ジェット スター 口コミ。 【買う前に!】ジェットスリムボディの効果、口コミ、最安値を調べてみた件

ジェットスターでシンガポールへ行く女子一人旅のための口コミ

ジェット スター 口コミ

そのカンタスグループと、日本航空、三菱商事の3社が出資する格安航空会社LCCがジェットスター・ジャパンです。 2012年7月に、日本国内での旅客運航を開始しました。 2015年には日本発着の国際線にも進出しています。 ジェットスターが日本国内線や日本~アジア路線にも就航している、ととらえておけばいいでしょう。 なお、オーストラリア方面の国際線については、の項目をご覧ください。 【関連項目】• ジェットスター・ジャパンとは? ジェットスターの日本法人がジェットスター・ジャパンです。 JALも出資しており、国内的には「JAL系列」の航空会社です。 おもに日本国内線を運航しますが、アジア各地への国際線もあります。 ピーチと勢力を二分する国内LCC2強の一角で、ピーチとバニラが合併するまでは、売上高で国内LCCの最大手でした。 最初の就航は2012年7月3日の成田〜札幌、福岡線。 その後、那覇、関西、大分、松山など、日本各地へ路線展開。 成田、中部、関西の3空港を拠点とし、国内の主要幹線を網羅しています。 2015年2月に国際線として香港線を開設。 国際線の路線網も広げています。 通常期なら、諸経費込みで 北海道や九州、沖縄へ1万円以下で行くことができます。 ただし、預け手荷物料金など、細かい手数料が設定されていますので、利用時には注意が必要です。 ジェットスター・ジャパンの口コミ・評判・感想まとめ• 1万円程度でだいたい国内どこでも行ける。 素直に安い。 手数料が高い。 おまけにどんどん値上げされている。 成田6時台発の便に乗るのは大変。 しかし激安便は6時台が多い。 新造機で機内は綺麗。 価格は安い。 大手に乗るが馬鹿らしくなるくらい安い。 購入時に手数料がなにかとかかる。 それがまたひっそり値上げされていたりする。 コンビニで直接購入できる。 ただし操作は複雑。 「プラス」の機内バウチャーは、コーヒーとクッキーのセットか、ビールのおつまみセットに使うのがいい。 コーヒーはセットの場合はおかわり自由。 ただしインスタント。 「プラス」のフライトバウチャーは有効期限が短い(3ヶ月)。 ひたすらジェットスターに乗り続ける人以外には無意味。 キャンペーンは会員優先。 メールで告知。 一般人が知った頃には終わっている。 コールセンターの電話は絶望的につながらない。 座席は狭かったが、普通の体型なら我慢できるレベル。 座り心地はいい。 成田に22時頃に着く便は遅延が怖い。 鹿児島便は要注意! 降灰での欠航が多い。 他の会社が運航していても、ジェットスターだけ「降灰欠航」することがある。 持ち込み手荷物のチェックは最近厳しくなってきた。 預け手荷物の個数制限はなし。 重量制限のみ。 これは良い制度。 飛行機までのバスに詰め込みすぎ。 機内サービスのお弁当は量が少ない。 お菓子セットはあまりに高い。 客室乗務員はきびきび。 英語がとても上手で驚いた。 経験者が多い様子。 LCCのなかではしっかりした会社のイメージ。 欠航時にJALへの振替あり。 ホテル代をくれることもある。 LCCにしては珍しい。 整備士の規定違反が発覚したが、きちんと安全確認が行われているのか不安。 最近は遅延や欠航は減った。 価格は安くてクオリティは高い航空会社になったと思う。 ジェットスター・ジャパンの運賃・料金制度 ジェットスターの日本国内線料金は、基本運賃とオプション料金に分かれています。 基本運賃のほかに、預け荷物の追加、事前座席指定などを、希望にあわせて追加していきます。 ジェットスターの「基本料金」は「スターターStarter」といいます。 スターターでは、7kgまでの持込手荷物が無料です。 それ以外に、15kgから40kgまでの範囲で、5kg刻みで受託手荷物(機内預け荷物)を預けられます。 この手荷物料金は事前に支払う必要があり、最小の15kgが、日本の国内線では1,200円~1,900円となっています。 値段は季節や路線によって異なります。 最低価格だけたどると、20kgが1,400円、25kgが1,700円、30kgが2,200円などとなっています。 手荷物料金は、距離が長いほど価格が高めに設定されていて、繁忙期はさらに200~500円増しになります。 