ダイレクトメール 文例。 オプトインメールとオプトアウトメール|ダイレクトメール・メルマガ配信 COMDOM

迷ったらこれ!今すぐ使えるダイレクトメール(DM)の例文

ダイレクトメール 文例

農産物のネット販売で安定した売り上げをあげるには、リピート販売が大切です。 とはいえ、売っている野菜の品質がいいというだけでは、お客様はなかなかリピート購入してくれません。 特に野菜や果物の場合、収穫シーズンが年一回のものが多いですよね。 ここが野菜、果物のネット販売の難しいところです。 お客様に来年もリピート購入してもらう為には、1年後にまたあなたのネットショップを思い出してもらう必要があるのです。 今回は、このような間が空いたお客様へリピート購入を促すのに効果的な、「 ダイレクトメール」を紹介します。 ダイレクトメールとは、商品を買ってくれたお客様に郵送で送るチラシのことです。 ダイレクトメールは、あなたのネットショップで野菜、果物を買ったことがあるお客様に送るので、購入してもらえる可能性が高いです。 まだダイレクトメールを送ったことがない農家さんは、ぜひ送ることをおすすめします。 1.ダイレクトメールとは ダイレクトメールとは、商品を買ってくれたお客様に送るチラシのことです。 DMと略したり、セールスレターといったりもします。 梨の農家さんであれば、ネットショップで買ってくれたお客様に、翌年、「 今年も梨が実りましたよ~」とお知らせしたり、「 梨ジュースの販売を始めました!」とお知らせして、商品の案内をします。 野菜や果物は、収穫シーズンが年一回のものが多いですよね。 お客様は商品を買った1年後に、あなたのネットショップをどれくらい覚えているでしょうか? おそらく、よほどファンになってくれたお客様でないかぎり、多くのお客様は忘れてしまっています。 そのため 農産物のネット販売では、収穫シーズン前に「ダイレクトメール」を送り、あなたの事を思い出してもらうのが、リピート購入を増やすのにとっても効果的なのです。 2.まず始めに気をつけておくこと ダイレクトメールを送ろうと思ったら、送料や印刷代といった費用がかかります。 まず始めに、 この費用に対して利益がちゃんとでるかを計画してから、ダイレクトメールを送るようにしましょう。 というのも ダイレクトメールは、受け取ったお客様が全員、商品を注文してくれるわけではないからです。 送った枚数のうち、購入してくれた人数の割合を「レスポンス率」といいます。 (全部で100枚送って、20人が購入してくれたら、レスポンス率は20%となります) このレスポンス率、どれくらいを期待できるのでしょうか? 実は、 一般にダイレクトメールのレスポンス率は5~10%くらいだと言われます。 もちろん、野菜の値段、お客様のタイプ、ダイレクトメールの内容によってレスポンス率は変わってきますが、あまりに高いレスポンス率を期待して費用をかけすぎてしまうと、結果的に赤字になってしまうことも。 ダイレクトメールを送る前にしっかり計画を立てておくことが大切です。 レスポンス率5~10%と聞いて少ないと思ったかもしれません。 しかしこれは他の広告媒体と比べてとても良い数字です。 例えば、新聞の折りこみチラシのレスポンス率は平均が0. 3%だと言われます。 それにくらべると、ダイレクトメールのレスポンス率はかなり良い方ですね。 3.ダイレクトメールの中身 ここからはダイレクトメールの中身について説明していきましょう。 ダイレクトメールは封筒に入れて送るのが普通です。 封筒の中身は、よくあるものとして• あいさつ状• 商品紹介チラシ• 申し込み用紙• 返信封筒• ニュースレター• ちょっとしたプレゼント(かわいいシールや花の種など) このように、いろいろな種類があります。 もちろん全部いれる必要はありません。 お客様からたくさん反応をもらえるよう、自由に決めればOKです! 今回の記事では分かりやすいよう、チラシを一枚入れるだけの、かんたんなダイレクトメールを例にとって説明します。 サンプルの ダイレクトメールがあるので、こちらを見てください。 (クリックで拡大) ポイント1.キャッチコピーの内容 チラシの一番上のキャッチコピーは、まず初めに目にする部分なので、最も重要です。 ここに何を書くかで、続きを読んでもらえるかが決まります。 ダイレクトメールは商品を一度買ってくれたお客様に送るので、ここには「〇〇農園の大切なお客様へ」と目立つように書きましょう。 こう書けば、このチラシがお客様のために届けた案内ということが一目でわかります。 ポイント2.文章の書き出し ダイレクトメールの文章の書き出しは、あいさつから書くようにします。 普通の手紙を書くときのように、季節の話題やダイレクトメールを届けた理由を書きましょう。 もし、あいさつを省いていきなり商品の紹介をしたら、押し売りされているように思ってしまいます。 大切なお客様に送るのです。 まずはあいさつからが礼儀ですよね。 サンプルでは、あいさつ文の横に顔写真をのせていますね。 