以上の期間があればOKです。 実務補習を受け、修了考査に合格する 実務経験や筆記試験のほかにもう一つ、公認会計士になるために必要な関門があります。 それは、業務に必要な技能に関する講習(実務補習)を受けることです。 講習を受けて必要単位を取得し、講習の最後には日本公認会計士協会の「修了考査」に合格する必要があります。 公認会計士の仕事内容やその働き方、必要な国家資格や向いている人の条件を紹介しました。 公認会計士の仕事のなかでも「監査」は公認会計士だけの独占業務で、日本経済の発展や健全性を守るのに欠かせません。 それだけ責任が重く、誰にでもできる仕事ではないということ。 やりがいも大きいでしょう。 公認会計士資格の取得には、2段階の筆記試験と実務経験、補習などいくつものハードルを超えなければなりません。 誰にでも受験はできますが、合格率は約10%という狭き門です。 公認会計士の資格を取得し、税理士協会に登録すれば税理士の業務、行政書士協会に登録すれば行政書士の業務も行えます。 独立開業や転職にも役立つのは間違いありませんね。

次の

相場はいくら?公認会計士・税理士の顧問料

会計士 税務 転職

dodaは、大手人材紹介会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する転職サイトです。 公認会計士や経理・財務・税務・会計関連の求人に強く、他社と比較しても営業力・交渉力が高いので独占求人が大半を占めています。 非公開求人が8〜9割を占めるため、まずは来社面談をして条件に合う求人を紹介してもらうのがおすすめです。 全国の会計事務所・税理士法人・コンサルティングファーム・監査法人・事業会社への転職に精通したキャリアコンサルタントが転職の全ての行程をサポートしてくれます。 土日の面談にも対応しています。 これまでに業界40年以上の間圧倒的な企業数と取引実績があるため、あらゆる全国の大手上場企業・ベンチャー企業の経理・会計・財務部門などと広い接点があり、 紹介できる非公開求人数は会計士業界でも最大規模です。 (あらた監査法人、有限責任監査法人トーマツ、優成監査法人など) また、 他社よりも一人ずつ時間をかけて丁寧に転職支援を行うのが強みで、志望先企業の選考ポイントも1社ずつ丁寧に解説をしてくれます。 大手の転職エージェントの中では唯一、公認会計士やUSCPAの転職に強く力を入れているため、会計士の転職におすすめの転職エージェントです。 他の大手と比較すると専門職やエグゼクティブに強く、グループのパイプを活かし、 様々な大手企業の会計士や経理の求人を2000件以上保有しています。 転職成功実績ランキングではNo. 1で、これまでに30万人以上の転職成功を支援したナレッジが強み。 主に年収600万円以上の案件を中心に扱っており、リクルートグループの独占求人も多いので会計士・経理転職にはおすすめの転職エージェントです。 正社員、紹介予定派遣に対応。 会計・経理・財務・税務の分野に特化した転職支援で20年の実績を持ち、他と比較しても 圧倒的な5000社以上の取引先ネットワークを持ちます。 会計士・経理の業界を熟知したコンサルタントが希望条件にマッチする監査法人・会計事務所や事業会社の求人情報のみを厳選して紹介します。 20代〜30代向けの転職に特化しており、3年以上の経験者が対象です。 大手上場企業、外資系企業、優良ベンチャー企業、または会計事務所、監査法人、金融機関など幅広い非公開求人を保有しており、 会計士や経理の転職でおすすめの転職エージェントです。 会計士や経理の求人も多数扱っており、日系の転職エージェントが紹介できないような外資系企業の求人がメインです。 上場企業が大半を占めており、外資系やグローバル日系企業の会計士や経理で働きたい方におすすめの転職エージェントです。 オリコン顧客満足度ランキング(人材紹介部門)では上位に輝く実績を持ち、業界屈指の豊富な求人数を保有。 また、管理部門特化型の人材紹介会社売上高はランキング1位 2010年度 にもなっており、会計士の転職にはおすすめです。 東京・大阪・名古屋で個別転職相談会を実施しています。 対応地域 全国に対応(関東、関西、東海、北海道、東北、甲信越・北陸、中国・四国、九州・沖縄) 得意な職種 経理・財務、人事・総務、法務、経営企画・広報、秘書・事務職、会計事務所、監査法人、コンサルファーム、法律・特許事務所、金融、外資系企業・グローバル企業 求人数 約1,700件 別途、非公開求人あり 登録方法 WEB登録(登録後、電話・メールまたは来社面談でのカウンセリング&仕事紹介) オフィス 関東:東京都 千代田区、飯田橋 、神奈川県 横浜 関西:大阪府 大阪市北区 東海:愛知県 名古屋市 6位 ジャスネットスタッフ ジャスネットスタッフは、ジャスネットコミュニケーションが運営する経理に特化した人材派遣・人材紹介会社です。 