基本料金と手荷物料金のほかに「 プラスPlus」「 マックスMax」「フレックスBiz」というオプションを付けることができます。 「プラス」には、「500円フライトバウチャー」「10kgの受託手荷物枠」「日時・氏名の変更手数料無料」「スタンダードシート座席選択」「欠航・遅延時見舞金1万円」のオプションが付き、2,000円です。 フライトバウチャーの有効期限は3ヶ月と短いので、機内でドリンクを買うなどの目的に使える程度のものとお考えください。 「欠航・遅延時見舞金」は、6時間以上の遅延または欠航時に1万円が支払われるというもの。 ただし、12時間前に欠航・遅延を予告した場合は支払われません。 手続も面倒で、「そういうおまけがある」程度に認識しておけばいいでしょう。 「マックス」は払戻可の運賃ですが、フライトバウチャーでの払い戻しになりますので、常連客以外はあまり意味がないでしょう。 オプション料金も4,000円程度と高いので、現実的には選択肢に入らないでしょう。 なお、「フライトバウチャー」とは、予約時に代金の一部として利用できるクーポンの一種ですが、あまり使い勝手がいいとはいえません。 「フレックスBiz」は、「プラス」の「フライトバウチャー」と「手荷物預け」「遅延・欠航見舞金」が付かない分、出発当日の同一路線で便の変更が可能、フライトバウチャーでの払い戻し可、アップフロントシートの座席指定可、といったオプションが付きます。 大きな荷物を持たないなら、フレックスBizの使い勝手は悪くありません。 広告 ジェットスター・ジャパンの手数料 ジェットスターの日本国内線の予約時に必要な手数料と、手荷物料金などは以下の通りです。 ジェットスターの手数料体系は変更されることが多く、区間や時期により非常に細かく決まっているので、なかなか一覧にするのは難しいです。 ご利用便の最新の情報は各自、予約時にご確認ください。 手数料の値上げはあまり告知されずにひっそり行われます。 手数料は多く、しかも結構高いので、「見かけの運賃」だけに惑わされないように。 なお、支払手数料500円は1人1区間につきかかります。 往復を一度に予約したら1人1,000円です。 (フレックスBizは10kg以内までOK) 到着遅延料 通常の搭乗手続き終了時刻後で、当初の予定出発時刻以前に搭乗手続きカウンターに到着した場合に、到着遅延料を支払うことで次便の空席に搭乗できる。 価格非公開(以前は3,000円でした)。 ジェットスターの利用で注意しなければならないのは、預け手荷物(受託手荷物)です。 予約時に支払えば、おおむね1000円台程度で済みますが、当日に支払うと2,670円と値段があがります。 機内に持ち込もうと思っていた荷物がゲートでチェックされて、重量制限オーバーとみなされた場合、3,000円も払わなければならなくなります。 さらに、、当日の超過料金は1kgにつき800円と、結構な値段ですので注意しましょう。 さらに、空港カウンターやコールセンターで預け手荷物の購入をすると値段が高くなります。 広告 ジェットスター・ジャパンのマイレージ・サービス ジェットスター・ジャパンにはマイレージプログラムはありません。 ただし、「プラス」また「マックス」のオプションを付けると、JALマイレージバンクのマイルが25%積算されます。 また、JALのマイレージ会員はマイルをジェットスター・ジャパンの国内線に使用することができます。 ジェットスター本体の国際線では、一部の料金種別では、ジェットスターの親会社である、カンタス航空のマイレージプログラムに加算可能です。 ジェットスター・ジャパンの口コミ・評判・感想 ジェットスターは、国内線としてはピーチに次いで二番目に誕生した格安航空会社LCCです。 売上高ならば、ピーチを凌いで国内最大手のLCCです。 最低価格補償制度を導入していて「どの会社よりも安い運賃を設定する」としています。 ただし、「 前後1時間の便の同区間」が条件。 成田発着の国内線では「同区間で前後1時間の他社便」は数が少なく、対象便は限られます。 さらに「コールセンターに電話をかける必要があり、面倒。 電話もつながりにくい」という意見もありました。 こうしたことから、最低価格補償をアテにせず、冷静に各社運賃を比較してから購入するのがよさそうです。 ジェットスターの支払手数料は当初200円でしたが、どんどん値上げされ、いまや500円に。 国内LCCでは最高水準ですが、検索時に表示されている価格には含まれていないので注意しましょう。 