どんな人が野菜をつくっているか分かるので、お客様が安心できます。 また、 手書き風のサインを入れるのも信頼が増し、人の温もりが伝わっておすすめです。 筆跡をスキャナで読みとって貼りつけるか、手書き風のフォントを利用するといいでしょう。 ポイント3.商品の魅力をつたえる ダイレクトメールの目的は商品を買ってもらうことです。 あなたの野菜が、「スーパーで売っている野菜とは違うんだ!」ということをしっかり伝えましょう。 サンプルでは、思わず欲しくなるような文章と写真をのせて、梨の魅力をアピールしています。 他にも、栽培の記録、農園のニュース、お客様の声、レシピなどを載せてもいいでしょう。 一方的に商品を勧めるだけでなく、お客様に喜んでもらえるようなダイレクトメールだと、きっと反応もよくなります。 ポイント4.注文方法はわかりやすく 注文方法はわかりやすく説明しましょう。 せっかく商品が欲しいと思っても、 注文方法がめんどうで分かりにくいと、そこで買うのをやめてしまいます。 農家さん自身もそんな経験はありませんか? サンプルでは、インターネット注文の方法を見やすくのせています。 長いURLをいちいち打ち込むのはめんどうなので、キーワード検索でホームページが開けるようにしています。 また、注文ページまで迷わずいけるように、ネットショップの画像ものせました。 シンプルで分かりやすい説明になっていると思います。 ここで、もっと簡単にインターネット注文できる方法があります。 それは「 QRコード」です。 パソコンをわざわざ起動しなくても、携帯やスマートフォンでQRコードを読み込めば一瞬で注文ページを開けます。 パソコンよりだんぜん楽ですね。 (ちなみに、サンプルのQRコードは農ログのトップページが開きます。 サンプルを印刷して試してみてください。 ) ポイント5.注文方法は多いほうがいい 実は、 注文方法はインターネットだけでなく、申し込み用紙やFAXなど、たくさんあったほうがレスポンス率が上がるといわれています。 きっと目のまえに申し込み用紙があったほうが心理的に行動しやすいからでしょうね。 「 ネット販売に慣れてきたし、まだまだ余裕があるぞ!」という農家さんは注文方法を増やしてみてはどうでしょうか? (参考記事:「」) サンプルのダイレクトメールでは、電話での注文をあえて断っています。 収穫シーズンは農作業がいそがしく、なかなか電話にでられませんよね。 農家さんの本業はおいしい野菜をつくることだと思います。 無理のない範囲でネット販売に力をいれていきましょう。 4.ダイレクトメールの送り方 チラシと封筒のサイズ ダイレクトメールを送るときは、郵便局の「 定形郵便」が安くておすすめです。 定形郵便とは、最大の大きさが図のように決められた郵便物のことです。 ホームセンターや文房具屋さんで、「 定形内最大(長形3号)」という封筒が売っているので、それを使いましょう。 いろいろな種類が売られていますが、 おすすめは透明のクリア封筒です。 軽くて単価が安いし、中身が見えるので、ダイレクトメールでよく使われます。 ネットショップのお客様が増えてきたら、オリジナルデザインの封筒をつくってもいいですね。 そして、中に入れるチラシの大きさですが、 定形内最大(長形3号)の封筒には、A4サイズの紙が3つ折りでちょうどぴったり入ります。 なので、 ダイレクトメールの中身はA4サイズにしましょう。 封筒の重さ 定形郵便の料金は、表のように重量で決まっています。 参考までに、クリア封筒にA4チラシ一枚を入れたときの重量は8gくらいです。 まだまだ余裕がありますね。 宛名と切手を貼る 封筒の住所は手書きでもかまいませんが、「 宛名ラベル」を使うと便利です。 宛名ラベルとは、コピー機で宛名を印刷できるラベルのことです。 これにお客様の住所を打ちだして貼りましょう。 宛名ラベルはホームセンターや電気屋さんに売っています。 大きめのラベルにすれば、空いたスペースに農園のロゴを印刷することもできますよ。 そして「切手」も忘れずに貼りましょう。 お客様が引っ越していたり、住所が間違っていたときです。 レスポンス率を正しく知るためや、届かないダイレクトメールを翌年も送らないために、 封筒には差出人である農園の住所も書くようにします。 そうすれば、お客様に届かなかった時に、届け先不明で農家さんの所に返ってきます。 封筒の裏面に「差出人の住所」を書いておきましょう。 うまくいくコツをかんたんにまとめます。 送った数のうち何通くらい注文が返ってきたら利益が出るのか、把握しておく• あまり売り込みの雰囲気を出さない• 野菜、果物の魅力をしっかり伝える• 注文方法を分かりやすく書く• 実際に送った後、レスポンス率をチェックし、改善していく とはいってもいきなりレスポンス率の高いダイレクトメールを作るのは難しいので、まずは2~3件でも反応があればいいという気持ちで始めてみましょう。 毎回、少しずつ改善や工夫をしていけばいいのです。 ネット販売の売上が増えないと悩んでいる農家さん、ぜひ思いきってダイレクトメールを試してみてください! 農ログ.