関東、関西を中心に、派遣・紹介予定派遣の求人を掲載しています。 3年以上の経験者が対象となっており、経理未経験社から公認会計士・税理士・USCPAなど会計プロフェッショナルまで幅広く求人を紹介可能。 キャリアに応じた派遣先、転職先を紹介してくれます。 経理職をお探しの方にはおすすめの人材派遣・人材紹介会社です。 対応地域 関東、関西 得意な職種 経理・財務、監査・会計・税務スペシャリスト、経営企画・管理、人事・総務、法務・特許、秘書・事務・翻訳、金融・不動産関連 求人数 約100件 登録方法 WEB登録(登録後、要来社。 リクルートエージェントに掲載されている求人の1割程度しか公開されていませんが、転職エージェントに登録する前にじっくり求人を探したい方におすすめです。 他社と比較しても9割程度が独占求人となっています。 年間1100人以上の有資格者の転職サポートの実績あり。 登録面談は土日も開催しており、電話での転職相談も可能。 利用者の満足度97. 5%と、会計士の転職におすすめの転職エージェントです。 会計士の転職市場は資格に加えて英語力やIPO、M&A、企業再生などに関わる専門知識が求められるようになっています。 転職マーケットのニーズをいち早く読みとりキャリア形成をしていくことが必要不可欠となりつつあり、同サイトではそれらの情報を含めて転職に関する情報を広く発信しています。 転職支援では、会計士・税理士の人材紹介トップクラスのエージェントが、年間2500人以上の転職活動をサポートしています。 会計士転職におすすめの転職エージェントです。 対応地域 全国に対応(関東、関西、東海、北海道、東北、甲信越・北陸、中国・四国、九州・沖縄) 得意な職種 会計事務所、監査法人、コンサルティングファーム、経理、財務、など 求人数 約1,600件 別途、非公開求人あり 登録方法 WEB登録(登録後、電話・メールまたは来社面談でのカウンセリング&仕事紹介) オフィス 関東:東京都 千代田区、飯田橋 、神奈川県 横浜 関西:大阪府 大阪市北区 東海:愛知県 名古屋市 とらばーゆ とらばーゆは、女性に特化した転職情報サイトです。 正社員の求人をメインで扱っており、経理や財務の求人も多数掲載されています。 独占求人が多く、転職エージェントに登録する前に求人を探したい女性におすすめです。 対応地域 全国に対応(関東、関西、東海、北海道、東北、甲信越・北陸、中国・四国、九州・沖縄) 得意な職種 経理・財務・会計、一般事務、受付、営業事務、総務・法務、秘書、貿易・英文・国際事務、マーケティング・企画・調査・販売促進、広報・宣伝、人事、生産・在庫・商品管理、手配・管理業務、コールセンター・スーパーバイザー、通訳・翻訳、特許事務・法律事務、データ入力・OAオペレーター、その他オフィス系ワーク、その他オペレーター、ユーザーサポート・カスタマーサポート 求人数 約62件 登録方法 WEB登録(登録後、新着求人メール受信・求人応募) オフィス 応募先の採用企業・人材紹介会社に準ずる エリートネットワークは、ハイクラス専門の人材紹介会社です。 20〜30代向けの転職に強く、財務・会計・経理などの専門職の転職に強いです。 実際の転職者800名の体験談も見ることができ参考になります。 若手の方で会計士や経理職の方にはおすすめです。 対応地域 全国に対応(関東、関西、東海、北海道、東北、甲信越・北陸、中国・四国、九州・沖縄) 得意な職種 公認会計士・税理士、経理・財務、弁護士・弁理士、薬剤師、企画・事務・管理部門、営業・販売関連、IT・通信、自動車・輸送機器、医薬品・医療機器・バイオ、金融スペシャリスト、アパレル・消費財、インターネット・モバイル、機械・プラント、食品、コンサルティング関連、電気・電子・半導体、化学・素材、建築・土木・不動産、クリエイティブ関連、その他 求人数 約1,200件 別途、非公開求人あり 登録方法 WEB登録(登録後、電話・メールまたは来社面談でのカウンセリング&仕事紹介) オフィス 関東:東京都 銀座 日経キャリアNET 日経キャリアNETは、ビジネス情報に強い日経が運営する転職サイトです。 経理・財務・会計などの専門職も約2000件以上を掲載しています。 求人検索、スカウト登録、転職支援、エージェント検索のいずれも行えるハイブリッドな転職サイトです。 対応地域 全国に対応(関東、関西、東海、北海道、東北、甲信越・北陸、中国・四国、九州・沖縄) 得意な職種 経理・財務・会計・税務、総務・人事・労務、法務・特許・知財、企画・マーケティング、宣伝・広報・IR、事務・アシスタント・秘書、営業、金融・不動産、IT・ネットワーク、経営幹部・コンサル、その他 求人数 約2,500件 登録方法 WEB登録(登録後、新着求人メール受信・スカウト受信・求人応募) オフィス 応募先の採用企業・人材紹介会社に準ずる JICPA Career Navi 会計人材バンクは、税理士・会計士・会計事務所の経理などに特化した転職エージェントです。 