また、ジェットスターが宣伝で使う「最安値運賃」は、成田を午前6時台に出発する便に設定されているものが多く、昼間の使いやすい時間帯のフライトはそれほど安くありません。 早朝便は成田空港まで行くのが大変で、始発電車でも間に合わないこともあります。 「最安値」に惑わされず、自分が使える便の価格を見て冷静に購入しましょう。 料金体系では「 マックスのオプションはほとんど意味がない」という声が多いようです。 「プラス」については便の変更が手数料無料で可能なため、高い運賃で予約する際には付けてみるのもいいでしょう。 どちらの運賃も受託手荷物の無料枠が付いているので、荷物を預ける人も使ってみるといいでしょう。 「フレックスBiz」は、受託手荷物の無料枠はありませんが、機内持込手荷物が10kgまで認められるので、荷物が少ない人には向いています。 当日の便変更ができるメリットは大きく、便数の多い札幌線や福岡線、大阪線などでは効果を発揮するでしょう。 チケットの購入に関しては、ローソン・ミニストップの「ロッピー」端末で直接予約・購入できます。 インターネットを使えない人には便利ですが、実際に端末で操作してみるとかなり面倒。 ジェットスターの料金システムを理解していないと使いこなすには難しそうです。 ジェットスター・ジャパンが他のLCCと違うのは、「 自社都合による欠航時には補償をする」という点。 千歳発の成田に22時台に到着する飛行機が欠航した際は、ホテル代の負担などの措置をとりました。 驚いたことに、バードストライクで欠航が発生したときも同様の対応でした。 バードストライクは航空会社に非はないのですが、それでも補償したというのはかなり立派です。 また、JAL便への振替が行われたこともあります。 「LCCとは思えない手厚すぎる対応」という声が、航空業界に詳しい人から漏れています。 ただし、「 ジェットスターは他社に比べてバードストライクが多すぎる気がする」という声もあり。 「本当にバードストライクがそんなに頻発するなら、何か対策を考えたほうがいい」という意味深な意見も。 ジェットスターの拠点は成田空港ですが、 2015年4月8日より、LCCターミナル(第3ターミナル)を使用しています。 このターミナルは鉄道駅(空港第2ビル駅)からは15分程度歩きますので、乗るときは早めに到着しておきましょう。 高速バスなどの場合は、バス停からカウンターまですぐです。 成田空港は都内から遠いので、成田発朝6時台の飛行機に乗るときは、とくに注意しましょう。 最近はバスの深夜便が充実してきましたので、深夜または未明に都内を出るバスに乗れば早朝の成田に着けます。 また、逆に成田に22時頃に到着する便は遅延すると欠航になる可能性もあるので要注意。 成田空港は0時以降の着陸を原則として認めていないからです。 この最終便に限らず、遅延に関しては気を付けたほうがいいでしょう。 遅延理由はジェットスターだけの問題ではなく、「 成田空港は混雑しすぎていて、離陸するまで時間がかかりすぎる」という指摘があります。 成田をハブにする限り、遅延が発生しやすいのです。 ただ、遅延については、予備機が増えて機材繰りに余裕が出てきたせいか、以前に比べれば改善。 定時運航率は90%程度になっています。 鹿児島路線に関しては、「桜島の降灰に慣れていないようで、ちょっとのことですぐに欠航する」という体験談が。 「オーストラリア本国では火山の降灰に対する欠航基準が厳しいらしく、それが日本にも適用されているのでは?」との推測も。 いずれにしろ、鹿児島線は他の航空会社運航しているときでも「降灰欠航」が発生しているようですので、利用時は注意しましょう。 広告 時刻変更にも注意が必要です。 ジェットスターはとにかく時刻変更が多いです。 2012年冬ダイヤでは、成田〜関西線を6時間以上も時刻変更。 「 14時で予約したつもりが21時台に勝手に変更されてしまった」「17時台に成田に着くはずだったのに22時に変更されていた。 どうやって家まで帰ればいいのか」との悲鳴があがりました。 大幅な時刻変更に関しては返金に応じているようですが、数時間の時刻変更では前後便への振替のみの対応です。 「 この対応はひどすぎる。 時間帯の良い便で釣って予約させておいて、不便な時間に変えて返金もしないとは」と怒りの声も。 それがLCCクオリティなわけですが、防衛策として、あまり先の予約は入れないほうがいいでしょう。 