次の

野菜ネット販売のリピート購入が増える!ダイレクトメールの送り方

ダイレクトメール 文例

【2015年9月8日追記】不動産ダイレクトメール実施のお役に立つべく、この度「不動産所有者調査サービス(全国対応)」を始めました。 とにかく、売り依頼獲得の場面が多いですよね。 では、ここで「よくある空地空家ダイレクトメール」の例文をご用意してみました。 マーケティングの目線から見ると「間違いだらけ」なんですが、どこがどう良くないか、ちょっと考えて見て下さい。 後ろの方に解説を載せていますが、解説をご覧頂く前に先ず、ご自身で考えて見て下さい。 【間違った不動産ダイレクトメール例文】 一見、普通にあるダイレクトメールですよね。 しかし、こんなダイレクトメールを送っているから「200通送っても反響0件」なんて事になってしまうんです。 確かにこの文章は、そんなに失礼な事も書いていません。 又『弁護士・司法書士・行政書士・土地家屋調査士・税理士等と提携…』と、問い合わせに繋がる間口も広げて、「不動産の事なら何でも弊社にお任せ下さい」ってスタンスを示す事も出来ています。 しかし…この「何でもお任せ下さい」ってスタンスこそ、反響が取れない原因なんです。 では、解答編をご覧下さい。 基本的にお客様はDMを読みません。 従って冒頭にキャッチコピーを付ける事により、お客様が 「有益な情報が載っているかも」と思わせる事が大切です。 「弊社」でも結構ですが、「私」の方がより 「商売臭さ」を消す事が出来ます。 「弊社」を「私」と改める事により「名前」を名乗る。 本文中に担当者の名前が出て来ない不動産DMって結構多いんですよ。 しかし、DMを受け取った方の立場になって考えて見て下さい。 いきなり冒頭で謝らなきゃならないような文章を突然送り付けられて、誰が読みたいと思いますか? 不動産業者側にたって考えると「勝手に謄本見てDMなんかおくっちゃってるから、とりあえず謝っておこう」ってな感じなのでしょうが、 謝るくらいならダイレクトメールなんか送らないで下さい。 「所有者様の利益に繋がると信じる」からこそダイレクトメールを差し上げている訳で、おっかなびっくり謝りながら送るくらいなら、今すぐDM送付なんかやめた方が良いですね。 【特に注意!】それから、冗談みたいな話ですが「弊社からのダイレクトメールをご覧くださり…」と書く不動産業者さんが凄く、凄く、むちゃくちゃ多いんです。 ここは勿論、「弊社からのお手紙をご覧下さり…」として下さい。 買いたい方が何歳で、どこに住んでいて、どんな家族構成で、何故不動産を探していて等々、とにかく具体的に書いて下さい。 もし、具体的な買い手がいない場合は、あなたの会社を選ぶメリット(販売力や保証等)を具体的に記載して下さい。 ホワッとした抽象的な言葉で売主さんは動きませんからね。 ホワッとしたイメージが通用するのは「新築を探している買主」くらいでして、売主に対しては「高く売る」事のみが訴求ポイントになると考えた方が良いですよ。 漠然と相場を説明しても信用されません。 「公示地価の路線価比で申し上げると」や「弊社が今年の3月・5月・7月に契約させて頂いた売買事例によると」等、信頼出来る情報である事を示して下さい。 経済状況や不動産市場が厳しい事は、周知の事実ではございますが、ファーストコンタクトで「自らに不利な情報を述べる者」は、主張が正当であるか否かを問わず、斬られる事が多いと御認識下さい。 「不吉」「エラそう」「頭が悪そう」は、売主向けダイレクトメールでは厳禁です。 趣旨は痛いほど理解できますが、今まで「不動産売却」の話を進めてきたにも関わらず、最後の最後に論点(目線)を変える事は避けて下さい。 日本各地の不動産業者さんのダイレクトメールを無料コンサルで拝見しましたが、この「弁護士・司法書士・税理士紹介の文言」が、かなりの確率で挿入されています。 何でなんでしょうね? 冒頭申し上げましたように、この 「何でもお任せ下さい」ってスタンスこそ、反響が取れない原因なんです。 売却の話なら徹頭徹尾、売却の話で進めて下さい。 「失礼に当たらないだろうか?」と及び腰にならず、「当社に依頼する事が、顧客の利益に繋がる」と信じる事が必要です。 腰がひけた状態で鉄砲を打ってしまっては、当たるものも当たらなくなりますから。 又、「追伸」なら多少キツイ事や商売っ気のある事を書いても、本文に書くより毒気が薄まりますので、 追伸を有効に活用して下さい。 これは「読みにくい」と言う意味では無く、 大きな電話番号は「アイキャッチ」になる為です。 つまり、電話番号が大きく書かれていれば、顧客の潜在意識に「これは電話をかければ良いのだな」と訴えかける事が期待できるのです。 如何でしたか?あなたのご参考になりましたか? 文章を書くって言うと身構えがちですが、我々は「不動産屋」なのであって、別に芥川賞や直木賞を狙っている訳ではございません。 従って「美文」「名文」じゃなくて良いんです。 とにかく、お客様(不動産所有者様)の心に刺さり、あなたの会社の良さを充分に感じ取って頂ける文章を心がけて下さいね。 ちなみに、このような「細かい部分を精査したダイレクトメール」での反響率は下記の通りです。 あなたが、このようなダイレクトメールをはじめとした「物件仕入れ手法」について関心をお持ちなら、今から下記をクリックの上、私、梶本までお問い合わせ下さい。 具体的な手法のご提供は有料( )ですが、あなたが今使用しておられる ダイレクトメールの添削や、その他、物件仕入れ手法に関するご提案は無料で行っております。 先ずは、下記をクリックの上問い合わせフォームページに進んで頂き、お気軽に無料相談をお申込み下さい。 尚、ネットからのご相談では無く「今、電話で相談してみたい。 意見を聞いてみたい」とご希望の方は、 0120-050-175(受付時間:10時~18時 土日・祝祭日定休)までお電話の上、コンサルティング本部の梶本を呼び出して下さい。

