ネットワーク レベル 認証 で リモート デスクトップ を 実行 し て いる コンピューター から のみ 接続 を 許可 する。 NEC LAVIE公式サイト > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 020283

Windowsでリモートから「リモート デスクトップ」を許可する:Tech TIPS

ネットワーク レベル 認証 で リモート デスクトップ を 実行 し て いる コンピューター から のみ 接続 を 許可 する

Windows7であれば、どのPCでもリモートデスクトップ接続ができるわけではありません。 リモートデスクトップ接続に対応しているエディションはProfessionalかUltimateです。 Home Premium以下のエディションでは、Windows7でリモートデスクトップ接続ができないので注意が必要です。 (Home Premiumは接続する元のみ可能です。 接続先は不可。 ) お手持ちのPCがHome Premium以下のエディションである場合は、TeamViewerなどのアプリをインストールするか、Windows Anytime Upgrade 機能を使って、有料でProfessional以上のエディションにアップグレードする必要があります。 Windows7のアップグレードには、エディションによって異なりますが、1万円から2万円くらいの費用がかかります。 「システムのプロパティ」の「リモート」タブでリモートデスクトップの接続を許可していても接続できないときは、ファイヤーウォールの設定に問題があることも考えられます。 以下の手順でファイヤーウォールの設定を確認し、必要があれば変更してください。 Windows7のPCで「スタート」から「コントロールパネル」を開く。 「システムとセキュリティ」をクリックし、「Windows ファイアウォールによるプログラムの許可」を開きます。 (下の画像は許可されたアプリとなっていますが、正確にはプログラムです。

次の

Windows7でリモートデスクトップ接続を許可する設定方法を解説!

ネットワーク レベル 認証 で リモート デスクトップ を 実行 し て いる コンピューター から のみ 接続 を 許可 する

当社のPC環境 当社では過去にPCの紛失が頻発したため社外へのPCが持ち出し禁止になっており、取引先でのプレゼンなどでどうしても持ちだしたい場合は専用の貸し出しPCを持っていくという仕組みになっています。 貸し出しPCにはドメインに参加させておらずワークグループのままで利用者には共通のIDとパスワードを渡しており、そのPCでは社内ネットワークへのVPN接続を行うことにより社内ポータルやスケジューラなどが使用できるようになります。 (VPN接続時に利用者を特定しています。 ) 貸し出しPCからメールを見るにはブラウザからWebメールを見るしかなく、会社のPCのOutlookと同期を取っているわけではないため、長期の出張から帰ってくるとメールの整理に多くの時間が取られてしまいます。 というわけで、社外から貸し出しPCを使って会社のPCにログインできれば、メールに関しては解決するかもしれないと思いいとりあえずリモートデスクトップ接続でテストしようということで、Windows10でのリモートデスクトップ接続の方法をご案内いたします。 Windows10のリモートデスクトップ設定 社内に置いているPCの設定 まず接続されたい側のPC(会社に置いているPC)の設定を行います。 画面左下のWindowsマークを右クリックしてコントロールパネルを開きます。 コントロールパネルの「システムとセキュリティ」をクリックします。 「システム」の「リモートアクセスの許可」をクリックします。 「システムのプロパティ」が開くので「このコンピューターへのリモート接続を許可する」にチェックを入れます。 (当社では接続元のPCがドメインに参加していないため、その下の「ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピュータからのみ接続を許可する(推奨)」のチェックを外していますが、セキュリティ的に入れておいた方がいいです) これで接続されたい側のPCの設定は終了です。 当社では社外からVPN接続すると、社内のPCにアクセスできるようになります。 社外に持ちだしているPCの画面左下のWindowsマークを左クリックして「すべてのアプリ」を選択します。 「すべてのアプリ」を開くと「Windowsアクセサリ」の中に「リモートデスクトップ接続」があるので、それを左クリックします。 「リモートデスクトップ接続」の画面が開くので、「コンピューター」の入力欄に接続されたい側のPCのコンピューター名かIPアドレスを入力します。 接続時にユーザー名とパスワードが求められるので、接続されたい側のPCにログオンするためのユーザー名とパスワードを入力し正しければ無事にリモート接続することができます。 この記事のまとめ これを貸し出しPC利用者に試しに使ってみてもらって、使い勝手が悪くないようであれば社内展開を検討したいと思います。 問題はセキュリティ的なとこですかね。。 もうちょっと調べてみます。 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

「ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する」のレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】

ネットワーク レベル 認証 で リモート デスクトップ を 実行 し て いる コンピューター から のみ 接続 を 許可 する

スポンサーリンク Windows10のリモートデスクトップが使用できるエディション Windows10 homeではリモートデスクトップが使用できません。 2.「システム」をクリックします。 3.設定画面の左側を下にスクロールします。 4.「リモートデスクトップ」をクリックします。 5.リモートデスクトップ設定画面の「リモートデスクトップを有効にする」を「オフ」から「オン」にクリックで変更します。 6.確認メッセージ「リモートデスクトップを有効にしますか?」と表示されるので「確認」をクリックします。 7.リモートデスクトップが「オン」になっていることを確認します。 以上で設定完了です。 1.「リモートデスクトップ」の設定画面を開き画面右側を下へスクロールします。 2.「このPCにリモートでアクセスできるユーザーの選択」をクリックします。 3.「追加」をクリックします。 4.「ユーザーの選択」画面で「詳細設定 A 」をクリックします。 5.「検索」をクリックし登録されているユーザを表示させます。 6.画面下側からリモートデスクトップ使用するユーザーを選択し「OK」をクリックします。 今回は例として「TestUser」を追加してみます。 7.追加したユーザーが表示されるので、間違いがないか確認し「OK」をクリックします。 8.「OK」をクリックします。 以上で設定完了です。 ネットワークレベル認証の構成 1.「リモートデスクトップ」の設定画面を開き「詳細設定」をクリックします。 2.「コンピュータの接続にネットワークレベル認証の使用を求める 推奨 」をチェックボックスで設定します。 通常はチェックを入れ「ネットワークレベル認証」を使用しましょう。 「ネットワークレベル認証」使用するとセキュリティレベルは高くなります。 「ネットワークレベル認証」が使用できないOSからリモート接続を行いたい場合のときだけチェックを外すことをお勧めします。 既定では「コンピュータの接続にネットワークレベル認証の使用を求める 推奨 」にチェックが入っています。 スポンサーリンク コントロールパネルからリモートデスクトップを設定 リモートデスクトップを有効(許可)にする 1.「スタート」-「Windowsシステムツール」-「コントロールパネル」の順番にクリックします。 2.「コントロールパネル」の「システムとセキュリティ」をクリックします。 3.「リモートアクセスの許可」をクリックします。 4.「システムのプロパティ」が開くので「このコンピュータへのリモート接続を許可する L 」のラジオボタンを選択し「OK」をクリックします。 以上で設定完了です。 リモートアクセスユーザーの追加 1.「システムのプロパティ」を開き「ユーザーの選択 S 」をクリックします。 2.「追加」をクリックします。 3.「ユーザーの選択」画面で「詳細設定 A 」をクリックします。 4.「検索」をクリックし登録されているユーザを表示させます。 5.画面下側からリモートデスクトップ使用するユーザーを選択し「OK」をクリックします。 今回は例として「TestUser」を追加してみます。 6.追加したユーザーが表示されるので、間違いがないか確認し「OK」をクリックします。 7.「OK」をクリックします。 8.「OK」をクリックします。 以上で設定完了です。 ネットワークレベル認証の構成 1.「システムのプロパティ」を開き「ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する 推奨 N 」チェックボックスで設定します。 チェックボックスのオン/オフを設定したら「OK」をクリックして設定完了です。 通常はチェックを入れ「ネットワークレベル認証」を使用しましょう。 「ネットワークレベル認証」使用するとセキュリティレベルは高くなります。 「ネットワークレベル認証」が使用できないOSからリモート接続を行いたい場合のときだけチェックを外すことをお勧めします。 「このコンピューターへのリモート接続を許可する」のチェックボックス.

次の