さらに、上記の便では、 冬ダイヤ開始2週間前になって「機材繰りが付かないから欠航」と発表。 あまりのずさんなダイヤ計画には、さすがのファンからも呆れた声が出ました。 そのうえさらに、2012年11月には、整備士の規定違反が発覚。 大幅な運航便数削減を余儀なくされています。 2013年2月には、エンジン故障による大量欠航を発生させています。 さらに、2013年4月にも「機材整備」を理由にした欠航が相次ぎました。 いずれも予約済みの客がいる便が大量欠航したわけです。 しかし、2013年末頃からはオペレーションが安定してきており、最近はこうした事態は減少してきました。 また、チェックインは混雑することもあります。 「空港での時間を短縮するために、 ウェブチェックインは必須。 搭乗48時間前からできるので、忘れずに行った方が良い」とのアドバイスもありました。 地上オペレーションは、以前はいろいろ問題がありましたが、最近は安定してきました。 搭乗時に機内持ち込み荷物の計量が行われることもあります。 また、見た目に荷物の多い人はチェックが行われます。 機内持込手荷物の重量制限は7kgなので要注意です。 オーバーしたら手荷物料金を請求されますが、上述したとおりお高めです。 機内食は飲み物、フードメニュー、スナック類などがあります。 もちろん全て有料。 国内線は軽食、お菓子類だけで、食事は国際線だけです。 フードメニューはコンビニで買えるようなものが多いので、記念以外ではオーダーする価値は微妙です。 機内食は、世界最大手のケータリング会社の日本子会社であるゲートグルメジャパンが提供します。 客室乗務員については、「格安航空会社LCCのCAにしてはてきぱきしていて、サービス水準が高い」という口コミが複数ありました。 「オペレーションはひどいが、 機内はプロ。 しっかりしている」との声も。 ジェットスター・ジャパンの場合は、JALや外資系の経験者を大量採用したから、ということのようです。 他の国内LCCは未経験者中心で集めましたから、そこは大きな違いです。 機体はエアバスA320型で180席。 ANAの同型機が166席ですので、2列多い計算です。 ピーチの同型機と同じシートピッチで、国内LCCでは標準的な座席配置です。 普通体型の人なら、それほど圧迫感を感じることはありません。 広告 ジェットスター・ジャパンの総合評価 オーストラリアのゴールドコーストやケアンズへの旅行へは、もはやファーストチョイスとなったジェットスター。 それだけに知名度はもともと高く、国内線就航は大きな期待を持って迎えられました。 設定された値段は安く、その期待に答えているといえるでしょう。 当初は貧弱だったネットワークも充実し、運航本数も増えています。 就航直後は整備士の規定違反で国土交通省から厳重注意を受けたりして、混乱が続きました。 しかし、2014年頃からはオペレーションが安定してきており、かつてのような混乱は少なくなりました。 遅延や欠航も激減し、安定した運航を続けています。 また、機内サービスやアテンダントの対応の質は、大手航空会社顔負けの水準とも評価する声があります。 そのあたりはさすがにカンタス・日本航空系、ということでしょうか。 「 乗ってしまえばきわめてまともな航空会社」という口コミに現れています。 欠航時にホテルを手配したり、JALへの振替を行ったり、というのは、ピーチやバニラにはない対応で、評価されていいでしょう。 2013年よりJAL、カンタスとの共同運行便が設定されています。 成田・関西空港におけるJAL、カンタス国際線との接続便がコードシェアの対象になります。 JALのマイレージの積算も開始されました。 これまでは成田線が主力でしたが、今後は関西、中部を中心とした地方路線も充実していきそうです。 公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

次の

【買う前に!】ジェットスリムボディの効果、口コミ、最安値を調べてみた件

ジェット スター 口コミ