年間1500人以上の会計士・税理士の転職をサポートしています。 全国500社以上の会計事務所や監査法人のネットワークによる豊富な非公開求人と、一般には公開されない事務所の雰囲気や実際の残業時間などの情報提供をしてくれます。 会計士転職におすすめ。 対応地域 全国に対応(関東、関西、東海、北海道、東北、甲信越・北陸、中国・四国、九州・沖縄) 得意な職種 会計士、税務、経理、監査、コンサルティング、など 求人数 約230件 別途、非公開求人あり 登録方法 WEB登録(登録後、電話・メールまたは来社面談でのカウンセリング&仕事紹介) オフィス 関東:東京都 新宿 大原キャリアスタッフ 大原キャリアスタッフは、経理、財務、会計事務所への就職・転職をサポートする転職エージェントです。 資格の大原で有名な大原学園グループが運営する人材紹介会社で、人材紹介、紹介予定派遣、派遣の雇用形態へ対応。 自分で直接採用企業へ応募することも、コーディネーターへ仕事紹介を依頼することも可能。 特に経理の求人が多く、経理転職エージェントとしておすすめです。 対応地域 関東 得意な職種 経理、財務、税務、会計業務、税理士、公認会計士、コンサルタント系、監査、総務、人事、法務、IR、広報、企画、事務、営業、その他 求人数 約130件 非公開求人含む 登録方法 WEB登録(登録後、電話・メールまたは来社面談でのカウンセリング&仕事紹介) オフィス 関東:東京都 神田 会計士求人. com 人材ドラフトは、経理・会計事務所・税理士に特化した転職サイトです。 募集先は一般企業、外資系、会計事務所、社会保険労務士法人、コンサルティング会社、銀行、病院と様々。 正社員や紹介予定派遣以外でも、パート・アルバイトにも対応しています。 約800以上の求人から紹介が可能。 こちらも会計士・経理におすすめの転職エージェントです。 対応地域 全国に対応(関東、関西、東海、北海道、東北、甲信越・北陸、中国・四国、九州・沖縄) 得意な職種 監査、コンサルティング、税務・会計、経理・財務、総務・経理、人事・労務、経営企画、法務、IR、その他 求人数 約830件 非公開求人含む 登録方法 WEB登録(登録後、電話・メールまたは来社面談でのカウンセリング&仕事紹介) オフィス 関東:東京都 千代田区 関西:大阪府 梅田 VRPパートナーズ ムービンは、コンサルタント業界に特化した人材紹介会社です。 会計士やM&A、財務コンサルなどの求人が豊富。 ビズリーチ主催のヘッドハンターランキングでも1位を獲得するなど、人材紹介会社としての腕は確かです。 事業会社やコンサルティングファームで働きたい方におすすめ。 対応地域 全国に対応(関東、関西、東海、北海道、東北、甲信越・北陸、中国・四国、九州・沖縄) 得意な職種 経理・財務、会計士、監査、銀行、証券、ファンド・M&R関連、保険 求人数 約50件 別途、非公開求人あり 登録方法 WEB登録(登録後、来社または電話にて面談・カウンセリング&仕事紹介) オフィス 関東:東京都 銀座 経理転職. com 経理転職. comは、JACリクルートメントが運営する経理転職エージェントです。 全国で約300件以上の求人を掲載。 大半が外資系・グローバル系の求人です。 300名以上のコンサルタントが企業と直接コンタクトを取り精度の高いマッチングを実現。 すぐに転職したい方もじっくり転職を考えたい方も、コンサルタントへ気軽に無料相談が可能です。 対応地域 全国に対応(関東、関西、東海、北海道、東北、甲信越・北陸、中国・四国、九州・沖縄) 得意な職種 経理・財務、サービス、クリエイティブ・マーケティング、建設・不動産、購買・物流・生産管理、金融、コンサルティング・シンクタンク・法律・会計、IT・通信、電気・電子・半導体、機械・自動車、化学、金属・素材・エネルギー、メディカル・バイオ、医療・介護・福祉 求人数 約1,000件 非公開求人含む 登録方法 WEB登録(登録後、来社または電話にて面談・カウンセリング&仕事紹介) オフィス 関東:東京都 神田 、神奈川県 横浜市 関西:大阪府 大阪市北区 、京都府 京都市下京区 、兵庫県 神戸市 東海:愛知県 名古屋市 終わりに いかがでしたでしょうか。 会計士・経理転職エージェントランキングのご紹介でした。 ランキング上位の人材紹介会社は、どれも会計士転職におすすめです。 これから転職・就職活動を始められる方は、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

次の