次の

ダイレクトメールとは?メールとのメリットとデメリットの違い、効果が出やすい作り方、成功実例を紹介

ダイレクトメール 文例

Q9 反応がよくなる ダイレクトメール文例を教えてください。 A9 ダイレクトメールの反応をよくするためには「AIDA法則」に則って順序よく書かなければなりません。 (A)注意を引く文章 (I)興味を起こす文章 (D)欲求をわかせる文章 (A)行動を促す文章 というように。 では具体的にそれぞれどのような文章を書けばよいか。 ダイレクトメール文例を解説してみましょう。 「注意を引く文章」は、見出しまたは書き出しで必要になります。 例えば見出しで効果的なのが、「ご存知ですか、・・・を」(「・・・をご存知ですか?」)というパターンです。 これは相手に対して「あなたの知らないこんなことがあるのですがそれを知っていますか」というメッセージを投げかけることで、相手の注意を一瞬にして引きやすくする効果があります。 実際最近多くの広告のヘッドラインでよく目にします。 「興味を起こす文章」は、一つの文章というよりも、書き出しを含めた最初の段落がこれに相当します。 注意を引いた相手の興味・関心をさらに引き出すために、効果的な文章を組み合わせた段落が必要になります。 ここで一番意識すべきは「相手の共感を得るためには何を書けばよいか」です。 例えば「あなたはこんな経験がありませんか」、「あなたはこんなことでお困りではありませんか、悩んでいませんか」というメッセージを伝えることで、相手の共感を得やすくし、興味を起こすことができます。 「欲求を起こす文章」では、「こうすれば問題を解決できます」、「これによりあなたはつぎのようなメリットが得られます」というように、相手自身にとって何をすることができるかを伝えます。 これにより、相手にとって「そのものを試してみたい」、「手に入れてみたい」という感情がわき、つぎへの行動に移りやすくさせます。 「行動を促す文章」は追伸の部分を使うと一層効果的です。 本文で興味・関心を持ち、「そのものを試してみたい」と思っていても、本文にはどうすれば試すことができるかについては一切触れていない、このことにより、相手の欲求はより強くなっています。 そうしたとき、追伸で「いまなら無料でこれを試すことができます」、「無料で手に入れることができます」というメッセージを伝えれば、「ああこうすればそれを手に入れることができるのか」という欲求の解消手段を見つけたという安心感から行動を起こしやすくなるのです。 要するにじらしておいて、追伸でその欲求に応える効果を狙うわけです。 以上が反応をよくするダイレクトメール文例ですが、実践するとなると、ビジネスの種類によって様々なテクニックが必要になってきます。

次の