以前から足を運びたいと思っていた京都へいってきました。 修学旅行以来、成人して自分のお金で自由に旅行にも行けるようになり念願の旅です。 今話題のLCCの格安航空ジェットスターを利用しました。 熊本から関西国際空港までセールで片道3980円です。 初めての格安航空でしたが何の問題もありません。 ふつうの航空会社との違いは搭乗に階段を使うと言う事くらいです。 機内は確かに狭いように感じましたが1時間程の短時間フライトでそこまで気になりませんでした。 問題は関空を降りてからです。 関空から京都の河原町までは約2時間強、フライト時間の約2倍です。 覚悟はしておりましたが少々疲れました。 さらに帰りの飛行機が朝の8時前。 京都から電車の始発で行っても間に合わない事が当日に発覚。 数千円払い夕方の便に変更し帰宅しました。 これは完全に下調べ不足でした。 関西国際空港から那覇空港へと行きました。 セール2000円で片道空港券が買えてとても安かったですし、1人だったので席も往復どちらも窓側でラッキーでした。 LCCは時間に厳しいと聞いていましたが、チェックインの時も、3分前にいくと「後3分お待ちください」と言われました。 人もかなり多く、2時間前に行ってもギリギリでした。 10数年ぶりの飛行機と言う事で、検査の時は戸惑いました。 ショートブーツを履いていたのですが、「ブーツの方は脱いでスリッパに履き替えて下さい」と言われたのです。 ハイカットスニーカーの時は何も言われなかったので、これからブーツで飛行機に乗ろうとしている人は要注意です。 席はエコノミーでしたが、そんなに狭い感じはしませんでした。 大体2時間半程の道のりで、遅れても10分程度でした。 兼ねてから話題となっていたLCCの、成田-沖縄で利用しました。 旅行が好きで、ANAやJALをよく利用していたんですが、LCCは時間が合わず利用できずにいました。 気になっているのに利用できない事が続いていたので、搭乗前日から楽しみでした! いざ搭乗手続きしようとすると、どこで手続きすればいいかアワアワ。 チェックイン機を使ってる外国人客をチラ見しながら、倣ってチェックイン済ませました。 航空会社が違うと、勝手が違う印象ですね 笑 バス移動で機体に乗り込んだ印象は、「狭ッッ!! 」 158cmの私の背丈であれば、狭いけど普通に座れたけど、183cmある友人はキツキツで辛そうでした。 それ以外は特に問題なく、快適に過ごせました! ちょっと狭いのを我慢して数千円で移動できるのは、とっても嬉しいです。 広さや手厚いホスピタリティーを求めるなら、ANA・JALを利用すると良いかと。 遅延や運休が、ANA・JALより多いと聞きますので、出張やゆったり移動したい場合はANAやJAL,急がない場合や飛行機代を節約して旅行中をリッチにしたい場合はLCCと、上手く棲み分けして利用できたらいいなと思います。 次回旅行行く場合も、LCCも選択肢の一つとして検討します! 関西空港から成田空港に行きました。 夜のフライトだったので成田で一泊することとなったのですが、成田のホテルは安いのでそれでももとが取れると判断しました。 関西空港では第一ターミナルから出発です。 ウェブチェックインをしていたので、直接手荷物検査場に行くことができ便利でした。 フライトは各地を転々としてきた機体だったためか、若干遅れて到着。 出発も20分遅れとなりました。 機内は、予想通り席の前後幅がやや狭いと思いました。 レガシーキャリアなら窓側が好みですが、今回は通路側の席でラッキーでした。 テレビ等があるわけでないですし、夜のフライトで景色も見えないので、みな寝ているか音楽を聴くかしていました。 成田空港に到着したらもう真っ暗で、ホテルのバスに乗り込みました。 翌朝ホテルからは空港滑走路や飛行機の離発着が見えました。 夜便とホテルを利用する楽しみ方も悪くないと思いました。 当時大阪在住だった私は、北海道在住の彼女と遠距離恋愛をしており、その時に関西空港と新千歳空港間で往復で1度、2回だけ利用させてもらいました。 搭乗に関しては特に何も問題なく、利用しました。 私は身長が175cmありますので、多少座席のスペースが狭くて、そこが唯一気になりました。 それ以外は快適な空の旅だっただけに残念でした。 私はこの区間で月一で移動していますが、同価格帯の他社航空会社の座席と比較しての判断とさせて頂きます。 機内は清潔でアナウンスも良く、価格を考えると本当にお買い得だと思います。 背丈の小さ目の方には十分オススメできると思います。 否、他社比較で数センチ或いは数ミリの違いなのかも知れませんが、その少しの差がどうにもこうにも次回も使おうと言う気にならなかった思いがあり、今でも変わらない感想です。 昨年の夏、沖縄へ旅行に行くときに旅行会社を通さず全て自分たちで手続きしたのでその際に利用しました。 ただ、往路は平日の最終便で沖縄へ行きたかったので復路のみジェットスターを手配しました。 沖縄-関空間の利用でしたが、あの座席は2時間程度が限度だなと感じました。 LCCは全てそうだと思いますが、座席が狭くとても窮屈です。 隣に大きな人が乗ってきたら圧迫されてしんどいと思います。 また、沖縄-関空間は当時、朝一か昼一の便しかなく最終日は観光などしてる時間がありませんでした。 価格はとても魅力的なので、また機会があれば利用したいと思いますが正直、海外に行くのに利用するのは普通の飛行機に比べて疲れが増すと思います。 沖縄ぐらいまでであればかなりお得なのでオススメです。 2014年の春、長崎に旅行するために成田〜福岡往復でジェットスターを利用しました。 LCCなので機内は狭く、各空港での扱いもあまり良くないのですが、2時間程度の行程なのでそれほど気にはなりません。 九州方面への旅行は初めてなので、どんなところだろうと想像しながらのフライトでした。 成田空港は都心から少し離れており、またLCC故か滑走路の端の方まで行って搭乗しなければならずちょっと不便だと感じましたが、福岡空港はターミナルの真ん中に降りられ、博多への便もよくJRへの乗り換えもスムーズで、使い勝手の良い空港だと思いました。 長崎には二泊しましたが、異国情緒が溢れていてよい所でした。 また、ちゃんぽん発祥の店と言われる中華料理店で食べたちゃんぽんがとても美味でした。 沖縄への旅行のためにツアーを探していました。 しかし、どれも金額が高くてホテルと航空券を別で探してみたところジェットスターの沖縄行きを見つけました。 最初は利用したことのない会社で、チケットもちゃんと予約出来ているのか不安でした。 ですが、空港に行くと、とても目立つオレンジのブースがあり安心しました。 チェックインも問題なく終わり、良い意味で他の航空会社に比べ簡素なチェックインとサービスで、価格重視の私にとっては、良い旅行の重要な要素になったと思います。 これまで国内線は、古くからある航空会社しか選択できませんでしたが、今後も積極的にジェットスターを使ってみたいと思いますし、出来ればもっと国内線の就航場所を増やしてほしいと思います。 ジェットスターに関していえば very good! Lccと言えばピーチ航空しか知らなかった私ですが、ネットで調べているうちにこちらを知り、関空からの便もピーチより多くいい時間帯を選ぶことができたのでこちらを選びました。 機内はとてもきれいでまっさらのようでした。 椅子のスペースも十分広くサービスも問題なくこれからはジェットスターに決めようと思っているくらいです。 東京へは私用の為ヒルトンで一泊しただけで余り観光はしませんでしたが、東京都庁の45階の展望台から町を一望して帰ってきました。 展望台は無料で23時まで開いているので次回は夜景を楽しみたいです。 ここはおすすめですよ!日本人より外国の観光客の方が圧倒的に多かったです。

次の

ジェットスターの口コミ・評判 | みん評

ジェット スター 口コミ

ジェットスター手荷物基準の厳しさは日本一! 「 ジェットスターの手荷物預かり基準を知らなかったばかりに、 カウンターで突然、 数千円 もの手荷物受託手数料を支払うことになった!」 これは実際によくある実話で、ジェットスターの 手荷物受託預かり基準は 日本 国内でも最高に厳しいレベルで定められています。 ジェットスター手荷物の厳しい基準とは 普段あまり飛行機に乗らない方や、ANAやJALなどの日本国内大手 航空会社で乗り慣れてる経験を持つ方にとっては、 ジェットスターの手荷物預かり制限が 「え?ここまであるの!?」 っていうレベルにきっと感じるはずです。 カウンターで預かる手荷物のサイズや重量などの取り決めは、 なにもジェットスターに限らず 航空会社各社でそれぞれに決められていますので、 それ自体はなんてことないわけですが ジェットスターの場合、 搭乗手続き カウンターでの 「手荷物検査」がものすごく厳しい。 ジェットスターWebサイトより 身の回り品の事例 ジェットスターWebサイトより 身体一つにスマホと財布、ちょっとしたハンドバッグに ノートPC程度という感じで往復するくらいの つもりだったら、問題はないのですが 規定のサイズや重量を「1cm・1gでも超えたら」 手荷物受託追加オプション手数料を徴収されてしまった! という話は実話として、結構ある話です。 重要 なポイントはここですが、 ・姿見の総延長で「 115cm以内」 ・手荷物は ひとつ+身の回り品ひとつまで ・重量の合計は 7Kg 以内 これを超過する場合、空港搭乗ロビーで「容赦のない」手荷物 受託手数料オプションを選択 国内便の場合で、15Kgまで基本料+2,600円 せざるを得ないことになります。 正直な話、大人が旅先に行って、 往復で 7Kg 以内の荷物で済むことってあるの??と思います。 手荷物の保安検査と、搭乗ゲートでの強制受託 「この荷物はちょっと超過してるけど … 」と思ってたところ、 搭乗ロビーで手荷物の 保安検査を難なく通過したので ひと安心… だと思ったらそれは大間違いで、ジェットスターの搭乗ゲートカウンターで 「お客様…」と呼び止められ、しっかりチェックを受けられてから 搭乗口でジェットスターのスタッフに呼び止められたら! 「これは重量オーバーで持ち込めません」と言われ、搭乗ゲートで 強制的に手荷物受託に放り込まれてしまうケースも実際にあります。 という、 直前でかなりキツ い 代償をお支払いすることに なってしまう可能性が高まります。 ジェットスター手荷物の料金概要 まず、手荷物の充実を重視して航空券を買いたい場合は、 エコノミークラスとビジネスクラスとの運賃も 比較検討して、その詳細を十分に理解しておいた方がいいでしょう。 エコノミークラス Starter … 受託手荷物はすべて15kgセットで有料 セールなどの激安航空券はほぼこれです Starter Plus … 日本国内線10kg(日本国内線以外は20kg)まで無料 Starter Max … 30kgまで無料、さらに+10kg 合計40kgまで 有料で追加可能 ビジネスクラス Business … 30kgまで無料、さらに+10kg 合計40kgまで 有料で追加可能 Business Max … 30kgまで無料、さらに+10kg 合計40kgまで 有料で追加可能 なお、バッグ級の荷物一つにつき32kgまでが最大上限と なりますので、ひとつの荷物の重量が32kgを超える場合は、 分割するか 1個32kg以下になるように整頓する必要があります。 ただし、手荷物の数 個数 には制限はないので オーバーしそうだ と思った場合は、バッグを複数余裕をもって用意しておくほうが ベストな選択になりますね。 ちなみに国内宣でカウンターから荷物保安検査を通過し、 搭乗ゲートでスタッフによって 超過が 発覚し、 受託扱いになった場合は 3,000 円の徴収です。 7kgというと、 ケース自体の重さ 自重 を含めると 収容容量は 5kg そこらです。 ノートPCやタブレット・電源装置などのサプライ用品、着替え、 就寝セットなど一度、現実的な荷物を詰め込んでみて、 重量を計ってみると感覚がわかります。 旅先でお土産なども2つ3つ買って詰めてみると、 7kg は簡 単に 超過することがきっと実感できるはずです。 格安チケットを入手して旅行する場合は 手ぶらで身体ひとつで、 お土産も買わずに単身旅行を楽しんで帰る、 くらいの心構えが格安LCCの恩恵として必要なのですね。 これはちょっと超過が怪しいかな~、と感じた場合は 保険の意味も 兼ねてWebで予約を入れておかれることが重要なのです。 旅行券そのものの価格と、 Starter PlusやStarter Maxなどの 追加オプションもすべて検討した結果、15kg以内で自信がある場合は Plus、15kgも超えてしまいそうなときは Maxをオプションで 最初から選択しておきましょう。 最新 情報のチェックは、常に Web サイトで ジェットスター LCC格安航空券 をこれから使われる方は、公式サイトを お気に入りに登録されておくと非常に便利です。 メルマガなどの会員になると、ジェットスターLCC航空券 チケット のバーゲンセールや不定期に行われる 会員特別セールなど、搭乗の 2か月以上前から売り出されるLCC格安航空券情報をいち早く 手に入れることができます。 他にも、ANAなどの大手航空会社のキャンペーンや早割などの 情報も入手しておいた方がより比較検討の材料を得ることができて、 旅の「通」度がパワーアップします。 航空会社規定等は航空会社の判断により随時変動しておりますので 最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう お願い申し上げます。 予めご了承くださいませ。

次の